« ビル・ゲイツ氏は隠れナチか? | Main | オバマの母親はCIAの工作員か? »

03/26/2008

Comments

ノー・モア・爬虫類人話

>じつはワシントンで計画された物です。スカルの犯行です。これはロシア人の常識ですよ。
  (ウクライナの『チェルノブイリ原発事故』というと)

そうでしょうねぇ。マルクスが、ジェームス・ロスチャイルドと、ハイネを通じた仲であったことや、
レーニンとトロツキーが、ジェイコブ・シフやウォーバーグ兄弟から資金提供されていたことや、
スターリンの背後に、フランスのロスチャイルド家がいたことなどを考えれば、ロシアのトップが、
裏で、イルミナティ結社と深い繋がりがあることは、確かでしょう。私もそう思いますよ。

ただ、、、、私は層化の回し者ではないですよ。一応、言っておきますがね。
123ja8119さんは知らんけど。私は層化は邪教だと思っているし、公冥党は
憲法違反集団だと思っているよ。一応、名誉のために、弁明しておきますが。

‘おっとっと’さんの仰られるように、層化は盗一に次ぐ犯罪邪教ですよ。

ただ、‘おっとっと’さんに一言だけアドヴァイスをすると、一方的に、
他の投稿者を、層化の犬と決めつけるのはどうかと思いますがね。

それだと、冤罪、というか、本当に層化とは関係のない人に対しても、無駄にケンカを
売ることになりますよ。それは、人生経験の長い大人の批判の仕方ではないでしょう。

層化が犯罪邪教であるという証拠は、それこそ、山のようにあるのだから、
その証拠を、何回でも、ここのレスに載せれば良いのではないでしょうか?

例えば、層化が犯罪邪教であるという証拠として、有名なものに、以下のものがありますよ。

1)孫テジャクのレイプ事件
2)ノリエガとの麻薬スキャンダル
3)大物ヤクザとの関係
4)ブラジルとニューヨークの裏金
5)オウムとの関係

ただ闇雲に、他の投稿者を層化の犬と決めつけて、ケンカを売るよりは、この方が
インパクトが強いし、効果的ですよ。もし、‘おっとっと’さんが、層化の犬をここから
追い出したいのであれば、定期的に、みんなが忘れた頃を見計らって、再度、
上記に挙げたような、層化の犯罪を説明する文章を載せれば良いと思いますよ。
定期的に、層化批判文が載っていれば、そんなサイトには、層化の犬は近寄らんでしょう。

もう一度、書きますが、123ja8119さんは知らんけど、私は層化犯罪邪教ではないですよ。

というか、123ja8119さんはともかくとして、私は一度たりとも、あの邪教(層化)を褒め称えた
文章を書いたことはないですよ。今の、‘おっとっと’さんの批判の仕方ですと、本当に
層化犯罪邪教とは無関係の投稿者にまで、無駄にケンカを売ってしまって、トラブルの元ですよ。
批判するなら、もう少し、大人のやり方でお願いします。

おっとと

、ウクライナの『チェルノブイリ原発事故』というと

*犯行はワシントンで計画立案された

じつはワシントンで計画された物です。スカルの犯行です。これはロシア人の常識ですよ。読売などマスコミ系と池田大作のチェルノブイリ支援などは単なるマッチポンプです。裏の真実を伝えずただ悲惨さだけを訴えると言う行為は911捏造集団がテロと言い、アフガン攻撃、イラク攻撃をしたのと同じで、創価の連中も協力したマスコミと同じです。真実を隠そうとする集団です注意して扇動に乗せられないで下さい。この続きは別のスレッドで述べます。覚悟しなさい創価の犬ども許しませんこのサイトを荒らすのを止めなさい、

ノー・モア・爬虫類人話

123ja8119さんへ

123ja8119さん、ご返答、有り難うございます。
ロシア、ベラルーシ、ウクライナの『チェルノブイリ原発事故』というと、日本では過去の事件
だと思われがちですが、そうではありません。以前、私は、“チェルノブイリ子ども基金”と
いうボランティア組織に、メールを送って質問してみたところ、未だに、ロシアや、ベラルーシ、
ウクライナなどの国々には、2000年以降に生まれた子供達にも、「チェルノブイリ障害児」に
認定される病気のケースがあるようで、甲状腺ガンや、白血病や、脳腫瘍によって苦しんで
いる子供達が多くいるそうです。しかも、こういった病気は、一生涯、向き合っていかなければ
ならないような病気なので、成人した後でも病気の後遺症や仕事や生活などで、たいへんな
苦労をするそうです。こういったことを知らない日本人は多いと思いますが、ロシア、ベラルーシ、
ウクライナでは、未だに、『チェルノブイリ原発事故』は終わっていないのです。しかも、当の
被災国の政府は、『チェルノブイリ原発事故』の被災者に対しての補償を年々、削減している
ことと、近年のインフレ経済の煽りを受けたりと、生活はよりいっそう苦しくなっているそうです。

ああ、そう言えば、123ja8119さんのリンク先に載せて下さいました、ウクライナの歌姫、
ナターシャ・グジーさんですが、“チェルノブイリ子ども基金”というボランティア組織でも、
紹介されているので、日本のボランティア団体やNGOなどの間ではけっこう有名なのですね。
http://2.csx.jp/users/funmusic/Russia.htm

たぶん、日本の10代、20代の方(私も20代だけれど)の中には、『チェルノブイリ原発事故』の
詳細について、知らない方もいると思いますので、ウィキペディアから少し抜粋しておきます。

チェルノブイリ原子力発電所事故は、1986年4月26日1時23分(モスクワ時間)に
ソビエト連邦(現 ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉が起こした原子力事故。
4号炉はメルトダウンののち爆発し、放射性降下物がウクライナ・ベラルーシ・ロシアなどを
汚染した。事故後のソ連政府の対応の遅れなどが重なり被害が甚大化・広範化し、
史上最悪の原子力事故となった。
-原因-
原子炉が停止して電源が停止した際に非常電源に切りかえるまでの短い時間、原子炉内の
蒸気タービンの余力で最小限の発電を行い、システムが動作不能にならないようにするための
動作試験が当時行われていた。しかし、炉の特性による予期せぬ事態の発生と、作業員の
不適切な対応が災いし、不安定状態から暴走に至り、最終的に爆発した。
-住民-
汚染された区域の一部の子供は、甲状腺に最大50グレイの高い線量を受けた。これは
汚染された地元の牛乳を通じて、比較的寿命の短い同位体である放射性ヨウ素を体内に
取り込んだからである。いくつかの研究により、べラルーシ、ウクライナ、およびロシアの子供での
甲状腺ガンの発生が急激に増えていることが判った。
                                          (ウィキペディアより)

日本では、写真ジャーナリストの広河隆一さん達が中心となって、
『チェルノブイリ原発事故』の被災者への支援を行っています。
広河隆一さんのホームページ
http://www.hiropress.net/

また、“チェルノブイリ子ども基金”では、六ヶ所村の危険性なども言及されていました。
六ヶ所村の危険性については、‘きくちゆみ’さんも、ブログの中でたびたび訴えています。
ただ以前、ここのレスに、私は投稿しましたが、福田康夫総理大臣の一族には、驚くほどに、
原子力利権者が多いので、六ヶ所村について、福田内閣には何も期待できません。
<近現代・系図ワールド>から抜粋です。

●福田赳夫・・・福田康夫の父。首相、衆議院議員(自民党)、大蔵官僚
          昭和4年大蔵省に入省し、官僚としてのエリートコースを歩む。
          22年には主計局長となるが、昭電疑獄事件に連座し、
          25年1月やむなく官界から身をひく。

●嶺裕・・・・・・・福田康夫の義兄弟(奥さんの兄弟)。日本原子力発電理事。

●桜内乾雄・・・中国電力会長・社長。

●桜内義雄・・・衆議院議長・議員(自民党)、外相・通産相・農相・建設相。
          蔵相の父・幸雄の私設秘書、民政党の桜井兵五郎の秘書となり、
          同時に日本電化を経営。

●桜内幸雄・・・衆議院議員(民政党)、蔵相・農相・商工相、実業家、弁護士。
          銚子、石巻、埼玉、逗子などで電燈会社を創業し、43年には
          日本電燈株式会社を設立して取締役に就任。のち、揖斐川電気、
          琴川電力、出雲電気各社長を務め、他に支那興業、利根川水力など
          電力数十社の重役、相談役を兼ねた。

●新井章治・・・東京電力会長、日本発送電総裁。

なんか、電力と原子力のオンパレードですよね。

あと、日本とロシアとの関係改善ですが、私は、ここのレスに何度か書いたのですが、
日本のエネルギー政策上、アメリカ依存からの脱却を考える上で、ロシアとの関係の
改善こそ、今、日本が急がなければいけない急務であると考えています。その為には、
当然、日本に、ロシア語の出来る日本人の育成が必要であるとも考えています。
以前、私はここのレスで、
『北海道の中学校における英語教育の選択科目化とロシア語教育の導入』を提案した
ところ、‘おっとっと’さんと‘アヌンナキ大棟梁’さんと‘朱鷺’さんから返答があり、‘朱鷺’さん
からは、実際に、ロシア語、韓国語、中国語を以前から選択科目でやっている、富山県の
高校について教えてもらい、早速、文章をまとめ上げて、民主党の国会議員の何人かに
メールを送ってみました。ツルネン・マルテイ議員からだけ返事がありましたので載せておきます。

>やはり現状は、英語が世界共通言語だということを考えれば、英語教育は必要だと考えます。
  その上で、富山県のように、第2外国語として中国語、韓国語、ロシア語などを選択科目と
  して行うことは、全国的にまた、中学校から行うことは良いことだと考えます。
  以上、ツルネンの私見を述べさせていただきました。

‘おっとっと’さん、‘アヌンナキ大棟梁’さん、‘朱鷺’さん、本当にごめんなさい。
一応、民主党の国会議員の何人かにメールを送ってみましたけれど、たぶん、何の
お役にも立てませんでした。しかし、フルフォードさんにしろ、ツルネン・マルテイ議員に
しろ、帰化日本人の有名人の方には、親切で律儀な方が多いですよね。

実際に、ロシア語、韓国語、中国語を以前から選択科目でやっている、富山県の高校
http://www.tkc.pref.toyama.jp/koza/kaihou/h19/fushi1/H19fushi1.html

エネルギー資源確保を考えても、アメリカ依存からの脱却を考えても、
北方領土問題を考えても、ロシアとの関係改善は必須です。

それと、これは人それぞれの好みの問題かもしれませんが、私は、ダントツで、女性では、
スラヴ人女性が世界で1番に美しい女性だと思います。白人には、スラヴ人、ラテン人、
アングロサクソン人という3種族がありますけれど、同じ白人でも、アングロサクソン人女性に
なると、肌はガサガサしていてシミだらけだし、アメリカ、イギリスなどの女性を見ても、殆どが、
『肥満体(デブ)』ばかりなので、フルフォードさんが仰られるほど、我々、日本男児は
アングロサクソン女性には憧れは無いと思います。それに、スラヴ人女性は頭が良いです。
私の知っているウクライナ人女性(留学生)は、4カ国語~5カ国語を流暢に使える方ばかり
でした。どうやって、そんなに、たくさんの言語をマスター出来るのか驚きですけれど、
ウクライナ語、ロシア語、日本語、英語が堪能に出来て、ポーランド語も、生活が出来る
くらいのレベルの会話が出来て、尚かつ、日本で中国語を勉強していました。これが、
アメリカのアングロサクソン人女性とかになると、『英語は世界の共通言語』なんていう、
下手な驕りとかがあるでしょうから、日本(六本木とか)に長く滞在していても、「アリガトウ」とか
「コンニチハ」くらいしか喋れない人も多いと思いますよ。知っているニュージーランド人男性に、
10年間も日本に滞在しているにもかかわらず、「アリガトウ」とか「コンニチハ」くらいの、初級の
日本語しか喋れない方がいましたが、その人が、英語で、私に何て言ったのかと言いますと、
「英語は世界の共通言語だから、勉強した方が良いよ。」です。おいおいです。10年間以上も
日本に滞在しているのだから、そのニュージーランド男性の方こそが、日本語を勉強するべき
なのは言うまでもないことですが、実際、こういう英語圏のアングロサクソン人もいるということです。
あと、余談ですが、アメリカのアングロサクソン人女性に『肥満体(デブ)』が多いのは、実は、
貧困が理由なのです。家が貧しいから、油分たっぷりで高カロリーで安価な“ジャンク・フード”に
突っ走る結果、アメリカのアングロサクソン人女性は『肥満体(デブ)』になるんだそうです。
堤未果氏の「ルポ 貧困大国アメリカ」という本に詳しく載っています。フルフォードさんの
新刊にも、アメリカ白人の貧困層について言及されていましたよ。フルフォードさんのその
最新の本によると、アメリカの貧困層と言うと、黒人やヒスパニックのイメージが大きいです
けれども、実際には、アメリカの貧困層、3700万人(2004年時のデータ)のうち、貧困者の
人数が最も多い人種は、白人(1700万人)であるそうです。この白人貧困層のことを
『ホワイト・トラッシュ』と言い、ホワイト・トラッシュの識字率は、驚くほどに低く、50パーセント前後
(つまり役850万人)なんだそうです。北海道の総人口がだいたい560万人であることを
考えれば、字を読めないアメリカ白人は、この資料によると、北海道の総人口よりも290万人も
多いということで、アメリカ白人の貧困層全体の人口1700万人は、人口およそ1280万人の
東京都よりも、420万にも多い数字であります。また、フルフォードさんのこの本によると、
アメリカは、黒人などのマイノリティーの貧困層に対しては、『積極的差別解消施策』という
教育支援、職業訓練を与える制度があり、富裕層からの寄付金が集まるらしく、その富裕層
からのマイノリティーの貧困層に対する寄付金の額は、マイノリティー貧困者一人の寄付金が、
およそ、白人貧困者(ホワイト・トラッシュ)の年収に匹敵する約2万ドル(約200万円)になる
そうです。しかも、マイノリティー貧困層が、白人貧困者(ホワイト・トラッシュ)が担っていた仕事を
行うようになり、白人貧困者(ホワイト・トラッシュ)がマイノリティー貧困層から仕事を奪われたと
思い、『人種差別』に傾倒し、貧困層同士で反目しあっているそうです。最近では、貧困救済に
努め、ノーベル平和賞を受賞したバングラデシュのグラミン銀行が、アメリカに進出したそうで、
グラミン銀行が、いわゆる先進国と言われる国で進出した国は、アメリカが初めてなんだそうです。
以下、「西日本新聞 九州ねっと」より抜粋です。

グラミン銀行が対米進出 貧困層救済、先進国で初
 貧困救済に努め、ノーベル平和賞を受賞したバングラデシュのグラミン銀行が
サブプライム住宅ローン問題に揺れる米国に進出、移民らを対象とした
マイクロクレジット(無担保小口融資)に乗り出した。同行が先進国で事業を
展開するのは初めて。16日の英紙フィナンシャル・タイムズ(アジア版)が報じた。

 同紙によると、米国では約2800万人の移民らが銀行口座を持てず、
口座があっても信用が不十分で融資を受けにくい層は約4500万人に上る。
サブプライム問題の影響で貸し渋りが目立つ中、同行は米国でも貧困層支援が
必要と判断。第1歩としてニューヨークの移民女性グループに5万ドル(約540万円)を
貸し付けた。

 同行創設者の経済学者ムハマド・ユヌス氏は「米金融システムが万全でないことが
明白になった今が進出の好機だ」としており、今後5年間に融資規模を約1億8000万ドルに
増やし、全米各地に事業を広げる。
                                    2008年02月16日17時14分

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/economics/20080216/20080216_017.shtml

話を戻して、もう一度、書きますと、アメリカのアングロサクソン人女性に『肥満体(デブ)』が
多いのは、貧困が理由なのです。家が貧しいから、とにかく安いだけの食事、油分たっぷりの
高カロリーな“ジャンク・フード”を食するため、アメリカのアングロサクソン人女性は『肥満体』に
なるんだそうです。『肥満体』に、謝らない文化を付け足すと、アメリカ人女性は嫌ですよね。

まあ、スラヴ人女性が、至高の存在、女神だと思いますよ。美人だし、頭良いし、親切だしね。

ウクライナというと、昔、スファルディ系ユダヤ誕生の地、ハザール国があった場所なので、
ロスチャイルドやロックフェラーなどのイルミナティの狙う本命と言える場所ですので、私は、
日本に留学に来ていたウクライナ人女性の友達の安否が少し心配です。今は、わりかし、
ウクライナは平和なのですが、ロスチャイルドやロックフェラーの動向が非常に気になります。

おっとと

「欧米の結社の上等手段があります」
「“Who’s Who”という古くからある本があります」
「裏では世界支配計画案をじっくり練るのであろう」
先生は重要なポイントを御提示されています。常套手段と言うのは資産を見えないようにするやり方で、日本でも学校法人等もそうです。特に日本では税率の高い相続税逃れの為に使われています。

欧米は特に何度も経験した戦争後に資産を残す目的が強いのと、一族団結のシンボルと成っている事も見逃せません。それらの資金や支配構造からいち早く一族が新規に起業し素早く戦後の経済、産業や金融支配を行なう、通貨変動に強い丈夫な壊れない金庫のような物です。

Who、、は懐かしいですね、良く引用され、後詳しくないのですがルーツなど調べる団体とかも有るそうですね。移民国家ですから確りルーツを残したいと言う事なのでしょう、日本にも似たような団体もあり、差別などの資料にされたり、幕末明治の時代の関係それ以降の支配構造とその変化を見るのに参考に成りますが、最近の支配構造と血縁は資料が少ないのが難点です。

裏でははじっくり練ると言うかシナリオに沿ってじっくり実行チャートを完全な物にしながら実行していくと言うことでしょうね。余りに日本人は欧米社会を知らな過ぎますね。変な日本人のジャパンアズNo1の刷り込みか、外を見ようとも、自らの置かれている危機にも不感症に成っているきらいが有ります。

中国人並みの視点、が欲しいです。米国追随ならば先を見て先回りぐらいこの小さな国なのですから出来ての良い筈。その元に成っている米国ですら欧州に比べると対応が遅くワンテンポ遅れています。その米国に対して2テンポくらい遅れてているかあさってを向いている日本の姿が惨めです。それが、イルミナティ破壊王などの温床に成っている事なのです。生活に最も関係する経済や金融についても911同様に覚醒する必要が有ります。

123ja8119

ノー・モア・爬虫類人話さん。ご無沙汰してます。
ロシア美人といえば、昨年末ですがさいたまの「平和の集い」(核兵器反対)というのに参加したのですが、ゲストにロシアのチェルノブイリで放射性物質被爆したナターシャさんhttp://2.csx.jp/users/funmusic/Russia.htm
がいらっしゃいました。坂本九の「見上げてごらん夜空の星を」をうたって暗に御巣鷹の日航ジャンボの核兵器を訴えていました。
ロシアの「美女をつかって間接的な方法で訴える」というのは一流の方法で男性受けします。個人的な意見かもしれませんが私など北国の人間なので朝鮮系の女性を見ても引いてしまうだけなのですが、北国の美女には弱いです。最近では日本女性は朝鮮顔の方ばかりになってしまったので残念に思っております。そんななか、ナターシャさんは美しく、非常に有効な手法です。これが、「チェルノブイリでいくらいくらの損失がでたから云々」といったお金の話だとしたら何も共感がないと思います。ベンジャミンさんでも見習っていただければと思います。

nahid

記事とは関係ないですが・・
先週在京イラン大使公邸で在日イラン人全員を対象にした新年のパーティーがありました。都内在住だけでなく地方在住者にも招待状が送られました。毎年やっているわけではありません。日本以外でやったかどうかはわかりませんが、他国でもやったとすれば「勝利の祝い」のような気がします。

今月はじめにはイラン大統領がイラク訪問しました。これ見よがしのスケジュール公開は、国内選挙対策でもありますが大した度胸だと思いました。

123ja8119

ベンジャミンさんの戦略でちょっとよくないなあという点が2点あります。
1点目は、お金の使い道としての話で持っていく方法です。確かに正しいですが、女性向けの話ならいざ知らずも、男性向けには受けないと思われます。
2点目は、今回の「裏の脚本」の生地にもありますが、いったんよい顔をさせてはだめなのです。イラク戦争のように、悪い面を出させて、天狗にさせて、内部対立を発生させ自滅していただくように持っていかないといけません。ですから、内部浄化させないように、悪い面を助長させていかなければなりません。他の言い方をすればカルマ的な考え方です。

ノー・モア・爬虫類人話

>私もできる限りつたないデタラメ英語で返答できればと。日本だけで自家発電は良くないです。
  おいおい、韓国の方なども参加してもらえれば韓国語の訳でもいたしたく存じます。

‘おっとっと’さんに提案なのですが、フルフォードさんに、しっかりとした許可をもらって、フルフォードさんの
コメントや、その他、投稿者のコメントを『ロシア語』に翻訳するというのはいかがでしょうか?

私は何度もここのレスに訴えてきましたが、日本にとって、資源大国であり、頭脳大国であり、
技術大国であり、おまけに美女大国であり、アメリカに対抗できる唯一の軍事大国でいて、
イルミナティを追い出した“男の中の男”ウラジミール・プーチンの指導する超大国ロシアは、
日本にとっては最大の重要国です。民間レベルで日本人とロシア人との距離を縮めることは、
日本、ロシア、そして、地球の未来と平和にとって、最大の孝行だと思います。

たぶん、フルフォードさん側も、ロシア語ボランティアを歓迎すると思いますよ。メールを送ってみては?

123ja8119

記事に関係なく申し訳ないのですがナチつながりということでもう1つ掲載いただけるとうれしく思います。何卒よろしくお願いします。

運輸省事故調査委員会報告書写真では反対側からの写真を掲載しているが、第3エンジンにミサイルが突き刺さっている。
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/6405.jpg
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/6406.jpg

123ja8119

日航ジャンボ123便の現場検証にボーイング社(B-747SR)ではなく、ロッキード社(F-19)が来ている。
http://ja8119.iza.ne.jp/blog/entry/523878/
これ自体、B747としてではなくF-19消失事故としてしか検証されておらず、乗客そっちのけである。

kero

ちょうどこんな記事がありました。

http://www.cctv.com/english/20080326/101535.shtml

PO

これですね。
http://www.abc.net.au/news/stories/2008/03/26/2199175.htm
でも、ベンジャミンさんもいろいろ繫がっていそうですね。

The comments to this entry are closed.