« Weekly Geopolitical News and Analysis100802: The criminal cabal is creating incidents everywhere in a bid to start martial law in the West | Main | 8月21日(土)ベンジャミン・フルフォード講演会~北米レポート2010~ »

08/04/2010

Comments

Otto Lund

The Grass Roots - Midnight Confessions +, Good Queen Bess and the Stranglers Scarf - Chapter 6 http://www.navigate3d.no/mbbs22/forums/thread-view.asp?tid=1386&start=51#M6960

Regards,
Otto

dreamer

感想文です。
「本書はプレゼンテーションでもある」
本書は目次以前の序章に、最近判明した勢力を含めた権力構造を図示しており、インパクトが強い。これは、「911事変を糸口に、闇の支配者の存在に気づいてもらう」のとは趣が異なる。あるいは、本書全体で幅広いトピックを取り上げているため、著者の論説をあまりフォローしてこなかった人の中には、思考停止や拒絶反応を示す人がいるかも知れない。とはいえ、本書の図解は分かりやすい。では何のために図解しているのかを考えたところ、短時間に著者の論説の概要を理解してもらうためであることに気が付いた。つまり、本書はプレゼンテーションの機能も兼ねているのである。結論を前に持ってくる、要点のみを伝える、図示は構造に注力する、といったプレゼンテーションのコツも本書は押さえられている。
では、このプレゼンテーションを誰に伝えるのが望ましいかについては、内容が必ずしも初心者向けとは言えないことから、エスタブリッシュメントやインテリではないだろうかと考える。この文章を読まれている方で、エスタブリッシュメントやインテリの知り合いがいましたら、「短時間で最近の世界の権力構造、勢力図が把握できる本があるので、目を通してほしい」と依頼していただきたい。

The comments to this entry are closed.