« ベンジャミンフルフォード大阪セミナーついてのお知らせ | Main | 中国の異常気象について »

11/23/2007

Comments

gengoro

>日本は、自殺者が年間3万人いて、増税して、少子化して人口減らすのをがんばっていると思います。

ふざけたこと、いわないほうがいいですよ。
羊が増えすぎたから、程度のいいのだけ(白人)残して、あとは(有色人湯)間引こう。
こういう思考をする特権的な一部の
連中が問題なんでしょ?

大

>>konnichiwaさん

デジタルな感覚の子供は増えていますね。
自分に取って○か×かだけで判断してしまう学生も多いでしょう。

ただ、金髪の子供は一部の10代以外さすがにもういませんよ。
バブル期から一部の大人が女性を買い漁りました(キャバクラ嬢等)
そしてその大人達は90年代中盤からは高校生を買い漁るようになりました。
以降、『オヤジはキモイ』が伝播してしまった理由です。

因果応報と言う言葉があります。
問題の根を断ち切らなければ、解決はしません。
本来、自分の足と頭と交友能力で掴むはずの情報も
今はネットでOKです。
考える能力が付く子供とそうでない子供の差がますます付くでしょうね。
自分が問題の根と考えるのは、一番はこのユダヤ、在日問題です。
道徳心を落として、考える力を無くさせるように仕向けてる勢力がいる限り大きく改善はしません。

お口くちゅくちゅベンダミン

買収の問題は政府に圧力をかけて自分に有利にした後で、お札を沢山刷りただで刷ったお札で買収するから問題なんじゃないか?
正規の方法で買収されるんだったらいいよ

konnichiwa

今気がついたのは、資産140億の個人のBNFの2投稿を見てみると、損か得か?が全ての考えの基準になっていて、ああだこうだ考える事ができない。なので、余計な集中の切れがなく、金銭を集める事が出来る。そうゆう器<エネルギー>があると金銭が得られるようです。

ああだこうだ考えていると、結局分からなくなり、流れの空気が読めない。

シンプルな考えが基礎にあると、
不安を恐れずに、判断が出せる。

不安があると物事うまくいかないのは誰でも知っている。

思考は光の速さで進むので、意思でさえぎると、自然に流れる
光を阻害し余計分からなくしてしまう事もあるようです。

恐怖症がなかなか治せないのも、
こうゆう構造なんだと気づきました。恐怖が100の速さで進むのに、10の意思力で直そうとしても治らない。光の速さで不安を治すという感じがいいのかもしれない。

konnichiwa

どうも毎度失礼します。

今日も育児問題を投稿します。

今の日本人は、教育によって大人は、

分からない事が基準になっている人。

数学やテキストを多く解く<分かった!>経験をたくさんして、分かる感覚が基準になっている人。

その間<グラデーションのように>

子どもは、分からない感覚になっている親が、子どもに強く出れずに、好き嫌いを非常に受け入れて成長し、好き嫌い、YES OR NO、
だけの感覚になっている。
それが非常に強くなっていて、
人によっては、これに非常に嫌悪感を感じる。

いいね、と、やだ。の感覚、うざいキモイ、と、やる。とか
そうゆう感情が基準になっている
と思う。理論的な事より、いいか
悪いかが基準になっている。

マスカラ金髪がよければやる、
注意がいやなら、キモイ。

分からない感覚が強い人は、この子どもがまず怖い。言い返そうとしても、YES OR NOの考え方、
好き嫌いだけの考え方ではないので言い返せない。

分かる感覚を多くしている人は、
そんなたいした事を言っていなくても、おお、説得力のあることが言える。逆に分からない経験をたくさんした人は、何を考えても
説得力が弱いかもしれない。

分かる経験を多くした人のほうが
優しく余裕がある人が多いかもしれないが、悪用している場合もあると思う。

分からない経験が多い人も裏の精神世界では、重要な役割をになっていると思う。

これから、ちゃんとしたグループが幼児教育に集団的に乗り出し、積極的に『気にしないようにするだけか』と育てた子どもが、たくさん出てくれば
ちゃんと大人と好き嫌いが強いグループを率先できると思う。

そうゆう風に育った子どもは、
半年~1年半で、今の通常の子どもと全く異なった雰囲気になる。
顔つきは大人びて、優しい野生動物のような大木のような優しさと、実質の足腰の強さと、コミュニケーション力がある。

今の通常の子どもは、足腰がふわふわおぼつかなく、顔つきも動物園の動物のように、弱弱しくどことなくいってしまえば気持ちが悪い。

また、勉強が出来なくても肉体が強い家族は、そんなに影響なく
生きているかもしれないが、いいかわるいか、の傾向が強いかもしれない。

red-k

株式を公開するということは“誰でもいいから自由に売買してください”ということですから、株主をえり好みする企業はそもそも公開などすべきではありません。

nobu

ちょっと話がズレますが、「オレオレ詐欺」の話を聞くと「なんで自分の子供の声がわからなかったのか」と不思議に思うことがあります。

もちろん、詐欺師たちの手口が巧妙なのは承知ですが、それでも被害を受けた人にも何らかのスキがあったのではないかという想いは正直否めません。

「悪質なハゲタカ」も同じものではないかと思います。

ハゲタカやハイエナは、「隙をつき、死肉も食す(とどめ以上のことをする)」という性質を持って生まれた存在です。

世が平和なバイブスになれば、自然に淘汰される(役目を終える)存在ですから、今私たちがすべきことは、自らが手を下したいという思いを抑え神の手が下るのを待つという辛さをみなで励まし合いながら乗り越えることではないかと思います。

あまりに悪質な存在については、隙を見せないようみなで気を配ればよいでしょう。

ハゲタカとの賢明的な共存-これから、特に翌年のテーマであるように思います。

みなさん、いつもお疲れ様です。

これからもともにがんばりましょう!

Tanaka

自分を振り返る時、自分の身の丈も考えず、ああなりたい、こうなりたい、あれがほしい、これがほしいの欲求充足の(かっこよく言えば、自己実現)が価値観の中心にあり、ありもしない愛情を慈善というかたちで、人間はかくあるべきだからというステレオタイプから公然の場で行ってきた等々、悔悟があります。
若い時、標準的(主として、親、学校、マスコミ等)から取り入れた価値観が根底にあり、標準(人並み)でないと劣等感をもち、それ以上だと優越感を持つ。
また、90年代以降の社会(全ての人ではない)風土は、標準やその場の力関係で意思決定がなされ、そこから外れると、生きていけなくなるような気持ちにさせられる(ハラスメント、場の空気を読むなど)。
小さなことでもよいから、自分がこころから喜べる、そして希望を失いかけている、悲しみに圧倒されて動けなくなっている人に、わたしも多少そうした人たちの味わっている感情みたいなものがわかる年齢になってきたので、そうした人たちが少しでも希望や安心感をもっていただける(優秀でないと相手にしない、地位や名声・財産・実力がないと相手にしない、自分の欲求充足のためにおとなしくて真面目で嘘をつけない不器用な人を踏み台にする人たちとの関係はもうタイガイという感があります)自分でいたいと思います。
本来、カンパニーもわたしが就職したころは、まだお客さま中心、上司・同僚たちとのチームワークが大切にされていたように思えます。
もちろん、本当に能力のある方は才能を伸ばして、自己実現していただきたいと思いますが・・・。
先日、TVであっていましたが、濱口国雄の詩(トラさんでもありましたね・・)は、わたしはとても好きです。
倹約と足るをしることとても大事でよね。
それから、わたしの勤めている会社の親会社2社とも、ロックフェラーと婚姻関係やジェイ公留学時代のお世話をしていますし、イスラエルに技術支援もおこなっており、社員に外債購入など勧めたりしています。要するに、ニューワールド秩序の片棒を間接的に担いでいるわけで、世の中にはこうしたことを知ってはじめて自分の仕事は結局世界計画の一部に組み入れられていたと後で気づくことは多い訳で、とりわけジャナリズムやマスコミ関係者で止めてこうした活動に身を投じるという方は、昔から多いと思いますよ。
そうした人たちは、情報提供者に自ら動いて接触しなければならないし、彼らの安全も考えなければならない、・・・家がどうした、○○の出自はどうである、次社会はこうしなけらばなどの余裕は、経済的にも体力的にもないと思いますよ。
まず、優先される目前の問題の解決に精一杯と思います。
最後に、フロイトは英国に渡る前から公然と自分はアシュケナジーだということを公言していたことは、ユングの証言からもわかりますし、マードックや英国の戦略機関と“直接”には関係ないとおもいますよ。

taka

どちらにしても国益にかなう相手と組むべきでありそのための日本の諜報活動が重要性を帯びてくるのであって日本の国益を考えた諜報組織の再建が急務であると考えます。欧米諜報機関の国益と多国籍企業の利益と世界統一のための活動は驚異的であり、なんの長期的展望のなしに短期的経済的利益のみを追求してるとしか思えない日本の政策には深刻な将来への不安感を覚えます。そのような大きな世界的枠組みの中での「外資の日本への進出」であるのでベンジャミンさんのおっしゃると通りに「売春婦に売り飛ばす夫」は追い出し国益に合致した「いい夫」と組むのが日本の厳しい選択なのかもしれないとも思えます。

yasushi

確かに外資系企業には2種類あると思います。
仮に悪意などがなくても、要するに金融・財務知識しかない投資ファンドは大問題だと思います。

お口くちゅくちゅベンダミン

ロックフェラー(米国)とロスチャイルド(ヨーロッパ)どっちがいいの?ってみえてならない

スティールみたいに金をむしりとるのか、ルノーみたいに従業員を解雇して救済する
んー、後者のほうがいいなw

でも、アメリカがなくなってイギリスが日本の支配者になったとしても今の状況から変わるのか?ということもあるよね

世界的な人口を減らすのだって、徐々に減らしていけばいいんじゃないのかな?そういう余裕がもうないの?日本は、自殺者が年間3万人いて、増税して、少子化して人口減らすのをがんばっていると思います。
どうしても有色人種を絶滅させないとだめですか?

秘密喫茶

現在は、ロスチャイルド側とロックフェラー側が対立していると言われていますが、どちらの勢力が
主導権を握ろうと、搾取経済、環境破壊を止めない限り、世界は終わりに向かいます。

多くの人々は、CMや広告に洗脳され、必要のない商品まで買わされていると思います。
商品を購入する前に、「これは本当に必要だろうか?」と考えた方が良いと思います。
浪費を無くせば、お金を節約でき、生活に余裕が生まれます。

食生活に関しては、文明開化前の、日本の伝統的な和食・菜食中心の食事を摂った方が
健康に長生きできるのではないでしょうか。

The comments to this entry are closed.