« 事実無根のスパイ発言 続編 | Main | 英米の解放のために戦う勢力 »

11/13/2007

Comments

鬼道六法

ベンジャミンさん、こんにちは。

「世界皇帝」が鞄持ちだけ連れて日本のホテルに泊まるんですか??
しかもこちらからお願いして、ロックフェラ-が会ってくれるのですか?向こうからすれば暗殺者かもしれない者と一対一で....
もちろんベンジャミンさんを疑っているわけじゃないですよ、デビロクの考えが分からない。 表に出ないことを信条にしてきた男が本なんか出したりして、そういえば、ブレジンスキ-なんかも本を出しましたね。これはどういうことなんだろう?
大体なんのために日本に来たのでしょうね??

ベンジャミンフルフォード

ロックフェラーには建前の人生があり、今回私には建前しか教えてくれなかった。彼らは人前では絶対に贅沢はしない一族です。裏では存分にしているでしょうが。本はカモフラージュであり、本当は日米安保と米国債の投売りに不満があったので来たのでしょう。

H.I.

いやあ、恐れ入りました。日本もやけに
貴重な方を一人受け入れたことになり
ますね。心強いです。なんらかの霊的
体験をお持ちのようですが、どうか
暴走せずに正気を保ち、うまくご自分
の意識と現実に統合されることを祈って
おります。

ドル覇権の崩壊について、2chの経
済板で地道に議論?しております。
フランスのEurope2020というシ
ンクタンクのレポートをネタにした
ものです。経済問題のみならず、
結構本質的な点をついたレポート
だと思っています。禁欲的に、
陰謀論的視点なしで、説明しています。ご参考までに。

http://money6.2ch.net/test/read.cgi/eco/1193488241/l50

謎

霊について疑問のある方は、一般人の見地から霊体験を綴られた佐藤愛子さんの「私の遺言」(新潮文庫)を読んでご判断下さい。
フルフォードさんの御曾祖父は、こちらに影響を与えられるということですからあの世でも高い位置におられるようですね。縁あって日本に住む人達も守って頂けるようにお願いします。

sasakure

アンビリーバボー!
GEのビンテージ真空管でギター弾いてますよ。

ロゴがナチスを臭わせるのが気になりますが、、

amanda

rense.comのインタビュー中、ベンジャミン氏が”George Taylor Fulfordとウイキペディアで検索すれば、曾おじいさまの情報は出てくる”と言っていたのを思い出し、見てみた。http://en.wikipedia.org/wiki/George_Taylor_Fulford
曾おばあさまは最期まで再婚をしなかったとある。
慈善家(philanthropist)であったと書いてある。

このphilanthropistという言葉は欧米アジアの社交界の雑誌を見ると必ず遭遇し、乱発されている言葉だ。ロックフェラー家、アスター家未亡人、ロスチャイルド家、香港支配の一族などが出ると、”真の慈善家 truly phlanthropistと形容される。
金融、原子力、石油、土地、麻薬、軍需産業をネットワークを形成して操っているのにお笑いである。メディアも配下においているのでPRエージェンシーを巧みに使い、大学などへの些細な額の寄付を大々的に報じる。配下のLVモエへシー傘下の各ブランド(セリーヌ、ディオール、ルイビトンなど)のマーケティングPRのマネージャーのポジションは大抵、一族の子女が独占している。
がん撲滅と名うった基金設立パーティーが大好きで、人助け(チャリティー)という魔法の言葉にだまされ一般人はテーブル席を買わされる。余興のオークションでもお金を巻き上げられる構造となっている。

慈善家であられた曾おじいさまの冥福を祈ります。


海賊モルガン

当時からGE(General Electric)って、
ロックフェラー系ではなく、モルガン系じゃなかったっけ?

このブログは、ロックフェラー系と、ロスチャイルド系ばかり、注目している
けれど、モルガン系も、無視しないほうが良いと思いますが・・・。

そう言えば、ロックフェラー家の当主は、デーヴィッド・ロックフェラーと
ジェイ・ロックフェラーの2人で、ロスチャイルド家の頭は、フィリップ・ロスチャイルド、
メロン家の当主は、シュワード・メロンとリチャード・メロン・スケイフの2人で、
ブロンフマン家はエドガー親子でしたけれど、じゃあ、肝心のモルガン家の
現当主ってのは、いったい誰なのでしょうか?

ジョン・ピアポント・モルガンの曾孫のジョン・アダムズ・モルガンでしょうか?
もしそうなら、名前から察すると、モルガン家とアダムズ大統領家の混血児
という、超サラブレッドですよね?なのに、なんでモルガン家の当主は、
ロックフェラー家当主のデーヴィッド・ロックフェラーや、メロン家のフィクサーの
リチャード・メロン・スケイフや、エドガー・ブロンフマン親子と比べて、
こんなに地味で影が薄いのでしょうか?

ジョン・アダムズ・モルガンの情報を持っている人いませんか?

ジェイジェイ

夜の大魔王さんと同意見です。私も、ジェイ・ロックフェラーの方が、
棺桶に片足を突っ込んでいるような爺よりも、興味があります。

ジェイ・ロックフェラーは、東京の国際基督教大学に留学して、日本語を
3年間も学んだぐらいだから、当然、在日中には、日本人の女性と
付き合って、ベッド(布団)を共にした可能性も高い。普通、自分の
青春時代を留学して過ごした国や、青春時代にお世話になった人を、
人種差別して虐殺しようとは思わないでしょう。ジェイのエピソードとして、
次のようなものがありますが・・・

→ロックフェラーが日本を発つ前日のお別れパーティーで同居していた
 日本人達が彼へプレゼントしたものは「喧嘩すること」だった。これは
 ロックフェラーに男兄弟がいなかったので、喧嘩というものを一度して
 みたかったという話のため。後に本人もこれが最高の思い出だと語っている。
  (Wikipediaより引用)

ロックフェラー家も、ジェイが当主になれば、少しは(本当に少しは)良くなる
のではないだろうか?かなり甘い(超大バカな)考えですが。それでも、
昔、同じ釜の飯を食べた友を、平気で殺せるだろうか・・・???

しかし、ジェイの日本人女性の恋人って、どんな女性なんだろう・・・?

そういう人達に、このブログに投稿してほしいですね・・・。

グラディエーター(剣闘士)

今回のフルフォードの記事には、唖然とした。

noby

関連記事見せていただきました。
NYタイムスのひいおじいさんの死亡記事、ロックフェラーのにおいぷんぷんしますね、ひいおじいさんボストンで自動車事故のせいでなくなっていますが、相手方の住所がオルバニーだなんて、ロックフェラーの屋敷のそばじゃないですか。

noby

古歩道さま
古歩道カナダ上院議員の話
NYTIMESの記事など読ませていただきました。
確かに、謀殺のにおいがぷんぷんする話ですね。
自動車事故でボストンでお亡くなりになっていますが、自動車事故を起こした相手がNY州オルバニー(NY州州都で、ロックフェラー家本拠の近く) など、確かにわかります。

gengoro

>いつか寿命がきて死ななきゃならないことにすごく不満を持っていた

こういう発想は西洋人に多いように思いますが、キリストが復活したというのが世界観の根本にあるからなんでしょうかね。
東洋人である自分には、唖然とするほど不思議に思いますね。

ooita

真実を明らかにしようとして
そんなに内情を公開しないでも
大丈夫です。あなたの文章を分かる人は分かりますから。誹謗中傷は気にしないで、お仕事頑張ってください。

moon 

上手く表現できませんが、何か長編小説の主人公の様な境遇ですね。

 ベンジャミン様が彼らをどうこうするとかでなく近い将来9・11事件の真実が全米、或いは世界の常識になったらロックフェラー一族やブッシュ一族らはアメリカや世界の華やかな表舞台から永遠に消えなくてはいけなくなるでしょう。何故ならベンジャミン様が彼らを許しても全米そして世界中の人達が彼らの悪行やこれからの存在を絶対に許しはしない。仮に彼らの悪運が強くてもせいぜいヒットラーの晩年の様に南米などでひっそりと過ごすしかない。

 真実が世界の常識になって彼らが生きるか死ぬかにしても彼らの全財産を没収してイラクやアフガンやアフリカなどの不幸な人達への未来のために使わなければいけないと思います。何故なら彼らの全財産の大半はそういった人達の犠牲の上で成り立っているものだからです。

名無し

フルフォードさんはひいおじいさんの生まれ変わりかもしれないですね。不思議な因縁があるんでしょう。

アルルの男・ヒロシ

なるほどねえ。ニコラ・テスラという名前は良く聞くのですが、ぶっちゃけどういう事をやった人なのでしょう。エネルギーの解放?どの程度現実味のあるプラン?単純に不勉強なもので、質問致します。

>長期計画として全ての人類の脳をロックフェラー系に洗脳し、人工的な神を作り復活するつもりだった

というのは意味がよく分からないのです。単純にテスラの発明した技術が、ロックフェラーの石油、GEモルガンの電機を脅かす技術になる可能性があるという話ならスッキリするのですが。
正直、「霊」というものを持ち出されると理解の域を超えています。政治家が、霊能力やら占いやらに極端にはまる傾向が強いのは分かるのですが、文章で説明されるととたんにうさんくさくなってしまいます。

ロックフェラーはやはりオークラ投宿でしたか。オークラはTCでも使用されていましたからね。米国大使館に近いのは便利なんでしょうね。

ところで、ロックフェラーが一緒にいたPR会社の人って誰ですか?

夜の大魔王

日本国籍を得て日本で言論活動を行ってるベンジャミンさんは素晴らしい、注目に値する!

話は逸れますが☆週刊金曜日☆という狂った雑誌を立ち読みしました、その中で佐高信と梁石日が対談してて、従軍慰安婦について馬鹿げた発言をしてました

一体何故在日はここまで厚かましいのでしょうか?とっとと帰ればいいのに、特別永住権なんて糞喰らえですね!似非被害者なんて吐き気がする(o`皿´o)

追伸爺さんロックフェラーよりもジェイ・ロックフェラーの動きが気になります、何より日本留学時代に何処に住んでどんな生活をしてたのか気になりますね、何よりロックフェラー家の嫡男らしいですから(。・x・)ゝ正統的な世界皇帝?

dd

某O通信がまた攻撃を仕掛けて来ましたね。
そりゃスパイだし悪の手先だから、彼のほうが詳しい部分もあるでしょう。
ベンジャミンさんのように表に出てこれない撹乱目的のスパイに、ベンジャミンさんも我々も熱くなる必要は無いです。
ただ、もしご自身の記述に過ちがあった際には、誤魔化さず正していただくことを希望します。
今まで通り平和を願って正しい活動を続けてください。心より応援致します。

soeda

地球平和の活動に
感謝します。

soeda

日本国籍をえられ日本国内で、
地球平和のための活動をされていることに、心より感謝します。

dd

日本にいらっしゃって、最初はヤクザや政治家の真実を記事にするお仕事をされていて、いきついたところはロックフェラーだった、、、というのは因縁ですね。
ひいおじいさんもベンジャミンさんに劣らないくらい相当スケールの大きな方だったのですね、またひいおばあさんは、ベンジャミンさんの直観力の元になっているのでしょう。

ベンジャミンさんの使命はロックフェラーを正す事だったのでしょうか。
悪の大王と善の使者。
私は悪の大王の手先にならずに、善の使者の応援が出来てとても嬉しいです。

The comments to this entry are closed.