« 警視庁からボディーガードのオファーがありました | Main | 欧米社会のタブー »

06/24/2008

Comments

トワイライト・佐藤

HIVウイルスが生物化学兵器として“開発”されたことは朝日新聞に掲載されていました。かれこれ20年以上前のことですが、新人社員たちとともに、その記事について語ったことをしっかり記憶しています。三面記事対抗ページ(右ページ)の下のほうに、たった30~40行ですが、「国防総省の生物化学兵器開発チームが、開発したエイズウィルスが“なにかしらの不手際”によって、外部に漏れてしまった」という内容で記載されていました。私は、この当時からアメリカの軍関係の情報については、ことごとく通信社が事実を捻じ曲げて日本の大新聞に配信していると確信していましたから、「アメリカの不利益になるような重大な情報が漏れるなど考えられない」と思っていました。おそらく、この通信社はユダヤ系ではなかったのでしょうか。それとも、ユダヤ機関がよくやる方法ですが、「嘘と本当のことを混ぜこぜにして、正常な思考を混乱させる」ことを企んだのでしょうか、その真意はわかりません。アルバイトを2~3人雇って、当時の朝日新聞縮刷版をかたっぱしから調べていけば発見できるでしょう。まあ、今さら、そんな必要もないかもしれませんね。

海坊主

ヴィクター・ソーン著"The New World Order Exporsed"
副島隆彦翻訳責任編集邦題「次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた」
に書かれているエイズの履歴を要約いたします。

1957年、アラバマ州ハンツヴィルに集まった科学者によりオルターナティブ3と呼ばれる基本計画。
1968年、ローマクラブの研究、グローバル2000。
アウレリオ・ペッチェイ博士、免疫システムを攻撃する病原体開発を提唱。
同時期にビルダー会議ではヘイグ=キッシンジャー人口減少政策に着手。
1969年、国防総省研究技術部門の副所長ドナルド・M・マッカーサー博士、
免疫性ウイルス製造の可能性について議会で証言、1000万ドルの予算獲得。

1974年、エイズウイルスはメリーランド州フォート・デトリック生物戦争研究所
(現在はNCI国立ガン研究所)で誕生。
(軍の特殊作戦部SODによってMKナオミと呼ばれるCIAのプログラムの監督下で開発)

1977年、WHOがウガンダ、中央アフリカ、ハイチ、ブラジルで
天然痘予防接種ワクチンに混ぜてエイズウイルスを投入。
(これらの地域ではエイズは主として異性間で感染が広がった。)

1978年11月、ニューヨーク市にて試験的なB型肝炎ワクチンを希望者に接種開始。
1979 年~1980年、シカゴ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、セントルイス、デンバーでも
B型肝炎ワクチン接種プログラム。
(エイズウイルス混入ワクチン)薬物中毒者、同性愛者に対して選択的に投与された。
(そのためにアメリカではエイズはゲイの癌と呼ばれていた。)

沙羅

ジュネーブのWHOでエイズの研究で有名だったマンという人はスイスエアーのSR111便に乗っていて飛行機が墜落して死にました。SR111便事件を調べてください。私はこの人のセミナーも出ましたが、スイス人は殺されたと思ってます

1234567890

ポリオワクチンとエイズの起源: 直接主要な刊行物と最新ニュースへのいくら
かの主要な文章Go。

理論の概観
エイズの起源の1つの理論はポリオに世界初の大規模免疫に使用される汚染しているワクチンから発達したということです。 この理論がさらなる調査にふさわしいことができるくらいもっともらしい多くの理由があります。

位置は劇的に一致します。 エイズの最も前の知られている症例は中央のアフリカに現れました、コプロウスキーのポリオワクチンが1957-1960の100万人の人の上に与えられたのと同じ領域で。
タイミングは一致します。 1959年前に、HIV感染かエイズの記録された症例は全くいません。 奴隷売買の何世紀もアフリカのヨーロッパの開発は他のすべての病気に次に、知られていた状態でアフリカ人と他のものをさらしました。 HIVが存在していたかもしれなくて、アフリカで認識されないで広まっているのは、信じがたいです。
ポリオワクチンはSIVsによって汚染されたかもしれない猿腎臓で育てられます(培養されます)。 1985年前にSIV汚染のためにポリオワクチンをスクリーニングできませんでした。
ポリオワクチンを通して別の猿ウイルス(SV-40)によって人間に渡されたのが知られています。 未知のウイルスによって汚染されたように、コプロウスキーのワクチンの特定のプールは後で見せられました。
ウイルスが異なった種類を感染させるように、新しいホストの免疫システムの抵抗を抑えるのは役立っています。 1カ月ほどコプロウスキーのポリオワクチンを多くの子供に与えないで、以前、彼らの免疫システムを完全に開発しました。 本当に、1つのトライアルでは、有効な免疫を確実にするために標準の投与量の15倍を幼児に与えました。
この理論が正しいなら、それには、倫理的な重大な健康と方針意味があります。 特に、それはワクチン接種、他の新しい病気と同様にエイズの新しい変種に通じることができた臓器移植などを通した材料の種間転送の危険を示します。 また、理論を研究するのはエイズに応じて、新しい病気を予防することに関して洞察に通じるかもしれません。

時折、評論家は、理論が反駁したと主張しました。 1992年のウィスターCommitteeは、1959年のイギリス人の船員の死(組織は後でHIVのために検査で陽性と出た)が理論を信じがたくしたと言いました。 しかしながら、数年先、より敏感なテストは組織におけるHIVを全く示しませんでした。

2001年に、フィラデルフィアに1950年代から保持されたポリオワクチンのサンプルが免疫欠損ウイルスを全く示さなかったというレポートは発表されました。 これは理論の論破としてらっぱで知らせられました。 エドワードHooperは後で米国によって生産されたワクチンがアフリカで基板としてチンパンジーを使用することで拡張されたという証拠を作り出しました、その結果、理論が正しいかもしれないのを示します。

エイズの起源のポリオワクチン理論を反駁させようとするのに多くの努力を費やしますが、科学者はほとんどSIVが感染したチンパンジーからの血液が狩りか食べることを通して人間に入ったという従来の意見を反駁させようとするのに費やしていません。 従来の視点を支持するために、非常に少ない直接証拠があります。(視点で、タイミングも起源の位置がわかりません)。

科学雑誌はポリオワクチン理論に関する記事を発表するのに気が重いです。 例えば、ネイチャーは、理論に関して少なくとも6人の学者からかなりの差出を受けましたが、彼らのいずれも発行していません。 理論の反対者は、公表に水をさしているのに名誉棄損の脅威と訴訟を使用しました。 結果は編集の特権と訴訟が理論の評論家が答えがないという間違った印象を与えたということです。

この事態を収拾するのを助けるために、理論を提示して、それを批評する重要書類をここに提供します。 また、与えているのは、理論に関する刊行物のリストです。 この材料は社会科学者として1991年以来の起源討論の後をつけているブライアン・マーチンによって供給されます。 それは反対意見の弾圧での1ページの一部です。 コメントと追加貢献を歓迎します。

理論(新しい順における)BOOKSに関するいくつかの主要な刊行物
エドワードHooper、川: HIVとエイズ(Harmondsworth: ペンギン; 改訂版、Penguin、リトル、ブラウン、ボストン:1999;2000)のSourceへのJourney Back。 これは莫大な、しかし、非常に読み込み可能な科学的超大作です、まだ利用可能なポリオワクチン理論の最も詳細な試験を提供して、多くの新しい調査結果を含んでいて。 それは、広範囲の議論と討論を発生させて、断然最も強い競争者とエイズの起源のポリオワクチン理論をカットハンター正教に書き立てました。

川に関する何十もの記事、レビュー、論評、および応答。
川はCD-ROM版で利用可能です: http://www.aidsorigins.com/content/view/206/28/ を見てください。

オマーBagasra、HIV、および分子免疫: エイズワクチン(ナティック(MA): Biotechniquesの本、1999)の見通し。 この技術的な学術書はHIV-1が故事来歴のためにアフリカに分子免疫の新しい理論を提示します。(それは1が小児麻痺の予防接種におそらく最も由来していたと主張されます)。
カイリーR.Prillimanは名門のジャーナルCellの本を批評します。 ジュリアン・クリッブは本の洞察に満ちたコメントを非専門家に提供しました。 作者(オマーBagasra)に omarb@sc.rr.com へ連絡できます。 508-653 2706は、本がイートンPublishing、154東セントラル・ストリート、ナティックMA 01760、米国電話508-653 6272年から利用可能であることをファックスします。

ジュリアン・クリッブ、ヘロイン(シドニー: アンガスとロバートソン、1996)。 科学的共同体でポリオワクチンエイズ理論とそのレセプションの両方に焦点を合わせる魅力的な本。 全文利用可能です。

記事
エドワードHooperには彼自身のウェブサイト、 http://www.aidsorigins.com/ があります。彼の最新の貢献に関してそれを見てください。 2008年3月: マイケルWorobeyの研究に関する2つの記事。

ブライアン・マーチン、「科学的の争われた証言は議論します」。 「エイズの起源に関するケース」、Skeptic、Vol.13、No.3、2007、ページ 52-58.

クリスチャンのBiascoはエイズの起源論争を分析するpredoctoral論文を書きました: エイズの起源: 科学的刊行物のhermeneutical分析。 2006年7月のジュネーブ大学。 また、彼はDoomのSeedsと題をつけられたエイズの起源に関してプレーを書きました。 あなたは、イタリア語と英語でプレーの原本を読んで、字幕があるイタリア語でプレーを見ることができます。

エドワードHooper、論評、2006年2月-8月

「野生動物の肉グループ」のメンバーによる潜在的今後の医療ミスに関する3つの警告、2006年8月13日のScience雑誌はエイズの起源の野生動物の肉仮説に反対するさらに別の服従を拒絶して、2006年7月27日は「科学のHollywooding」です。 カメルーンのチンパンジイからのビアトレス・ハーンの最新のSIV系列: View「エイズの起源」Documentary、2006年6月30日までの代替の解釈、2006年8月5日How裸の王様: ビアトレス・ハーンとLatest迷信的呪文、2006年5月26日Newはポールシャープから請求しますが、本当に見つけられたHIV-1の源を持っています。 2006年2月。
2005年11月にGene LandのNarrow Roadsで発行されたエイズの起源の周りの新素材: W.D.ハミルトンの論文集、第3巻: マーク・リドリー、オックスフォード大学出版局によって編集された最後のワーズ。

ブライアン・マーチン、「以下に会うa科学的の政治」 「王立協会のエイズのOrigin Debate」とPoliticsとLife Sciences、Vol.20、No.2、2001年9月、ページ 119-130 2005を発行しました。 また、pdfでは、利用可能です。

エドワードHooper、論評、2004年10月-11月

スタンリービルのサンプルの付加: 古代のHIV-1の潜在的'化石証拠'は間違った手Untruths、誤伝、および回転になります: 「エイズの起源」におけるスタンリーPlotkinのグループによって使用された怪しげな方法と戦術はヒラリー・コプロウスキー博士と討論します--、Man、Many Ideasでは、川で現代的に破損する主張は、ポリオを根絶するのを試みます: コプロウスキーと新しさPlotkinが一周させるコプロウスキー医師とPlotkin Plotkinの親友(1)による法的な脅威の医師による、より多くの製作: 著名な科学者は、スタンリーPlotkinとヒラリー・コプロウスキーを保護するために虚偽にサインします。


2004年4月: 汚染しているポリオワクチン理論は反駁しますか?
はい: マイケル、Worobey他、「ワクチン理論が反駁させた汚染しているポリオ」、ネイチャー、Vol.428、2004年4月22日、p。 820.
いいえ: 2004年4月のエドワードHooper、「ワクチン理論が反駁させなかった汚染しているポリオ」によ
る回答。
Worobey他の補助情報と地図。 ホッパーのコメント。
ホッパーはさらにコメント、およびさらなるコメントの縮約版を与えます。

エドワードHooper、「エイズの起源討論の大西洋岸」: 2004年2月-3月の一連の論評。

最新の科学的な証拠がはるかにそのままで知られていた状態でOPV理論Asを支持
して、近代的なポリオワクチンが安全なロビン・ウィス、ウィルス学の教授で
あり、回転Couldの医師がHIV-1の古来のサンプルである、見せかけられますか?

スタンリーA.Plotkin、「チンパンジーとジャーナリスト」(社説)、Vaccine、Vol.22、2004、ページ 1829-1830. Osterriethの記事への序論。

ポールOsterrieth、「経口ポリオワクチン:」 「事実対フィクション」、Vaccine、Vol.22、2004、ページ 1831-1835. アフリカでのポリオワクチンの生産に関するHooperのクレームの否定。

--------------------------------------------------------------------------------
Linceiミーティング書類
HIVの起源とAtti dei Convegni Lincei、2003、Vol.187、ISBN88-218-0885-8マリアル
イザBozziとしてのEmerging Persistent Viruses、ローマ2001年9月28日から29日
Published、「真実と科学:」 「ビル・ハミルトンの遺産」、ページ 21-26.

エドワードHooper、「君とEacuteのDephlogistication、帝国の表示、サル、天使、および復帰;、マイルゾラ、」、ページ 27-230. この大規模な紙は、川の批評への応答と、新しい証拠です。

pdfの完全な紙
4pdfの紙はファイルされます: aを分けてください。 部分b。 部分c。 部分d図1、2、3、5、および6 パプアニューギニアMedical Journal、2004Mikkel H.Schierup、およびRoaldフォルスバーグのローレンス・ハマールのそばのHooperの論文のpdf Reviewと、「HIV1インチ(pdfの)、ページの再結合と系統発生の分析」で 231-245.

Rはウィス、「結論を下すのは以下を述べさせます」です。 「しつこい感染力、伝家の宝物、および新しい獲得として、現れる」(pdfの)、ページ 305-314.

--------------------------------------------------------------------------------


ブライアン・マーチン、Investigating、エイズの起源: 数個の倫理的な寸法、Medical EthicsのJournal、Vol.29、No.4、2003年8月、ページ 253-256.

エドワードHooper、「人工の病気の話」、2003年4月。 短縮版はエディタへの一連の手紙が支えたBooksのロンドンReviewに現れました。

エドワードHooperは「OPV理論の反対」に対処します。

1. ジョンP.ムーア教授の変なケース
2. iatrogenicのマルクス/ドラッカー理論はデヴィッドGisselquist教授でunsterile針、および最近の介入で広まりました。(その教授は、アフリカのほとんどのHIV感染力がこの同じルートで引き起こされると主張します)。
3. 2000年9月に「HIVの起源とエイズ流行病」に王立協会ミーティングにスタンリーPlotkinとヒラリー・コプロウスキーによって提示された論文
ロビン・ウィスと「ヒト免疫不全ウイルスの起源に関するReflections」とエイズとHepatitis Digest、2002年1月。 ポリオワクチン理論の批判的な論評。 へロビン・ウィスに連絡できます。

--------------------------------------------------------------------------------
HIVの王立協会Discussion Meeting(そして、その後の出来事)の起源、
Epidemic、AIDSロンドン、2000年9月11日から12日Papers、プレスリリース、メ
ディア小説、および応答

--------------------------------------------------------------------------------


スタンリーA.Plotkin、「CHAT経口ポリオワクチンは人間のためのHuman Immunodeficiency Virus Type1Group Mの源ではありませんでした」、Clinical Infectious Diseases、Vol.32、2001、ページ 1068-1984. エドワードHooper川におけるクレームの詳細な反論。 これは王立協会ミーティング議事で発行されるようにほとんど同じ紙です。

Billiゴールドバーグとラファエロ・B.ストリッカー、「間隙を塞ぎます:」 「人間の2重の細胞株とエイズの起源」、Theoretical BiologyのJournal、Vol.204、2000、ページ 497-503. ポリオワクチンがヒト細胞を使用することで作り出されたという仮説はエイズに原因となりました。

ブライアン・マーチン、「科学的理論の政治上の論破:」 「ポリオワクチンとエイズの起源に関するケース」、Health Care Analysis、Vol.6、1998、ページ 175-179. どのように訴訟と編集上の決定は、発行された記録がポリオワクチンエイズ理論が反駁したという紛らわしい印象を与えることを意味するか。

ブライアン・マーチン、「aを張り付けて、科学に縫ってください」 「ポリオワクチンとエイズの起源に関するケース」、Science、Vol.26、No.2、1996年5月、ページのSocial研究 245-276. 社会科学者としての作者がどうポリオワクチンエイズ理論に関する討論を干渉したかに関する個人口座。

ブレインF.Elswood、ラファエロ・B.ストリッカー、および「ポリオワクチンとエイズの起源」、Medical Hypotheses、vol.42、1994、ページ 347-354とCorrespondence、vol.44、1995、p。 226. これは理論を提示する科学的文学で最初の主要な紙です。 ブレインElswoodに Blaine.Elswood@snow.edu へ連絡できます。

W。 D。 ハミルトン、Science、1994年1月27日への未発表の手紙。 ハミルトンは、1992年のコプロウスキーの手紙に返答するScienceの手紙を発表するのを試みました。 ここに含まれているのは、手紙自体とScienceとのハミルトンの通信の両方です。

ブライアン・マーチン、「ポリオワクチンとエイズの起源:」 「険悪な考えのキャリア」、医師のためのタウンゼンドLetter、#126、1994年1月、ページ 97-100. 理論とその含意のアカウント。

ローリングストーン誌、「'エイズの起源'アップデート」、1993年12月9日、p。 39. この「明確化」の公表はローリングストーン誌とトム・カーティスに対するコプロウスキーの名誉棄損動作の解決の一部でした。

ブライアン・マーチン、「同輩レビューとエイズの起源--ケーススタディは中で考えを拒絶しました」、BioScience、vol.43、No.9、1993年10月、ページ 624-627. 理論とそれへの応答の話。

B。 F。 Elswood、R.B.ストリッカー、および「ポリオワクチンとエイズの起源」、VirologyのResearch、vol.144、1993、ページ 175-177. 編集局から理論と批判的な回答を提示する投書。 ブレインElswoodに Blaine.Elswood@snow.edu へ連絡できます。

ルイスPascal、「予備の注意はY.太田、他で通信の短所に関係がある」1993年5月8日(以前に未発表の)。 コプロウスキーとポリオワクチン理論に対する場合におけるBasilico他によって引用された学術論文の批評。

トム・カーティス、Science、1992年9月30日への未発表の手紙。 Scienceによって拒絶されたこの手紙はポリオワクチン理論を攻撃するScienceのコプロウスキーの手紙への応答でした。

クラウディオ、Basilico他、エイズ/ポリオウイルスAdvisory CommitteeからのReport、1992年9月18日。 ローリングストーン誌におけるカーティスの記事によって刺激されて、ウィスターInstituteは、理論を調べるために第三者委員会を設立します。 これはレポートです。(そのレポートは正式に決して発表されませんでした)。

ヒラリー・コプロウスキー、「エイズとポリオワクチン」(手紙)、Science、vol.257、1992年8月21日、ページ 1024, 1026-1027; 修正、1992年9月11日、p。 1463. これは、ローリングストーン誌におけるトム・カーティスの記事に関する回答であり、理論のわずかな発行された批評の1つです。

Raanan Gillon、「エイズの起源の驚異的な1万9000単語の論文:」 「JMEはそれを発行するはずでしたか?」、Medical EthicsのJournal、vol.18、1992、ページ 3-4. Medical EthicsのJournalのエディタは、パスカルの議論について略言して、JMEがなぜそれを拒絶したかを説明して、その重要性と有用性に注意します。

トム・カーティス、「エイズの起源」、ローリングストーン誌、Issue626、1992年3月19日、ページ 54-59, 61, 106, 108. この記事は最初の広い目に見えることを理論に与えました。 ブレインElswoodによって独自に開発された理論のバージョンに基づいて、それは、トム・カーティスによって調査されて、オンであると報告されました。 トム・カーティスに tcurtis@utmb.edu へ連絡できます。

ルイスPascalと「科学が腐ると起こること」、そして、ScienceとTechnology Analysis Working Paper#9、ウォロンゴン大学、1991年12月。 これは理論の最初の主要な発行されたアカウントでした。 ハードコピーはブライアン・マーチン、要求に応じて bmartin@uow.edu.au から無料で利用可能です。 郵便の宛先を含めてください。

参考文献一覧

--------------------------------------------------------------------------------
この材料はブライアン・マーチンのウェブサイトに反対意見の弾圧で位置しています。
ブライアン・マーチンのウェブサイトに行ってください。

メール: bmartin@uow.edu.au

--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------
改訂された2008年4月2日
私はこのページにおける役に立つコメントについてジュリアン・クリッブ、トム・カーティス、ブレインElswood、およびエドワードHooperに感謝します。

CSS

人を脅威と感じる、というコメントがあったが、非常に大事なご意見だと思う。
多くの日本人の意識下には、「恐怖心」があるのは事実のようにに思える。
恐怖心ゆえに、数多きにつき、事実を正面からみようとしない、自分の信念を主張せず、状況が変われば態度をコロコロ変える。
恐怖心の補償として、無私な言動に憧れたり、知的な飾りをつけたがる。
ありもしない慈悲心による無償の行為が公然の前で堂々となされる。
大切なのは、人の目なのか、真実なのか自分をシッカリ見据えることは大切だと思う。
自分の醜さと向き合うことなしに、他に多くの影響を及ぼすことなどどだい無理な話だ。
自分の醜さを覆い隠すのにエネルギーを消耗するからだ。
行為の多くは、包み隠しのない「真実の自分」の発露でなければ、無意味だろう。
(理屈などなく、止むに止まれず・・・。)
建設的な行動やコメントがなく、ベンジャミンさん凄い、何とかして・・・や、解説・分析の類が多いのもそうしたところにあるように思える。
案外、わたしたちの自己変革の中に、解答があるのではなかろうか?
それには、本当の自分を正直に見つめることと日々自分を磨いていくより手はない。
※関係ない話で、割り込み失礼。

鈴木まりん

いつも、貴重なお話と取材をありがとうございます。特に山口組に対する命がけの取材には同じ日本人として、頭が下がります。さて、昨日突然の千葉沖の海難事故について、はっとしたことがあるので、申し上げます。テレビで事故当事者、生存者の証言を聞いておりました。すると、転覆するときに、がーんという大きな音がした、というのです。
あれ、強い風にあおられて、転覆するときに、そんな音がするかな?何かにぶつかったからではないかな、と思いました。そして、昨日と今日のトップニュースはその事故の20人の死傷者についての話ばかり、二番目に来たのが、イージス艦の事故の発表でした。
もし、昨日の海難事故が無かったら、トップに自衛隊のイージス艦の話題がくるはず・・・
 まさか、自衛隊の事故への世論の非難除けのために前日に同じような事故を起こしたわけじゃないよね、それほど、日本の国って卑怯じゃないよね、と思ったしだいです。
 植草先生との対談DVD、楽しみにしております。いつもありがとうございます。それから
お体にお気をつけください。健康のために、青汁がお勧めです。私は駅前にある青汁ドリンクコーナーで毎日一杯100円で飲んで、すっかり健康で元気になりました!なんといっても健康第一ですので、家でもミキサーで野菜を青汁にして、一日二食はそれにして、ダイエットを始めたところです。西式甲田健康法です。

seast

すいません。

参考資料は英語以外に日本語の資料あるのでしょうか?
Yahooの翻訳を使ってみても、はちゃめちゃな日本語で、意味が分からないです。

どなたか翻訳して頂けないでしょうか??

Benjamin rules

オバマの信頼していた牧師もこのことに言及して、バッシングされて離反しましたね。
http://www.dailymotion.com/video/x58kk0_virustm_news

123ja8119

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク

が福田総理宛に請願書の申し入れ

6月24日、NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク(東京都千代田区飯田橋 石橋代表)は国会議事堂前で電磁波兵器応用人的攻撃被害に関する街頭演説を行い、内閣府より福田総理大臣宛に請願書を提出した。

この中には(5条)ピンポイントで電磁波攻撃する技術は航空機に対する攻撃にも使えるため注意を要するとした2005年8月12日森総理宛の内容を再掲するなど、電磁波兵器の軍事用としての側面と人的攻撃という民間の被害と言う側面、両方について指摘する内容となった。

The comments to this entry are closed.