« ベンジャミンフルフォード緊急セミナーのお知らせ | Main | ベンジャミンフルフォード大阪セミナーついてのお知らせ »

11/21/2007

Comments

caravanS

ksimuさんへ

書籍:「中国は日本を併合する」「中国「核ミサイルの標的」/平松茂雄著、「中国の「核」が世界を制す」/伊藤貫著
正論12月号にも、核に対する抑止力の無いオコチャマ国家「日本」が中国に併合される可能性が大である記事はごろごろしていますけど

ksimu

caravanSさんへ

この手の論証無しの恐怖煽動は、でっちあげ911事件をもとにしたテロ恐怖煽動論やイラク大量大量破壊兵器大ウソ論理由でイラク侵略でいい加減聞き飽きましたよ。苦笑

もう国民はそんな話に単細胞みたく盲従するほどノータリンじゃなくなってしまったけどね^^

ま、物事を断じるときは、証拠を提示して論証をしましょう。当然だけど推測や持論なんてのはダメよ^^

そそ、言わなくても判ってるでしょうが、前例なんてのもダメよ^^
そんな事言ったらこの100年で20回も侵略戦争してる米国をはじめ、紛争介入したり植民地ばかり作ってきた欧米なんてみな悪魔になっちゃうからね 笑

ま、きっちりした日本征服計画の極秘文書暴露やブッシュ政権高官みたいな侵略発言や物的証拠を出しながら、危機論煽りましょうね^^
こうすれば、みなさんちゃんと聞く耳持つでしょう。

moon 

ひょっとしたら何もしなくてもこのまま北京オリンピックが終われば中国は自ら崩壊するかも。中国の金持ち達は今現在も必死で海外へ多くの資産を移しているという話。

 理想としては中国はヨーロッパみたいに分裂してもらうのが一番。

caravanS

アメリカが中国を軍事的に抑止出来ないのであれば、中国共産党はまず東シナから台湾を併合し次に沖縄、日本本土と併合してくるでしょう。
フルフォードさんもせっかく日本人に帰化したが、「憲法改正反対」といまだに幼稚な事を言っている政治家の肩を持っているうちに、中国語をしゃべる様になるかもしれませんよ。

moon 

中国どころかイラク戦争ベトナム戦争ですらアメリカは敗北ばかりしている。日本だけには何故か今も強いみたいだけど・・・。

 中国に関して言えば別に表立って戦争しなくても内部崩壊を誘う様な(例えば中国の中の力を持っていそうな反共産党の組織に莫大な金を投資して思い通りに操るとか)事をするだけですぐ崩壊すると思う。

蔵信芳樹

ようはナチス(米帝)を打倒するためにスターリン(華帝)を手を組みましょうというのが古歩道さんのスタンスなんですよね。

通りすがり

最後に、筆者は、金儲けとも、ロックフェラーと1対1で会談するスタンドプレーとも、リーダーとして市民運動を支配する権力欲とも、全く無縁なので、アジア支局長「様」とも、独立党とも、2度と言葉を交わす気は無い。

ここの所じゃないっすか?

かぎお

おそらく、いまの世界情勢から見れば、中国はいかなる国との戦争でも勝てるでしょう。
公式13億超、実質15億とも18億とも言われる人口を抱え、人の命の価値も低く、数億人が殺されることになってもびくともしません。
こんな国に戦いを挑もうなんて、アホな国などどこにもありません。

とはいえ、中国も面倒な戦争をするほどバカではありません(せいぜい国境で揉めている地域紛争レベルです)。
結局、いまの中国を支えているのが、欧米や日本などの先進国であり、それらと反目することが国益にならないことを彼らはよく知っています。

また、それ以上に彼らが頭を悩ませているのは国内の問題です。
いかにして国民をうまく誘導し、食わせていくか、それが彼らの最大の命題でしょう。
中国のみならず、世界的な経済危機は目前に迫っています。
現時点では、上海市場は世界の主要マーケットよりも安定した動きをしていますが、遅れてくるであろう中国バブル崩壊は、おそらくそれの比にならないショックをこの国にもたらすはずです。

このまま米ドルが下落を続け、さらには円キャリートレードの引き戻しがきかずに世界的な悪夢のインフレが進行する可能性も依然として高い(逆に引き戻しが過熱して世界恐慌を起こす恐れもありますが)。
G20等の動きを見ても、ドル安よりも人民元の低レートに対する是正ばかりが叫ばれている状況にあります。
中国の経済政策当局の人々は、いままさに正念場にあるといっていいでしょう。

それを少しでもソフトランディングに持っていくために必死なのが中国であり、彼らはなんとしても日本に対する影響力を増大し、日本の資本を吸収したいと考えているはずです。
中国の軍拡は、アメリカの影響力を日本列島から追い出す意味を持っているのではないかと私は考えています。
さらにうがった見かたをすれば、今回の福田首相の就任に関しても、こういった中国の影響と工作によるものではないのかと思えてしまいます。

これは、イコール中国が悪であるということではありません。
まともな(国益に向かって最大限の努力をする政府を持った)国家なら、国益のためにこれくらいやるのが当たり前だと思っています。
それに対抗しようとしない、日本があまりにも愚かだっただけでしょう。

中国に限った話ではなく、北朝鮮、韓国、ロシア、アメリカなどの近隣諸国は、どれもみな、日本のマネーを欲しがっているし、徹底的に吸い上げて国を維持してきました。
すでに草狩り場と化していることを、日本政府、および日本人が理解していないことが一番怖いことだと思います。
そして、その状況はこれからさらに加速するでしょう。
現在の世界的通貨のなかで、この経済危機を乗り越えられる強さを持っているのは日本円しかありませんし、「まったく借金がないに等しいばかりか、余剰資産をどっさり抱えている」日本国しかないのです。

我々が気にするべきなのは、こういった裏側の見えない戦争のほうだろうと思います。
ただ、その行方次第でいつ悪夢の暴発をするかもしれない実際の軍隊がすぐ隣国にあるということもまた事実ではありますが。

今後、変わっていくかもしれませんが、我々はもっと大きな声をあげていく必要がありますね。

Po

地球外生命体は、人類が原水爆を開発してから、特に頻繁に人類を観察しています。アメリカの闇の政府は、偽円盤で牛の殺戮、人間誘拐などを行い、地球外生命体が悪であると、大衆世論を誘導し、そして、円盤を打ち落とすために、スターウォーズ計画を展開したいのです。ハリウッドでも、第三種接近遭遇や、ETのあとは、軍事力の強化をにおわせる作品しか、つくることができなくなっています。アメリカの有識者の間では、地球外生命体の存在は、ごく常識です。しかし、この秘密をめぐって、過去、多くの人達が暗殺されてきました。マリリンモンローも、ケネディからこの秘密を聞き、外部に漏らそうとしたその直前に暗殺されています。人類は、宇宙の平和を考えなくてはいけない段階にきています。 この地球外生命体が善であることは、Dr. Steven Greer の著作を紐解けば明らかです。 人類に多大な影響を与えうる、彼ら、地球外生命体を打ち落とそうとする計画は、絶対に阻止しなければいけません。

Rock Kingswood

 ロックフェラーは、ロックフェラー一族と共に、米国麻薬専売企業ラッセル社を創立したフォーブス一族の雑誌「フォーブス」の、アジア支局長として長らくアジア全域の金融システムについて「情報収集」を担当してきた日本の某評論家とも会い、情報収集を行った。日本のヤクザ資本主義について、造詣の深い人物である。

ということがはっきりしてきた、
ということか?

じゅん

ベンジャミンさん、こんにちは。

アメリカの軍事力は「世界最強」なのかもしれませんが、それなりの弱点も露出してきているのも確かです。

例えばアメリカが宣戦布告して兵を立ち上げる前に、中国やロシアが急にアメリカ国内の主要な地域(ボストン、NY、ワシントンDCなど)を叩いた場合、恐らく対応できないと思います。太平洋戦争、朝鮮戦争、ベトナム、湾岸戦争、アフガニスタン、イラクなどなど、国外での戦争についてアメリカは強いですが、国内に敵国が侵入されるとお手上げなのではないですか?

ジョン・コールマン(John Coleman)博士の「第三次世界大戦」では、ロシアの軍事力はアメリカに匹敵するものであり、またアメリカはそれに対応する準備が出来ていないと言っています。

戦争中毒のアメリカの軍産複合体(正確には「軍産学複合体」)は約10年に一度戦争をしなくてはならない状態です。もし今度、戦争するとなると(イランを叩くか)、中国とロシアが本当に許さないと思います。

現在、ドルの価値が凋落しつつあるようですが、こうした軍事力の牽制も大いに関係があると思うのですが...。

moon 

アメリカご自慢の地震兵器とかはどうなんですか?何故か同盟国なはずの日本には頻繁に仕掛けてるわけですしスマトラ大地震もそうだったいう噂があるし(日本にとっては同盟国どころか世界最大の敵国ですよね)。

 どういうシステムなのかわかりませんが上海辺りに仕掛けたらあっという間に中国は終わりだと思うのですが。

真里奈 S

一言で日米同盟どはなんぞや!
その意味が最近還暦近く成って疑問するように成った事に非常に困惑してます。
若い頃はアメリカ留学の事を考え、英語が出来る事が格好良い等と安易な事ばかり考えてました。しかし、今日の様にゲーム感覚で実際の戦争を観てると感慨深く、悲惨な状態を誰が、いや何処の国がやり始めたのか!
勿論、世界の警察と言われてるアメリカに違い無いのです。他の国に土足で入って宗教や文化を皆壊して、最終的にはテロをなくす等と言うスローガンも全く正反対な結果に成ってる。事実、その為にどれだけの経済的なもの、そして日本人のアメリカ入国審査での不法な入国拒否をし、理不尽きわまりない事をしているにも関わらず、堂々と外ナンバーを付けた大使館公用車が六本木等で威張ってるのか東京生まれの私にとっては、甚だ腹が立つとしか言い様がないのです。早くとっとと出て行け〜と言いたい気分にかられる昨今です。

つきににじ

http://www.asyura2.com/07/war98/msg/113.html
これですね
あ、画像は参考資料ですよ
世界が大きく動き出した。かな?

namahenji

日本がアメリカに協力しなくなったのさ。慰安婦、朝鮮、次第に
日本は苛々しつつある。
なめたら、あかんぜよ。
というこった。
3億人を超えてアメリカはアメリカでなくなった。

The comments to this entry are closed.