« 次の世界は? | Main | アメリカの男女平等はロックフェラーの洗脳だった »

10/29/2007

Comments

キュリオシティ

あまりに初歩的な質問で申し訳ないのですが、ロシア、アメリカ、イギリスと国家機関のスパイ組織がありますが、日本にはないのですか?アメリカが許さないとか?

zion

スパイなんて結局は何重構造にもなっていて誰のために働いているか分からなくなるもの。
やじろべいのようにあっちについたりこっちについたり、節操がない。
本当の愛国心で働いているスパイはへたを打たず賢明だし極々少数だろう。

奇兵隊

>ポロニウム210という物騒なものは比較的容易に入手できるようですよ。

核物質が簡単に手に入る世の中になっていたんですね。
しかし、暗殺に用いる道理はありませんね。

リトビネンコを殺したのは、ベレゾフスキーかMI6でしょう。
ロシアからオリガルヒを叩き出した仕返し、プーチン失脚を狙っての行動です。

私は、プーチン政権を支持します。
石油・天然ガスはサハリンから買えば、シーレーン防衛なんて考える必要もない。

tatsujin

コメントの皆さんへの補足:
>スパイ家業が50万円のわけがないとおもいますが.....
案外そんなもんですよ。安いからContract Killerとして一山当てるのです。元FSB(ロシア連邦保安局)のアレクサンドル・リトビネンコの臨終時に看病していたのは元ロシア政府の幹部でKGBとMI6のダブルスパイVladimir Bukovskiで1989年ゴルバチョフの三極委員会の密約を暴露した意図は不明であるが,下記記事に少し説明した。

1.http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/654.html

2.http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/655.html

2006年10月に射殺されたチェチェンの活動家ジャーナリスト・ポリトコフスカヤの射殺事件を調査中にアレクサンドル・リトビネンコは毒殺された。MI6やKGBの活動は何重層にもなっているのでほとんど足がつかない構造になっている。

グラディエーター(剣闘士)

スパイの生涯は残酷だ。今回の事件も、初めてではなくスパイの世界にはまあまあとしてあるケースだ。
彼は何のために祖国を裏切って外国政府に身を投じていたのか?タカだか2000ポンドのために命を懸けていたのではなかったと思う。
スパイの世界は我々の常識からかけ離れた世界だが、国は祖国を裏切った人には残酷な仕打ちをするという教訓が我々には残った。
そのための見せしめだったのだろう。国家の仕打ちは冷たいものだ……

行けません

ポロニウム210という物騒なものは比較的容易に入手できるようですよ。
たとえばここで売っています。
http://www.unitednuclear.com/isotopes.htm

ちゃう

それじゃバレバレでしょう。この公開処刑というサスペンスドラマのプロデューサーは別人です。

konnichiwa

スパイ稼業が、月50万円なわけないと思いますが。。500万円のまちがいではないんですか?自分なら、5億はもらわないと話しになりませんが。松坂は、1兆円ですよ。LOLOLOL 寄付するんでしょうなあ。全額。アメリカから税金
取り返したんでしょうねえ。。
死ぬ気で。

ベンジャミンさんが、よくみている日本の阿修羅系の奴は、がせねたではないんですか?あのブラウンの背景の奴は。。

奇兵隊

>新聞の推測によるとプーチン大統領が見せしめのため、わざと苦しい殺し方を選んだという。

暗殺するのに、「ポロニウム210」のような放射性物質を使用するなんてあり得ないだろう。
「ポロニウム210」を入手できるのは、国家機関か核関連施設の人間に限定されるし、残留放射能の証拠が残ってしまう。
おまけに、その放射能を追尾すれば足取りが分ってしまう。

ロシアがリトビネンコを殺したと言うのは、謀略でしかない。

The comments to this entry are closed.