« 茨城での殺人事件について | Main | 4月22日(火)藤田幸久議員によるEU議会での検証会議報告、   及びベンジャミン・フルフォードによる9.11真相究明講演会 »

03/30/2008

Comments

Yah

ローマ人がキリストの教え、というかヘブライ人の知識や考え方をパクったのははっきりしています。

ローマ字、つまり英語やラテン文字を逆から読んだり文字をひっくりかえしたりすると、ヘブライ語で意味が通るようになります。いつか真実が明らかになる事でしょう。

つまりへブライ文化をローマ人が奪い、パクって改ざんして使っておったわけです。


ちなみに、ヘブライ人は放浪の民でそれほど悪いやつではなかったと思うのですが、悪いのは今のアシュケナジム系ユダヤ人と呼ばれる、後にユダヤ教に改宗し、東欧に散らばった今の金融を支配している連中です。彼らはヘブライ人やイスラエル民族でもなんでもありません。ここは勘違いをしてはいけない大きなポイントです。

me knockout

I am in surrounded by this matter.
I may be able to feel these real and something maybe from now..........
All my believable is going to be broken standing by myself into pieces but I feel really appreciate from your words. But I am confused...Have a nice day!!!!!!!!

G O H !

alex815さん、もう十分皆さんに伝わっていると思いますよ。
物事を深く考えれば考える程、実生活で矛盾を感じ、表裏・善悪の内に身を置かざるを得ないなど、
誰でも迷いはあるし、個体差はあるが自身にも当然あります。

自然からの恩恵を享受し、生態系でバランスされている摂理上では平等ですが、
今の人類は確かに摂理の法則に相反する存在に成り果ててしまっていると思います。
淘汰されるどころか益々悪化し矛盾が更なる矛盾を生むような世の中の構造になっている。
「無知」と言う意味では人間が一番当てはまる存在かもしれませんね。
複雑怪奇な構造は人間の業であり、人間によって淘汰されなければならないと考え
本来あるべきアイデンティティーを取り戻し、一斉転換しなければならないと思っている。
だからベンジャミンさんはじめ皆さんもこういった場に集っているのだと思います。

ベンジャミンさんが「自画像を描いた象」と言う表題を立ててくれましたのでご参加されては?

alex815 

皆さんに、どうしても知っていただきたいことがあります。

それは「どうして宇宙人や爬虫類人は、いるんだ!!」と言わなければならなかったか、ということです。

詳しくは、「February 08, 2008 大谷哲郎さんのお別れ会」のコメント欄の方に、私の見解を投稿させていただきましたので、上記の疑問「真実を告発する方々にしては、何かおかしい。何かのための情報では?」と気付かれると思います。

そして私たちが生きて平和のために何をしなければならないのか、ということです。

どうか宜しくお願い致します。

alex815

本日の下記内容について、ご迷惑をお掛けしたと思い投稿させていただきましたが、不適切な内容になっていました。

おそらくお騒がせした原因となった文章についても、誤解を招くような点について、補足とお詫びをさせていただきました。

alex815

もう投稿しないつもりでいたのですが、度々すいませんが、下の計5回というのは、その投稿を含めずに考えていました。
間違いになってしまい、お詫びします。

また、投稿全てにいえますが、私の個人的な体験であったり、どうしたらよくなるだろうと、さまざまな方向からになりずれてしまうかもしれませんが、考えてみたもので、決して誰かに嫌がらせをしたりとか、騙そうとかはしていないです。
また、何か人をどうしたいなどの目的があったのでもないです。
特に何か活動する団体に所属しているというのもないです。

自分なりにどうしたらいいだろうと考え、その都度、投稿させていただきました。

受け取られ方によっては、人に嫌がらせや自分勝手な発言になってしまったり、人を試したようになってしまったかもしれませんが、そんなつもりは始めからなく、個人的なことになってしまうかもしれないですが、
>>>
私も、貧しい人を助けようとしたり、みんなで平等な精神を持つことを大切にする人は好ましくて、また、自分もそうあれるようにしたいと思っています。

人を助けたり、親切にしようとするばかりに、気兼ねしてしまって本人が何もできなくなってしまったり、命や社会的立場を失ってしまうということは、とても悲しいと思います。

人を困らせないように配慮することを考える人が、もっと生きていきやすい社会にしたいです。
<<<
というものも、おこがましいかもしれませんが、自分自身のことでずっとどうしたらいいのか考えている事です。

けれども、これを押し付けようとするものでも、目立とうとしているのでもないです。
また、これが特にすごい事だとも考えていないですし、良く思わせようとしているつもりもないです。

個人的なことを書けば信じていただけるのならできる範囲で書きますが、20代の男性でAlexとさせていただきましたが日本人です。
こんなことを書くのは悲しいですが、Alexは私の亡き犬の名前です。姉が命名してくれたものです。まだ、小学生のときでした。
もし、これで皆さんが理解してくれるのなら、犬Alexも(心の中での話ですが)嬉しいと思います。

このようにしかできないのですが、お騒がせしたのなら、申し訳なく思います。


Ms.匿名

ベンジャミンさん こんばんは。
先日メールでごあいさつした者です。

ほんとですね、カトリック教会には謎がつきまとってます。あのきらびやかな衣装と装飾にも大疑問ですし、法王にユダヤ人が選ばれることが多々あるのも不思議なことです。

教会に通っている熱心な信者は聖書66巻が天から降ってきた神のコトバと洗脳されており、背後の歴史や政治の背景を無視してる人が多いです。私も、十代の頃にプロテスタント教会に通ってましたが、本を読めば読むほど、情報に触れれば触れるほど、何かが変だと気付き始めました。イラク戦争が始まってしばらくの頃、インターナショナルの教会の礼拝に友人から誘われました。その時の学びは旧約聖書のヘブライ人がかかわった戦争のことでしたが、行き過ぎたプロ・イスラエル的な牧会でした。礼拝の後、イラク戦争のことやパレスチナのことを質問したら、アメリカ人老牧師夫人から「アラブは反イスラエル=悪。本当のクリスチャンならFOX NEWSの情報を得て真実を学ぶべき。イスラエルを祝福すものは祝福される。」と勝手な解釈でつっかかってきたので友達とあきれて、2人でその場を去りました。

もちろん、この世に、神がいてくれたほうが良いのですが、聖書をどこまで信じればよいかは、とても難しい問題です。

キリスト教や教会の過去を知るのはこの本が読み易いと思います。

キリスト教 暗黒の裏面史(英題-The Dark Side of Christian History)
ヘレン・エラーブ著(Helen Ellerbe)講談社文庫
http://www.metroactive.com/papers/sonoma/04.04.96/books-9614.html

次回の集会、日程が合えば是非参加させて頂きたいです。これからも応援しております!またポスト致しますので、色々お話に参加させて頂きたいです。
では、Have a nice day!
ZzzZZZzz...

 

おっとと

Thank you. " Bill "
We do not too understand of the world and a trend of the American economy. Your offered information is very useful and is fortunate. sometimes again of the further informations please offer it.

jp_gorgon

宗教と全然関係ないですけど、とってもすごそうなブログを見つけました。

http://yamaji.iza.ne.jp/blog/

なんだかこわい内容です。

Bill

Looks like the promised overhaul is not what I thought it would be...

WASHINGTON - The Bush administration is proposing the biggest overhaul of financial regulation since the Great Depression...

http://news.yahoo.com/s/ap/20080331/ap_on_go_ca_st_pe/fed_overhaul

123ja8119

FEMAの収容所がアメリカに管制している事実があります。
http://737kenzi.blog122.fc2.com/

アメリカは善と悪という立場に立った者同士が切磋琢磨しあう場でありました。それが収容所となってしまいますと途絶えてしまう恐れがあります。そこが問題だと思います。

なんやかんや言ってもアメリカメーカーでは最先端のものをつくってきました。みなさんのパソコンにもインテル入ってる人が多いと思います。
電気自動車関連に使えるパワー半導体の開発ではアメリカが日本より一桁程度上を行っています。今年後半あたりから急速に普及する電気自動車では、パソコンの「インテル」のようなところが出てくると思われます。

で、こういった最先端の開発をしている頭脳が収容所に収容されてしまうわけです。
アメリカを立て直すことができれば人類は向上し続けることができるのではないでしょうか。

収容所により競争が失われることは避けなければなりません。

その点において、今回のベンジャミンさんのカトリックの関連も啓発として寄与するのではないでしょうか。

グラディエーター(剣闘士)

ユダヤ人はいい加減に罪の告白をするべき!

ユダヤ人は世界の寄生虫だけでなく日本の寄生虫だと認めて、罪作りを改めるべきだろう。

今の世界の諸問題はユダヤ人に帰依している。アメリカのユダヤ人メディア然りシオニスト企業然り、中東問題を複雑にしているイスラエル然り、イスラエルに忠誠を誓っているユダヤのロビー然りだ。

カトリックよりユダヤ人が危険かつ胡散臭い偽者たちだ。

G O H!

昨年の題目「クリスマスの秘密」から更に一歩迫りましたね。
どんどん核心に迫って、多くの人が真実に迫ることが出来る様に、
また閲覧して多くの人がブログに興味を引く様な努力をより一層お願いします。
陰ながら応援させて頂きます。

http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2007/12/post-21.html

朱鷺

正直に本音を話せる人はそう多くはありません。皆夫々の信仰なり考えで固めて生きています。
私は淡々とベンジャミン氏に話を続けて欲しいと思います。それだけでも十分に宗教的です。人はその奥にあるものに惹かれ、そしてその奥に何時の間にか真珠の木を育てます。誰を信じて良いのか分からない人はとり合えずこのブログでベンジャミン氏を信じましょう。彼は絶対に嘘は言わない。しかし表現は十分だとも言えない。

alex815

このコメント欄に先日投稿させていただきましたが補足させてください。

・・・自身の意見を投稿させていただくのは今回で最後にしたいと思います。
今まで、計5回投稿させていただきました。
このブログのコメント欄をお借りできてとても感謝しております。
もし誰かに何かの影響を及ぼしたのなら、それが幸せになる方向へ向かうのなら・・・と思っています。
これからも、フルフォードさんがご活躍されることを期待して止みません。
ありがとうございました。

jp_gorgon

いや、  さんへ

>これはこれでおかしいと思いますよ。

私もおかしいと思います(笑)。

ま、いろんな見方があるということで。

jp_gorgonでした。

PO

脱洗脳の難しさは、苫米地英人の洗脳原論(2000年発行)http://www.amazon.co.jp/%E6%B4%97%E8%84%B3%E5%8E%9F%E8%AB%96-%E8%8B%AB%E7%B1%B3%E5%9C%B0-%E8%8B%B1%E4%BA%BA/dp/4393361164/ref=sr_1_15?ie=UTF8&s=books&qid=1206936456&sr=8-15
が詳しいとおもう。(彼の最近の著作には、いろいろと批判すべき点もありますが。。。)

konnichiwa.

もう一つ言えば白人は、詐欺師であり、もっともな戦犯であり、
第3者が現れない世界に対し、冒涜を働き続ける愚か者集団である。

世界の中で白人差別が行われる
べきである。

黒人、東洋人、日本人、インディアン。どういう事か?


konnichiwa.

歴史を見るとこれは、白人のみが
一方的に悪い。

おっとと

あとはこんな所がお勧めです。
文科系論理体系と理科系論理体系
http://www.asyura2.com/0403/dispute18/msg/663.html
反論の反論の反論・・・と無限に続けるのは文科系論理体系の欠陥です
http://www.asyura2.com/0403/dispute18/msg/697.html
自然には英知がある
http://www.asyura2.com/0403/dispute18/msg/776.html

本当にRetired Scientist 様有り難う御座いましたもう少し読破致しました、直メイルでも詳しく論評させて頂ければと願っています。今後とも良き叱咤ご指導の程賜りたく存じます。


おっとと

17.論理的な政治下における政府の役割17-1.経済政策 17-2.社会政策 17-3.産業政策 17-4.国際通商政策
18.国民与点制度 摂理に従た富の分配を
19.現在の社会主義的利権民主主義から摂理に依る数理民主主義への転換 19-2.先ず論理教育から19-4.摂理に基づく法制改革
http://www.asyura2.com/0406/dispute19/msg/144.html
20.摂理に基づく平衡社会の経済政策
21.摂理に基づく対外政策
22.失業者対策と富の再配分
http://www.asyura2.com/0411/dispute20/msg/261.html
23.摂理に基づいた憲法改正
第20章の増補版
20.摂理に基づく平衡社会の経済政策 多数の帰還ループ ループ・ゲイン 負帰還 ハイパー・インフレーション 外国から外貨で借金しない限り、いくら円を刷ってもハイパー・インフレーションにはならない。今までの経済学はバランス・シート上 ループ・ゲインが重要 コンピューター・モデルでシミュレーション モデリングは各経済ユニットのゲインを知る必要

おっとと

10.日本の貿易戦略、円建てに
http://www.asyura2.com/0403/dispute17/msg/938.html
11.何故アメリカは日本を金融占領する必要があるのか
http://www.asyura2.com/0403/dispute18/msg/140.html
12.日本経済を活気付ける方法
13.日本はどの様な民主主義を採用すべきか。数理民主主義、幸福指標
14.幸福指標の概念14ー1.貨幣要素M = √[αe2 + βf2 + γh2 + δw2 + εs2]14-2.時間要素T = √[ζ(e')2 + η(f')2 + θ(h')2 + ι(w')2 + κ(s')2]国民幸福指数(NHI)は
NHI = 1/(M×T)注意、国民総幸福量概念とは異なります。
15.論理的な政治に必要な科学的基礎15-1.従来の政治思想、価値観は無限に存在する、惑星地球は有限の大きさ
http://www.asyura2.com/0403/dispute18/msg/639.html
第15章改訂版 生存競争の摂理1~5
http://www.asyura2.com/0403/dispute18/msg/753.html

おっとと

Retired Scientist 様の「日本のとるべき戦略」を阿修羅で拝読させて頂いています。23章からなり全26ページからなる大論文で氏の経験から元ずく直言が熱く語られます。一応全てかわかりませんがブックマークしました。

とにかくこれ迄の経済学と言うのは専門家では私は有りませんが如何考えても非科学的で現在の金融不安や様々な問題の根源であるお金の問題に科学の知恵を導入すべきであると思います。世の中のお金をクローズドループの中で運営すれば問題ないのだがそのループが構築されてもいない、欲望と言う線形理念だけで全てが動いている事に全ての不幸があると思います。

未だ読破している最中ですが、氏の真骨頂は13章からです。摂理と言うとそんなカルトと言うか宗教詐欺と言う様な団体と混同しないで下さい、人間の持つ自然の法則の事です。確りしたモデリングを行い解析すればお金はけっこう簡単に解析できる世界だと思います。

実はそんなに難しくなくそれを秘密にして古臭い論理世界から外れた概念論の経済学で人々を惑わし陰謀働いているのが世界を牛耳ろうとしている人たちに見えます。閲覧される方は1、から始められ連番の所はセージ内の次を選択して、飛んでいるところはまたここから見て下さい。

全体の流れが見えるようにタイトルの他、適当にキーになりそうな言葉つけてみました。

前書き、1.日本固有の哲学とその理論体系を確立する。
http://www.asyura2.com/0403/dispute17/msg/920.html
2.日本の学校を情操教育から論理教育に変える
3.教育改革は制度や科目を変える事では無く、教育責任者に権限を与える事に在る。
4.日本固有の哲学を形成すると同時にその哲学を実践する戦略を考える。
6.日本の財政赤字は恥じるべき物では無い
7.金融業を日本の国益に沿うように規制せよ
8.現在の米国型民主主義の最大の誤りはそれが物欲最大化と結合している事にある。
9.世界平和の為に全世界と協力してアメリカを経済封鎖するのが最も効果的な戦略

おっとと

gorgon様有り難う御座います。ブッシュも良くモ抜け抜けと言うもんですね。それでも何も変らぬ恐怖政治に閉じ込められた米国社会は悲惨ですね。

おっとと

追伸
Retired Scientist 様の論文を閲覧されたい方へブログ上のリンク先をクリックしても阿修羅のサイトに飛びますが目的のページが開きません。たぶんブロックが掛かるのでしょう.URLをコピ-してアドレスにペーストしてください。

The comments to this entry are closed.