« メールマガジンに関するお知らせ | Main | 『崩壊する世界経済と日本消滅のシナリオ② 』NWV勉強会のお知らせ »

07/20/2010

Comments

sakusaku

以前から漫画などで若い人たちにこそ俗に言う陰謀論(本当は真実追究論と私は定義している。)理解してもらおうと心を砕いてきたベンジャミンさんの本ですか。

楽しみに本屋で平積みのところを購入させて頂きます。

先だって世界寡頭勢力の権力者達のグラビア写真集を出版されているS島センセからひょっとすると真似した(剽窃した)なんぞ言われるかもしれませんが気にせず自論を展開してください。

S島センセの著書は良く読みましたが、残念ながらロックフェラーとロスチャイルドが対等に争っているという考えかたを広めている御仁ですから。(この点だけは2000年頃からS島センセに同意できなかったのです。)


秋に翻訳して出版すると仰っていた御本は出版大丈夫でしょうか?

それともこの本がその御本に相当するのでしょうか?いずれにしても絶対購入させて頂きます。

ところで以前ベンジャミンさんが民主党から立候補しようとした時にそれを阻止しようとした小沢一郎を独裁者的だと批判されておりましたがその後の講演会ではあまり小沢氏に対して批判的なことを仰らなかったのですが、小沢氏のどの点に対してベンジャミンさん自身は批判的であり、どの点があまり嫌いじゃないのでしょうか?

この点について講演会で説明していただける機会があればよろしくお願い申し上げます。

7月の取材頑張ってください。

123

日航ジャンボ123便 墜落2分前に長野県側でピカときのこ雲が発生していた。
その後、1兆円程度の裏予算(起債)が使われ、付近の山3個を全て削り取るなどの隠蔽がひそかに行われた。(核ミサイルによる123便撃墜が国民の血税で処理されている。)
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak40/msg/823.html


蟻ガ峠方向で、核兵器が炸裂した瞬間を目撃した川上村住民談です。

「蟻ガ峠の山肌50cm~1mの高さと、約600~700mの長さで、山の稜線に沿って一瞬蒸気みたいに横に拡がり、真っ白い光になった。

その白い光の上に瞬間、真っ赤な光が出た。

この真っ赤な光も一瞬にして消えその後、勢いのある黒いキノコ雲がモクモクと上空に湧き上がって来た。キノコ雲の高さは上空800m~1キロ位昇り、キノコ雲は5分位続いた」。

OC_Remix

お?!副島隆彦先生も似た本出したよねー。
それの対抗本ですかー!!気に成るわ。

The comments to this entry are closed.