« IMFの言いなりよりも、対外黒字国の言いなりになるべきである | Main | ブレア首相がサウジアラビアを訪問 »

11/01/2008

Comments

me knockout

ベンジャミンさん!!
この講演会行きたかった
だけど、以前インターネットで無実のベンジャミンさんに噛んだから
行ったら身の危険になると思って怖かったんです
しかも、忍者が出演します、というのが、
日本人である私でさえ、忍者って何なのかあまり知らなかったし、
さらに輪をかけて怖かったんです!!!
冴えないおばさん貧乏庶民主婦のアイドルの対象にしては、危険すぎる感じ!!!!!

ky

先日セミナーに参加させていただきました。9.11 ワールドトレーディングセンターの保険金は日本の保険会社が保険金の支払いをしました。あいおい損保は500億円を10回分割で10年間にわたってしはらいました 大成火災は倒産しました あともう一社は忘れましたが保険金を返してもらわないといけませんね。9.11was an insid私はこのことを10000人以上の友人知人に必ず知らせます。できたらもっと多くの人に真実を伝えます。あっそうそう写真一緒に撮っていただきありがとうベンジャミンあなたはウルトラマンカラータイマーはないので安心してください。あなたは私たちのヒーローです。オス

神秘主義勉強中

こんにちは
本日のセミナー参加させていただきました。
世界宗教の比較論ということでしたが、神智学的にこういう見解があります。

表(大衆的)   裏(神秘主義、密教系)
キリスト教    グノーシス、バラ十字
仏教       密教
イスラム教    スーフィ
神道       古神道
ユダヤ教     カバラ
ヒンドゥ     ベーダ
道教       仙道

仏教をこの枠組みに入れるのはお釈迦様に失礼なのですが、大衆が大衆化させている部分があるのでしかたないですね、キリスト教もそうですが。

あと聖書については、旧約は基本的に大衆ユダヤ人向けのプロパガンダ本です。聖書は霊能者が記したものなので、ジャーナリストを含む一般人が読んで解析しようとしても、はっきり不可能と言えます。そして聖書は『誤訳』『改ざん』『捏造』オンパレードの本です。カトリックの前進の正統多数派などが自分たちに権力集中するのに都合が良いようにキリストをヒーロー化しています。

例えば、ユダ・イスカリオテがイエスを裏切ったとされていますが、死海文書でしたか、その辺からユダは裏切り者ではなかったと言う文書が発見されています。
聖書の記述も裏切りの場面で弟子たちが「主よ、それは私ではないですね」と言っています。これはイエスを敵に引き渡す役割を拒む場面であり、イエス自身が役をユダに振ったものです。
ユダを悪役とすることでイエスの悲劇性、ヒーロー性を高めています。

また、「らくだが針の穴を通る方が・・・」というイエスの例え話がありますが、「らくだ」と「綱」は同じアラム語のスペルです。なので正解は「綱が針の穴を通る方が・・・」が正解です。

上記を参考にしてみてください。今後の研究に期待します。
こちらに本日のセミナーのリポート書きましたので、良かったら読んでください。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/200811/article_3.html

ジャン

DVDシリーズセミナー9を見ました。
学研のムーの超古代文明の世界へ行ったのには参りました。
以前から気になっていたのですが、
カナダ系のベンジャミンさんはもしかして、
イギリス側の人じゃないかという疑問があります。
DVDの中でもロスチャイルド側を擁護する発言がありますよね?
ですが、田中宇の情報や最近発売された本、鬼塚英昭の八百長恐慌を見ると、
911の黒幕はアメリカではなくヨーロッパだという事が判ります。
DVDを見て、もしかして知らずに丸め込まれているのではないかと。
だって、あまりにも学研ムーの内容そのものですからね。
謎は深まるばかりです。面白いといえば面白いんですけど、マトリックスだと。

アンビリーバブル

すみません。下に投稿した文の世界の三大宗教はキリスト教、イスラム教、仏教の間違いでした。
キリスト教、イスラム教、ユダヤ教は同じく聖書を経典とした一神教の宗教です。

アンビリーバブル

911テロ後、テロの首謀者とされたアルカイダはイスラム教原理主義組織で、当時、彼らは信仰と引き換えに自分の命を犠牲にすることで天国でよい思いができ、ハムラビ法典の「目には目を、歯には歯を」を実行する狂信者たちだとされていました。

ハムラビ法典
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%83%93%E6%B3%95%E5%85%B8

自分たちを十字軍になぞらえ、世界へ向けてテロとの戦いを掲げたブッシュ大統領はキリスト教右派のキリスト教原理主義とも呼ばれているものでこれはキリスト教旧教(カトリック)と新教(プロテスタント)のうち、プロテスタントに属するもののようです。
キリスト教ファンダメンタリズム
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E6%95%99%E6%A0%B9%E6%9C%AC%E4%B8%BB%E7%BE%A9

またユダヤ教原理主義とシオニズムの関係も指摘されているようです。
http://blogclub.livedoor.biz/archives/cat_50023849.html

イスラム教はキリスト教に次ぎ、世界で二番目に信者の多い宗教だそうです。
イスラム教原理主義
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E5%8E%9F%E7%90%86%E4%B8%BB%E7%BE%A9

世界の三大宗教と呼ばれるこれらはすべて唯一絶対神を信じる一神教でそれに対し日本には古くから八百万の神や仏教などがあります。
また私は以前、現代だったか忘れたのですが世界の宗教や思想を分類する世界地図で日本が儒教圏に属しているのを見たことがあります。

クー

一緒に行く人が誘えたから、当日行けることになりました。良かったです。オバマさんを祈って十字架を握って祈っていたんですが、そうすると善に支配されすぎて自分を守れなくなり、元の自惚れない人間に戻った。引き続き応援してます。

ヤマト

カタカナは8~9世紀ころにできたものといわれますから、関連があるとしても、紀元後の渡来人秦一族によるものでしょう。

Thought Of Spirit

中韓をしりすぎた男から引用

中国の解放軍国防大学防務学院長,総参謀部戦略戦争研究室軍級
研究委員を兼ねる朱成虎将軍(少将)が2005年、国防大学の内部会議
で行った講和の一節です.その全文は中国人のニュースサイト「博訊網」
に載っています。

同じような内容文が「古森義久氏」の「中国の軍事」を語ることを
タブー視するな、“核の作法”を無視した朱将軍の爆弾発言と題して
2005年に日経に載っています。

古森氏の記事を少し抜粋してみます。
「中国人民解放軍の将軍がものすごい発言をしてのけた。いやはや、
衝撃的というか、驚愕というか、びっくり仰天し、そのあとに肌寒い
恐怖に襲われる、という感じなのだ」

「その内容は簡単に言えば、中国が台湾に軍事攻撃をかけ、アメリカ
が介入してくれば、アメリカ本土の数百の都市に核ミサイルを撃ち
込むぞ、という宣言だった。アメリカの首都ワシントンでは当然な
がらこの核攻撃発言は大々的に取り上げられ、マスコミでの大きな
扱いはもちろんのこと、連邦議会でも激しい反発が渦巻いた」

「この発言はアメリカ側の対中観や対中戦略に今後長い年月、大きな
インパクトを投げ続けることとなろう」

「日本で核兵器の効用や存在そのものを否定する反核派、核廃絶運動
勢力にとっては、これほど忌み嫌うべき発言もまず例がないだろう。
だが日本での「虎発言」への反響はないも同然のようである。
日本の反核陣営からはなんの声もない。相手が中国となると、奇妙
な沈黙となってしまう」

将軍の発言を単なる個人の発言ではありません、中国の場合は
中国政府の発言としてとらえるべきです、中国政府のホンネを知る
ために将軍の発言をもう少し書いて見ます。(博訊網より)

「人間はすべて利己的だ、だから奉仕や愛はすべておとぎ噺で、三歳児
を騙す話にすぎない。私が核大戦争を鼓吹するのは、国家民族の
生存発展に有利だからである。だから核大戦争の準備をしなければ
ならない」
「今世紀中には人口過剰の問題が爆発する、人口問題を解決するには、
核が最も有効にして手っ取り早い方法だ」
「我々はすべての幻想を捨て、あらゆる力を集中して核兵器を増やし、
10年以内に地球人口の半分以上を消滅できるようにしなければ
ならない」
「多くの同士は、最も憎らしい日米への核攻撃を考えているが、
その前に最も敵対する国はインドと日本である」

この将軍の発言で中国人の恐ろしさ、残酷さ、を認識してください。
日本の親中派や平和主義者の考えがいかに幼稚で、能力がないか
分かっていただけたと思います。

将軍の発言を単なる個人の発言である、中国政府とは違うという
観点で親中派や平和主義者は言いそうですが、しかし一党独裁の
中国では要人が対外的に政府の立場と異なる発言はできません、
人民解放軍の間違いのないホンネです。

中国共産党の本質は国家という隠れ蓑をまとっていますが、実際は
何千年と続いている皇帝システムのままなのです。つまり共産党は
皇帝であり、何千年と続いてきた皇帝の後継者なのです。

中国人にとって有史以来、人命というものは尊重に値するものでは
なかった、文化大革命をみても分かりますが、同胞の生命など
何人死のうが平気なのです。まして外人の生命など虫けら同然です

中国の歴史は大量餓死、大量虐殺の繰り返しなのです。だから将軍
は「人口問題を解決するには核が最も有効で手っ取り早い」と
当たり前のように平気に発言できるのです。

多くの日本人やアメリカ人も中国は資本主義解放経済への道を進み
やがて近代化すると思っています。しかし中国の近代化はやがて
頓挫します。その兆候が今回の米金融問題をきっかけにすでに
現れてきています。

中国は秦の始皇帝以来の皇帝システムの支配に戻りつつあります。
いま繁栄している企業に、人民軍や政府の要人たちの親類縁者が
入り込んで富を食い荒らしています。

合弁企業をたくさん作らせ、儲かったら富を吸い尽くします。
この仕組みは中国支配者の得意とするものです。

2006年に共和党の一議員が「中華帝国の誇大妄想的野望を抑えら
れるのはアメリカだけだ」と言っています。いまやアメリカ
ペンタゴン(国防総省)内部の主流の見解になっています。

しかし中国資金でまみれた親中派のオバマが大統領になれば、
アメリカの考えがどの様に変貌していくのか全く分かりません。

日本は嵐の中で漂う小さなボートです。早くアメリカの大船に乗り
移らないと中国の大波にさらわれてしまいます。
いつまでもアメリカの足手まといにならず、憲法を改正して一人前
の頼りになる同盟国に早くならなくてはいけません。

日本の政治家は嵐に中を漂う小船に乗っていることすら認知して
いません。

昨日国会で民主党議員が麻生首相にラーメンの値段を知っているか
どうかを確かめる質問をいていました。
議員のあまりの稚拙ぶりに日本の将来が不安になってきました。

「敵は中国なり」「米中激突は近い」昨日書いた文章です。
もう一度 噛みしめてください。

クー

オバマ氏が大統領にならないと大変なことになってしまうと思ってます。でも暗い世界が続く可能性も仕方が無い事なのだろうかと諦めかけています。

konnichiwa

それから、まだ普通に2ちゃんねるありますが、まだ西村が逮捕できないんですか?
なら、経済も人の心も終わると思いますよ。裁判所が請求した金額も払って
なければ、テレビ外の情報を流しているような役目も果たしていませんが。

むしろ完全な悪者でしょう。犯罪社。もうだいぶ見ていませんが、メーカー
を調べていると嫌でも、出てくるんですよねえ。で同じような質問があると、
避けつつ開いてみる。そうすると定番の執拗な方法で、攻撃文章が並んで、
傷つくというか、信じられないような苦痛にさいなまされますが。。

確かに、登山道でも、一部の山小屋の若いネットを見ている顔つきの店員でも、そうゆう性格の悪い女が言う事を
言う人間いますよ。そうゆうのは、理解してあげるというママがしてあげる
世話をしてやればいいんですかねえ?

彼らには、自分が世話されているという自覚がなく、言うだけなんですよねえ。
こちらが、自分が悪いんです、と思ってもらってほしいんですか?

そんな奴他に、万人といるんであんたの世話ばかりしてられないんですよねえ。
わがまま言わないでもらえますか?こっちには、やらなければならない事があるんですよねえ。
あんたじゃ絶対出来ないでしょう。生きる事に図々しすぎるのでねえ。
母親もそうなんでしょうよ。その日本人の、まさしくテレビの2ちゃんねるの広告の
女みたいな。

あのサイトにも、正しいルールがあると微塵も感じれませんよ。なんか犯罪心理学を
悪用してますが。警察もちゃんとやってくださいよ。じゃないと、自分は、米軍とか
FBI,CIA、海外新聞社、政府、何度でもメールでSOSを出しますよ。

前にホワイトハウスにメールを出した事もありますが、レスポンスがあるんですよねえ。
今度は、もっと政府に圧力がかかるようにやってみればいいんですかねえ。

それに、海外のgeekの雰囲気を見ても、WHOのように、国際インターネット機構が必要なんですよ。
また国際連合というか、各国の捜査機関に命令権を持つような仕組みが
必要ですねえ、

ネットの侮辱罪は、よく病気的な性犯罪者いますが、その種の性癖が、もう犯罪の人間に
かっこうの重犯罪なんですよ。あそこで意味不明なルールがあると錯覚させて、
追い込み行為をしているのは、十中八九そのタイプですよねえ。

メディアのストーカー行為も似てますが、性質も似ています。
そうゆう人たちと仲良くなる気も微塵もないとい思いますよ良識者は。


国際インターネット機構が必要なんですよ。
その方が、ネット犯罪に一往に対応できる。アジアと海外に連携組織がいりますよねえ。

自分の希望は、西村と周辺の逮捕で、サイトの閉鎖。これはあのサイトで侮辱された事のある良識者
すべてが望む事実ですよ。


まあ徐々に、海外にも話をメールしていくようにしますね。
日本の厚生労働省や警視庁などにも、話を持ちかけてもらえるように。


もうすでにさまざまな場所でのネット上での、議論などする価値もないし見る価値もない。
吹き溜まり性格の歪んだサイコパスの集まりでしかない。特に現代日本語は、使い方も作り方も誤っているので、どうしようもない。

konnichiwa

日本は、90年代まで非常に中高学校が荒れまくってきた。
90年代の自分の変化の年代になり、下にそうゆう厳しさを持つ事にも反感を感じ、
上には、厳しくされるが、下にそうゆう事はなかなか出来ない立場を
自分に感じていましたが。
例えば、暴走族なんかは、今でこそ減っているがまだいるし、今度は、
赤ちゃん子供が、意味不明なキシダンのような格好で、平気で出歩くように
なり、軽口を叩くようになった。こんな物はおかしい。

暴走族は、たぶん最初のグループは、50年代?(ロカビリー等)ぐらいで、その後
60年代、70年代、80年と数を増やし、90年代でも死人がでる抗争をしていた。

こうゆう物がい続けているのはおかしいというか、日本人がいかに仕事をしていないか?
を非常に物語っている。こんな物は、70年代の段階で、装甲車を出動させ、放水車で、
水を撒き精神的に追い込み挟み込んで、自衛官を10倍単位で出動させ、完全な取締りを行うべき。計画的に。

何のために、友好関係を持って警察に暴走族から電話がかかってくるのか知らないが、
呆れるを通り越して、雇い主(国民)への冒涜行為以外の何者でもない。

今でも正月鎌倉に何百台と大渋滞のさなか走っていたし、あれは誰も心地よくない。し
日本人の女性がロジカルを持ち得ないので、ああいうretardが大量に生まれてしまう。
ほんと、正直発砲してもいいんじゃないかという気さえする。
少なくとも、ゴムの強烈な発砲弾と催涙ガス(発光弾等)でもばしばし打ち込んでやれば
市民もすっきりするだろう。痛い目を見せたほうがいい。日本中で放水車と装甲車と軍で挟みこみ、真の一網打尽計画をやったらいい。そうしたら、誰もやらなくなるでしょうよ。

別の話で、自分の中学2半年間は海外で、自分の家は技術者の会社員で収入もそこそこ
ですが、(まあ石油精製施設ですが笑)この中高の学校には、倒産したバブル資金100億の糞ガキの子息や、自称某有名企業の馬鹿息子、当時のどこかのグループで退学になったような馬鹿、バブル社長なんかの心底根のゆがんだガキが大勢いて、自分は理解できる後輩をもてなかったが、こうゆう奴らの理解者をやってやる事に心底苦痛を感じた。

同年代の一ヶ月目で辞めた半分がどうしようもない馬鹿保護のガキで、自分中心に生きていた。ほんとこうゆう奴らの『世話』ほど苦痛はない。親も精神的レベルは異常に低い。
病(やまい)金持ち。病気で金持ちになる奴がいるから驚く。まあもう倒産し借金を
返す日々だろうが。ここの高校2年の人間なんかは、中学一年生の小学生の部屋に来て、必死で大物面し、取り返しのつかない病気としか言えなかった。本当の病気。自己障害中心とでも言うか?

何かのサイトを見ていたら、そこの学校出身者の数歳下の人間が、
26かそこらで、職業、代表取締り役っす 夢 日本を変えること。
こうゆう奴がいるから、日本は心底ダメなんだと。

本気で書いていて、ほんと心底嫌になる。
自分の家庭では、親は高学歴だが自分は親と家庭崩壊を招いた年差の兄弟との争いの世話
をする事に幼少期から追われ、話の一切通じないヒステリーな母親と話の意図がまったく通じない父親に挟まれ、また、パパとママに自分中心に育てられた他の馬鹿ガキに挟まれ、一体どれほどの苦痛を強いられて来たか?

成人するころから、特殊な分野を自己の成長を著しく阻まれエネルギーだけが
枯渇する状態下で、必死に追求し、なんの説明書も前例もない、完全に自分の
インスピレーションと新天地を求める意思のみで、家族の支離滅裂な会話しかない関係は、
問題を残しながら、だいぶ緩和してきた。父親は、家族は協力するもんなんだよ。
と数年言っていたが、母親は、自分の夫から数年後結婚後初めて、自分の夢をかなえた
事に、感謝の意を、どういったか知らないが伝え、その後も、会話の意図が一切通じない
相手の何かしらの精神性により、こちらが得る、あの苦痛、言葉では言い表せない、苦痛、
まだ、それがある為、体が通常以下しか意思に反して機能しませんが、

あれを超えてきたのは誰にも分からないと思います。石油精製施設(笑)

クー

アジア人の人口を支配しやすいように7000万人まで減らすというのは実行されてしまうんですね。食糧難などで私は歴史の米粒のように死ぬとしても仕方なく受け入れます。怖いけど死ぬのも仕方ないのかと。戦争も起こってしまったらなさらです。残念だけど仕方がないかもしれない。

Thought Of Spirit

 フルフォードさんこんにちは。今後世界は国家資本主義の名を借りた独裁国家へと移行するでしょう。またしても彼らの思うようにやられました。資本主義から独裁主義に移行するべく資本主義を操り破滅へと追いやられました。確実に彼らの目指すNew World Orderに向かってます。それにしても我々はなんて愚かなのでしょう。事実をもとに賢人達が真実を語ってくれているのに巧妙な情報操作に踊らされています。彼らは民主主義の象徴たるアメリカを乗っ取り独裁支配をします。今回はその為のアメリカ潰しです。とりあえずアメリカ潰しは完了したのでお次は我が国日本となります。今回の件で一体どれだけの人間が抹殺されるのでしょう・・・・・・彼らの最後の仕上げとして中国を中心としたアジア統一が行われます。今後の世界はC&Rのとうり戦争と革命の嵐が続くでしょう・・・・・・・忘れてはなりません。彼らの戦略はDivid And Ruleとヘーゲルの弁証法を中心としていることを・・・・・・・。

Thought Of Spirit

イスラエル生物兵器研究所
 イスラエルのテルアビブから南東に20キロ程の場所に、「イスラエル生物学研究所」という国家機関がある。ここでは有色人種の皮膚の色素にだけ反応し発症する、コレラ、ペスト、天然痘、エボラ出血熱等の生物兵器が開発されている。
これ等の兵器は既存の薬が効果の無いように、また繁殖力を強化し殺傷力を高めるよう遺伝子組み換えが行われている。
空気感染するエイズも完成しており、エイズ患者と同室で呼吸しただけでエイズに感染する。
これらは、有色人種にだけ発病するように遺伝子操作されている。彼等は本気で有色人種を絶滅させる戦略を準備している

Thought Of Spirit

オデッサで考えた事
 ニューヨークのブルックリンにオデッサと呼ばれる地域がある。ロシアン・マフィアの集住する地域で、彼等の多くがウクライナの南端オデッサ出身であり、 故郷の名を冠してそう呼ばれている。彼等は石油密輸に従事する石油マフィアである。

 ロシアン・マフィアの故郷、黒海を望むオデッサの町では、所々で古代ローマの詩人の詩を刻んだ石碑に出会う。海洋都市、古代ローマ帝国の船舶が寄港するローマの衛星港湾都市としてオデッサが繁栄して来た事が分かる。

 フランスの古い言語にロマン語という言語がある。ロマン語で書かれた物語をロマンスと呼び、現在では恋愛小説の代名詞となっている。
このロマン語を話す人々ロマン人を英語読みでルーマンと呼び、ルーマンの作った国をルーマニアと呼んだ。
ロマン語を話す人々を古くはラテン語でア・ロマンと呼び、彼等が香水を良く使う事から「香り」の事をアロマと呼ぶようになる。
このア・ロマン=アルマンの作った国が英語読みでアルメニアになる。アルメニアもルーマニアもフランスの東方への植民地であった事が分かる。
1917年、ロシア革命で滅ぼされたロシア帝国はロマノフ王朝であった。ロマン人の国ロマノフは古代ローマ帝国を引き継ぎ復活させるという意味であった。
フランス・ルーマニア・アルメニア・ロシアのロマノフを結んでいたのは古代ローマ帝国を復活させようというロマン人のネットワークであり、オデッサにあったローマ帝国の詩人の石碑は、オデッサがこのロマン人のネットワークの一環として貿易の要になって来た事を示していた。

 古代ローマ帝国は東・西ローマ帝国に分裂した後、早々に西ローマ帝国は滅び分裂し東ローマ帝国はビザンツ帝国として生き残る。
一方ローマ帝国の皇帝と激しく対立したローマの富裕貴族は、イタリアのベネチアに自分達だけのベネチア帝国を作り上げる。
自分達が対立していたローマ皇帝の末裔ビザンツ帝国には一緒に住めないという形になる。
当初ベネチアはビザンツ帝国の出先機関としてビザンツの行う地中海貿易を担い、地中海の警備を担当する。しかし地中海貿易で豊かになったベネチアは銀行業で莫大な富を蓄え、遂に敵であったオスマン・トルコと組みビザンツ帝国を滅ぼす。ここにローマ帝国ロマン人に寄生しながら最後は寄生主を裏切り滅ぼしたベネチア金融業と、ローマ帝国ロマン人との怨念の関係が決定的となる。このベネチア金融業の中核にいたのがユダヤ人銀行家であった。
 ローマ帝国の衛星都市として栄えてきたオデッサは、またユダヤ商人の商業都市としても栄えて来た。オデッサのユダヤ商人。その背景にはローマ帝国とベネチア帝国の因縁の対立という歴史があった。

 オデッサの公立図書館で古い資料を漁っていると、黒海最大規模の港湾都市オデッサの港を整備したのが石油企業オクシデンタルであると古い公共工事の出納帳に記載が出て来た。
環境保護を訴えるアメリカの元副大統領アルバート・ゴアの会社オクシデンタルが、米国の敵国であったソ連の石油をこのオデッサの港から密輸していた。そのためにゴア一族は自分の手でオデッサの港を整備していた。
オクシデンタルの会長アーマンド・ハマーの父はオデッサ生まれでオデッサ育ちのユダヤ人であった。
 オクシデンタルはこのオデッサの代表的ユダヤ系企業として、ロマノフ王朝の後継者ソ連の石油に寄生して来たとも言える。

 このゴアの密輸石油をオデッサ港から運び出していた石油タンカー企業ラファルジュの弁護士が、次期大統領候補ヒラリー・クリントンである。
石油、鉱物資源マフィアのマーク・リッチ等とゴアが弁護士を共有してきた歴史的背景には、オデッサ出身のユダヤ系ロシアン・石油マフィアと全く同じ石油密輸ビジネスをゴアが行って来た事から来ていた。次期大統領候補ヒラリーも同類である。

Thought Of Spirit

中国崩壊後のアジア・・ 日本独立のための第9章
 ソ連が崩壊した時、その政治・経済の実権を握ったのは、ロシアン・マフィアであった。ソ連が健在であった当時から、麻薬、石油密輸等の地下経済を握ってきたマフィアが国家崩壊後の実権を握った。
 平和な時代に地下経済を握った者が、次の混乱の時代の実権を握る。それは歴史の法則とも言える。

 現在、アジアの地下経済を握っているのはイスラエル・アイゼンベルグである。
 やがて中国共産党は崩壊し国家の統一を失う。日本も国家破産し国は崩壊する。アジアに大混乱がやって来る。来たるべき混乱の時代にアジアの実権を握るのは、現在地下経済を握っている者達である。
 アジアの地下経済の動きを捕らえる事は、次の時代を捕らえる事になる。

 1950年代後半、中国共産党に敗北した国民党は、台湾と中国雲南省国境付近に逃げ込む。彼等は世界最大の麻薬生産地帯ゴールデン・トライアングルで麻薬を生産し、その代金でアイゼンベルグ、CIAから武器を買い、麻薬と武器の世界最大の地下経済を作る。
 タイ軍部のパオ・スリヤノンダ将軍に代表されるベトナム、ミャンマー等、東南アジア諸国の軍エリート達が国民党残党の麻薬マフィアを手厚く保護した。
アジア諸国の軍隊にとっても麻薬資金は貴重な活動費用となった。

 東南アジア諸国の軍エリートは、そのままその国のエリート官僚と財界エリートをも意味した。アジアの地下経済と東南アジア諸国のエリート、台湾が「一つにまとまって」いた。
 ベトナム等を除き、思想的には「反共産主義」であるアジア各国の軍隊。しかし、中国共産党のアヘン売買もアイゼンベルグが仕切っていた。既に「アジアの統一」は実現している。次の時代が「透けて見える」。

 そしてアジアには、戦後核武装したアイゼンベルグの「殺人株式会社」、過酷なパレスチナ戦争を勝ち抜いてきたイスラエル特殊部隊、逆らう者を次々殺害してきたイスラエル・テロ組織イルグン、世界最強の諜報組織モサドに対抗し得る軍事勢力は存在しない。

 現在、ゴールデン・トライアングルで、世界最大規模の麻薬生産・輸出を行っているシーサプライ社は、戦後、CIAの極東部長デスモンド・フィッツジェラルドとアイゼンベルグ、中国国民党で創立した企業である。
 このシーサプライ社の麻薬売上金をマネーロンダリングし「正常」な資金に偽装する仕事は、台湾・台北にあるウェスタン・エンタープライズ社(西方公司)が担っている。この企業は台湾国民党・政府の作った企業であり、蒋介石、その息子、蒋経国が社長を歴任して来た。近年は、台湾国民党の中国からの亡命者受け入れ担当者でもあるミスター顧という人物が経営している(おそらくこの名前は偽名と考えられる)。
 ウェスタン・エンタープライズ社が、マネーロンダリングのために麻薬資金を送る送金先は、アイゼンベルグ系列のイスラエルの銀行バンク・ハポリアムである。
 シーサプライ社の扱う商品には、中国雲南省産のヘロインも多く含まれている。台湾政府直営のシーサプライ社は、敵国・中国共産党の「商品」を喜んで扱っている。アイゼンベルグとCIAを通して、中国共産党と台湾はビジネス・パートナーである。

 アジアは「既に統一されている」。中国と台湾の対立等、アジアに戦争を起こし兵器を売るための「捏造話」である。
 シーサプライ社を通じ台湾政府と協力しているのは、中国共産党の中枢、中国特務機関(中国のCIA)のトップ、杜月笙(トゲツセイ)である。杜月笙は中国全土に網を張り巡らせる麻薬マフィア、青パンのボスでもある。ロシアン・マフィアと結び付いたソ連の諜報機関KGBのボス、プーチンがソ連崩壊後、政権に就いた事と同一の構造が、中国の権力中枢、中国特務機関のトップが中国マフィアのボスである点に出ている。現在のロシアのように、マフィアと諜報機関の「一致点」、ここが次の権力中枢となる。

 現在、このシーサプライ社のヘロイン運搬を担っている輸送会社は、エア・アメリカ社である。この企業の創立メンバーには、父ジョージ・ブッシュ、オリバー・ノース(レーガン政権で副大統領であった父ブッシュの側近で、NSC国家安全保障会議担当補佐官)、里見甫、アイゼンベルグの顧問弁護士ケネス・ビアルキン(ライブドア堀江のボス)が名前を連ねていた。

Thought Of Spirit

麻生外務大臣の過去
 相変わらず「次の総理は自分に」と鼻息の荒い麻生外務大臣だが、第二次世界大戦中、北九州の麻生炭鉱ではたくさんの朝鮮人と中国人を奴隷として酷使し、 食事も与えず餓死させたのが麻生一族である。
そうした奴隷労働を強制し数千人の朝鮮人と中国人の「命」を奪い、麻生は富を作り、それが現在の「政治家」麻生の政治資金源になっている。
麻生は一度でもその事に触れ、謝罪し賠償した事があるのか?

朝鮮や中国の人々はそれを決して忘れてはいない。自分達の家族が麻生に殺されているのだから。麻生はいつか足元をすくわれ失脚する事になる。

Thought Of Spirit

東京マラソンは米軍主催?
2月18日に行われる東京マラソンでは、参加者のランニング・シューズ(靴)に小さな電子チップが全て埋め込まれている。名目はランナーがどこを今走っているかを捉えるためとされている。しかしこれは米軍が人体に埋め込むために
開発したものである。
この人体に埋め込むチップは、身分証明書や自動車免許証の代わりになり、街角や店舗内に設置された監視カメラと接続したコンピューターで誰が、いつ、どこを歩いていたか、車で走っていたか、どこのレストランで食事をし、何を買い、
誰と会って何を話していたかを全て記録する機能を持っている。
録音機能も持つチップなのでトイレでの一人言も記録に残される。
またクレジットカード機能も持つチップであり、収入、貯金、利用銀行、行きつけのレストラン、喫茶店、好きな食べ物、趣味、観光旅行先まで全て記録され、監視カメラの映像によって仲の良い友達、恋人まで映像付きで個人情報が国に蓄積されて行く。

米軍の戦略としてはチップを人体に埋め込む事には抵抗のある人も多いので、とりあえずマラソンのようなイベントで「チップ使用により監視される」事が「普通」であり、異常事態ではないという認識を一般化し市民を「慣らす」事から始める事になっている。

このチップは全ての人間を監視すると同時に、戦争や増税等、政府の政策に反対する人間の就寝場所を即座に特定し、秘密警察により夜間「誘拐、行方不明」にして口封じする等、50~70年代に米軍直轄の中南米の独裁政権で実際に多数行われた「抹殺」のために有効に使用可能である。
またクレジット機能を停止し銀行口座を凍結し、衣食住の一切を政府の政策に反対する人間から奪い、餓死させる手段として使用可能である。
既にこうした個人情報の集積は、既存の銀行口座やクレジットカードの取引内容や街角の監視カメラ情報の盗用により世界規模で始まっている。

情報管理用のスーパーコンピューターは、ベルギーのブリュッセルのNATO本部、ニューヨーク、ユタ州のソルト・レーク・シティ、イスラエルに置かれている。イスラエルを中心として世界を統一すると主張するブッシュ大統領のキリスト教原理主義の中心地ソルト・レーク・シティが、機能的にはこの個人情報管理の世界的中心地となっている。
このチップは先に紹介した電磁波兵器の電磁波の受信機でもある。各々特定番号の記されたチップの、その特定番号に向け電磁波を送信する事で、おとなしい一般市民を突然周囲の人間に無差別殺人を行う殺人鬼に変化させるマインドコントロールを行う事が可能になる。
政府の政策に反対する人間を殺人犯として一生刑務所に入れて置く事が可能となる。また政府の命令に逆らわず死ぬまで従順に働き続けるよう信号を送り続け、ロボット人間を作る事も可能になる。
キリスト教原理主義は「蜂の社会」を理想として掲げ、女王蜂のためにひたすら働くだけで死んで行く「働き蜂」となる事を人間の「理想」として掲げている。
ソルト・レーク・シティのマークはこの「蜂」である。

このチップは既に注射針の先端に付着させ、本人の知らない間に人体に埋め込む技術が開発され、子供の予防接種、健康診断の採血の際に「強制的」に米軍により、日米欧を始めとした世界各国の市民の体内に埋め込まれている。
このチップの生産量は東京マラソンで使われる量とは比較にならない程大量であり、法的に現在チップの人体埋め込みが許可されていない以上、非合法に強制的にチップの埋め込みが行われている事をチップの生産量は示している。
石原都知事と東京マラソンの背後には、米軍による個々人の人間管理戦略が明確に存在している。

Thought Of Spirit

日本のコメ自給破壊
1991年、ソ連が崩壊すると即座にフランスの穀物商社ドレフュスがソ連最大の穀物生産地帯ウクライナに乗り込み、ウクライナ最大の穀物商社アトン社を乗っ取った。
ロシア進出のチャンスをドレフュスは狙いルーマニアで待機していた。

長年ドレフュスは共産主義ルーマニアの独裁者チャウシェスクと一体化し、ルーマニアの食料を安価で買い叩き、西欧に輸出して来た。そのためルーマニアでは日常の食料が不足し、ルーマニア市民は飢餓に苦しめられて来た。ドレフュスのルーマニアからのこの食料略奪は「飢餓輸出」と呼ばれている。
ソ連崩壊の際、ルーマニアではチャウシェスクは裁判にかけられずに処刑されたが、それはチャウシェスクを操っていたのがこのドレフュスと、その輸送会社
アメリカン・エキスプレス社である事を隠すための「口封じ」であると言われている。
このドレフュスの次のターゲットがウクライナ、ロシアであった。

第一次世界大戦を引き起こした機関銃メーカー、ヴィッカース社のベージル・ザハロフには子息がなく、その財産を引き継いだのがこのユダヤ系企業ドレフュス
であった。
オデッサの武器密輸商人ザハロフの後継者、フランスのドレフュス社のロシア進出にはフランス・ルーマニア・ロシアというロマン人ネットワークを、遂に食料の面からユダヤ系企業が乗っ取ったという意味があった。
かつてヴィッカースの経営者の1人アーネスト・カッセルはユダヤ系金融機関クーン・ローブの経営者でもあった。そしてクーン・ローブはやがてブッシュ大統領一族のリーマン銀行と合併する事になる。クーン・ローブの後継者がリーマンであり、ヴィッカースの後継者がドレフュスである。そしてこのリーマンの取締役ナサニエル・サミュエルズはドレフュスの会長となっていた。
ヴィッカース=クーン・ローブの連合は、そのままドレフュス=リーマンの連合に移行していた。
フランス・ルーマニア・ロシアのロマン人ネットワーク=古代ローマの末裔のネットワークは、ローマの敵国ベネチアのユダヤ系金融業(クーン・ローブ、 リーマン)により遂に乗っ取られる結果になった。


1900年、米国の西部開拓を終えたブッシュ一族は、欧州の鉄道による統一を目指しルーマニアの地を拠点にヨーロッパ横断鉄道(インターコンチネンタル・エキスプレスIC)を経営し、ロシアの安価な食料、資源を西欧に輸出していた。
その鉄道をさらにロシアから中国に伸ばすべく、ブッシュ一族のリーマン銀行(クーン・ローブ)とシティバンクは日本に満州侵略資金を与え満州鉄道を手に入れさせた。やがて太平洋戦争で日本を壊滅させ満州鉄道を奪いICと連結させ、中国・ロシア・東欧・西欧の鉄道による統一を完成させる事がブッシュ一族の計画であった。

1930年、ソ連のスターリンが鎖国政策を取り、その後中国が共産化した事でブッシュ一族の夢は消えた。ロシアの安価な食料を西欧に輸出するビジネスさえ不可能になり、リーマン(クーン・ローブ)とICはスターリンに深い恨みを抱き
ながら米国に帰国した。
ICはアメリカン・エキスプレス社AEと改名し、やがてリーマン銀行を子会社とする。そしてルーマニアのチャウシェスクが西側への開放政策を取ると、即座にAE、そしてリーマンと事実上同一会社であるドレフュスをルーマニアに送り込みチャウシェスクを支えた。AEとドレフュスの「操り人形」となったチャウシェスクは当然スターリンを厳しく批判した。

1991年ソ連崩壊。ウクライナへのドレフュス、AEの進出は、ブッシュ一族の積年の恨みが晴れ60年振りにロシア・東欧の地にブッシュ一族が返り咲いた事を意味した。
しかしユーラシア大陸の統一にはまだ中国が残っていた。ドレフュスは現在、次々と中国北部の水田地帯のコメを自己の契約栽培下に置き、支配下に置きつつある。目的は日本のコメの完全市場開放である。自給率の低い日本の食料市場を完全にドレフュスの支配下に置き、日本人を「生かすも殺すも自由」にする事で、遂に日本・中国・ロシア・東欧・西欧の全ユーラシア大陸を支配下に置く計画が完成する。日本のコメ市場の開放にはそのような意味がある(注)。

ドレフュスの親会社イスラエルのアイゼンベルグ、そしてイスラエルを世界の中心に据えると主張するキリスト教原理主義者のブッシュ一族の深慮遠謀、ユーラシアの全統一の夢が100年の執念の末、今実現しようとしている。


(注)・・1991年、高金利政策により日本のバブルを崩壊させ日本を大不況に追い込んだ日銀総裁、澄田智のボスがドレフュス社であった事が思い出される。

123ja8119

たびたびすみません。
先日、新潟県上越市直江津の、「捕虜収容所跡地」を訪問しました。
先日のベンジャミンさんのUFOの件でオーストラリアから手紙ということでしたが、この、捕虜収容所にはオーストラリア兵が入れられていたそうです。

(UFOは東京地震→東京湾大津波の後のタイミングで日本の埼玉県の利根大堰付近に来ることになりました。もう少々お待ちいただければ幸いです。)

123ja8119

現金もしくはクーポン券配布と言うのは、前回の戸籍調査が不調だったため居場所を突き止めるための政府の作戦です。
12月からはブログ弾圧が始まるそうですので
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html
ブロガーの方は辞退したほうが無難です。現在の悪政下ではただより高いものはありません。

The comments to this entry are closed.