« インドのテロの次は富士山の脅しか? | Main | ベンジャミン・フルフォード新刊発売のお知らせ »

11/29/2008

Comments

アンビリーバブル

さらにマインドコントロールについての記事を見つけましたので追加します。

日常気付かぬうちにマインドコントロールされている
http://310inkyo.jugem.jp/?eid=172

アンビリーバブル

光は波であり粒子であるというのまでは学校で教わった記憶がありますが電磁波の一種であったとは!
私も「ニュートン」を買って読もうと思っています。

地球物理学兵器や電磁波兵器についてはこちらのサイトにも記事があります。
http://wiredvision.jp/news/200802/2008022821.html

http://310inkyo.jugem.jp/?eid=380

http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200607211126205

http://japanese.engadget.com/2008/07/08/medusa/

一般庶民

GATさんへ

どうしたらよいのか?私もそれを色々考えてみました・・考えた末・・ピラミッドの頂点を支えているのは、底辺だ・・という結論にたどりつきました。底辺がくずれたら、ピラミッドはあっという間に崩壊します。

例えば、農園で働いている奴隷がいるとします。奴隷がいっせいに、こんな馬鹿らしいことやーめた!といって奴隷になるのをやめたら、農園主は農園を維持できなくなります。農園自体が破壊したら皆食べられなくなってしまうのではないか??そんなことはありません・・・皆で小さな農園を作ればよいのです。

実際世界を動かしているシステムはこんなたとえよりもっともっと複雑で、大きなピラミッドの中に小さなピラミッドがあるみたいですが、頂点は一緒です。

彼らを肥やしているシステムに加担しなければいいのです。例えば食・・巨大企業モンサントの世界侵略という動画をGoogleでみました。モンサント社(ロックフェラーが関係しているらしい。。)は大豆や穀類などGM食品を製造していますが、GMフードなんか絶対に拒絶、GM食品が使われているものを買わない。そういうものを使っている食品を買わない・・なるべく、その土地でとれたものを食するようにする。

メディア・・TVのニュースは見ない。洗脳されるのを拒否する。NWOを間接的にサポートするような雑誌や新聞は買わない。

怪しい新興宗教などには近寄らない。信者の寄付は思わぬところに流れている可能性あり。

チャリティに寄付する場合、色々調べてみる。寄付金はどこに流れているのか?
大きな慈善団体だから大丈夫ということはない。(案外、その逆がありえる。)

銀行にお金を預けない。

医薬品なども良く調べてから買う。

その他まだまだありそうです。ヒッピーやアウトローにならなくても身近なところで何かできることはきっとあるはずです。

皆がシステムに加担しなければ、ピラミッドはあっという間に崩壊するような気がするんですが・・


狂人の宴

アメリカの政権は誰が大統領になろうと、ロックフェラーとロスチャイルドの影響力を排除することは不可能だと思います。

ところで最近、Jeff Renseというラジオ・パーソナリティがフルフォード氏と電話で話したときの記録を拝見致しました。

その中でフルフォード氏は自分の曽祖父は大富豪のGeorge Taylor Fulford氏であり、このGeorge Taylor Fulford氏はニコラ・テスラを個人的に支援しようとして1905年、ロックフェラー達によって仕組まれた交通事故で命を落としたと述べられておられますよね。

ということは、曽祖父のGeorge Taylor Fulford氏は当時の「王党派」つまり...アメリカ独立後もイギリス王室に忠誠を誓っているご家系ということで宜しいのでしょうか?

通りすが

すくなくともナチズムの様なものは時代ではないのでしょうが、
その様に切り捨てる理由が有るとしか思えません。

しかしそれがHARPの様なものであるかは不明瞭です。

今号の邦「ニュートン」誌に、非常に基礎的な電磁波の概要が
載せられています。電磁波の危険性について考えて動いている
組織ははじめて見ました。表紙に大きく波動と書かれている号です。

内容を見れば分かりますが、「電磁波の本当に基礎の内容」が
主軸になっており、(あのニュートンが「光も電磁波の一種」
くらいまで基礎的に載せています)とうとう大手の科学誌が
危険性の周知への片鱗を見せた事からも、
日本社会での電磁波問題がどれほど理解されていないかという
状況を伺わせます。

テレビの仕事として取り扱わなければならないと思うのですが、
メディアの人間がここを見ていたら、是非ともテレビでも
取り扱う事を考えて欲しい所です。

すごい技術がたくさん有りますよ。充分ネタとして成立するものです。

これまで取り扱わなかった為に、秘匿的な兵器開発や洗脳器具として
研究されて来たのですが、もうこのまま何もしないのは危険の一言につきます。
思考の仕組みの解析が出来ていて、遠隔的に操作が可能かもしれない
と言われてさえ、何もしないのは理解不能です。

支配されたいならいいですが、残念ながらこれは脅しでもなんでもないのです。

ちなみにHAARPはまずこの問題を扱う時の「旗印」であり、
本当にあのパラボラアンテナ群が気象や人間への干渉兵器の正体であるかは、
回答があリません。なお、HAARPサイドはそれを否定しつつ、「オーロラの
観測のためのもの」と言うばかりで具体的な説明はなされていません。

オーロラならば何台も使うはずがないのですが、これからは
私は「先進国に限って」国民レベルの洗脳の時代が来ると思っています。

GAT

われわれは すでに 彼らの手の中にいる それは避けられない事実だ
あれはこうらしい こっちはこうらしい、情報は大切だが その中で
何をすべきなのか 明白に示してくれるものはないのか?
日本は情報が一番集まっているのに 何をしていいのか 示せない
すべては 彼らのまねごとを 原爆という ショックの後 やっているように思う
2009 新たな ショックが 世界を襲う またしても 彼らの手の中で
われわれは リセットを仕掛けられるようだ しかし今回は 来るのが分かっている
さー ベンジャミンさん どうしたらいいのですか 私たちは?
あんまり細かな情報は ただ委縮 するため? こわくなんかないよ
だからどうしたらいいのか 教えてほしい 

post mail

副島隆彦さんの著書 「仕組まれた昭和史」には、ロック派とロス派の売国奴により日本がどのように支配されて来たかが明確に説明されている。その犠牲者がやはりピラミッドの下層に位置されていた一般国民である。この事実を隠蔽あるいは捏造された事により、真の愛国者までもが洗脳されてしまったことは許しがたいことであると誰しも認めるに違いない。日本人だけが真実を知らずして、海外では知られている事で日本は笑いものにされているのが事実のようである。ある学会についても日本人がまったく信じられない事実を数十年前から海外の一般人が常識のような感じで知られている事には驚くばかりである。いかに日本では情報が捏造されたり、封印されて思い通りにされてきたのがわかる。

ベンジャミンさんは、著書「世界と日本の絶対支配者ルシフェリアン」の中で、ロック派とロス派の起源に迫っている。この起源は多くの陰謀論者と言われる日本人の著者たちも同じ結論に達している。イルミナテイの語源を追うとなぜかルシフェルと言う言葉に遭遇することでもわかる。
新約聖書の中の使徒言行録8章1節~25節の中にもこの系統が登場している。シモンマグスと知られている魔術師シモンである。シモンはお金で権力や地位を買えると思っていた人物である。それを断られ、対立関係に発展していくことになる。このシモン派がキリスト教異端派とも呼ばれているものだったようである。魔術師シモンも自ら神のように振舞ったのかもしれない。

123ja8119

たびたび申し訳ない。
各種宗教ですが、暴力団対策法のように末端組員が悪事をはたらいた場合は教祖が責任を負うようにすればよいのではないでしょうか。
創価学会による一般市民に対する集団ストーカー等もすきりとなくなります。

忍

 何を洗脳されているのか。矢張り、怯えているのか。ロックフェラーとロスチャイルドが裏だから、危ないのでは。その不安定の道こそ、闇の道に導く。子供に脅かしているならば、警察に伝えて捜査させるのではないのか。駄目ならば、警察に対して弁護士を建てて行政・刑事裁判を建てれば良いのである。その資金を募集するのとか。そういう事が大切であると。僕のプロイダの資金がそろそろ枯れて来て、声を出せなくなって来た。
 それで、悪に寄り付ける方向に持っていくならば、最終的に闇の道でしょう。
ナチスの後ろに、シュローイダー男爵がいて、彼は、ロスチャイルドの代理人であり、更にロックフェラーとブッシュが後ろ立てて行った内容である。ナチスよりもナチスを悪の方向に導いたシオニストでしょう。ユダヤ人の悪を説いているのは保守基督教徒である。保守基督教徒の悪魔教のユダヤ教の内容の批判をかわす為に、作った内容に過ぎない。悪の本拠地は、ユダヤ貴族のサンヘドリンである。それに同調したユダヤ国際金融である。
 何度も言っている。国際刑事機構である(IPO)のボスであったロックフェラーが一番危ない道であると。警察に捜査させる事が重要であると。その第一歩である当事者忍者を裁判かけさせる事が重要でしょう。

 ぼくもそろそろ資金が枯れて来ている。PC-98の宣伝、IBMの洗脳チップ、「国際連合地下に核爆弾」の批判等に悪に戦っている自分に援助する事が重要である。決して、ロックフェラーとロスチャイルドを軍事裁判に受けさせる内容を、処罰させない方向に走らせる事は、亡くなった被害者達の怨念が撒き散らす内容だし、それを神が認めれば、天罰を与えるでしょう。裏切り者によって、善人を殺されることは神が許すと思っているのですか。富士山の爆発や日本沈没は昔から言われている内容だし、天罰が与えれば必ず富士山が爆発する事は昔から言われている内容だ。ベンジャミンさんは、基本的カナダで育ったから、そういう日本神話的な内容は、判らないかも知れない。それは、昔から言われている内容だしこれからも言われ続けるでしょう。最終的判断は、月王が決める内容である。何でもかんでも、HAARPの責任転嫁をするなという事である。HAARPはアラスカにあるから、方向性等も考えなければならないし、力の方向性も考えなければならない。今のベンジャミンさんの悪のロックフェラーとロスチャイルドに魂を売り、善人を見殺しの方向に走っている所に、天罰の方向が来る可能性が十分ある。ましてや多くの人達の助けも受けている筈だし、名を出させているはずだから、その裏切り行為は、天にも響くでしょう。ジュリアーノの夢の予言はそこから来る。天が守護された人物は、天の世に救いの言葉に反する行動を起こそうとすると天罰を与えられる。そのレベルはどこまでゆくのか分からないが、有名人になればなる程、社会的影響も考慮して判断される。名を上げれば、それだけ閥も大きくなる。世に正しい方向を示す為に与えられる。
 一番判りやすい内容は、富士山の爆発だ。これは、昔から言われている内容であると。天の怒りの象徴として与えられている。更に富士山の頂上に、十字架を切る雲を発せられば、それは確実に天のものでしょう。これも昔から言われている内容である。神の言葉を忘れるな。国際連合の地下に核爆弾を平穏無事に取り除く事と、それを行った犯人を軍事裁判を受けさせる事であると。ロックフェラー逃れる事は出来ない。
 国際連合の持ち主は、ロックフェラーであるからだ。ヒトラーのユダヤ批判を代わす為にナチスに内部工作員を入れたのであると。今、ベンジャミンさんが行っている内容は、敵の攻略に乗せている方向であると。それは、天罰を受ける方向でしょう。

「誹謗、中傷、偽の情報を流したことでどのような波紋が広がろうと、自らは姿を隠したまま、非難されることがないようにしなければならない。そして、プールした金を活用し、大衆への情報の出口すべてを支配すべきである。」
「状況が悪化し、貧困と恐怖によって大衆が支配されたときには、常に代理人を表舞台に立たせ、秩序を回復すべきときが来れば、犠牲者は犯罪者や責任能力のない人々の犠牲となったと解釈されるよう、ことを進めなければならない。計算済みの恐怖支配が実現した時点で、犯罪者や精神異常者を処刑すれば、我々自身を抑圧された人々の救世主、労働者の擁護者として見せかけることができる。実際のところ、我々の関心は正反対で…減らすこと、すなわちゴイムを殺害することにある。」

-宗教と秘密結社と戦争-
http://www.anti-rothschild.net/main/07.html

 
「ロックフェラーの友は、911を事前に予告した」

http://jp.youtube.com/watch?v=EeWqlJHzcSo
http://jp.youtube.com/watch?v=f0PDhMZf6Yc&feature=related

 911事件の犯罪の目的も忘れては困る。ロックフェラーとロスチャイルドの犯罪捜査を行っていた公的機関の証拠品物の隠滅が目的であると。忘れては困る。それと反抗する政府機関に対しての脅しでもある。911事件の性格はそういうものであると。


123ja8119

たびたびすみません。
渡辺監督御巣鷹山ですが、ポスターがはがされずに「便乗」して貼られるかたちとなっています。共闘のかたちとなっています。
この辺りからも時代の変化が見て取れます。
http://image.blog.livedoor.jp/gandhara_eigasai/imgs/0/d/0dcff754.jpg

123ja8119

http://d.hatena.ne.jp/kanose/20080509/watanabe
渡辺監督の27日の上映会を見に行ったのですが突如会場使用許可の関係で中止になったということでした。
http://www.tsukuru.co.jp/tsukuru_blog/2008/09/post-59.html
弾圧ここに極まり、といったところですな。

123ja8119

ワールドフォーラムの定例会に参加しましたが、
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/7759.jpg
東京都は都立公園を死体置き場にする計画を立てている
という記事がありました。

「非常事態が起きたときに東京は膨大な死者に溢れ返ると想定。その死体を都立公園に埋葬しようとしているのだ。」

埼玉県南部では新規の塵芥車が多数導入され、不自然に塵芥車が多い状況となっております。これは、東京の死体を東京の穴に塵芥車で運ぶことを意味しており、それも近日中の事態であるということになります。
京浜東北線の車両が10年程度で「廃車」になっていますが短編成化して新潟でいつでも出られるように待機しています。これは、長崎原爆の際の4本の救援列車に酷似しております。
その他、ここでは記載できないような不可解な現場の動きも多々目にするようになりました。残酷ではありますが東京の方々が多数お亡くなりになられる時節に差し掛かってきていると見られます。避難が得策です。

GH

そうですね、表がどうあろうと
背後は常に変わらないのかも知れない、
檻の中の羊の世界がどんなになっても
外は変わらない
もしかしたら、この世界と思ってる物も
彼らにとっては沢山の檻の中の一つ
なのかも知れない。
(ポーカーが駄目でもブラックジャックがあるさ
トランプが駄目でも競馬があるさ・・・
人間が駄目でも、次はあるのさ)

でも、そう思わせる為の最後のあがきなのかも知れない。

The comments to this entry are closed.