« 米ドルの崩壊はないが、アメリカの倒産は避けられないだろう | Main | 9.11の7周年目を迎えて »

09/10/2008

Comments

アンビリーバブル

911テロを契機に計画的に始動された米国の影の政府の存在は以前からこちらの記事でも指摘されていました。
http://tanakanews.com/c0304fema.htm
アメリカで秘密裏に稼動する「影の政府」2002年3月4日 

ブッシュ大統領の祖父プレスコット・ブッシュがヒトラーに資金援助をしていたという話は米国公文書で明らかにされていますが、ブッシュ一族は

劣等な遺伝子の血流を絶滅させて、優秀な遺伝子だけを残すという「優生学」を研究し、「標準優生殺菌法」として、有色人種、劣等人種の大量虐殺を「政策」として世界中に拡め、エイズ・ウィルス等のレトロ・ウィルスの研究・蓄積を行ってきたハリマン優生学研究所に資金援助しており、このハリマン優生学研究所の研究はその後、国策としてフォートデトリック陸軍細菌兵器研究所とFEMA、CIAに引き継がれたそうです。


アンビリーバブル

ホロコーストという言葉はギリシャ語を語源としており、ラテン語、フランス語を経由して英語に入った言葉で「丸焼きの供物」を意味するそうです。
またナチ党の理論指導者の一人であるアルフレート・ローゼンベルクもシオニズムの強力な支援者だったということです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88


123ja8119

今日のNHKの「その時歴史が動いた」で、終戦日の8月15日と9月2日の件をやっていました。
ふと考えると、「911」というのは9と1+1 と考えることもできるのかなあと思いました。
背景を探る参考になりそうです。日米対戦の再開という意味なのかもしれません。(日本が米国からアジアに移る戦い?)
何か情報がありましたらフォローしていただけるとうれしいです。

tora

福田元総理が脅されて渋々金を出したのは問題でしたね。
やはり仏の心になり助けてあげるべきでした。
そうすれば相手もなぜ対立してるのか意味不明になるからです。
狂気的狂気的と言いますが世界で一番足りないものは愛です。
愛が足りれば必ずうまくいきます。
祖母を他人扱いし続けた家族に対しても助けてあげることで解決しそうです。
殺すと言われた相手をすぐさま助けるのは仏の心でこちらが大人になるしかありません。
本当にみっともない、恥ずかしいので兄には早く自立してほしいものですが、兄のあの狂気的な眼は決して忘れられません。
そしてそれを見た感想はやはり愛が足りてないなぁでした。

ちなみにこれは私のブログです。
何もできませんがこの程度でしたらお手伝いできるかと思い以前から立ち上げていました。
仕事で時間もなくお金もない人間ですがどうか許してください。
http://ameblo.jp/digitalmedia/entry-10137778951.html

The comments to this entry are closed.