« ベンジャミン・フルフォード有料メルマガ(Vol.168) | Main | ベンジャミン・フルフォード新刊「世界陰謀大全」発売のお知らせ »

03/26/2012

Comments

ティンバーランド アウトレット

ジャケットは "APCブランドのスポークスマンがインタビューで語った。 8月30日にス

SexPistols

「勃発!サイバーハルマゲドン」に書いてある
3.11は、韓国政府が、かかわっていたとは・・・
無性に腹が立つ!

dreamer

感想文です。
本書は「第三次世界大戦 World War Ver.3.0」の続編という位置づけで、対象期間は直近1年余り、テーマはネットワークに絞って執筆されているが、革命のためのテキストとしての意図がうかがえる。
これまでの著者の書籍で用いられた、前半にリスクを提示して後半に逆転の可能性や今後の展望等というパターンに近い展開ではあるが、今回はリスクの提示が半分程度では終わらず、緊張感が続く。読み進めていくに従い、敵方の波状攻勢の凄まじさを改めて知ることとなったが、それらを看破していく迫力は、ジャーナリストによる事件真相の仮説の域を超え、組織としての戦術を念頭に置いているようにも受け取れる。
本書終盤には権力の微弱な我々に向けて行動のヒントが示されている。奥の院に対する認知の有無を超えた呼びかけ、参加者が各自の長所たるスキルを生かせる取組、そして大義。微力であれ、行動を起こす時期が来たことを実感できた。

The comments to this entry are closed.