« Weekly Geopolitical News and Analysis20120319: Rival emperor stakes claim to Japanese throne, shows evidence he is the real deal | Main | Having Doubts... »

03/20/2012

Comments

a

こんにちは、ベンジャミン。
私はドイツに住んでいるDerekといいます。いつも素晴らしい情報をありがとうございます。あなたがどういう人であるのか理解するのに、私はかなり時間を要しました。しかしデイビッド・ウィルコックがあなたに行った2011年12月のインタビューを聞いたことで、あなたに対する理解がより深まりました。あなたとウイルコック氏では双方でアプローチの仕方が大分異なっていますが、私はあなたたち2人とその活動に心から感謝を申し上げます。
第2次世界大戦以降、ドイツ人である我々はとても奇妙な状況に身を置いてきました。我々は独自に制定した憲法ではなく、第2次大戦の戦勝国が制定した法の下で生活を送っています。ドイツにはEUROCOMやAFRICOMの本部が置かれており、これらの組織では次なる戦争の計画が立てられています。先の大戦以降ドイツ人は、アメリカ人やユダヤ人に対して何か意見を述べることを憚るようになっています。戦争の勝者が常に歴史を改竄するため、私たちはアドルフ・ヒトラーの統治時代に実際何が起こっていたのか、それさえ知らされていないにもかかわらず。ドイツ人は懸命になって働きますが、しかしいつもツキには見放されています。我々はいつも自分たちが独善的で、傲慢であると見なされるようなポジションに追いやられます。それは本当のドイツ人の気質ではありません。ドイツ人は長きにわたる伝統文化の中で、個々人の生活を尊重する精神を育んできました。我々の現状はむしろ日本の人々の境遇と重なると言えるでしょう。
ただ、ドイツ人が持つアドバンテージを2、3あげてみるなら、原子力発電所の数が少ないことや、歴史問題の解決に力を入れていることなどがあると思います。しかしこれについては一元的な見方からしか論じられていません。真実からは程遠いものとなっています。ちなみに私が学生であった頃も、戦時下での出来事について語ることに前向きであったり、またそもそもそれを教えることが出来たりする教師は皆無でした。
リーマンブラザーズが倒産し、「金融システムは互いに関連しあっており、ツブれるには影響が大きすぎる」等々のコメントを政治家たちが述べ立てていた2008年、私は目が覚めました。ただ、人類の歴史において一連のストーリーは6000年もの昔からすでに開始されていたことを理解するのに、私は大分時間がかかってしまいました。その中でも特筆すべきはウッドロー・ウィルソンが1913年に、FRB設置を定めた連邦準備法にサインしたことです。これを契機としてアメリカ人の持つ自由の侵害が一層深刻になりました。そして後にグローバル・エコノミーの拡大により、こういった状況は世界中のほとんどの国々にも及ぶようになりました。例えば“The economic hit man”という本に詳しく説明されているような“システム”によって、ほとんどの戦争は意図的に引き起こされているという事実に気がつく人たちは年々増えています。しかしアメリカで次期大統領選挙が近づいているこの次期にあっても、この世界で現在起こっていることについて大多数のアメリカ人が理解しているようには見えません。ただロン・ポールのみが真実を語っているように見受けられますが、しかしだからこそ彼の行く末はジョン・F・ケネディやマーティン・ルーサー・キングと同じものになりはしないか、私は危惧しています。
アメリカ政府は莫大な額のマネーを例えば“Kony2012”のようなプロパガンダに費やしています。これは次なる戦争をアフリカの地で引き起こすことを目的としたものです。第二次大戦以降のアメリカ帝国主義の軌跡は、まさに偽善政治の傑作であるといえるでしょう。
どのような争いもこのシステムを打ち倒すことは出来ません。なぜならそのシステム自体が武力の上に立脚しているからです。このような状況を終焉に導くための唯一の手段とは、あなたやデイビッド、そしてその他大勢の名も知られていない人々が伝える情報やその活動を通じて、人々が真実に目覚めることのみでしょう。

心から感謝申し上げます。Dより。


親愛なるDへ。

世界の人々はトゥーレ協会やオデッサが戦後に果たしてきた役割について、もっと理解を深める必要があります。またドイツの人々は、NaziとはNational Socialist Zionism(国家社会主義者によるシオニズム)の略であることを理解する必要があります。ヒトラーはロスチャイルド・ファミリーの一員でした。ロスチャイルドの元々の姓はバウアーです。ヒトラーの役割はヨーロッパに住むユダヤ人を彼の地から追い出して、強制的にイスラエルに住まわせることにありました。イスラエルに独裁的世界政府を樹立し、エルサレムから世界を支配することがシオニストたちの計画であったのです。しかしヒトラーは次第に与えられた役割に抗うようになりました。だから攻撃されたのです。彼は陰謀組織の用語でいう“ならず者“になっていったのです。
それから反ドイツ人プロパガンダについて言えば、私の受けてきた教育においても、それはそこかしこに見られるものでした。しかし私は次のように自らに問いかけることで、その影響に染まるのを防ぐことができました。“もしやドイツ人が主張したことのうち、20%は正しかったのではないか”と。それによって私は一般的にタブーとされている情報にも、調査・検証を加える必要性があることを見出しました。そしてそれを追求することは非常に有益なものとなりました。
願わくは間もなく、私たちに歴史として教えられてきたことについての様々なウソが、白日の下に晒されるでしょう。個々人が行うこれらの分野に関するすべての調査は、この流れを後押しします。何故なら真実は人々を自由にするからです。

ベンジャミン・フルフォード

LLTF

Hi,
I hope this message finds you well

Released: 5th of November, 2011. Muad'Dib's latest hard-hitting documentary about the innumerable crimes of the Ashke-Nazi Banksters.

From their historical origins down to their planned genocidal future, Muad'Dib tracks who THEY* are, how THEY operate, and most importantly, how to get rid of them once and for all.

It is time for millions of us, to take full responsibility for our actions & circumstances, unite and peacefully gather at the Houses of Parliament in London, England -- on the 5th of November 2012 -- to support Muad'Dib in declaring a Year of Jubilee, to cancel all debts and end the corruption and treason, making this a day that present and future generations will never forget.

After being wrongfully arrested and falsely and maliciously imprisoned for making His "7/7 Ripple Effect" film and defending innocent people, Muad'Dib is back with no mercy for those who've shown none to others.

Cutting to the root of the problem, with the only solution. Come and be part of it.

* The Hierarchy Enslaving You – THEY.

Link: http://jforjustice.co.uk/banksters

...---...

Nuclear expert Arnie Gundersen back from Japan: People in Tokyo “basically walking on radioactive waste everyday” (AUDIO)

http://enenews.com/nuclear-expert-japan-people-tokyo-basically-walking-radioactive-waste-everyday-audio

WJC

Thank you so much Ben. You risk your life to bring us this information. Thank you so much. Really. You risk you life for us who can't see. Seriously, I mean it!! Thank you for risking your life for us. Seriously. I can't wait until you bring us our new and presious world. You are my hero. Seriously. And for all those critical of you, they are wrong. Serious. I really can't wait until you fix everything for us; you and Lucy Ball. You are priceless.

The comments to this entry are closed.