« 中国、台湾が近いうちに平和的解決ができるかもしれません | Main | アメリカが倒産している理由 »

01/29/2008

Comments

おっとと

本当に韓国の人は南北統一を望んでいるでしょうか、朝鮮半島の歴史を考えると、中国の支援を受けた北の勢力の支配が行なわれ、潜在的に韓国にとって北は永遠に恐怖の存在なのです。ロスチャイルドを中心とする勢力が反日親北の策謀を働いたからで、現在韓国は経済力で北を圧倒していますので韓国の人も安易に統一など思う様に成っているだけで、北が経済力をつけるに従い、反北親日に大きく変貌する可能性すら有ります。経済界も反日で愛国心をあおり、国民を鼓舞して頑張らせてきました。しかしさらなる発展には日本と良きパートナーシップの確立が必要と考える様に変化しています。偽装右翼団体等の扇動に乗る嫌韓日本人が問題なのです。徹底的に反日洗脳を受けた386世代でも日本との関係を見直そうと言う大きな流れが起きつつあります。それに対して問われているのは日本の態度なのです。ユダヤ国際金融資本は日韓同盟にはありとあらゆる妨害工作を行なうでしょう。しかし、対中国経済戦略を考えるにも、日韓同盟が不可欠だと日韓両国も気付き始めています。既に鉄鋼、更に今後自動車などでの提携が進められています。本当はもっと強力に進めたい産業界なのですが、米国に違法カルテルと見なされるの怖くて、特に電子部品関係では手控えられていますが、水面下での協調体制が築かれつつあります。また日本の好調な原子力分野でも日韓分業が行なわれつつあります。韓国政府はいかに竹島問題を軟着陸させるか、斉州島問題、特に斉州島系在日の方に対する謝罪や補償など日韓政府が共同でやらねば成らない過去の負の遺産の解消努力も有ります。これ迄の反日で被害を受けた日本協力者の財産没収や、社会的差別等への謝罪、補償などもあります。ハンナラ党とは言え、ユダヤ国際資本の影響も大きく、何処まで進められるか良く見ていかなければなりません。日本政府も北朝鮮支援を行い韓国封じ込めを行なおうとした事も謝罪する必要が有るでしょう、南北統一は日韓正常化が出来た後の話でこのまま統一への進展は有り得ないでしょう。はかない夢を見ただけの事です。少なくとも、そうとうに遠い将来の事です。それよりも金正日の先軍主義、南進10カ年計画の6年目です。まだ金正日がその計画を実行しようとする意志は捨てていません。それを阻止しようとする?中国、支援しようとするロシア、イスラエルの構図も変わっていません。2012年問題でイスラエル、北朝鮮同時軍事行動です。そして米国のイラン、サウジアラビア占領、ロシアのウクライナ侵攻、いわゆる大3次世界大戦の勃発です。その為米国もオバマやヒラリーを大統領にしようとしているのです。中国も台湾、ミヤンマー、ネパール侵攻でしょう。ヨーロッパもシリア(現シリア指導者達は国を売りお金をスイスにあずけ国外脱出を謀っています)、レバノン侵攻をするでしょう。そのとき日本は決して巻き込まれてはいけ無いのです。その為に何としても憲法改悪を阻止する事が日本人として求められる事です。これ迄の2回の大戦は大国の利害の対立でしたが、次の戦争は大国の利害の一致で起こる戦争です。

佐藤広道

朝鮮半島の統一については民主国家の韓国が北朝鮮を吸収合併する形ならば望ましいと私は考えるが、中国の台湾統一は断じて好ましく無い。中国は民主国家になり、ウイグル、チベット等民族やかつての国境毎に分割するべきだ。もちろん米国や欧州、秘密結社が一番望まないのは中国、韓国、日本の強固な連合だが、今の中国の一党独裁政権で、チベット民族を虐殺する現中国国家とは日本は絶対に連携すべきではないと私は考える。

Waterpower

紙幣発行権利
金、プラチナ独占
ウラン独占 石油占有

なんで敗北するんですか?

グラディエーター(剣闘士)

           北と南の朝鮮の統一は日本にとって危険


現在の北朝鮮と韓国は分かれていたほうが日本と世界にとって望ましい。
北と南が統一を行なえば、日本にとって危険な反日統一国家が誕生し日本にはメリットがまるでないのだ。

いや、それどころか日本と世界にはデメリットのほうが遥かに大きい。もし、仮に朝鮮が統一すれば南北の経済活動で驚くべき短期間で経済復興を果たすだろうが、いっぽう世界の主要先進国は朝鮮統一国家が世界経済にとって脅威となる可能性があるし、朝鮮の統一は新たなる脅威を生む可能性もあるのだ。

日本にとって、そして世界にとっても北と南の統一は危険極まりない事態を引き起こす原因になる事が予想されるのだ。
朝鮮の統一国家の出現は日本にとって予想だにしない、アジア最大の反日統一国家になるのだろう。

いずれにせよ、北と南の統一は世界にとって両刃の剣なのだ。世界の人々と日本人は新しいプレーヤーを受けいるだけの寛容さがあるのだろうか?はなはだ疑問だ。

Moon

>中国統一

この件に関して言えば台湾籍の金美齢女史に直接お話を一度お聞きしたほうがいいと思います(ベンジャミン様同様彼女は日本の事をとても親身に考えてくれている尊敬すべきインテリの人です)。それと黄文雄氏という台湾籍の評論家の書いた中国と台湾に関する本もたくさんありますので時間があればお読みになれば中国と台湾の本当の関係がわかると思います。おそらくそうする事でベンジャミン様の中国と台湾の関係に関する考え方が180度変わると思います。マルクスの亡霊に憑かれた中国共産党による現在進行形のチベット大虐殺や昔の天安門事件や文化大革命の例を挙げるまでも無く中国共産党主導の国家の併合は併合された国家国民にとっては大悲劇でしかありません。

>韓国統一

この件に関してはどうでもいいです。日本の立場としては干渉すべきことではないです。ただ統一費用とかは一切日本は出してはいけないし義務もないし、また向こうも誇りの微塵もあるならば日本に迷惑を一切かけず自力で統一国家を運営して欲しいのみです。

The comments to this entry are closed.