« 欧米の秘密政府の正体を詳しく暴くサイト | Main | 中国の世界通貨案を実行するべきだ »

03/23/2009

Comments

UnaRaza

How did the Illuminati get control over post war Japan? ie. Thirty years after the war.

Could it have been all the rebuilding contractors and their control over the organized crime? The model seems to be the same.

アンビリーバブル

私は10年ぐらい前に日本版ニューズウィークか何かの雑誌で米国により北朝鮮内でクーデターを起こし、政権を転覆させる計画が何回も立てられていたような話を読んだこともあります。

アンビリーバブル

米国ブッシュ大統領の支持率と米国経済状況が低下する一方であった時、突如勃発した911テロとその後の状況を見ながら、一国の経済が戦争により回復するということが実際にあり得るのか半信半疑だったのですが、この世界にこれ以上、このようななんの生産性もない残虐非道な行為により多くの罪なき人々の血が流され、新たな憎しみが生まれることのないことを切に願っております。

アンビリーバブル

2008年4月26日のオルタナティブ通信記事では

「ヒトラーに対し人種差別の思想と教育を植えつけたのがブッシュ一族経営の
ニューヨークにあるハリマン優生学研究所だという話。 」や

電磁波を使って生命体の脳波をコントロール、遺伝子組み換えを利用してより凶暴な
兵士を大量生産プログラムの予定などが載せられています。
http://alternativereport1.seesaa.net/archives/200804-1.html

かつての自分が体験したクラスのいじめ問題の時、私はそれをやめさせたかったのですが
止めようとしてその止める根拠となる考え方、どのように言って止めればよいのかまったく見当もつかず一種の思考停止状態のようなものに陥ったことがありました。
自分の周囲のだれもいじめはいけないことだと言っている人がいなかったのでなんと言えば
よいのかその時はまったくわかりませんでした。

現在はこのいじめ問題がこのヒトラーの人種差別思想のようになんらかの形で社会的に植えつけられたプログラムではないかということを懸念しています。

Moon

◎いじめや少年犯罪を少なくする為に国の教育機関が現実的に出来る事
(私の提案)

一週間に一度学級の道徳の時間にいじめや少年犯罪をテーマにした
ドキュメントのテレビを必ず生徒や先生に強制的に見せる。

 例えばいじめがテーマだったら実際いじめで自殺した事件をテーマに
して、どれだけ自殺するまで悲惨な苛めにあっていたかや自殺した生徒の
親のインタビューを生々しく収録していじめによってどれだけ被害者サイドの
人生が狂わされるかというのが嫌というほどわかるような内容にする。
(遺族が自殺した子供のお墓参りをする映像なども入れると効果大)
さらに学校がどの様に対応したかなども詳細に入れる。これは一緒に見ている
学級担任が今後苛め問題が起きた時に無責任な対応が出来ないようにする効果
も期待出来る。

 少年犯罪防止に有効なドキュメント番組 → 犯罪を犯した後に入る少年院
の中がどれだけ悲惨なのかを詳細に番組に取り入れる。そして少年院から出た後
どれだけ苦労するかもわかるような内容の番組を作成する。犯罪を犯した少年や
少女の親のインタヴューも生々しく取り入れる。

 以上このようなドキュメントを文部省が作成して毎週嫌というほど義務教育の道徳
の時間に繰り返し繰り返し生徒や先生に見せるようにしたら確実に苛め問題や
少年犯罪といった不幸な出来事は目減りするでしょう。

 北朝鮮も所詮少数の苛めっ子と多数の苛められっこで成り立っているおぞまし
国家です。日本は北朝鮮の少数のいじめっこの延命に手を貸すのか、それとも多数
のいじめられっこが苦しみから開放されるように努力をするか・・・正に日本の
真の品格やモラルが問われているといっていいでしょう。

 


アンビリーバブル

再びテーマから反れるようで恐縮ですがいじめ問題に関して

オルタナティブ通信5月12日記事に「当初から人類絶滅のため開発された核兵器」の中で
かつて1932年、ハリマン研究所では第3回国際優生学会が開催され有色人種を「バイキン」と命名し、有色人種の虐殺方法が考案、提唱されたという話が掲載されています。
http://alternativereport1.seesaa.net/article/96464064.html

これはだしぶ昔私の子供の頃にクラスで体験したいじめ問題ではこの同じ「バイキン」という言葉が使われていたので個人的にこのことが非常に気になっています。

ヴェルサス

>北朝鮮の将軍様は米国CIAではないかと認識されて

他の方のコメントですが、私もこれを読んだ記憶があります。
つまり、米国の戦争産業のために、北朝鮮がそそのかされ、米国債を買わずに
米国の言いつけを聞かない、日本を懲らしめるため、日本を舞台にした戦争を
しようという考えなのではないでしょうか??
本当に第3次大戦が始まるのではないかと心配しています。どうすればいいでしょうか。

konnichiwa

いじめの原因は、本人は、自分の否に原因があると思い込んでしまう、
また周りの大人もそれが原因で、本人に原因があると思い込む、

最近読んだ物には、実は、これは、いじめを容認する周りが促進させて
しまうケースがあるというか、原因はこうであるそうです。

--------------------------------------------------------------
模擬切腹をするには、100日ほどの厳重な警備を山の下に敷いた山の寺で、
毎日般若心境を唱えさせ、(100日かどうかも当時の再現で、)自分が、
現代に生きているかどうかも、錯覚するほど、当時を再現し、
(模擬)切腹の儀式を行えばいいと思う。

これは、人の財産を意図的に集め、多大な損失を失わせる詐欺師や、
無駄な金を使う役人や政治家に行わせる。

これは、現代の法律の尺度ではなく、現代の法律で裁ききれない部分を
抜けて荒稼ぎを行うグループ、現代の法の尺度でなく、当たり前に考えられる、心情の尺度でその人間を裁いて、(模擬)切腹の儀式を行う。

髪も切り、髷を結うもしくは、その髷を切り落とす。これは、いくら、
現代社会に生きる人間でも、こういった事を厳粛に行われると、そうとう堪えるだずである。

これが行われれば、現代の仕事に対する人人の心情と様相すら変わるであろう。・

Moon

>いじめ問題

私個人の学生時代の経験からすると「いじめは苛められた方が悪い」
という無茶苦茶で理不尽な理屈なり空気が常識的にクラスで占めていました。
もちろん学級の担任もそういう考え方の人が少なくなかった(そういう
考え方の方が先生自身がヤヤコシイ苛め問題に取り組まなくて済むのでとっても
楽チンだからでしょうけど)。

だから苛められる生徒は苛めだけでも苦痛なのにそういう重苦しい空気
にも耐えなければいけなかったので2重苦状態でした。

 まぁ、そういういじめとか積極的にやってて親からも教師からも
お叱りを受けなかった甘やかされた元生徒達が大人になってから
モンスターペアレンツとかになって今度は先生をも苦しめるサイド
になるのかと思います(元いじめっ子→モンスターペアレンツという
のは絶対ありえます)。

 逆に元いじめられっこも当然教師不信に陥ってモンスターペアレンツに
なる可能性も大きいと思いますが。

 話は変わりますが、北朝鮮が4月上旬にミサイルを打つ期間はちょうど
私自身が飛行機で日本からポルトガルに飛ぶ日も入っています。
 つまり北朝鮮のミサイル発射は私自身の人生(生死)がかかっています。

 北朝鮮のメンツを守れとかいう人もいますがあんな国放置しておけば
いいのです。もちろん実際ミサイルを発射して何らかの形で被害者が
出れば、軍事制裁くらいしてもいいのではないかと思います。


lllshift

北風と太陽。北朝鮮とアメリカ。
「ヒラリーと風が吹けば米国が儲かる」という茶番劇です。
古代から「儲」→「信者」という「霊感商法」が定番です。
現代人は、闇に潜む幽霊や妖怪や悪魔を信じなくなりました。
それらの変わりとして、核兵器や大災害、伝染病が利用されている。
共産党・共和党・民主党・自民党、どれも新世界秩序の傘下なのでしょうか。
国家社会主義(88)労働者党もルシファー信仰だったのでしょうか?
原子力利用やコンピュータのルーツもドイツ周辺のユダヤの頭脳から生まれ、
アメリカに移転されたという流れで観れば、利権を握るのはR家であり、
完全に支配されていない国家はイランや日本ぐらいですか?
グラバーによる近代化と太平洋戦争によって、
日本もイルミナティ属国に過ぎないのですか?
国旗に★が描かれる国々はペンタゴンと関係が深いと思います。

Paul Einar Sandvik

Thank you Ben for your valuable contribution to insights into what is going on.I think David Wilcock is very right,when he says that we have to stop the criminal gangs in what they are doing,and it will happen.But it should`nt happen with the tools of the old world - by hate and violence.That will just feed them,and their reign will continue.We have to be able to work with ourselves,to actually be able to forgive them.Put them out of power - by showing forgiveness, and facing fears within ourselves.They are energy-vampires - and fear and hate is "food" for them.Obama is really doing what he can in facing these gangs.Utopia is not build in one day.He is really trying to activate the will of the people,to tear down the old structures,and to build a new world - based on increased Unity.This is really the beginning of the New and the end of the old.We have to be able to be patient,and impatient - Simultaneously,and strive to see the bigger picture in what is happening.And not "get stuck with the ghosts within this dream".I hope this commentary is accepted - since it is an imortant point I am trying to make - that comes from the Heart.All the best. Unity 12 - Paul Einar Sandvik

アンビリーバブル

>脳科学の分野で、いじめを行うタイプの人間の脳に、苦痛を得た人を見る時
に、快感を感じている脳部分が反応しているという結果がでていて

だいぶ昔のいじめ問題を扱った新聞記事で、ある学校の先生がいじめ問題に関して
いじめをしているクラスの子供たちの目はなぜか皆生き生きしていると述べたコメントが
あったのを思い出しました。

Raven

Please not to forget that the original plan was "to build rebuild our empire on the ashes of America".(famous line from memo on nazi sub after ww2)
That is what seems to be still in the works and the evidence is all around us. What is totally illogical to us is perfect planning to others. America is suppose to crash. How else can the new regime take power? What wasn't supposed to happen was that they were not to be exposed so early and not to be caught with their hands in the cookie jar. That is why Rockefeller is screaming mad about the internet.
Screw them all, let's take our world back but smart like and not with violence cuz that's their game and they know it better than we do.
Happy Days from Canuckville
xx

Quincy

"Their days of manipulating humanity are coming to an end."

I still find that hard to believe, I still see the NWO global agenda moving forward...

Are there any websites I can read that teach me that their manipulative ways are indeed coming to an end?

I am growing quite impatient with these Illuminati guys...can't wait 'till they are gone. The sooner the better.

konnichiwa

ネット上で言えば、西村博之のような人間、その他さまざま他人の金で、
投資文句を使い、他人に損失を失わせた部分。

ここには、ある種のルールが働いて、法の目をすり抜け、間違った自己責任で、
(被害者も自己責任で金を失ったのも自己責任という、、たぶんこれもアメリカの自己責任を見間違った結果でしょう。)

金銭的に損害を受け、精神的な損害も取り戻せないままになっている人が大勢いる。こういった事に対し、模擬切腹を行う事により、法律という機械で、カバーはまったくされない意識に対する、(被害に対する)恩恵を与える事が可能になる。

konnichiwa

日本に模擬切腹がいるか?

日本には、模擬切腹がいるか?汚職や他人に多大な損失を失わせ、平気な顔で
そこそこの法律で裁かれ、金銭的に充福し生きている輩が大勢いる。

政治的な損害や、特に他者の金銭に多大なダメージを与えるような集団には、
模擬切腹、介錯の儀式がいるんじゃないか?

般若心境を1時間ぐらい唱えさえ、当時の完全な慣わしで、皆当時の服をまとい、白装束を着させ、どこかの寺だか、どこかで、血の出る引っ込む模擬刀で
厳粛に切腹の儀式を行う必要がある。また介錯人も必要でしょう。

この時、刀は首まで振り下ろしその下を抜けていくように、首の下に
(首の下から)振り下ろす必要がある。こうした事で、どうゆう意識になるか?想像が付く。でしょう。

またこれは心情を重視した面から測量されるべきで、ルールではこうなっているという思考で出される儀式であってはならないのです。

st

ベンジャミン氏が北朝鮮との国交正常化に触れているが、
すでに米中同盟は出来上がっており、
(これはヒラリー訪中時の人権軽視でも関係強化したい発言に表れている)

中国と朝鮮半島との間にある黄海の資源開発をめぐり
日本の国交正常化を睨んだ裏工作はできている。
これには、自民党政治家(TVへの露出度の高い議員)が絡んでいる。

また、中国と米国の石油業界が共同出資した合弁会社が
北朝鮮国内最大の鉱山を買収し終えており、
あとは日本の新たな「思いやり予算」を待っている状態だ。

日本国民の税金を自分のものだと勘違いして、
平気で他国や企業の斡旋に使おうとすることに対しては、
すでに「小沢一郎」への地検の対応で分かると思いますが・・・。

政党で選ぶのではなく、
政治家その人で投票しなくては。

Bo21

Thanks for the news Ben.

I cant explain it very well but there appears to have been sort of a shift in the overall mental state of people. Not generally noticeable but it feels almost as if humanity as a whole has grown up just a little more and is not as easily fooled.

I notice it on blogs, youtube and even video games. Whereas I was one of few who would voice my concerns of secret societies, government manipulation, war on terror etc I feel like we've all pushed the big heavy boulder of truth to the edge of the slope, with much sweat and effort, and its now falling without our aid and causing an avalanche.

Everyone must be made aware that further unforseen deceit will be on the near horizon but Im happy to say that people are perhaps just beginning to pull the wool from their eyes, finally. We still have a long way to go, but momentum is now on our side.

Thanks again for your efforts.

konnichiwa

また現実的に、現代社会は女性やおばあさんよりも、
お爺さんをもっとも最上位というか、大事に心の中にとめて置く必要があるかもしれない。女にとってもその方がいいのかもしれない。

konnichiwa

脳科学の分野で、いじめを行うタイプの人間の脳に、苦痛を得た人を見る時
に、快感を感じている脳部分が反応しているという結果がでていて、
これは、いじめを行う人間が、精神的報酬を得ているという結果が出ている。

いじめる側が精神的報酬を得ているという事は、いじめを受ける側が、精神的な財産を
失っているという事になり、これは、現日本では、ルールを言う、ルールを言えば
相手が引き下がるという態度のオタク顔の役人、(オタクは人の事をいかにも馬鹿にする)等、ルール通りに動き、人間関係にすべて依存している女等の

態度に非常に表れている。奇しくも、神といえる流れ、人間の最大限の
善意やコウであるべきという事を遂行するばするほど、自分が報酬を受けるどころか、失うという、自然が得た宿命と同様の立場。このような条件を利用し、この世でこうでない人間を滅ぼしたいと思う。

明日滅ぼされればよいが、これは川に例えが相応しいであろう。
大河は一夜にしてはなれない。


また現代社会の、80年代までの日本の特有のよさを失い現状が良い状況だと思い込んでいるやからは、上に上げた30代40代におおい、役人顔のタイプであり、彼らが現日本の良い面を破壊した。

日本の非常にドライで、神経症の蔓延る姿は、彼らの『仕組み』によって成りたっている。例えば、若い医者や警官が、人を見下したルールのみを言う態度に出て、これが数多くいる事により、ある種、別の精神的に穏やかなグループにダメージを与え、

結局当人達はやっているつもりだが、その裏の仕掛けで結局こちらの財産を
持って助けて頂いているだけである。それにより、仕掛け上精神疾患を負うまで、の救済が行われている。これは、病気の人が自分を救世主に感じる
1因の可能性がある。要するに実際に、救世主の民か、大いなる流れの中の個人個人の子であろう。

これは恐ろしい仕組みで、彼らは、真にこれに気づくことはない。現状は。
しかし、いずれ公的に解き明かされる。

異様に機械的になっている男やその後ろ盾の女は、滅ぼされる。
彼らは、糸もたやすく心情を破壊する。また、70年代80年代の
教育で、この仕組み人間が育つ教育が与えられたのか?

顔つきがまともな人は、肉体労働職についたりする。宗教的な軍として考えれば、非常に才能があるだろう人材も、この非社会性な社会において、力を
持つ事が出来ない。しかし、彼らはほろぼされるであろう。


医者や警察とかそのシステムとその精神性がどこか病気を作りだし、
結局自分達の良しとする職場に、病人や犯罪者を作りだし呼ぶのである。
そうやって、職を安定させているのだろう。

これは到底個人の意図力ではなく、蟻がきまった方向に移動するのと似ている。しかし、
アリンコほいほいから、毒を引っ張り出している蟻もいるのが、JAPANESEでしょうかねえ。まあこれが表だった図式でしょう。

ある皆さんが、お困りのタイプたちの。

China

http://www.ft.com/cms/s/7851925a-17a2-11de-8c9d-0000779fd2ac,Authorised=false.html?_i_location=http%3A%2F%2Fwww.ft.com%2Fcms%2Fs%2F0%2F7851925a-17a2-11de-8c9d-0000779fd2ac.html&_i_referer=http%3A%2F%2Fwww.ft.com%2Fhome%2Fus

China calls for new reserve currency
By Jamil Anderlini in Beijing
Published: March 23 2009 12:16 | Last updated: March 24 2009 00:06
China’s central bank on Monday proposed replacing the US dollar as the international reserve currency with a new global system controlled by the International Monetary Fund.

In an essay posted on the People’s Bank of China’s website, Zhou Xiaochuan, the central bank’s governor, said the goal would be to create a reserve currency “that is disconnected from individual nations and is able to remain stable in the long run, thus removing the inherent deficiencies caused by using credit-based national currencies”.

Mc

The Illuminati are like a bunch of addicts, who can't get off their fix even if they want to. They insist on the importance of freedom to enjoy life, but what they mean is the freedom for them to drink the blood of their victims, rape children and committ human sacrifices. They don't have the pyschological and mental freedom to stop their human sacrifices, stop drinking the blood of their victims, and chose a completely different path. They are not inwardly free enough to chose to art, religion or goodness, not even as an experiment to see if they like it.
The Illuminati are the worst kind of slaves, enslaved to their own low, perverted, animal nature.
We, who cherish freedom, have to recognise we are dealing with slaves, slaves to their premeditated, psychologically and emotionally unable to change.
The slave race of the Illuminati has taken over the world of free people and imposed their slavish appetites on us - and this is such a reversal of nature and of the just order that the whole of humanity and creation is revolting against them.

たけひこ

個人、組織とか国家のエネルギーや食料など社会生活に必要なものを奪ってコントロールするのは植民地支配の常套手段ですよ。
「おぼれる者は藁をもつかむ」
自分がこのことわざのような状況になれば誰でもわかりますよ。組織とか国家みたいな人がつくるものでも同じこと。

北朝鮮との国交正常化には大賛成です。
犯罪者や法を犯した人間を罰するまえに、なぜそうなるのか、なにが彼らをそうさせたのか、背後から彼らをおいやったものはなんなのかっていう真相とか社会的背景とか理由を明らかにしないことには根本的な問題はなにも解決しないですよね。
死刑を推奨したがるのは、人や組織や国家から物を奪って追い込んできた黒幕がその背後関係がバレるのを恐れるからですよ。真相がバレると困るからとしか思えない。
科学と同じ、真実の追求ですよね、ベンジャミンのようなジャーナリストの情報がもっと広まって、既存メディアの洗脳支配から開放されたらいいなと思ってます。

千葉


高級官僚や政治家が宇野正美氏を講師に招いて、ユダヤ陰謀論を研究していると言う。
(斉藤貴夫氏が「カルト資本主義」の中で述べているこてですが)
日本の官僚システムや永田町の欠陥も、陰謀論を利用すれば、ロックフェラーやユダヤの責任に転化できるという論理。
ベンジャミンさんの情報は有意義ですが、情報を悪用されれば、日本のエリート支配層に国民が騙されることになる。

Bat

From my memory I searched and found this article. http://dwb.adn.com/front/story/2719687p-2767626c.html . A warhead was found in Alaska fired from North Korea. In 2008 an agreement was reached and North Korea changed its position on missles and agreed to disarm. Someone did not pay the agreed money. Maybe they are looking fo a new bidder to step forward.
As a matter of fact no one has received a dime in relation to the International settlements. www.worldreports.org/news starting in July 2006 will tell the story of the behind the scenes war going on.Again this was to be settled March 9th, but again was stopped.
There are 2 sides to this NWO business and some have labled them Faction 1 and Faction 2 with some saying there is a Faction 3. WIth the US preparing to monitize the debt, those who are owed part of the 70 trillion in debt will realize the betrayal and revolt. I pray all who read these blogs of Bens prepare for the possible failure of these negotiations.

The comments to this entry are closed.