« Projet Camelot | Main | 情報戦争が緊急課題です »

02/18/2008

Comments

おっとと

そうそう肝心な事、北方領土問題、先生のおっしゃられている、共同構想、いわゆるゴルビー提案ですがその内容は全く日本人には伝えられませんでした。ノルウエーにもそれに近い状態で共存をはかっているところも有ります。オランダベルギーなど国境が目茶苦茶入り乱れている所も同じで一応国境があっても自由通行がゆるされ、通貨などもどちらの通貨が使え、警察まで共同していると言うところも決して珍しい事ではないのです。

新しい国境解決方法でそれにより交流が促進されるので国境と言う塀を取り除く一歩です。北方4島や2島で当面行なってそれを逐次拡大していけば良いのです。将来は北海道にロシア人が自由に来てロシアの通貨で買い物が出来、多くのロシア人が住みそう言ったロシア人の為の学校が出来日本人もそこに通い、ロシアの学校を出たり日本の学校を出るロシア人も沢山いたりしたらどんなに素敵か、

同じ様に日本人も出来ればバイカルくらいまでは自由に旅行でき、日本円で買い物が出来、多くの日本人が住みダーチャを持つ夢を実現したり、日本の学校出来てそこにも多くのロシア人が学び、ロシアの学校にも多くの日本人が学んだりしたらどんなに素晴らしいか、そんな事を夢見てしまいます。

かつて北海道には多くのロシア人が住んでいたのです。そして渤海国の承認を得て、小さな部落国家を作っていました。それらのロシア人はバイキングやモンゴル族の侵入により逃れてきた人々で、戦うより平和を求め新天地北海道を目指したのです。

そして奈良の都や京の都と交易しさらに琉球まで交易の範囲を広げました。そして各地に多くの天狗伝説を生みました。そして培染技術と紅型技法を日本から沖縄まで残しました。日本本土アイヌなどを使った本土人が砂金目当てに侵入してきたこと、ロマノフ王朝により安定した強い国が出来た事で多くのロシア人がロシアに戻っていきました。

しかしそれでも幕府に認められ交易を続けたロシア人も沢山残りました。それが歴史です。現在も残る北海道アイヌ文化は本土アイヌとロシア文化の混合合体文化なのです。現代はそんな歴史も隠蔽されとても悲しいです。アイヌ保護法と言う法律が出来日本人としての人権が与えられた一方アイヌ文化が崩壊の危機にあり、ましてロシア人の足跡などは急激に消されています。現在はWEBサイト上でもそれを探すのは困難に近いことです。何も今更北海道はロシアの領土だとか言うつもりもありませんが、古来から日本とロシアは特別な交流の糸で結ばれていたそして最も近い外国で海辺から目視できる国なのです。

天狗とは内に赤いロシア人を示す衣をまとい、そとは緑色の渤海国を示す衣をまとっています。渤海国の役人として認められたロシア人で、多くの技術をを日本に残しました。北海道のロシア人はバイキングの進入から逃れたスラブ系ロシア人で6世紀頃から北海道に住み8世紀はじめ渤海国の建国と同時に北海道を治める国家として承認されたのです。それが時がたち13世紀にモンゴル人の侵入支配により多くの人がシベリアを目指し15世紀には往来がたやすくなり多くのロシア人が極東地域に住み始め交易の為多くのロシア人が北海道にやって来ました。実は私の祖先はその人たちなのです。曾祖母はロシア人の姓名前を持ち日本人と結婚後もそれを守りました。孫達をキリスト教へ入信を進めたのも曾祖母でした。

忍

 反共で良いのでは。何を勘違いしているのか。共産主義革命によってどれぐらい大量虐殺があったのかを考えると問題でしょう。

 その共産主義革命に資金援助したのが国際金融である事に問題視しているでしょう。

http://hiroshima.cool.ne.jp/h_sinobu/kyousannsyugisisouaku.html

おっとと

ベンジャミン先生のおっしゃられる、朝鮮半島、台湾もその方向である事はま違いありません。どこか良い落としどころが見つかると良いですね。北朝鮮では中国貿易に拡大で1兆円を超えるまでに規模が拡大して、さらに軍関係も糸が切れた中国解放軍コネクションを結びなおして巨大投資を引き出そうと言う動きも見え、さらに韓国との関係が強まれば経済勢力により金正日が数年先に可能性も有ったのですが、現在は観光を除いて経済交流も停滞して金体制がまだ存在できる状況に有ります。

金正日は私設軍隊をもち王族のような生活が一族に保障されればそれで良く、それを米国が保証すればよい等考えていれいるかも知れません、ピョンヤンに米軍基地を作ってもらいそのとなりに宮殿を建てるとか数年では無理でも十年くらい先には可能かもしれません。とは言え軍への締め付けを強化してさらに巡航ミサイルや固体燃料弾道ミサイルも開発して場合に寄れば南への軍事行動もちらつかせると言う核放棄と同じパターンの条件闘争を行なうでしょう。

台湾は武力統一と言うのは秘密結社絡みでむしろ北京政府の崩壊に繋がる恐れすらあり、中国はしないでしょう。中国は台湾は中国であると言うことを世界的認めさせる事が一番で、中華共同体とか言う組織を考え、台湾もそれなら妥協するでしょう。中国では有るが台湾人という民族を認めるなら、台湾の2/3を占める台湾民族もみとめる事に成ります。そう成れば将来分離独立の目も残され台湾として納得できる物です。

現在台湾独立と言うのには中国人と半数の台湾人が反対しただけで、未来永劫その権利を放棄した訳では有りません。全ては北京政府の出方次第で決まる物です。米国は台湾や朝鮮半島は如何でも良くて、単に日本への牽制材料に過ぎません。むしろ最大関心事はアフリカ、インドに移っています。ソ連と結ぶインドを叩く為タリバンを育成しパキスタンを軍事大国に育てました。いまや米国は潰したい敵がタリバン?そしてパキスタンなのです。

もちろん潰したい国イランは有りますが、米国にとって最大の強敵で実行不可能な国です。折角奪ったイラクも失う事になり、脅し意外出来ないのが実情です。現在アフガンではタリバンの実効支配がカブールと西部地区を除く略全土に及びISAF多国籍軍部隊は大統領カルザイカブール市長の護衛部隊で単純にアフガン無差別殺戮部隊となっています。アタ(旧マスード)、ドスタム、ラバニと戦闘をしたり、タリバンは装備、資金とも豊富で麻薬と言うよりパイプライン警備費を潤沢に米国から提供されているのでしょう。

やっぱりタリバンは米国の敵ではなく傭兵軍団なのです。タリバンの多くはパシュトゥーンで隠れユダヤ?とも言われる一族です。シリア、ヨルダンは前工事中イラクは完了、アフガンはタリバンにさらに西部のハザラ人を殲滅させイラン北部を奪い取りカザフから現在のイスラエルまでパイプラインを引こうと言う超拡大シオニズムを妄想するブッシュなどの妄想グループによって成されている事なのです。

その後継者がオバマ候補、米軍のお仕事はパキスタン破壊、CIAは中国とアフリカに集中NSAは全世界の情報操作、傭兵、テロ専門企業はさらにビッグビジネスに、米国の銃乱射、日本などでも無差別通り魔など薬物による新型テロを起こしている。暗殺も急増している。特に目立たない人が狙われている。むしろ目立つ存在の方が現在は安全かも?。

ノー・モア・UFO話

キー・ワードは、『反共産主義運動』と『麻薬』の2つでしょう。簡単にまとめておきますが、たぶん、
こういう分野は‘おっとっと’さんの方が詳しいでしょうから、出来れば、‘おっとっと’さんに修正を依頼
したく思います。

<1>南北朝鮮問題:北朝鮮の金正日と、韓国の盗一教会(文○明)、CIAの大ブ○シュの3人は、
              リチャード・コシミズ先生の親子丼によると、『麻薬』というキー・ワードで繋がって
              いるそうです。盗一教会の文○明は、日本の大物政治家の岸○○、日本の
              大物右翼の笹○○一、児○○○夫と共に、1968年4月、巨大反共組織の
              WACL(世界反共連盟)のもとで、国際勝共連合(IFVOC)を日本に誕生
              させたことは有名です。大物右翼2人は、日本の暴力団と一体となっています。
              ・北朝鮮の金正日~韓国の盗一教会(文○明)~CIAの大ブ○シュ
              ・北朝鮮の金正日~韓国の盗一教会(文○明)~自滅党(日本)
              ・CIAの大ブ○シュ~笹○○一&児○○○夫~自滅党(岸○○)

<2>台湾・中国問題:ウィキペディア、および親子丼によれば、国際勝共連合、世界反共連盟には、
              大物政治家の岸○○、大物右翼の笹○○一、児○○○夫、盗一教会の
              文○明、そして台湾の中国国民党のボスである蒋介石がいたそうです、また、
              ウィキペディアには、蒋介石が中国秘密結社の青幇のメンバーであったことと、
              その青幇の大ボスで阿片王の杜月笙と義兄弟の関係にあったことが書かれて
              います。中国国民党は中国共産党に敗れて中国から追放された政治団体。
              つまり、華人の団体において、最も『反共産主義運動』に熱心な政治団体
              ということであり、蒋介石は自身も、日本の右翼、笹○○一、児○○○夫と
              同様に、『反共産主義運動』の組織、APACL(アジア太平洋反共連盟)の
              創設メンバーの一人。APACLと、イギリス帝国のスパイ組織MI6の工作員
              であるヤロスラフ・ステツコが指揮するABM(反ボルシェビキ国家連合)とが
              合体して生まれた反共組織がWACL(世界反共連盟)であり、このWACLの
              ラテン・アメリカ支部がCAL(ラテン・アメリカ反共連合)で、CALにはナチ・ドイツの
              戦争犯罪者クラウス・バルビーと、シチリア・マフィアと関係のあるイタリアの
              テロリストのステファノ・○○・キアイエがいたそうです。バルビーとキアイエは
              ボリビアのコカイン・クーデターの主役であり、ボリビアのコカイン・クーデターには、
              盗一教会の文○明も資金提供したと言われています。親子丼を参照です。
              WACL(世界反共連盟)の設立にはアメリカのCIAが関与していたそうです。
              また、台湾に逃れた中国国民党の代表格が蒋介石であるのに対して、
              ミャンマーへ渡った中国国民党の代表格が、阿片栽培の黄金の三角地帯を
              支配して、2007年10月26日に亡くなった、阿片王クン・サであります。ここで、
              一つ浮かぶのは、クン・サ~中国国民党~蒋介石~杜月笙という、シ○ブの
              密輸ルートが存在していたのではないかという疑いです。阿片王クン・サが、
              大ブ○シュが動かすアメリカ諜報機関CIAとシ○ブ取引していたことは、
              フルフォードさんの本に書いてあります。クン・サの言葉によると、アメリカとの
              麻薬取引には、マイアミのギャング王サント・トラ○○カンテと、ブ○シュの腹心
              リチャード・アーミテージがいました。アーミテージはアフガニスタンのタリバンにも
              繋がりがあったらしいです。アフガニスタンは阿片の一大生産地として有名です。
              ・中国国民党~クン・サ~アーミテージ~タリバン

WACL(世界反共連盟)=ABM(反ボルシェビキ国家連合)+APACL(アジア太平洋反共連盟)
         ↓
         ↓((下部組織))
国際勝共連合(IFVOC)&CAL(ラテン・アメリカ反共連合)

東南アジア産・アフガニスタン産の阿片・モルヒネ・ヘロイン、中南米産のコカイン、それに、北朝鮮産の
覚醒剤と、なんか、この世の『麻薬』の殆どすべてが、この『反共産主義運動』というサークルに吸い
込まれていっているような気がします。では、出来れば、‘おっとっと’さん。この続きをよろしくお願いします。
バービー人形は日本で売れたけど・・・クラウス・バルビーの人形は作っても売れないだろうね。きっと。

・・・参考資料・・・
・親子丼 ・テロ帝国アメリカは21世紀には耐えられない ・ウィキペディア ・フルフォードさんの本

朱鷺

Dear Matt Shultz
http://dancingintheminefield.blogspot.com/

Is the blog here Benjamin's English blog?Because the effort of writing English in the comment is not worth, I'm sorry.


In Asia, deciding it in Asia is good, and Anglo-Saxon's people are victim, too. It is necessary to distinguish from normal people and ruler's people.
The race increases the number of people who think about an age that is regardless but new.

Palm4

陰謀問題はネット時代になってやっと事実が明るみになりつつあるだけです。この問題を考えるときに、同時に次の時代のあり方を模索しなければなりませえん。それがなければ、現在の陰謀を行っている存在に代わる存在が再び現れるだで歴史を繰り返します。我々は次のステージに上がらなければ、この問題を解決することはできないでしょう。人種がどうのこうの言っている段階ではまったくもって問題の解決や次のステージに上がることなど不可能でしょう。ネット社会の常ですが、我々にできることは「グローバルな視点を持ってローカルに活動する」ことだけです。一人でも多くの人にこの問題についての認識を持ってもらい、次の時代のあり方について議論することです。そして、そうした動きを規制弾圧する動きを監視して、それを阻止することです。もうすでに、車に乗れば飲酒運転で逮捕され、ネットでも個人を特定して違法ファイルの所持やダウンロードで逮捕し、銃で反乱が起きないように銃の法規制も強化しつつあります。現在の草の根運動を規制弾圧する手段を着々と準備しているにもかかわらず、我々はあまりにも無防備です。メディアが完全支配下になったのと同じようにネットも時間の問題だと考えるべきです。我々はそれに備え、そうした時代に生き抜く方法を広く共有すべきです。時間はあまりないでしょう。

朱鷺

英語の投稿がありましたが、宇宙を背景に空飛ぶ円盤、それから救世主のような男性・・今様々な形でアセンションに向けて行動が起こされているはずですが、そういった類の可能性はないでしょうか?
ベンジャミン氏を訪問した人々の真意は何でしょうか?月には人類は到達していない可能性がありますが、月に基地があるというのも上記と同様な範疇ではないでしょうか?人間の心には様々な外的環境の認知がありますが、それは実際の宇宙と同一ではありません。

Matt Shultz

剣闘士へ
このコメントは白人で書いたけど、不器用な言葉で吸いません。

全く、我々アングロ・サクソンは自分の問題もあるんでしょう。あなた方アジア人に嫌がらせた奴を、俺達にも攻撃している。邪悪帝国の中心は我々の国に置いてあるんですから、あいつらの悪影響から逃げられない。アジアを離れ、自分の問題を解決するために集中したい。

だが、この戦争はアジアも欧米もどこでもに限れないだろう。結社の力は世界中だから、奴に戦われば世界の民族の皆は一緒に戦う場合しか勝てない。で、皆のアングロ・サクソンを同じ画筆で塗らないでください。友達か敵か、皮膚の色に全然関係ない。

小市民

もし台湾が日本国に加入したら、と仮定すると、巷の議論にない色々なことが予想されて、アジアの地域問題に興味が持てます。

謎

ミャンマー(スーチー氏は結社関係)、
ネパール(ギャネンドラも)、
北朝鮮(金正日も)、
そしてダライラマも、
私はそう思っているのですが。
きちんと人を見ないと、何のための団結か分からなくなるでしょう?
結社の構成は巧みだ。まるで悪魔。
(悪魔そのものだから)

Moon

>アジアの地域紛争問題を解決できたら

 中国がねぇ・・・・あの国を支配するトップはイルミナ○ィ並に邪悪ですから・・・でも今の日本もよその国の事は非難できませんよね。だって「人権擁護法案」という悪魔の法律がまもなくできようとしているのですから。これが可決されたら私の愛する日本は北朝鮮並みの恐怖政治の国に大転落するでしょう。例えば私が「オウム真理教」の悪口をここで言ったとして人権擁護法案関係者がそれを差別だと感じたら即座に私は犯罪者になってしまう可能性が大いにあるとても恐ろしい世の中になります。ベンジャミン様は野中広務元衆議院議員のことを愛国者と褒めておられますがこの悪魔の法律を作ろうとしている重要人物だそうです。民主党もこの法律に賛成しているそうです(杞憂だったらどんなに嬉しいでしょうか)。

 だから私は民主党が全く信用出来ない。信用出来るのは自民の中川昭一先生達の様な保守派と呼ばれる政治家ぐらいです。

 CIAの手先と個人的に思っているクライン孝子氏のHP(下)にもその人権擁護法案について書かれていました。結構納得出来ました。
 http://www2.diary.ne.jp/user/119209/

ゴン太郎

今度は航空会社へのいやがらせが始まりました。米国って意外と嫉妬深いんですね。

グラディエーター(剣闘士)

アジアの事はアジア人同士で決める。アングロ・サクソンは関係ない。
アングロ・サクソンは口も手もですな。

私だけでなく、多くの人々がアングロ・サクソン嫌いだろう。奴らは信用できない。野蛮で血なまぐさい輩だ。

Eddie

I have no idea how to read japanese but could u please come on our next show? Im in the philippines at the moment i tried send u an email heres the website http://conspiracast.com

グラディエーター(剣闘士)

アジアの事はアジア人同士が話し合い決めればいい。

それを望まないのが、欧米の白人種であり、ユダヤ系のシオニスト達だ。彼らは問題を起こすトラブルメーカーであり、問題を起こすくせに問題を彼ら流に解決しようとしている火消し役でもあるわけだ。

アジアの事はアジア人同士が決めればいいのだ。アングロ・サクソンは関係ない。アジアの事にちょっかいを出して来るのは、いい迷惑だ。

アングロ・サクソンのあなたの発言は我々アジア人から見れば、卑怯者の戯言であり、迷惑千万だ。あなた方アングロ・サクソンはハッキリ言って要らない。

The comments to this entry are closed.