« アメリカの歴史上最悪の大統領の孤独 | Main | イスラエルの和平会議は無意味である »

11/27/2007

Comments

おっとと

検察に期待されていらっしゃるようですが、日本の検察は外務省に従属する体制です。詳しくは外務省対米従属ファミリーが日本を支配する構造ですが国粋的ファミリーは弱体化して丁度ロキード事件時の状態に近い状況です。特に隠然として影響力を持つのは柳井俊二前駐米大使で内閣府のお目付け役でもあり、穏健リベラルな小和田氏は完全に影響力を失い外務省が支配する宮内庁でも雅子妃殿下虐めが続行されています。橋本龍太郎暗殺?、高円宮様暗殺?などもその支配構造の変化、国粋対米従属体制が強化され外務省の国内活動も盛んに成っています。外務省CIAの業務受託企業の電通の活動もこれまで海外工作主体から国内に重点が変わり官僚機構に食い込んで来ています。また民主党や主要企業や経団連生産性本部にも接近を謀っています。電通を有効に活用したのは小泉ですが、先の参議院選挙では逆に混乱を生じる活動に終始し、現在の国会の状況を創生しました。電通系の強みはナッパーとしてネパールなど辺境で活躍する工作員から電通国際のITネット技術を活用する集団、テレビ媒体での営業力を生かした実行力に特長があり、オリンピックやWC誘致工作など世界規模で活躍できる能力を有しています。海外活動はこれ迄海外青年強力隊やNGOの活動支援も行なってきましたがそれらはCIAとの関係が確立した事や現地工作員の養成により、それら海外工作員が国内に多く戻ってきています(知り合いの人もその一人です)。それら工作員の業務は国内市民団体、地方自治体への浸透で多くの情報がが集められ多用な工作が可能と成っています。電通に限らずその他広告代理店も最近では工作活動をする部隊を保有する企業も増えています。内閣府に移された国家公安委員会、外務省検察法務省連合、広告マスコミ支配により、米国並に強化された国家体制、米国従属のリトルアメリカと成っています。そんな検察に期待は全くできないどころか、反米、反自民強硬派議員の一斉逮捕まで準備されていると考えるのが妥当です。現在世界は国際資本連合による一極支配構造が自由に世界を操る時代所詮ブッシュもネオコンもサーバントに過ぎない、たとえオバマに代わろうとも支配構造は変わらない。そんな中で私達、羊はただ食べられるのを待つしかないのか、逃げて野生となり、文明を捨ててかつて栄華を誇ったマサイ族の様になるしかないのかも知れません。自給自足物々交換による生活です。でも最後は細菌兵器で駆除されるのでしょう。民族淘汰と言うよりも最弱者の駆除が始まっています。鳥インフルエンザなどもそうですが、HIV等も大きな人口減少効果をもたらす効果的兵器です。石油などの価格支配体制は追随する資本や企業の破壊、価格暴落は現在進められている高コスト油田開発を破壊します。米国でも牧畜業の破壊がおこなわれ知り合いの米国人一家も離散し、その後は大資本のトウモロコシ畑に成ったそうです。でも多くは砂漠化しているとも、人種に関わらず弱者抹殺です。電気も来ないところで必死に牧畜を営む人々を抹殺する米国の狂気にはただ恐ろしさを感じます。世界で一番働き者の米国農民をこの様な目にあわせる国、いや国家ではないのです。国家とは国民を守るのが国家でその為その守りを得る為国民は国家に従うのです。ただ国民を利用するだけの国家、それが国家と言えるのでしょうか、日本も米国化している事に恐怖を感じています。たとえ、国際資本連合の世界支配が進み、世界の民衆が奴隷化されても紛争が無くなり平和が訪れ、米国の狂気が取り除かれるならばそれでも良いと思うのです。歴史は支配構造や身分制度が確立した時平和が訪れるのです。所詮平等な社会など永遠の夢、身分階級の中での平等さえ得られればそれで満足していかねば成らないのでしょう。国際資本連合による世界支配は国家の垣根を下げ、EUのような社会に世界が成れば其れで良いのでしょうと思うこの頃です。もちろんその過程で民族淘汰、民族浄化が起こるでしょう。其れを防ぐのは
省エネに徹しより多くの人々が暮らせる地球を証明する事が必要それは個々の人々に掛かっているのです。1トンの石油消費は一人の命を殺す事になる事を考える必要があるのです。毎週50リットルのガソリンを車に消費する人は2人の人を殺しています。人類弱者抹殺の共犯者なのです。

Po

数あるロズウェル事件の証言の一つです。正しい情報のシェアの一環としてUPしておきます。この問題の分析の参考にしてください。Po

Testimony of Mr. Glen Dennis
September 2000

Mr. Dennis was a mortician in Roswell, NM. In July of 1947, the time of the famous Roswell crash. the mortuary officer from the Roswell Army Airfield called him asking for hermetically sealed infant caskets but never explained why. Later that day when at the Airfield for an emergency he saw debris of unknown origin. A nurse, whom he knew, described to him the bodies of extraterrestrials she had just handled at the base.

GD: Mr. Gless Dennis RS: Ralph Steiner
GD: Well, our mortuary had the contact for all military services out at the Roswell Army Airfield. This gentleman called and said he was a mortuary officer at the base and he needed some information. And I said, what do you need? He said, how many hermetically sealed infant caskets do you have, three and one-half, four foot, in stock? I said, we don't have any. How long would it take you to get them? I said, well, I can call them by 3:30 this afternoon and have them in here in the morning. I said, what's doing on? He said, that's not important.
Then he called back later and he said, I need more information. And he wanted to know what embalming chemicals that would alter the tissue, the stomach contents, and what is our preparation for taking care of bodies that are lying out in the elements for several days? And I said, you are the mortuary officer and you are asking me? I was trying to find out who I was talking to.
Later on in the day I got an emergency. When I arrived at the base there were three field army air force ambulances backed up against the ramp. We were walking up the ramp and I saw a lot of debris. And when checked in, I said, sir it looked like we had crash. Do I need to get ready for it? And he said who in the hell are you and what are you doing here? And I said, well, I had an emergency and we have the contract for all military services. And it looks like you had a crash. He just said, stay right here. Don't move. So I stayed there. And pretty soon he came back with two military police and said get this guy off the base he's not supposed to be here.
Whenever had happened, all the doctors and nurses that were stationed here in that area were given orders not to report [it]. It was my understanding that the reason for this was that there were all these specialists who had been sent in from Wright Patterson.
So evidently I was involved in things that I shouldn't have been involved in.
I knew this nurse. And this nurse didn't get her orders not to report. She met two pathologists from Wright Patterson. They were examining what was brought in from the UFO crash, what we call the Roswell crash. And they said, Lieutenant we still need some help. And this is what you are going to do. And they wanted her. And so they'd turn a hand [from the ET] and she'd say, four fragile fingers, so many centimeters etc. She said she wasn't in there over 20 or 40 minutes at the most and then all their eyes started burning and their skin was getting real warm and real hot. So they had no idea what they had, and the two pathologists said there wasn't anyting in the anatomy books like this. There wasn't anything like that in our medical schools. They had never seen anything like this. Immediately after that the ET bodies were put in these pouches.

RS: And the nurse actually described for you what they looked like?

GD: Yeah, when the MP's were taking me out down the hall, that's when she came out of the supply room with this towel over her face and that's when she screamed, Glen get out of here as fast as you can. I met her the next morning at the Officer's Club in a conference room and that's when she gave me a little diagram of what was going on and what they looked like. And it looks like what you see today, most of the little diagrams, you know the four fragile fingers and the long arms, the large eyes. She said the heads were almost completely demolished but they could see they only had two orifices. They didn't have ear lobes; they had two ear canals. The mouth was only about one inch. And that's the way she described it to me. And I was with her until about 11:30 that day, and then at 3:30 that afternoon her supervisor called me and said, your friend has been transfered out. And I have her military serial number and everything else but I never have found her to this day. I've never made contact with her. She had been planning to join a convent. And I imagine they discharged her and let her go. It's a good place to keep somebody quiet.

[There is a repeated pattern of people who are witnesses to extraterrestrial events being suddenly transferred and separated from other witnesses. SG]

One of the MPs took me aside and he just said, look mister, you don't go and start any rumors. Nothing happened down here. And he said, if you do you know there'd be real serious problems. The way my character was at that time, I just said, I'm a civilian and you can go to hell. And that's when he said, you may be the one going to hell. He said, somebody would be picking my bones out of the sand if I talked.

The material I saw from the crash didn't look like aluminum or stainless steel. What it looked like, of course, we didn't have in those days. It was a real light gray, almost a white. And some of it was real dark. It looked more like what fiberglass might look like today. And it wasn't dented or anything. It looked like it had been twisted and shredded and all this kind of stuff. But I didn't see any real sharp dents. I know it was very thin. I could see that it was very, very thin.
One of those sergeants out there said, well, let him fo to hell, mobody is going to believe him anyway. Nobody is going to believe this happened.

Po

ロズウェル事件に関しては、現在、跡地に建つ、ロズウェルUFOミュージアムで良質の情報が得られると思います。また、周辺には、当時の事件を目撃した人達が健在ですから、そういった人達の話を聞くのもよいと思います。

baisan

ベンジャミンさん、読者のみなさん題目から離れてしまいすみません。

Poさんへ

フォン・ブラウンはホワイトサンズ性能試験場V2ロケット組立て打ち上げ試験や
後のレッドストーン兵器工廠でのプロジェクト~NASAなどで開発に携わっていました。
物議を醸し出す、1947年にかのロズウェル事件がニューメキシコ州ロズウェルで発生します。
フォン・ブラウンは1950年にレッドストーンプロジェクトでアラバマ州に移る前は、
ロズウェル事件のあった同州ホワイトサンズに居たのです。(事故現場とは200km圏内だと思います。)

※ フォン・ブラウン=ロズウェル=レッドストーン であると私は解釈しています。

数年前にある書籍のあとがきで「現在レッドストーンに関する暴露本を翻訳中、まもなく国内で発刊予定」
だとの情報と共に日本人の関与まで言及されていました。
その後、該当する書籍が発刊されていないのが残念ですが、
固形ロケット燃料推進システムに関する特許で日本人科学者の関与があるとの情報を得たので、
NASA~レッドストーン~ロズウェル と遡れば、既刊のトンデモ書籍などで、
「ロズウェルに墜落したUFOに搭乗していたのはモンゴロイド系アジア人種だった!」
と読んだ時は、正直寒気が走りました。
火の無い所に煙は立た無いとは良く言った格言ですが、
ロズウェルUFO墜落事件問題の核心はどうやら機密実験失敗の隠蔽だと言う事実がうかがい知れました。

それが直に、異性人?異邦人?の存在問題に繋がるとは安易に発言出来ないのですが、
正史や記紀神話の情報などをほぼ正確に裏アカデミズムで実証把握している可能性があります。
推測するに、僅か6千年前に起きた天変地異でのノアの箱舟神話を教訓にして選民意識が芽生え、
人類を支配者側と支配される側に分けて地球を運営する事で、
来たるべき、カタストロフィーに備えて、自分達だけ助かった後に「神の如く地球に降臨」するとでも、
自作自演でハリウッドばりの演出を計画しているのかもしれません。

追伸:ロックフェラーが国連に宛てた手紙の内容が少し理解頂けるかもしれません。

Po

baisanさんへ、
大衆に恐怖をあたえる手段として、ロシア、テロ、中東、その次はアステロイド、そして最後の切り札は異星人であると、1970年代にすでに科学者フォンブラウンが指摘しています。以下、彼のスポークスマンであった、Dr
Carol Rosin の 証言です。

baisan

規制の強化とは支配者側の管理強化に他ならず、都合のいいようにコントロールする為の方策だと思う。
Poさん指摘の空港でのセキュリティ強化も同じで、自作自演すればコスト増も望め一石二鳥である。
「テロを根絶する為に戦う?」誰が潤っているかを調べれば一目瞭然である。
政府のテロ対策も蓋を開けてみたらザルかもしれませんね。
実態の詳細は調べてみないとわかりませんが、利権に巣喰う温床だったりしたらこの先が益々心配です。
詐欺的手法で紙切れに価値を生み出し、同様に自作自演で需要を生み出す経済システムを
終わらせない限り、「終わり無きテロとの戦い」は今後も続くと思いますね。

追伸:JALの件はあくまでアングラ情報なので程々と言う事で・・・

Po

baisanさんへ、

30年前から計画されていた、湾岸戦争やサダムフセインの撲殺。。。こんどはJALですか。。。そうなってくると、テロの防止と称して外国人から指紋をとるのは、日本で起こすテロを隠すための大芝居ですね。年末はANAで帰国します。(笑)。Rex 84 いよいよはじまるのですかね。。。。強制収容所に送られるのだけは避けたいです。。Rex 84は、僕は知らなかったのですが、きのうオルタナティブ通信を読んでて、きにかかったので、調べてみました。アメリカ各地につくらてている、600ものまだ囚人のいない強制収容所の存在、また、UNなども関与している、その囚人(一般市民)を運ぶための護送列車の注文、等々、もう完全にこの国は崩壊していますね。日本、そしてアジアだけは、このように崩壊していただきたくないです。ドルの崩壊が先か、あらたなるテロの演出が先か、なかなか大変なことになってきましたね。

baisan

大変失礼しました。

鬼道六法さんではなくH.I.さんの懸念でした。

訂正させて頂きます。

baisan

大蔵官僚がスキャンダルで摘発された事件と同じパターンだと思いませんか?
その後、大蔵~財務省になって今現在に至りますが、実際は国債の裁量権などが
益々ザルになってしまい国家の借金が増えるばかりです。
天下り報道もそうですが、国益を守るべく官僚も政治家同様に傀儡以外に選択肢が無いのか?
今回は防衛省ですから、防衛関連の国家戦略が益々国益無視のザルに成り果てる可能性があります。
旧自民~ヤクザ利権潰しの一環でもあるとは思いますが、外資主導もいかがなものでしょう?
日米安保問題や憲法9条の自衛権問題と相まって揺らぎ始めると非常に危険だと思います。
検察は告発を受け、当事者を検挙~逮捕した訳ですが、
鬼道六法さんの懸念の通り「検察裁量」が過去同様に当たり障りのない摘発で終わらない事を祈ります。

追伸:スタンドプレーをしたと思われる政治家は処分対象になるでしょう。
    アングラ情報ではJAL株が大幅に下落している事から自作自演テロの可能性を示唆しています。

Po

ミラーマン事件のように、検察も強引ですからね。冤罪は不快の極みです。まあ、暗殺されるよりはましですが。。。 いずれにせよ、闇に光があたることは歓迎です。

ねがわくば、警察、検察、司法そのものにも光があたり、闇の部分が明らかにされるとよいと思います。勇敢な、内部告発を期待致します。

あと、政治家は、お金の誘惑などに動じない為聖人にお願いしたいです。

Teddy

古歩道さま、いつも楽しみに拝見しております。初めての書き込みに少々緊張気味ですが本日のブログに加えて暴いてほしいことがあります。政治家個人の賄賂だけでなく、各省庁が競って機密費という名の膨大な税金のかからないお金を蓄積しているらしい事です。どれくらいあって、国民を馬鹿にしているかと言うことです。たとえば宝くじの外れたお金の行方の詳細、競馬の収益、パチンコがらみのお金などなどですね。天木直人氏のブログで少し触れられておりました。とある方から聞いた話によると、有る省庁の役人が「うちは200兆超えてるからどこにも負けないなー」なんていう話があったそうです。

ベンジャミンフルフォード

確かに莫大な裏金がありますよ。さまざまな利権もあります。しかし今は日本人が団結してアメリカの汚い金銭利権から日本、そして世界を開放するのを最優先課題としています。確かに警察にはパチンコや裏ロームなどのたくさんの利権がありますが、それを今暴いて警察の足を引っ張るよりも、日本やアメリカを救った後に国内の問題に着手していこうと考えています。

menit

何で某党の党首が防衛関係の会社から兵器を横流ししてるのに捕まらないんでしょうかね?

そんなことは常識だと思っているのですが違うのでしょうか?

ベンジャミンフルフォード

政治家の先生方がアメリカから防衛関係のお金をもらっているのは永田町では常識です。今はアメリカに飼いならされた政治家を追い払い、アメリカから独立しようとしている政治家を少々大目に見る方が日本の国家戦略としては得策かもしれません。

H.I.

ライブドア事件の一角にあった、HS証券の野口氏の死(かぎりなく自殺とはいいがたい)
の件では、検察にもっとがんばってもらいたかったのだが、結局なにも動かなかった。
検察庁のホームページをみると、日本の検察制度の特徴として、以下の点があげられている。

http://www.kensatsu.go.jp/
第1に,検察官は,自ら被疑者,参考人などを取り調べるなど証拠の収集を直接かつ積極的
に行っていることです。第2に,検察官は,的確な証拠によって有罪判決が得られる高度の
見込みのある場合に限って起訴することとしていることです。
第3に,起訴便宜主義(公訴を提起し,これを維持するに足りる十分な犯罪の嫌疑があり,
かつ,訴訟条件が具備している場合においても,公訴権者(検察官)の裁量により起訴しな
いことを認める制度)が採られていることです。

この第一、第二はまあ仕方がないとして、第三に、非常に問題がある。つまり三権独立の
原則を、事実上否定するような「特徴」が、日本の検察にはある。検察の歴史として、「国王の
代官から国民の代官へ」という流れがあるようだが、この起訴便宜主義があることによって
明らかな罪人でも、検察官の裁量によって法的責任を免除される特例が生じ、実質的に、
「国王の代官」という立場を捨てていない。
フランスのように、大統領の特権として訴追免除を限定的に認めてやるなら、それはそれで
仕方がなかろうが、明文化せず、「検察官の裁量」に任せられては、法治国家の要が徐々に
腐ることを意味する。野口氏の事件では、それを実感した。その点、武田信玄はえらかった。
自分も法度を守ると最後に明記したわけだから。

現実的に考えると、今回の防衛利権の問題で検察官が、誰に便宜を図って動くのかという
問題になるのだろう。国民に便宜を図るならば、税金の無駄遣いのみならず、アメリカで
すでに実証されている非常に危険な軍産複合体の形成に与している政治家をさらし首にして
ゆくだろう。アメリカや現内閣の便宜を図るなら、もちろん、額賀大臣のアリバイを
根拠のあるものとして採用し、守屋次官を捕まえて、さまざまな政治家の関与の証言
が得られたとしても、なかったこととして閣僚級の政治家の起訴はしないことになる
だろう。しかし、現在のブッシュ-福田政権に便宜を図ることが、どの程度国民にとって
有益なのか、もう少し検察の手で日本の独自の道を開いてもいいのではないかという
判断の余裕が、もし検察に生じてきているのなら、今回の問題は大きな浄化のチャンスに
なるだろう。特に、アメリカが経済的にも、軍事的にも不正に不正を重ねたつけが
まわてアップアップしているので、ライブドア事件の頃よりも、検察に対する
アメリカ側の圧力が弱まっているかもしれない。

ここは是非、国を背負い未来を拓くエリートとしての本懐を、検察官に見せてもらいたい
所だ。古歩道さんと同じく、検察の底力を期待している。

鬼道六法

中国で犬にICチップを埋め込むのが義務化されるそうです。 中国って「新世界秩序」に反対しているんじゃなかったの?
政治犯なんかにもICチップ埋め込んでいるんじゃないかな???
http://www.recordchina.co.jp/group/g8803.html

The comments to this entry are closed.