« もう国民は騙されない | Main | ベンジャミンフルフォード新刊発売のお知らせ »

12/01/2007

Comments

おっとと

ロッキード問題もそうですが、これ程内政干渉され牛耳られた国はあるのでしょうか?、第二次大戦でフルボッコにされ、恐れおののく子羊、多くのポチが登場して政治を牛耳りました。現在の防衛スキャンダルも余りに多くのことを知りすぎた防衛省のドンと言われた守屋次官を葬り去る為の物です。彼が貰った賄賂などは事務次官クラスでは少ない方で、決して米国発のロッキード事件とは異なり、防衛庁スキャンダルが拡大するものでは無いでしょう。小沢さんも米国の虎の尾を踏んだと思いうろたえボロボロに成りました。安部さんも虎の尾の脅迫で辞任じ自らの命を守りに出ました。政治家に蔓延する虎の尾の恐怖、日本で政治家に成ると言う事は命を掛けると言う事なのですが、それは明治以来の伝統です。その気構えが無い政治家が多いことが問題なのです。身辺警護もろくにせずただ怯えるだけの人です。小渕さんも安易に出前など採ると言う自殺行為やりました。昔の殿様ではないけれども、毒見係りも必要でしょう。そして出来る限りの防備をして勇気をもって戦う政治家が必要なのです。真紀子さんも宗男さんも命を狙われましたが、持ち前のコメディ派演技で切り抜けましたが、小渕さんも橋本さんも暗殺?されました。余りにも無防備でした。守らなければ攻撃できない臆病な子羊かポチになりきるしか無いのです。それは期待を寄せる国民への裏切りです。また自身の政治信条への裏切りでもあるのです。民主党議員にもいえますが今の状態で戦えますか?、政治活動は戦争なのです。議員は部隊長です。部隊長を守れぬ部隊は壊滅します。

お口くちゅくちゅベンダミン

ノー・モア・UFO話 さん

ありがとうございます。
勉強になりました。
ハリマン系はブッシュファミリーでしたっけ?
あなたの投稿しているものは、理論的なので好感が持てますね

まずは、みんなにわかりやすい内容の話からして、UFOとかトカゲの話はしないほうがいいってやつ

朱鷺

教育の結果が現状を生んでいる。後は自分で解決するしかない。

ノー・モア・UFO話

お口くちゅくちゅベンダミン様

過去のロッキード事件の時の黒幕は、ロックフェラー財閥でも、ロスチャイルド財閥でもなくて、
ハリマン財閥でしたね・・・。今回の防衛スキャンダルの黒幕は誰か知らんけど・・・。
英米にはロックフェラー財閥とロスチャイルド財閥以外にも大きな財閥はいくつもあります。

例えば、モルガン財閥、ハリマン財閥、メロン財閥、デュポン財閥、アスター財閥、
ヴァンダービルド財閥、ブロンフマン財閥、ベアリング財閥、ギネス財閥、バークレー財閥
なども一応ありますから・・・、固定観念で考えない方が良いかもしれません。
(6人組アイドルグループにおいて、2くらいしか目立たないのと、同じ原理ですよ。)

副島隆彦モデルのロックフェラーVSロスチャイルド説や、太田龍モデルの
ロスチャイルド最終黒幕説だと、ロックフェラー財閥とロスチャイルド財閥以外の
巨大財閥の動きを見逃すこともあるから、気をつけた方が良いと思います。
もちろん、副島隆彦先生や、太田龍先生の資料はたいへん参考になりますが。
一つの固定観念を作ってしまうという欠点があります。

一例を上げるなら、田中角栄が失脚した、ロッキード事件なんかは、ハリマン財閥の存在が
大きくありましたよね。それは、ロッキード事件(1976年2月)以前のロッキード社の支配者を
調べればわかりますが・・・。

~過去のロッキード事件とハリマン財閥の関連性の一例~

ウィキペディアによると、飛行機の製作をはじめたアイルランド系のアメリカ人、
アラン・ロクヒードとマルコム・ロクヒード兄弟(Allan and Malcom Loughhead)によって
1913年に「Alco Hydro-Aeroplane Company」が創設された。1926年には社名を
「Lockheed Aircraft Corporation」に変更した。1920年代、ジャック・ノースロップらの
設計により、べガなどの民間機で成功を収めたが、ノースロップがノースロップ社を設立して
独立した後、アラン・ロクヒードはこのロッキード航空機会社をデトロイト航空機に売却した。
大恐慌により、デトロイト航空機が破綻すると、1932年にロッキード社も倒産した。数日後に新しい
投資家ロバート・グロスによってロッキードは買収され、その後の第二次世界大戦で大躍進した。
そう、書いてありました。で、問題の投資家ロバート・グロスのグロス家ですが、広瀬隆の
「アメリカの巨大軍需産業」と「アメリカの保守本流」によると、デパート王ワナメーカーの一族で、
1950年代から1960年代にかけてロッキード会長として君臨してきたらしく、ロバート・グロスの弟
コートランド・グロスの嫁さんが、良いとこ出のお嬢さんのアレクサンドラで、そのアレクサンドラの
母が、ペンシルヴァニア鉄道社長の息子で、巨大証券会社メリル・リンチを強大にした
銀行家ロバート・キャサットの義理の妹で、アレクサンドラの祖母サラ・ドレクセルが、モルガン財閥の
アンソニー・ドレクセルの娘だそうです。なんか、こんがらがって、分かりづらいですけど・・・。要するに、
ロッキード社を支配したグロス家の後ろには、巨大証券会社メリル・リンチとモルガン財閥が有ったって
ことです。キャサット家のドリス・キャサットの義父ジョゼフ・ウェアはメリル・リンチに利権を持つ、
ハリマン財閥の人間。さらに、書くと、メリル・リンチの利権者には、ブッシュ一族のウォーカー家がいて、
ジョゼフ・ウェアの姉ルクレチアの旦那がジョージ・H・ウォーカー、ブッシュ現大統領のひい爺さん
です。要は、ロッキード事件の時代(1976年2月以前)とは、ロッキード社=メリル・リンチ=ブッシュ一族
という時代だったということです。ちなみに、モルガン一族とアダムス大統領一族とブッシュ一族も、
家系図で簡単に繋がります。広瀬隆の「世界石油戦争」の巻末の系図より。あと、最近では、
ブッシュ一族の子分である、ディック・チェイニーの妻リン・アン・チェイニーが、ロッキード・マーティンの
重役にいたそうです。ブッシュ一族の子分ということは、ハリマン家の孫文ということですから、
ディック・チェイニーはハリマン系ということになりますよね。ロッキードは、今も昔も、ハリマン系の
企業ということでしょう。それに付け加えて、ロッキード事件の時代にアメリカのスパイ組織である、
CIAの長官だった男は、ハリマン財閥の政治家、ジョージ・ブッシュ(パパ)です。ブッシュ一族ってのは
ロックフェラー系じゃなくて、ハリマン系の一族です。そして、ブッシュ(パパ)がCIA長官だったのが、
1976年1月30日~1977年1月20日で、ロッキード事件が明るみに出たのが、1976年2月
からだということも重要な情報だと思います。あと、ハリマン家の鉄道資本や、アスター家の人脈は、
ライト兄弟の時代から、米国の航空界に絶大な影響を及ぼしているようです。


ロッキード事件のような例ではないですが、何でもかんでも、ロックフェラーとロスチャイルドのせいに
するのはどうかと思います。それだと、本当に、ロックフェラー財閥とロスチャイルド財閥以外の大きな
財閥の存在と動きを見逃します。

関係ないですけど、サイラス・ヴァンズみたいに、自身はロックフェラー系だけど、
奥さんはヴァンダービルド系の出身とか、そういった例も多いですしね・・・。

それに・・・、地味で目立たなくて可哀想(笑)だから、モルガンやハリマンの名前も
たまには出してやって下さい・・・。きっと、かまってやると、喜ぶんじゃないかな(笑)

長くなってすみません。あんまし、昔のことを書くのも良くないですよね。でも、一例として、
書いておきたかったので、どうか、お許し下さい。

konnichiwa

日本の教育の理念が、弱者を助ける為に勉強はするもんだ。という
理念になってほしい。

まあ、巷はそれからはかけ離れた
自分しかない若者が溢れかえっていますが。

お口くちゅくちゅベンダミン

みんなロックフェラーが悪いって言っているように思うけど
ロスチャイルドがフィクサーかもしれないよ?
ドルが崩壊しようとしていたアメリカを切り捨ててようとやったと考えられなくもない
1.飛行機がぶつかった映像があんなにあること
2.サブプライムでロスのゴールドマンサックスは負債が少なく、シティバンクが負債がめちゃくちゃ多いこと(サウジから融資してもらっている)
みんな打倒ロックフェラーっていっているけど、黒幕はロスだったりして

Tanaka

2002年、アーミテージ氏のイラク核兵器保有に関するウィルソン報告(・・そういう名前だったと思う、国連は捏造と批判)の当時、K防衛相とN防衛庁長官、M防衛局長(●首相命により、就任ないし昇格)は、米軍イラク攻撃前に3氏はアーミテージ氏と会談、その後イラク攻撃→自衛隊派遣となる。
3氏および●は、イラク攻撃に何らかの関与の可能性が想定される(その後、M氏はキャンプシュワブの功績も兼ねてデービットイスラエル賞?なるものを受賞している)。

先日の発言の無礼を陳謝。今の日本で残念ながら、命をはっている人間は貴殿以外、公人の日本人にはいない。

朱鷺

小泉氏では対応できないので竹中氏がテレビに出ているのでしょうか?必ず小泉に行くのではないかと思いますが。防衛省はOBの天下りや関連施設などずっと体質として問題があったと思います。
とても国を守れる組織ではないでしょう。国民を守るのは今の政権ではできない。しっかりしないと誰も守れない。

moon 

 ベンジャミン様、この前の大阪講演会とても良かったです。ベンジャミン様が前の方に進む途中に「こんにちは!」と声をかけたのは私です。
 私の知り合いで予知能力のある例の方も来られていて「ベンジャミンさんにサインを頂いた」と嬉しそうに報告してくださいました。私の知り合いの方にとても良くしてくださって本当にどうもありがとうございました(またその知り合いと会う機会があれば例の中国の秘密結社が信用できるかどうかでもお聞きしたいと思っています。)

>金丸信は日本と北朝鮮の関係
小泉も竹中も売国奴ですが金丸もそういう意味では同じく売国奴なのでは?・・・・本当に日本の政治家は売国奴ばかりで悲しいばかりです。個人的には自民の中川昭一議員に期待しているのですが・・。

 ベンジャミン様の期待通りにうまく展開すればいいのですがそんな理想通りにいくしょうか・・・。

通りすがり

なぜ今回、守屋「だけが」逮捕されたのか、そこにあるCIAの対日工作を精密に読解しなければならない。

 雑誌フォーブスの元アジア支局長のように、「官僚と業界との癒着を摘発したから、東京地検がんばれ」などという稚拙さ、素朴な「偽善」には、東京地検がCIA直結である事実を意図的に日本国民から被い隠し、英米の対日工作を「見えない」ようにするという、対日エージェントの「本性丸出し」の情報操作が、明確に出ている。

オルタナティブ通信から引用

謎

船井サイトのこの文章は掲載許可を出されたのですか?
こんな中途半端な引用、というか肝心な提案を商売道具にされて黙っておられるベンジャミンさんはちょっと寛容すぎはしませんか?
http://funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=200711013

taka

日本の将来のために考えると・・・
日本の国民に利益になるように考えるべきなのでしょうが、そうすると現状を見た中で「日本に有利な」海外グループと協力するしなかないのでしょうか?現時点では以上の考えを私は受け入れているが・・。
すると例えば地球で二つの権力集団があったとすると一つのほうが、極端にいえば環境破壊、侵略をするけど日本の生命線になる存在ならば手を結ばなければならないことになる。もしくは第三の道(草の根の民衆蜂起)も考えられるのか?
いずれにしても「日本の王様」と「アメリカの王様」から裏付けをとらないと正確なことは私は言えない。
ただ、あえてもし「悪い人達」が「日本を料理」しようとしているなら・・なんだかんだいっても目先の利益に目が眩んでいるように思える。長い目で見れば日本を破壊するより日本を育てたほうが利益がでる。良くも悪くも組織に忠誠をつくす日本人は、「悪い人たち」にも(悪の支配の管理要員(笑)として)使えるし、「良い人たち」の役(世界平和)にも立つ。無気力で政治にも何も興味のない創造性のない思考停止人間が増えれば誰の利益にもならない。(日本人の今まで蓄積した使える知識・思考形態など文化的遺産などがなくなる。)
日本の権力者ともどもみんな共倒れである。政治意識の高い少数派の賢人には敬意を表します。

The comments to this entry are closed.