« アメリカは軍事力で中国を押さえることが出来なくなった | Main | 悪質なハゲタカの見抜き方 »

11/22/2007

Comments

朱鷺

本来同じ方向性にあるかなり異なった性格の方だとオルタナティブ通信については感じる。
お口クチュクチュベンダミンさん。ベンジャミンさんは後姿を見せて子供を育てるということのできる人だと感じる。ベンジャミンさんは日本人を普通の大人にしようとしてるんじゃないかと感じる。

moon 

私も大阪講演会に参加します。

個人的には講演会の時にイランの大統領とブッシュ大統領の関係についてもお聞きしたいです。以前ベンジャミン様は「ブッシュとイランの大統領は実は仲間だ」とこのHPに書かれていましたが具体的にどういう繋がりなのか興味があります。
 
 ところで講演会に向けて私なりに予習をしようと思って「ロックフェラーに翻弄される日本 (サンガ新書 (018)) (新書) 板垣 英憲 (著) 」という講演会のテーマに近そうな本を途中まで今読んでいます。その中に統一協会の事が書かれてあったのですがこの本によると統一協会のバックにはロスチャイルド家が付いていると書かれてあったのですがロックフェラーの間違いなのでしょうか?

ベンジャミンフルフォード

了解いたしました。その辺のお話も大阪のセミナーでいたします。それから統一教会について私の理解している限りでは、もともとはCIAの作ったものですが最近は独立しているようです。

天木さんのファン

このたびの大阪はベンジャミンさんお一人でしょうか。

ベンジャミンさんは他の方の講演会への応援参加をよくされていますよね。

私は天木さんのファンでもあります。経歴もさることながらスタンスが気に入っています。

しかし、本日のブログを見たら
> アラブの反米感情が高まり、アルカイダの9・11テロに繋がった。
などという記述がありました。

天木さんは立場のせいか、大概は微妙に陰謀説を言わないけれど、
ベンジャミンさんやリチヤードさんと
同じ講演会にゲストとして出ていますので、
何だか面くらった感じです。
もっとも、議員になろうとしたら陰謀云々を唱えていたのでは有権者の認識上、おかしく感じられるかもしれないので、
それを避けるためでしょうかね~。?

各人各様、信条やスタンス、ポーズなどもあるでしょう。ですから私は責める気はないです。
ただややこしいと、支持している周囲のファンとしても迷いが生じることもある。

それが大切でもあるような気がしますし、またすっきりとさせてほしい気もします。

天木さんのブログを例にさせてもらいましたが、天木さんだけに言えることではないのです。講演会において、事前に発表意見の確認や調整などしないのですかね?

講演会などゲストがおられる場合、立場の基盤をはっきりさせてほしいなぁ。

お口くちゅくちゅベンダミン

ベンジャミンさん、すみません。
一生懸命にがんばっているベンジャミンさんを本当はいつも応援しています。
しかし、私はベンジャミンさんに会ったことがなく話したこともない。
もし、批判的な文がでたらベンジャミンさんがどういう反応をするのか見たかったから先ほどの文を出しました。(卑怯な奴は文を載せないだろうと)すみません。
ただ、オルタナティブ通信の場合は日本の存続も含めた考え方をしています。
ということは、この知識を生かせば、技術の発展と議論することで地球人の半分を虐殺することをユ○ヤの人達に諦めてもらえることができるかもしれません。
オルタナティブ通信もベンジャミンさんの言っていることをある程度取り入れてもいいんじゃないかと思う反面、ベンジャミンさんも同じように取り入れると世界で公演したときに「ではどうすればいい?」と聞かれたときに「こういう方法もありますよ」と更に深い議論が可能になると思います

Po

Note to all those receiving this second Disclosure Project press release entitled "Insiders Expose Reasons for UFO Secrecy". Please note that two paragraphs - those referring to Laurence Rockefeller and to Bill and Hillary Clinton - have been removed from the second one. The service we use for sending out press releases: PRNewswire.com refused to send out the original press release with those references. It was referred up the chain of command at their organization and censored by them. When you think that we have a free press, think again. This was not even censored by the outlets themselves, but by the entry point to those outlets!

INSIDERS EXPOSE REASONS FOR SECRECY (Revised)

Washington, DC

Disclosure Project (www.DisclosureProject.org) Director Dr. Steven M. Greer reports that government insiders have revealed the existence of a shadowy, highly classified program related to UFOs.

The reasons for the secrecy are simple: The inertia of highly classified programs, embarrassment over past illegal actions taken to enforce secrecy, and the fact that the energy and propulsion systems behind the mysterious UFO objects have been studied and fully understood. This disclosure would spell the end for oil, gas, coal and other conventional forms of power - and with that, the end of the current oil-based geopolitical order and economy. The truth is our tax dollars have been used to investigate this matter for decades and it is time for a dividend on that investment. The full disclosure of the facts will enable humanity to attain a sustainable civilization without global warming or the need for oil.

Recent calls for a US government investigation into UFOs have not taken into account the fact that such investigations are on-going, highly compartmented and top-secret.

Dr. Greer states "As early as 1993, when I personally briefed CIA Director James Woolsey on the UFO matter, we knew of on-going, secret projects to which President Clinton and Mr. Woolsey were denied access. The senior counsel for the Senate Appropriations Committee, then headed by Senator Byrd (D-WV) told me directly that upwards of $100 billion per year was going into so-called ‘black’ projects, including UFO programs, but that with a top-secret clearance and a subpoena power, he could not penetrate the veil of secrecy."

Since then, The Disclosure Project has uncovered thousands of official US documents and over 400 top-secret military and corporate witnesses to programs dealing with UFOs, along with project code names and numbers. Such operations are rogue and deny access to Congressional oversight committees.

The Disclosure Project is calling for open hearings in the Congress and UN so that these whistle-blowers may testify. Previous government/civilian panels, such as the Condon Committee of 1969, proved to be white-wash operations and were penetrated by CIA involvement. Dr. Greer states "We feel that an open hearing process would be the best avenue for our democracy to reassert control over these rogue operations. We have hundreds of heroic government whistle-blowers who need to be heard."

For further information or for an interview with Dr. Greer contact: www.DisclosureProject.org.

グラディエーター(剣闘士)

Dear mr.Benjamin Fulford

ベンジャミン、大阪セミナーを行なうという趣旨の記事を読みました。私は埼玉県に住むので行けませんが、あなたの縦横無尽のご活躍には脱帽します。
ところで、あなたのひいおじいさんのG.T.フルフォードを書いてある記事を以前読んで興味を持ちました。
私はあなたのひいおじいさんのG.Tを夢で見た事があるので少しだけG.Tについて知っています。私の夢にでてきたG.Tは大人しくて口数は少なくてとても紳士に見えてハンサムでした。とても裕福そうに観えましたが、どこか悲しそうなので聞いたら、悲惨な最期をおくった事を知りました。
確かに、あなたの記事に書いてある通りにロックフェラーに殺されたというのは気になります。
あなたのひいおじいさんが、私の夢に出てきたG.Tと関係があったのは以外でした。ちなみに、私が見たG.Tの夢は今から5年程前の出来事です。G.Tは黒っぽい三つ揃いに背広を着ていました。

お口くちゅくちゅベンダミン

批判がでるかもしれないけど、オルタナティブ通信のほうを支持するよ
自分も前から言っている様に、ウラン、石油、食料、水を確保しないと外国と交渉さえもできないんだよ?

----------------------
もし陰謀を防ぎ世の中を良くしたい志が本当であれば、食糧自給率が40%を下回る日本の農業は、これからどうしたら良いのだろうか?元支局長は、答えられなくてはならない。

 石油資源の無い日本は、これからどうしたら良いのだろうか?元支局長は、答えられなくてはならない。

 フォーブス元アジア支局長の話の中で、有機農業の害虫駆除技術の話を聞いた事があるだろうか?

 全く無い。

 有機農業の害虫駆除技術について調べずに、どのように日本が農薬の無い、安全な食料の生産を継続し、食糧自給率を高める事が出来るのであろうか?

 陰謀の暴露と同時にそうした研究をしなければ、世の中は良くならない。本当に世の中を良くしたいのであれば。

 日本農業の再生の具体的プランを提示せずに、どのように日本を救い、日本を良くする事が出来るのだろうか?

 オルタナティブ通信は、継続して日本の農業再生のプラン、有機農業技術について記事を書いて来た。本気で日本を救いたいからである。

 石油の全く無い日本は、将来どうするのであろうか?

 フォーブス元アジア支局長の口から、非アモルファス系太陽光発電装置の話、ゴミのメタンガス発酵による日本のエネルギー自給の可能性について、具体的数字と統計を上げた議論が出た事があるであろうか?

 日本のエネルギー自給の具体的数字を上げた可能性の議論、政策作りの議論をせずに、どのように日本は生き延びる事が出来るのか?世の中を良くする事ができるのであろうか?

 本当に世の中を良くしたいのであれば、陰謀の暴露と同時に、そのような議論をしなくてはならない。

 元支局長は、そのような議論をした事があるのか?本当に世の中を良くしたいのか?
---------------------

The comments to this entry are closed.