« 『侠 墨子』という本のご紹介 | Main | 明日の東京FMのラジオ生出演のお知らせ »

04/15/2008

Comments

投稿者

≫戦後アメリカCIAがコントロールした洗脳を受けているので・・・・。

との趣旨がありますが、自分の目で確かめたかぎり、そのような事実がやはり多く確認できますね。
そういえば、ある人がナイスな表現をしてました。

        「世界のトップは、上で全で繋がっている」 と・・。

最近この意味をようやく理解出切るようになってきました。
この構図を知る上で「イルミナティー」の組織関係の行動体系を熟知しないと、
普通の人間ならば、一撃で放送されている「プロパガンダ洗脳」に毒されるでしょうね。
例えば、ベトナムの父と言われるホーチミンがCIA系統からベトコン戦術の訓練を
受けていたという事実もあります。しかし一般で知られているのは反米の父であるかの
ような印象であり、自演戦争の裏なんて思いもしません。マスコミが放送している範囲で
は、映像の魔術に見せられ(宗教的意味ではなく、トリックという意味で)、映像の世界観
だけで実体験をしようと錯覚させられています。私もチベット問題では涙を流し、応援
していた時期がありました。既に三年以上になります。しかし、その裏にいる連中も
知り尽くさないと、その裏方によって扇動され簡単に支配されるでしょう。

例えば今回注目された「国境無き記者団」の資金母体は「メソニック」と「シオニスト」の
扇動機関員達です。どちらも同じ「喩汰」の機関員の人たちです。さらにそれを何百回も
宣伝した機関も「戦争」をリサーチして「扇動」を施し、「洗脳」によって戦争を勃発させる
という政府機関系の同系列の戦争屋でした。(マニアックな漢字で表現してすいません)
拠点は十カ国もある巨大戦争リサーチ屋で、イギリスの傭兵機関とも繋がっています。

このような事からしても、チベット問題の裏では「戦争屋」も動いているという事も
知らなければなりません。ましてや世界のトップ、特にイランの大統領も含め、
世界のほとんどの方達がメソニックの方達です。アラファトやブッシュも然り、
ロシア大統領も然り。ということは既に大衆は、上の社交界の国際テロ組織の
扇動に乗せられた、ということでもあるのです。さらに中国だけを信用していても
また同様に同じ構造となります。こんなことが既にフランス革命の時から
100年以上も続けられています。もしチベット開放機関員の幹部の中にメソニック
の機関員がいたとしたら、今回の騒動もまた同様に、全てを「自演」しているということに
なってしまう。このメソニッカーの恐ろしい所は、自国民であろうが「結社の掟と儀式」
のためならば、確実に殺し続けるという不気味さがあります。

例えば左翼陣営が盲信する「共産主義」は、自国民を徹底虐殺し、革命を
自国民の殺戮をもって成功させたという歴史が世界中にあります。
共産革命家は大量の自国民を殺害しましたが、それでも自国内では英雄です。
また米国の大統領の一部にも、同様に大量殺戮を自国民の兵士に行った
というのは何度もあります。ベトナム戦争や米軍の9.11事件もそのパターンです。
この二つの陣営は永久に上層部で結託し、自演戦争や闘争を行ってます。
奴らにとって「戦争と殺戮」は、デーモンを降臨させるための「ゲーム」なのです。

このデーモンという表現方法は、「カルト」であると理解して下さい。
メソニックの戦争機関であるイルミナティーがこのデーモン崇拝の機関
と思われます。過去の下級ランクの人々は、崇拝所をメソニックで行っていた
といいます。それはシオニズムと同時に行っていました。さらに各宗派の
邪教崇拝機関が加入し、フリーメイソンという機関が結成されていきました。
旧日本軍では山本五十六が最も溺愛した「黒島」という人物、この人物も
なにやら戦時中は不気味な儀式を戦艦内で行っていたという記録があり、
この人物が自爆兵器の開発を行ってきました。そして五十六も海外の
メソニックになったといいます。米国ではクロスアンドボーンズがこの機関の
一つであり、やはりシオニズムとセットで儀式が行われています。
ブツシュ大統領の機関とクリントンの機関がここのカルト機関のメンバーです。
やはり同じくして、「デーモン崇拝」を行っている傾向がある。
これがイルミナティーの活動の一つです。最近では愛知万博でトヨタ自動車と
メソニック方達がデーモン崇拝の儀式を行いました。
その証拠に、キャラクターの中にデーモンを示す角のキャラクターと
デーモン崇拝者を示すメソニックのシンボル合図を小泉の閣僚らが
全員テレビに向けて行いました。日本では佐世保射殺犯や母子強姦
殺人事件の青年が「魔界転生」と称して「妊婦」の「死姦」を行っています。
実は日本全国の過去の大量殺人を観察していると、このような
類似事件が多数あり、その発端となっているのが漫画や雑誌などが
発行している影響下でありました。少年ジャンプは10年間もデーモン
崇拝のマンガを掲載しており、あのような表現を何所から得たのか?
という疑問が未だに消えません。漫画家やテレビ局員にはメソニック
の機関員が特に多く、現在も姿を隠して行っています。

日本の芸人では「みのもんた」や小泉の息子がデーモン崇拝者
の機関に属しています。「おもっいっきりイイテレビ」なんて毎日
デーモン崇拝の儀式をニッテレで行っていますよ。信じられない
ぐらい愚かな連中です。世間的には博愛者であるかのように擬態化
してますが、実際は戦争や強姦・殺戮を崇拝している機関の
合図です。海外では当たり前の常識なのですが、日本では
情報が無いために「トンでも説」で見逃されてきました。
このような事実が掲載されると、必ずシオニストの別の機関から、
UFOのゴシップ番組が流されるようにもなっています。
それを恐らく行っているのが「イスラエル大使館員」の扇動カルト機関
ラエリアン・ムーブメントというUFOカルトの機関の一つです。

こういう情報は政府も一体となって戦時中から隠してきましたので、
素人の人々や一般大衆は知るよしもありません。

よくベンジャミン氏は、日本人をメソニックが7000万人殺害すると
公言しておりますが、現在日本の後期医療制度の計画もそういう
機関員達の人々が作った「殺戮」のプログラムではないかと
最近感じてきました。例えば自民党と親密な関係をもっていた
薬害エイズのあの老人医師も、所属していた医療機関の大半が
メソニックの機関員がいた会社でした。三菱系列はロス系系列、
他の製薬関係者はロックフェラー系列でした。そして行われたのが
国民にエイズを投与する実験でした。この事件ではメソニックに
加入していたクリスチャン達も数百名係わっており、そちらの機関員
はC型肝炎とB型肝炎などの生態実験を行っていました。
左翼の意見によると、731部隊というカテゴリーに隠されてしまって
永久に真相にたどり着けませんが、たしかにそういうルートがあった
という事です。ちなみに旧日本軍の中では、反メソニックを唱えた
機関員はかなり暗殺されています。これも事実です。
こうしてメソニック達は切支丹の一族を動員して日本軍の一部を操っていました。

マーフィー

なんでも「妄信」は、感心しません。敢えて反対論こそ、同様の重みの確からしさで、検証するべきでしょう。揚げ足を引っ張る発言やひねくれたバイアスはもちろん排除が必要でしょうが。「犯人探し」話しも、あまり関心しません。GHQが戦後日本人の教育に関与した事実はありますが、即CIAによる陰謀という議論はどうかと思います。

※CIAは、ほとんどすべてといっていいくらいの世界中の紛争地帯で「後方支援」「諜報活動」を行っているという事実はあります。公安関係者に直接聞いた話です。テロリストや民兵も養成しているのでしょう。(この部分は、推測)

リスク=事象の危険度 × 曝露 × 脆弱性× 不正義× 増幅係数を考慮するべきです。

「クレデンシャル」を考慮した仮設検証アプローチであって欲しいと思います。個人的には、匿名情報は「告発内容」の裏が取れない限り、あまりというかまったく信用しません。ほとんどが偏った人たちによる「川上の陰謀論」でしょう。

なかなかROM化できなくてて、お騒がせし、すいません。

konnichiwa.

北朝鮮ってアジア分断意識の最たる鍵ですよね。そろそろあの国
韓国に返還するべきではないですか?

あの国が戻ると、アジアの結合が
非常に心地よく感じるんですが。

おとっと

>>先日ダライ・ラマと中国について意見を述べさせていただきました。中国を何故擁護するのかというメールが沢山ありましたので、この場にて回答させていただきます。

>>この件に関し、私もダライ・ラマはチベットに戻るべきだと思うし、チベットの人達のためにも早く解決してもらいたいです。中国側には悪い所が沢山あるので、中国を擁護するつもりは一切ありません。

今回の事件はアゼルバイジャン、グルジア、アルメニアで起きた騒動と同じです。米国がテロリストを送り込み、紛争を作り、更にモスクワまで破壊工作を行ないました。ロシアにはテロリストに対するもぐら叩きしかなく、米国と戦争する事も出来ず、けっか多くの石油を奪われました。その経験からテロにはテロで対向と僧侶まで撃ち殺しました。それが中国に出来る最大の対向方法だったのです。ウイグル新疆でも米国の工作が続いており、カザフ上海パイプラインを守りたいのです。新疆に波及するのを防ぐ為思い切った作戦が実行されだけです。新疆でもアルカイダ集団(アルカイダは米国のと言う意味です=中国の常識)による破壊活動つたえられています。現代の大国とは机の上で握手しながら机のしたでは血みどろの戦いを行っています。それが米中露です。


>>しかし考えてみて下さい。イラクでは120万人の民間人がアメリカによって虐殺されています。イスラエルではパレスチナ人が弾圧されています。しかし日本のマスコミはチベット問題ばかりしか取り上げない。もちろんチベット問題もとても大切なことですが、イラクで罪のない民間人が120万人殺されたことは無視してよいのでしょうか?

米国は一体何人を世界中で殺していますか餓死やHIV等含めるとこの30年で1億以上です。ついにイラクでは政府軍部隊も寝返りが出始めシーア派民兵組織に武器を渡し戦闘放棄した兵士がイラク政府発表だけでも1400人も出ています。イラク人の米国に対する恨みは永久に消えないでしょう。エジプト等でも親米政策を取る政府への反発は大きなうねりと成ってきています。自由に応報が得易い日本人が何時までマスコミの洗脳の中で留まってちっぽけな人間でいるのですか。モット世界に目を向け戦う敵はだれかをはっきり見つめる事です。

>>私は一人の地球人として地球をバランス感覚を持ってみているだけです。どの国もどの人種も擁護するつもりはありません。世界全体を考えた時に、今一番悪いことをしている(多くの国に危害を与えている)のはアメリカなので、その国を支配している=世界を支配している一部の貴族達の群れを倒し、人類を解放することを急務に考えています。

まず最初に倒すべき貴族の群れは米国にいます。それは凶暴で一番の害をもたらし殺戮の90%以上行なってきた人たちです。

>>日本人は戦後アメリカCIAがコントロールした洗脳を受けているので、部分的な問題ばかり見てしまいます。部分的な問題しか見えないのは洗脳されている証拠です。早く洗脳された日本人には目を覚ましてもらい、バランス感覚を持って世界を見てもらいたいです。今世界を救うことができるのは日本人なのですから

全くそのとおりでその端的な例が虐めにあります。家庭崩壊もそうです。そして嫌民族感情もそうです。小さいところしか見えなちっぽけな日本人あまりに情けないです。細かな所でグチャグチャ論議しても始まりません。覚醒してください。ベンジャミン先生の爪の垢でも煎じて飲んでください。日本人が取り返す哲学は墨子思想と八紘一宇の精神です。

こんなにベンジャミン先生はわかりやすく端的に今まで何処の誰がこれほどハッキリ説明してきましたか?、これだけ言葉を尽くしても理解されないなど考えられません、多くの読者はちゃんと正確に先生の言葉を完全に理解し覚醒していると信じています。ただサイレントにしているだけで、理解不足の方や聞く耳も持たずの人が意味不明の書き込みや、中傷をしたりしている物と思います。中には変な組織で仕事にしている人も見受けますが、もうこのサイト荒らさないで下さい。

Moon

先日私自身10日間程フランス旅行に行っていました。ホテルのテレビから毎朝チベット関連のニュースが放映されていました。

 最初はフランス人はさすがに偉い!・・・それに比べてわが日本人はフランス人ほど中国に対して怒っていないとは情けない・・・と思いつつ私自身も日頃ベンジャミン様の影響を強く受けたせいか同時に「何でフランスではアメリカ政府のイラク人大虐殺には全く触れていないんだろう。このフランス人達がもし中国に対しての大きい規模の怒りと同じ次元の怒りをイラク人大量虐殺というナチスを超越したアメリカ政府の世紀の大蛮行に対してもぶつけたらその瞬間に裏で糸を引いているイルミナティの勢力を著しく弱体化させることが出来るのに・・・あっひょっとしたら今弱体化していて焦っているらしいイルミナティが自分たちの現在進行形の蛮行から世界の人達の視線をそらすためにチベットのことを煽っているかもしれない。」と考えました。

 世の中不公平ですよね。私が今回の旅行でモナコに行った時は生まれて初めて本当にこの世の天国というものを私なりに大きく感じました。多くの警察に守られた治安の非常に良い環境の中のコートダジュールの美しい海に囲まれて億単位のゴージャスでハイソな高級マンションに住んで昼は豪華なクルーザーに乗って夜はカジノや社交パーティでエンジョイして・・・そういう人生の謳歌している人達がいるんですね。その一方でチベットやイラクの多くの人達が理不尽な目に遭っている・・・この差は一体何でしょう。

jp_gorgon

沙羅さん登場ですね。

「10歳のチベットの心」

はわたしたちの中にもあるでしょう。

この世の悪の最終解決手段が”無限・無辺の慈悲” ・・だとしたら

日本人の”やられっぱなしのお人よしぶり”も案外いけてるのかも。

123ja8119

↓でも投稿されていますが、直接的に言うのもかまわないのですが、事例をあげて、プロパガンダから目を覚ますというアプローチも必要です。
現在の911同時多発テロ解明がこれになります。
しかし、身近に日航ジャンボ123便の問題があり、非常にわかりやすく放射線の影響が出始めています。
123便を例にとると、911で放射線の影響が出始めるのは20年程度経ってからになってしまいます。
123便の例でご説明されたほうが、身近な例ですし有効と思われます。


http://www.asyura2.com/08/bd52/msg/481.html
投稿者 そこちょっとつんつく 日時 2008 年 3 月 29 日 18:00:09: 8EItFG7yGzQIA

戦争や貧困、環境破壊のない『新時代』を築きたい人達のためのホームページです

日本人が『プロパガンダ』から目が覚めた時、人類や地球を救うことができる

日本が立ち上がれば、世界から「戦争、貧困、環境破壊、無知」などを、なくすことができる

日本こそが新しい時代を創ることができるのだ。そのためなら、私は命をいくつでも投げ捨てる覚悟がある.

http://benjaminfulford.com/ 【benjaminfulford.com】

midorihiko

>世界を支配している一部の貴族群れを倒し、人類を解放することを急務に考えています。

 ‥倒して解放する。
たぶん問題なのはそこから先をどうするかだと思います。
 有史の流れからしても、戦争の二文字ばかりの精神レベルしか持たない人類、それとて誘導されていた愚があったからにせよ、倒せたからといって一つにまとまるのか?否、倒せればこそ一つにまとまった姿勢だからこそ何とかなる‥

 そして、そこに希望を抱くことはもっともなことですが、だまされていたことが理解されさえすれば、元凶が誰であるかが判断され、民衆の多くがその真相を追求するにせよ、たいていの人はその次に来る精神性について理想を抱くことはなく、その混乱に乗じた巻き返しもまたあることでしょう。
 そのとき、相も変わらず自己の利害しか考えない方向に巻き戻るようならば、リセットされるだけの話です。
 ベンジャミンさんもその辺りを危惧していることと思うのですが、人類がまとまるとしたらそれこそ信仰でしかなく、何を持ってすれば人類はその統一した精神を営めるとお思いでしょうか?
 民主主義や自由の尊重ががすべてであるとお思いならば、だれも真新しさを覚えることはなく、何も変わることはないと思えるのですが、いかがでしょうか?

 ‥妨害する者達がいなくなったからこそ、民主主義の真価が問えると云えばそういうことでしょうけれども、大義名分が変わらないと新鮮みも涌いてこないのもまた心理です。とくに日本人はそういう民族なんですね、あしからず。

ポン

最近、石井こうき氏の動画を見ていたら、フォーブス時代のベンジャミン氏を見つけました。
日本病 石井紘基衆議院議員 1-5
http://jp.youtube.com/watch?v=RIWZX_Sd4Fc


このころから活動されていたのですね。本当にお疲れ様です。そして、歯がゆいでしょうね。
なぜ、日本人は怒らない?当時から言われているのを見て、ベンジャミン氏が日本のためを思われているのがよくわかりますよ。

動画に出てくる猪瀬直樹氏はこの頃はまともだったようですが、最近は変わってしまいました。市民に愛想が尽きたんでしょうか。ベンジャミン氏はそうならないように願っています。ちゃんと理解している人間もいますから。

朱鷺

実際にこのような行動が長野の聖火リレーに大して行われています。
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right
※お知らせ
長野バス・ツアーで定員45名の大型バスを確保しました。まだ若干名の余裕がありますので、お早めにお申し込み下さい。25日11時ころに東京駅を出発致します。費用の件ですが、カンパも募っていますので、お一人3000円で収めたいと思っています。

 現在のところ32名の方が参加を希望されています。尚、女性はその内4名ほどです。どうかご参加希望の方はお早めにお申し込み下さい。また、参加したいが手元不如意との方に関しては遠慮なくメールにてご相談下さい。

123ja8119

第3次世界大戦を防いでいるのもまたアメリカです。

アメリカ内部の「善」と「悪」のバランスが崩れてしまっているのが本質的な問題なのではないでしょうか。アメリカ内部の「善」の勢力を補強する方が早道と思われます。


米軍のF16スクランブル発進し、自国の核兵器を積んだ最新鋭のB‐1を空中で炎上させる極めて危険で異常な内乱 投稿者 救国の草莽の志士 日時 2008 年 4 月 09 日 17:55:23)
CNN.com
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200804050009.html


米軍爆撃機B1で火災、着陸後の移動中 中東カタール基地

カタールの基地で着陸、移動中に出火した米軍爆撃機B1の同型機=保存写真米軍当局者は4日、中東カタールの首都ドーハ南方のウデイド空軍基地で現地時間の同日夜、着陸した米軍爆撃機B1が地上を移動中に出火した、と述べた。乗員は脱出して無事だった。


火災は消火された。出火原因は不明。同基地は米空軍の中東での作戦の拠点となっている。衛星誘導型の爆弾などを搭載している同機はイラク、アフガニスタンでの軍事作戦にも従事している。


B1の事故では2001年12月、アフガニスタン空爆の作戦を終えてインド洋上の英領ディエゴガルシア基地へ帰投中に墜落したことがある。


ウデイド基地には陸軍主体に米兵約3300人が常駐している。
http://www.asyura2.com/08/wara2/msg/115.html

小市民

沖縄もチベットと同じような問題を抱えているのではないでしょうか。
琉球王国が日本に併合されて沖縄となり、太平洋戦争後に占領され、日本復帰後も米軍基地として本土に比べて圧倒的な密度で陸海空が提供されています。
そして、近年では教科書から集団自決の記載削除の騒動がありました。これも言論による暴力と認識します。

NEO

マスコミの影響力はすごいです。

あらためて実感します。

中国と日本の仲を悪くなると、米国が得をするのは間違いないでしょう。

やはり中国との関係をうまくできるかどうかが、今後のキーだと強く思う次第です。

中国の中にも心ある人は居るはずですから。

wan

ちなみに、ロイターで今やってるネットアンケート
○中国のチベット政策が改善されない限り、北京五輪をボイコットするべきだ
○開会式のボイコットなど、一定のアピールをすべき
○スポーツの祭典に政治問題を持ち込むべきではない

こんなのも、意識誘導してますよね。もう一つ、
○イラク戦争など、全世界の人権侵害を同時に解決するアピールすべきだ。
という項目も入れるべきでしょう。
それから、国連軍やNATOが参加しているアフガニスタンも当然、人権侵害です。あそこは、現地の人が選んだタリバンに政治を任せるべきです。

G O H!

ダライ・ラマと中国の報道が目立つのは対日プロパガンダだとハッキリ言った方が良いですよ。
嫌悪中国政策の一環で極東アジア戦略の為です。
日本海近海の天然資源問題が核心で日中友好は阻まれています。
その内激化すると思いますが、日中の歩み寄りか、激突かに誘導されます。
国内利権者の動向によって明暗が別れると思いますが、アメリカ側に就くと戦争させられる可能性大です。

電子投票制度~不正選挙~憲法改正~軍事行動とならない様に動向をしっかり見守らないといけません。

ベンジャミンさんの911問題などアメリカ悪行への追求はアメリカ離れを誘発する要素なので賛成です。
しかしブッシュ周辺を断罪出来たとしてもマスコミは時限性を利用して大衆コントロールするのは確実です。
既存のマスコミ構造では根も深いし容易で無く大罪は大きいです。情報伝達方法が鍵になると思います。

前から思っていたのですが、インターネットラジオ放送局を開設して世界中のニュースを公平に解説して
ベンジャミンさんの意見を踏まえながら情報発信すると面白いかもしれませんね。
英語で発信も出来ますし、ベンジャミンさんのバランス感覚が視聴者伝わると思うのですが大変ですかね^^;
中国では当局の取締りで人気サイトなどが閉鎖されてしまっている様ですが反響の表れだと思う。

沙羅

フルフォードさん、宗教についての認識が西洋的すぎますよ。カルトと宗教の違い、CIAが利用するカルトと本物との違い、勉強してください。私としては、いまのカトリックは確かに、黒い法王を中心とする悪魔教ですが、人間の底に宿る仏性、神性、というのはいかなる計算をもってしてもたちうちできないものがある。私がパレスチナ問題でギブアップしたのにもかかわらず、チベット問題ではとことんチベット仏教を守ろうという立場に立つのはそこです。ちべログ@うらるんたさんのサイトに行って、10歳の子供が中共にいじめつくされて、黒い線でおじいさんのお坊さんの涙を描いた絵を見てください。政治では解決できないものがあるのですよ。陰謀論者の致命的欠陥は、人間のほんとうの心がわからないことだ。CIAであろうがジョセフナイであろうが、どうせ頭脳を使って徹底計算をしたのだろうが、人間の心、感情というのは未知数。10歳のチベットの心につながりましょう。

ネット

豆長者さんのブログも この点を 鋭く 突いています。
インターネットで 正しく事象を学ぶ者なら,
下記の如き(仮想の)言辞に苦笑を禁じえないはずです。
世界のマスコミは この指示を 具現しているに過ぎません。
我らが ロン・ポール上院議員は ちゃんと決議案に反対。
見え透いたスタンドプレーには 付き合わないよ と 筋を通しています。

【 恐ろてぃ「モラル・オーソリティ」】
http://mamechoja.blog22.fc2.com/blog-entry-72.html

「お前たち世界中の自由を愛する大衆どもが、
 中国のチベット弾圧を非難して騒いでくれないと、
 私のような選ばれし“正義”のリベラル人間たちが、
 自国のやってることはさておいて、人権ウンヌンを口実に、
 お前たちを監督する高みに立って“善悪”を決めて従わせる権限を失っちゃうじゃないの。
 “善悪”とはもちろん、私の利益が“善”で、私の不利益が“悪”に決まってるでしょ。」

よくお聞き、下郎ども、私にはその善い悪い決めてお前たちに説く権能があるの。
そら来た、チベット大弾圧だ!騒げ騒げ、それが私に力を与えるエキスなのよ。
なぬ?議員には他国にあれこれお為ごかしをぬかす権限・職能・公的資格を
合衆国憲法は与えていないとロン・ポールが言ってるだと?
お前の目の玉は節穴か?テレビをつけて見よ。
あんなに弾圧を受けている大衆を見て中国に対する憎しみがわかないのか?それでも人間か?
お前たちは、何とかしてほしいと思うでしょ。それによって、私は「モラル・オーソリティ」を得るの。
憲法なんかより、この「人権」の印籠が目に入らぬか!!!ひかえおろう!
ただし、ここだけの話、お前たちが騒いでよい話題と騒いではいけない話題の区別もあるから、
それは「モラル・オーソリティ」を持つ私がメディアを通じて教えてやるから、よく見ておきなさい。

さてはて

欧州を拠点とする世界権力は、北米大陸、南米大陸、インド、アフリカ、中東、ロシア、東南アジア、中国、オーストラリア・ニュージーランド、日本と、「支配民族」思想で、襲いかかってきたし、今も継続中という流れの中で考えるとわかりやすいですよね。
結局世界権力はNATIといっていいものですよ。また言いますが、「シオン」のナチですよ。
まったく。

日本愛

民族同士の争いは絶えない。
移民は絶対に受け入れるべきではない。

The comments to this entry are closed.