« ベンジャミンフルフォード忘年会のお知らせ~明るい2008のため~ | Main | Ron Paulの暗殺計画について »

12/17/2007

Comments

おっとと

「怒りを、怒りをもて、怒りをもって立ち上がれ、今こそ戦いの時だ」
Now ! Everybody Stand up !
人々の正義が試されている。神はもう嘘をお許しに成らない。60年安保70年安保の先輩諸兄よ眠りから覚めよ!先輩諸兄の正しさが証明される時がきた。戦いの先導を!大きな人々の渦を起そう。必ず真実と正義は勝つ。子々孫々に恥じない戦いを、火の玉となり
勝ち取ろう。真実を武器に

リポビタン

FRBの対応のレスポンスの良さを語ってきた植草さんも
昨日のコラムでは市場のインフレ心理への対応の困難さを語っていますね。

G O H!

『タルムード』『プロトコール』を軽視してはいけない…
特にプロトコールは偽書と結論ずけられているが、内容が真実であればどうでも良い事である。
今現在の世界情勢が一連の計画通り進められ、同じ状況にあるとしたら次に来るのはやはり統制である。
現代社会に疲れた我々に「待ってました!」と言わせんが為の大々的な演出の仕込が現在進行中である。
シナリオの真意を理解しなければ、大根役者よろしく演じさせられてしまうだろう…

・・・・・・・・・ ↓ プロトコールより抜粋 ↓ ・・・・・・・・・

至る所で腐敗が広まっている社会…
富者だけが詐欺同然の悪賢い奇策に富んだ社会…
弛み切った社会…
道徳が進んで守られるのではなく懲罰厳罰によって維持される社会…
信仰心や愛国心が無国境主義的信念に一掃された社会…

こんな社会にどんな種類の統制支配なら適用できるか?
後で述べるような専制支配以外に、どんな支配形態ならこの様な社会にあてはめられるか?
我々は社会の全勢力をこの手に掌握せんがため強力に集中化した政府を樹立しようと思う。
我々は新たな法律によって、国民の政治生活すべてを手加減することなく律しようと思う。

VOV

ある欧州の英字新聞での先週の土曜日の記事に目に留まった記事がありました。ホテルで立ち読みしたものでしたので、どの新聞かは忘れてしまいましたが、欧州域内に米国から派遣されている米企業駐在員のかつてない困窮した事情を報じたものでした。
米企業は、今日に至るまで、ドルが基軸通貨ですから、ドルベースの給与しか払ってこなかったわけですが、対ユーロのこれほどの弱体化を前に、なすすべもないようです。
米ドルベースの給与の中から、相対的に値上げされていく現地通貨での家賃を支払っていかなければならない駐在員たちは、次々ともっと暮らしぶりが楽な場所へと引越しを進めている。そしてこれ以上のドル安はもう、やってられない、という悲鳴が聞かれているようです。このままの状態が放置されていけば、経済的な問題というよりも、もはや倫理の問題("ETHICAL ISSUE")として取り扱わなければならないのではないか、といった論調でした。
さらに記事では、本当にこれほどドルの凋落を実感したことはない、エピソードとして、ある駐在員がモロッコに出張に言った際、物乞いの人がお金をせびりに寄ってきたから1ドルを恵んであげたところ、その物乞いの人が”ドルはカスみたいなものだから要らない、ユーロをくれ”と迫られた逸話を披露していました。
今まで世界での優位性を享受してきたアメリカ国民の生活レベルでの変化がはっきりしてきた話だと思いませんか。
ドル暴落があれば、困るのはアメリカ国民、そして、円暴落があれば、困るのは日本国民です。

ところで、企業経営者が自分の業績の悪さを発表する前に自社株を売り抜ければ、インサイダー取引として取り締まられるのと同じように、もし、日本国の為政者(含む官僚)が、日本国財政の破綻⇒日本円の暴落を前に日本円を売りぬけ、他通貨または他の財貨に変換して私財を防衛していた、となれば、明らかにインサイダーに当たるのではないでしょうか。

本当に日本国を助ける役をつかさどっている為政者・官僚は、日本円の財産を他通貨・他財貨に変えてはいけない、円で凍結していなければ、法律はどうかわかりませんが、倫理的には大変な不公平が発生することでしょう。日経新聞の記者でさえ、インサイダー問題で倫理を問われていました。

話は飛びますが、失敗がすでに明らかになってきた『ゆとり教育』の推進者である文科省官僚の子女は、『ゆとり教育』の実践の場である公立小中学校には入れず、ひたすら私立学校へ入れている、という話もよく聞きます。

これなどもやりきれないですね。

スーパーのパートで働いているおばちゃんたちが、帰りに自分のスーパーで買い物をしないスーパーは信頼できない、という話と同じように、自分の息子・娘を自分の推進している教育行政の実践校に入れない制度や、自分の財務行政を推進している官僚が自分の財産としては買わない通貨・国債があるとすれば、その国の通貨は、絶対に信用できないと思う。

とも

ロックフェラー帝国が
崩れても
またロックフェラー
帝国ができるんじゃないですか?
つまり・・
デイヴィッドがジェイに変わるだけ。
日本も中国も
ジェイに押さえられているのでは
ないですか?石油・ドル体制が
崩れても原子力・人民元体制が
できあがるのではないですか?

The comments to this entry are closed.