« 封印されたエネルギー技術の解放を | Main | アメリカから独立するべき日本 »

05/29/2008

Comments

天理教信者

ベンジャミン様
御著書は時々拝見させてもらっております。

HAARPの件大変興味深く読ませてもらいました。
電離層への影響となると、多大な影響が出ると考えられます。

この件と、地上デジタル放送への移行は関連していると考えてもよいでしょうか?
もしも、私が為政者であれば、HAARPの本格的な運用は大多数の市民の目から隠したいと思うかも知れません。(兵器として使う予定ならなおのこと隠したいでしょう)
国民が電離層に依存した通信媒体を多く使う状況では、HAARPの存在は早晩明らかになってしまうでしょう。
この点、地上デジタル放送が普及すれば、HARRPの存在はかなり隠せる可能性が高くなるのではないでしょうか?
地上デジタル放送移行後に世界中で不審な気象が多発するようだと、HAARPの存在は仰るとおり、陰謀との関係が深いのかもしれません。

それと、最近の台風の進路をはじめ、北京五輪開幕式での気象操作をにおわせる報道など、HAARPの稼動を裏付ける(或いは符合する)ような事実が部分的に漏れ出てきていることも事実です。
これらの事実は、地震よりももっと理解しやすいのではないかと考えます。

また、時々お邪魔します。

ごがつ

HAARPの実態がどうあれ。
この兵器の最も恐ろしい点は、通常の兵器のような抑止力が存在しない事です。もう少し言えば、協定や安全保障さえ無力にしてしまう。
人為的行為と断定するのがほぼ不可能なわけです。
現状「HAARP」とは、「表でメディアを駆使して自然の脅威(神秘)とプロパガンダして、裏で脅しをかける」という、政治戦略を優位に進めるツールとして認識できます。
仮に地震災害を本当は引き起こせない技術でも、政治的効果が得られる時点で「兵器」です。「謎であることを最大限に利用する」のが現段階なのでしょうか。
AIDS、SARS、H5N1。これらも同様の性質がありますね。

インターネットは、最強の解析システムです。混濁した情報を集める事から、何か導き出せればと思います。
これは、アラスカ-四川-ミャンマーの位置関係を指摘している動画です。
http://jp.youtube.com/watch?v=jKn84V62WwE&fmt=18

PS:↓↓WEB掲示板では、モラリストは放置するのが得策です。胡散臭い。↓↓

Haruka

Please help me.

CIA and DSGE are coping with together ,
they force me to do the terrible torture with saying ,
"You die."
"We have the complain."
"We are murder ? We fight (with you)!! we are JEW!!!!!"

France Agent also join this terrible abuse.

Please help me.
Just they did interlligence, spy.
They would not help victims.

That's why they could try to kill me without ingnoring victim's shutting.

Please help me!!!!
CIA are murder .

とおりすがり

>皆さんは先端科学技術を研究している人達が何をしているかがよく分からない為、途方もな
>い夢の様な事がもうすぐ可能になると思いたいでしょうが、現実はそんな物ではありません。

こないだ欧州で電磁波管理兵器の対人への使用を禁止する
法律が出来たそのタイミングは、きっと何かの気のせいだね。
その一般論を用いた反論も含めてね。

現実って何でしょうか。
きっとここを見ている人がテレビの受け売りか、ネットの科学サイトに載った
大学の先生の苦労話くらいしか知らないから出て来たのではないでしょうか。

kernel32

私は、自分なりに調べては見ますが、ここには多くの専門知識を持った方が来られていることはわかります。

私自身が、コペルニクス的転回のような思考回路の変更を求められているのかもしれません。
私は、多数には従いませんが、実証があるなら、たとえ少数派であっても構わない。いつもそう思って生きています。

dadandandan

http://jp.youtube.com/watch?v=sBW_mKOpEWU&feature=bz302
の5:29からの映像と、フルフォード氏が映っているGoogle Videoの3:00頃の映像は全く同じように見えますが、Youtubeの方は1995年11月11日奈良県天理市で撮られたUFOという紹介です。これが電磁波兵器の証拠となるプラズマというのなら信用できません。

joe

Scientists puzzled by absence of foreshocks and other typical precursors prior to China Earthquake

http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=9141

Retired Scientist

デマはカルト宗教と同じです

カルト宗教に引っかかるのは何か悩み事があり、自分の抱える問題を誰かに解決して欲しい、何かにすがりたい、心の支えが欲しい、という隙がある時に起こるのです。それと同様に、天変地異があり、その理由を知りたいという心の隙を狙って国際支配層はデマを流し、アメリカが如何にも全知全能で、俺たちの言う事を聞かなければもっと天変地異を起こすぞ、と脅迫するのです。

このサイトは真実を探求する人達が情報を交換する場ではありませんか。持ち寄った情報が全て正しいという保証は何処にもありませんから、各人が自分の知識経験から最も冷静に客観的に情報の正誤を判定しなければなりません。

この百年間で人類は飛躍的に科学技術を発展させましたが、自然界の真理を究めるには未だほど遠い状態の故に、如何にも科学的にあり得るようなデマが蔓延するのです。昔からSF映画が流行るのは、こんな事が出来ればいいな、という人々の願望につけ込んだ全くの空想の世界を見せてくれるからです。その様な人間の欲望を利用して人々を支配しようとしているのが国際支配層です。

皆さんは先端科学技術を研究している人達が何をしているかがよく分からない為、途方もない夢の様な事がもうすぐ可能になると思いたいでしょうが、現実はそんな物ではありません。早い話が、数多い科学技術者でも本当に自然界を理解した人は世界中に唯の一人もいないのです。皆手探りで、ああでもないこうでもないと目くらが象を撫でているのが現実です。現実が厳しいものだから、夢を見たいという欲望が沸き、ついつい悪魔のささやきに耳を傾け、ダークサイドの奴隷になってしまうのです。悪賢い奴等の奴隷になりたくなければ、自分の気に入る様な情報は全て嘘ではないかと疑ってかからねばなりません。

さもあ

書き忘れましたが、こういった技術への告発は
アメリカ諜報部の人間からもでています。

所謂、電波系の人間の言葉ではありません。

さもあ

>人類の英知は自然現象を遠隔操作できるまでに至っていないと考えますよ。

ご存知かどうかわかりませんが、電磁波系統技術の研究は
疫学研究機関ではではなく、アメリカ軍部が管轄しています。
たとえば、「公然と」低周波の生態への影響などを調査する機関を
運営しておりました。しかしなぜ管轄が軍部なのでしょうか?

ちなみに今現在の秋葉原で売っている機材で、家庭用コンピュータくらい
遠隔盗視できることはご存知でしたか?非ネット環境のスタンドアロンの
パソコンの画像を盗撮可能なのです。数十年前のアメリカ政府は
こういった技術を百人殺しても千人殺しても最優先しなかったと
お考えでしょうか。ロシアも研究をしていましたが、ご存知のとおり
近代化にはそれなりの手間がかかっており、一歩遅れています。

民間の電子的な近代化はここ数十年ですが、同じ速度でアメリカが
進歩しているイメージを持つのはナンセンスとしか言いようがありません。

優秀な大手や中小の技術者からいったいいくつの技術を盗んできたでしょうか。
※(最近では遠隔の盗撮は大手企業では普通に対策がされています。ただし、
 当然ながら既存技術をベースに対策されています)

技術者や研究者や科学者の血の努力の結晶をいくつも盗み、複合する
行為は相乗効果にして2倍や3倍だとでもお考えでしょうか?

何倍かといえば、ゼロが二個は付くと考えられています。
技術の複合は足し算ではなく掛け算で考えていくものです。

実に単純なことなのですが、あまりにも巨大かつリアルな話であるために、
口にする人間がまったくメディア上に現れてこないだけなのです。
極めて少数の大学などでは、公式な研究もされ始めてはいますが、
民間がサイレントなままだったら支配体制は完全なものになるでしょう。
学者の少数の意見だけで「トップシークレット以上のトップシークレット」
を突き崩すのはほぼ不可能といえます。

本当に気象兵器が露骨に表立ってきたとしているのだとしたら、
電磁波による管理体制のベースは整い始めていると考えて間違いありません。
何度もいいますが、それに危惧し続けている人間すべてが
そういった技術のターゲットにされることを恐れ、

「怖くていえないだけ」なんです。

Kernel32

ベンジャミンさんへ

このビデオの中で、竹中平蔵が、地震兵器について言及しているようですが、彼自身の言葉は流れてきません。

このあたりをうやむやにするから、ダメなんです。説得力がない。できれば、竹中が発言している音声も全て公開してほしい。でないと、地震兵器に関してだけはどうしても納得できない。電離層からのマイクロウェーブで、大型の地震は起こせない。私は、無線も仕事の一部で使います。Eスポなど、電離層というはとても奇妙な働きをしますし、太陽の黒点活動によっても無線に大きな影響を与えることは科学的に分かっています。

HAARPとは、High Frequency Active Auroral Research Program (超短波による、オーロラ活動研究プログラム)ということですよね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E9%9B%A2%E5%B1%A4

を見るとわかると思いますが、電離層は、一般のVHFやUHFの電波、つまり30Mhz以上の電波は反射しません。「すっぽねけます」。ましてや、UHFやそれ以上の周波数が電離層を反射して地殻に影響を与えることはできない。これは断言できます。これは東大の教授に聞いてみてください。あっさり否定されます。

地震兵器があるとすれば、地殻に核爆弾のようなものを埋め込むこと以外には不可能です。地震前に、地殻と地殻のこすれあいによって、電磁波が生じたり、不可解なことがあることはあり得るでしょう。だって、昔の人間は、雷というものが、空気中の電位差によって生じ、ものすごい音が鳴って人々を怖がらせたことの理由がわからず、日本語では、「神鳴り」といったわけです。

あなたのおっしゃっていることは、非科学的であり、ちょうど、電位差によって雷が起きるということをしらなかった時代の人間が、「これはたたりである」とか「これは神が怒っている」とか、「これは他の部族の呪いである」と考えたことと同列なのです。

私は、人間社会の全てが科学で説明できるとは思っていません。魂の存在も信じますし、生まれ変わりも信じます。神仏の存在なくしては、考えられないことがこの世にはたくさんあり、科学だけでは説明しきれないということを私はこの身を持って実感しているからです。また、私は、トランスパーソナル心理学をこの20年ほど自分なりに研究している者でもあります。

信じられないことがこの世に存在することは分かっていますが、それでも、地震兵器だけはどうしても理解できない。直接的な核爆発かプレートへの凄まじい圧力ということなら理解できるが、四川という内陸部にはたとえ核兵器なども持ち込むことは不可能。

なぜ、私がこんなに地震兵器について怒るのか。それは、ゼロパーセントではないと感じるからです。もし、その可能性があるなら、徹底的に追求したい。

竹中氏にもなんとかコンタクトを取ってみます。

いつも、思ったことを推敲もせず書き込むので、乱筆乱文、誤字などはお許しください。

高専

きたあ~~~

http://blogs.yahoo.co.jp/dragontatsuhi/42328497.html

ごがつ

「HAARPを政治的な覇権構想に悪用する事が出来る。」
これを前提としてコメントします。

英米の掲げる民主主義とは、建前だけは複数政党で本質は単一政権です。
(自国民や外国から、独裁国家に見えない事が重要)
国民の愛国心は、議会制民主主義を大儀として、建前上の選択の権利が国民一人一人に認められてると、国民は自らを納得させて生産的なモチベーションを高めます。数億人という思考をコントロールする為には、みかけ上は政党が複数あったほうが効率的にまとまるのです。

英米が世界覇権を進める基本戦術とは、この"見かけ議会制民主主義"を標榜して、単独政権の国を独裁国家(悪)とみなして戦争や経済制裁によって、世界世論を煽ります。政権転覆を図り、潰し、国家の政経の中枢を裏で操る為の強靭なパイプを作る事です。金の流れを作るという事です。(ついでに言えば、IMFに金を廻すための運営システムです。ベンジャミンさんの別スレ”金融制度改革法の指標について”[米連銀の分解]にリンクする事です。)

単独政権国家の多くはイスラム系と共産系などが多く、経済覇権の拡大を実現するためには、これらの国を覇権に取り込む必要があります。制裁や戦争を正当化するための最良の大儀が必要だったわけです。
国にとって災難とは自然と人為の2つ。HAARPの最大の特徴は、偽善的な武器であることです。思想や宗教の弾圧をする事無く、不必要に国際世論を敵に廻さず、経済基盤を残した状態で統治する事を容易にします。ターゲットした国内に混乱を生じさせ、内外のメディア報道、株・為替など経済面、武器兵器などを駆使して、多面的に現行政権をゆるやかな崩壊に導く事を目的とします。
つまり、中国に英米が強要している事とは、現行政権システムの崩壊と、複数政権樹立と中国経済中枢への米英資本の流入と言えます。

しかし、彼らの思惑通りに進んでいません。中国、ロシアはより狡猾な世界戦略をしているのが現状です。

ジョンケイ

Mr.Retired Scientist

もしも国内の天候を変えてしまったら、気象を変更出来る事が世界中に知れる事になるので出来ないし、第一、平和利用の為に作られてないのじゃないと解釈してます。

新潟地震ではっきり「ドカン」と聞こえた貴重な現象を捉えたのに、なぜ地震の前には「ドカン」と聞こえる、と今後の参考にするとか発表しないで隠蔽するのでしょうか??

zion

結局はプロパガンダではないでしょうか。無い物をあるかのように信じ込ませ、俺たちは凄いんだぞ、と。まあ私は信じません。お化けがいるぞ、怖いぞ~と言うのと同じです。
人類の英知は自然現象を遠隔操作できるまでに至っていないと考えますよ。

Retired Scientist

地震の前の地鳴りは昔からあった

私の母は関東大震災を経験しましたが、地震の前にすごい地鳴りがしたそうです。勿論当時はHAARPなどありませんでしたから、地鳴りは人間が起こしたものでないことは明らかです。皆さん、天変地異を何でもかんでもHAARPの所為にするのはイリュミナティのデマに乗せられている証拠ですから、気をつけましょう。アンテナ理論に詳しい人が見ればすぐ解ることですが、HAARP基地にあるアンテナ・アレイは素人には印象的ですが、大きさから見て100MHz以下で使う短波用の物です。それに接続されているケーブルの太さから見て一つのアンテナに100キロワット以上は送れません。

送信機器を収容している小屋がたくさんありますが、一つの小屋で扱える送信機の冷却能力は限られるので送信電力は恐らく小屋当たり1メガワット位であろうと思います。つまり、小屋が100戸あってもたかが100メガワットです。その位の電波では頭上のオーロラをコントロール出来ても、地球の裏側の天候を変えたり地震を起こす事など到底出来ません。

それにアメリカが本当に天候を制御するテクノロジーを持っているのなら、どうして国内に頻発する竜巻を制御出来なくて、毎年大変な損害を受けているのですか。ミャンマーのサイクローンを地球の裏側から制御できるのならそれの何万分の一のエネルギーしかない竜巻など国内で制御するのは朝飯前ではありませんか。

ジョンケイcaesar

こんにちは、いつも頼りにしてます。

新潟地震直後のNHKの第一報で、偶然、新潟NHKの報道官が街角にいて「ドカンと言う大きな音がして、地震が起きた」と言っていました。その同じフィルムでコンビニ店の50歳位の男性も「地震の前にドカンと言う大きな音がした」とはっきり言っていたのを聞いたので、咄嗟に「人工地震だ」と思いましたが、その後NHKのどの報道にもその2つのビデオをみる事はありませんでした。(地震後直ぐにこの事はこちらへコメントしてます)、、、と言う事は圧力があったのかも知れません。と言う事は人工を証明したとも言えます。

ところで、キテイホークが引き上げると言うNHK報道を今見ましたが、『8月は警備出来ない』、、ってこんな事わざわざテレビで流す必要ありますか? 一体誰に告知しているのでしょうか? 8月って、北京開催前後の日本近海は危険だから、避難するのでしょうか? その事を誰かに告知したのでしょうか、、、?

朱鷺

どうしたら良いのかは反ロス的な生活をすることをお勧めします。生活スタイルについては
ホームページで学びましょう。

最近こんな歌もできています。反ロスって何って言う方は誰かに聞いてください。

http://www.is-terminal.com/community/modules/myalbum1/photo.php?lid=1150&cid=2

朱鷺

リンク集に英文、日本語訳が載っていますね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%AB

ケム・トレイル (chem trail) は、航空機が化学物質などを空中噴霧することによって生じるとされる飛行機雲のような航跡。「ケミカル・トレイル(chemical trail)」の略であり、「コン・トレイル(con trail:航跡=飛行機雲)」より派生した語。

目次 [非表示]
1 概要
2 エイミー・ワージントンによる説明
3 観測
4 関連項目
5 外部リンク・脚注


[編集] 概要
飛行機雲より長時間残留し、本格的な雲に変化していくことが多い。
大気中に残留化学物質などが確認され、周辺地域で健康被害が報告されることがある、出現の直前に軍用機などが飛行している。
などが挙げられ、軍や政府による気象操作や細菌兵器に対するワクチン散布などの説が流布している。世界各国で目撃例が報告されている。

現在、アメリカ国内の小学校の教科書では「気象を調整するために軍が使用する場合がある」と説明しており[1]、アメリカ議会では(Experimental Weather Modification Bill(気候操作実験法案))が出された。また、ヨーロッパでも大手新聞が報道するようになってきており、使用目的の真偽はともかく存在自体は公に認知されつつある。

ケムトレイルは第二次大戦以降も世界で遂行され続けてきたとされるが、近年、世界でこの現象が多数報告されており、米国では市民による反対運動も行われている。個人レベルではすでに含有物質を解析しているケースもある[要出典]。

[編集] エイミー・ワージントンによる説明
「ケム・トレイル (Chem-Trail)」という言葉は、エイミー・ワージントンによって初めて使われた言葉で、その文献の示すところによれば、「ケム・トレイル」とは「ある殺人的プロジェクトに係わる航空機から散布された何トンもの微粒子状物質」であり、「アスベスト、バリウム塩、アルミニウム、放射性トリウムなどを含む有毒金属を含んでいる」とされる。またワージントンは、このプロジェクトは「アメリカ国防総省、アメリカエネルギー省、国立研究機関、大学、民間の防衛産業、製薬会社などが係わっている巨大な組織」が推進しているものであると述べ、さらに「航空機から散布された何トンもの微粒子状物質は、大気を高電荷の導電性プラズマにする」、また、「­­それらは地震を引き起こす地殻操作兵器などのために、荷電した大気を人為的に操作するためのものである」と報告している。

ただし、これらの指摘は具体的根拠や統計的数値が十分に公表されているものではなく、また「微粒子状物質が大気を高電荷の導電性プラズマにする」というメカニズムや、荷電した大気を人為的に操作することによって地震を引き起こすという「人為的操作」の具体的技術には言及されていない。


[編集] 観測
この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。
「一筋の飛行機雲が幅広くなり、やがて拡がって、風がないときはどんよりと、風があると吹き飛ばされた筋状に分岐した形で雲となればケムトレイルである」と指摘する者もいる。しかし、具体的な数値や形状について明確に定義されていない上、どこまでが「飛行機雲」で、どこからが「雲」であるかの定義が曖昧であり、この同定法については疑問を呈する者もいる。[要出典]

また、飛行機雲の中でも、ジェットエンジンに由来する飛行機雲は他の飛行機雲に較べて長く残留し、大きく広がる傾向にある。気圧と湿度の関係によっては、さらに大きく長く残留する傾向が強まる。いわゆる「ケムトレイル」との同定において誤解が生じやすい飛行機雲である。[要出典] [2]

この様な状況に関して、2006年にアメリカの放送局NBCは全国放送のニュース番組中でケム・トレイルに関する特集を組み、ケム・トレイル被害を訴える住人や、それに対する複数の専門家の見解を報道した。[3]


[編集] 関連項目
気象制御
人工降雨
飛行機雲
疑似科学

[編集] 外部リンク・脚注
^ CHEMTRAIL SUNSCREEN TAUGHT IN US SCHOOLS
^ [1]
^ news: Chemtrails over California
Chemtrails Aerosol and Electromagnetic Weapons in the Age of Nuclear War(英語)エイミー・ワージントンのケム・トレイルに関する文章。
(日本語)エイミー・ワージントンのケムトレイルに関する文章。
ケムトレイル関連リンク集、米国気象戦争
ロシアが米国の鳥インフルエンザワクチンをケムトレイルで撒いたことへの抗議内容
ケムトレイルビデオ

奇兵隊

HAARPってどうにか破壊できないものだろうか?

気象操作兵器は此れだけではないかも知れんが、スマトラ沖地震とかはこいつが元凶なのは解っているだろう。

志のある米軍将校・兵士が反乱を起こして、HAARPをミサイル攻撃してほしいもんだ。

Mew

例えばですが、皆でオバマに、大統領になって世界の悪を暴いてくれてありがとうございます、という事を(過去形風に)心の中や声に出して言ったりします。寝る時に1回必ずとか。そうするとその波動が現実になります。私はこれで信じられない体験を何度もしてきました。日本語のありがとうございます、にはサンキューなどと違って言霊があります。有難いものがそこに御座る、つまり神様だそうですが(詳しくは知らないのですが)、そういうスピリチュアルな力を信じるという事です。UFOや宇宙からの情報も受け取りたいと思うようにするのです。めっちゃめちゃ叩かれる事は覚悟してますが、一応投稿します。

Mew

私も、ただの金儲けでなく、バックにオカルト思想や悪魔信仰やサタンの歴史がある事を無視できないと思います。私達もスピリチュアルな考えで対抗できる部分があると思います。例えば彼らは預言者などを使って私達に怖れを抱かせ、その悪い波動によって彼らの計画を現実化物質化できる事を知っています。私達は希望を持ち続ける事でそれを防げます。昔から、今でも政治家達は陰陽師に相談しています。悪の世界では(悪い)霊界情報をちゃんと活用しているのです。私達は「マシュー君のメッセージ」など信頼できる霊界情報を活用したらどうでしょうか。もちろん、低級霊や動物霊に憑依されて喋らされ自分をチャネラーかシャーマンのように思って本を書いている有名な方もたくさんいらっしゃると思うので、そこを見極める必要がありますが。ベンジャミンさんのblogにふさわしくない内容だったらごめんなさい。でももう、そういう時代でしょ、と思います。

Abyss

Hello I'm from canada and i just wanted to thank you for your efforts in spreading the truth! if it wasn't for brave people like you most people would not know the plans of a few crazy people in power and how they want to bring this whole world to war to make a profit. I pray for your safety and have no fear if 1 man drops the flag theres a million more behind you to pick it up ready to fight the good fight, so when things seem tough and you feel like giving up dont forget that millions of us believe in you and what your doing. No matter who or where we ive theres only 2 people in this world those who stand for truth and justice and those who stand in the shadows feeding off of the suffering of others and it's clear your a soldier or truth, so once again keep up the great work and god bless :)

一般庶民はどうしたらいいのですか?

ベンジャミンさん、

地震、ウィルス、食料難、戦争・・私たち一般庶民は具体的にはどうしたらよいのでしょう?

黙って指をくわえてみているしかないのでしょうか?

銀行にお金を預けない、悪事に使うような税金は払わない、自給自足に近い生活をする、なるべく車を使わない、など色々考えてみました。私のところは田舎なんで、100%とはいかないまでも、少しは実行可能ですが、都会に住んでいる人はどうしたらよいのでしょう?

周りの人に事実を知らせても、そんな馬鹿な!と皆信じてくれず、笑われて悔しい思いをしています。

もとイルミナティのトレーナーで、洗脳から逃れた女性(Svaliと名乗っていましたが、仮名でしょうね?)の手記を読みましたが、イルミナティのメンバーは幼いときから、感情を遮断するなど、さまざまなトレーニングを積んでいて、人数こそ少ないけれど、全くトレーニングを受けていない一般人は、とうてい太刀打ちできないような印象を受けました。

権力の誇示だけでなく、バックにオカルト思想があるようですし(メンバーはMoloch,Ba'alなどの悪魔を信仰しているとのこと)スピリチュアルな世界の問題でもあるようです・・

一般庶民はどうしたらよいのでしょう?

地球防衛軍w

ビデオの最初に出てくる竹中平蔵は、例のビデオですね。
あれを早く公開して欲しい。
まあベンジャミンさんの切り札なんでしょうけど。

The comments to this entry are closed.