« 太田龍氏 VS ベンジャミンフルフォード対談DVD販売のお知らせ | Main | 植草先生の最終弁論のメモ »

08/29/2007

Comments

通りすがり

対訳 機械訳です。健闘しましょう。
The Illuminati versus Chinese Secret Societies:
Illuminati対中国の秘密結社:
Exopolitical Implications of a Covert Global Depopulation Policy & Staged Extraterrestrial Invasion
ひそかなグローバルな過疎化方針と上演された地球外の侵入のExopolitical含意
Recently, Benjamin Fulford, a former bureau chief for Forbes Magazine in Japan, has come forward to reveal deep splits within the global power structures that control international finance, religious institutions and geo-politics.
最近、ベンジャミン・フルフォード(日本のフォーブズMagazineの元支局長)は、国際金融、宗教団体、およびgeo-政治を制御するグローバル・パワー構造の中で深い股割りを明らかにするために進み出ました。
Fulford argues that these splits have grown so severe that unless a covert policy for significant global depopulation through contrived means is immediately abandoned, that there will be harsh consequences for those seeking to implement such a policy.
フルフォードは、これらの股割りがそれらの探知が実行する厳しい結果がそのような方針であったなら人為的な手段による重要なグローバルな過疎化のためのひそかな方針がすぐに捨てられないと、それがそこで捨てられるほど厳しくなったと主張します。
Fulford has publicly taken on the role of spokesperson for what he claims are Chinese secret societies opposed to global depopulation policies that specifically target the Asian population.
フルフォードは公的に彼が明確にアジアの人口を対象とするグローバルな過疎化方針に反対した中国の秘密結社であると主張することのスポークスマンの役割を引き受けました。
He has recently come out with public warnings on behalf of these secret societies on a popular radio show where he was interviewed on July 5 (see: http://rense.com/general77/fulf.htm ).
彼は最近、公共の警告と共に彼が7月5日にインタビューされたポピュラーなラジオショーのこれらの秘密結社を代表して出て来ました(: http://rense.com/general77/fulf.htm を見てください)。
Fulford's claims and warnings to supporters of a covert global depopulation program are so startling that they could easily be dismissed as wild conjecture and neurotic conspiracy theory.
ひそかなグローバルな過疎化プログラムの支持者へのフルフォードのクレームと警告が非常に驚異的であるので、ワイルドな推測と神経症の陰謀説として容易に彼らを棄却することができました。
There are however a number of reasons why his claims should not be simply dismissed and be considered on their merits.
しかしながら、彼のクレームが単に捨てられて、それらの長所で考えられるべきでない多くの理由があります。
First, the quality of Fulford's journalistic investigations and professional background do not indicate he is someone prone to exaggeration and making unsubstantiated claims. Many of his articles with Forbes Magazine were and continue to be essential reading for Western businessmen desiring to invest or conduct business in Japan.
まず最初に、フルフォードのジャーナリスティックの調査と職歴の品質は、彼が誇張と実証されていない主張をするのに傾向があるだれかであることを示しません。フォーブズMagazineがある彼の記事の多くが、あって、日本で業務を投資するか、または行うのを望んでいる西洋のビジネスマンをめざして勉強するのにおいて不可欠であり続けます。
Second, he has interviewed people in very senior positions in Japan over the last decade including seven Prime Ministers, captains of industry, security police and leading figures in the Japanese underworld.
2番目に、日本の下層社会に7人の総理大臣、会頭、護衛隊、および大御所を含んでいて、彼は最後の10年間の間、日本の非常に先任の位置で人々にインタビューしています。
So he does have access to the shadowy underworld figures he claims have approached him to take on the issue of a covert global depopulation program.
したがって、彼はひそかなグローバルな過疎化プログラムの問題を帯びるために彼に近づいたと主張する影の多い暗黒街の人物に近づく手段を持っています。
Finally, while a Canadian by nationality, Fulford has spent 20 years studying and working in Japan, speaks the Japanese language fluently, and understands Japanese culture and public policy making process very well.
最終的に、フルフォードは、国籍によるカナダ人である間、非常によく20年を日本で研究して、働いているのに費やして、流暢に日本語を話して、日本文化と公共政策決定の過程を理解しています。
He therefore qualifies as a westerner very sympathetic to Asian values and could act as a spokesperson for a powerful organization with deeply embedded networks in Japanese society.
彼は、したがって、アジアの値に非常に同情的な西洋人の資格を得て、日本社会のネットワークが深く埋め込まれていた状態で、強力な組織のスポークスマンとして務めることができました。
All this suggests that Fulford's claims need to be considered on their merits.
このすべてが、フルフォードのクレームが、実力で考えられる必要であるのを示します。
Fulford traces the origins of the powerful elites responsible for the alleged covert global depopulation program to the leading banking families in Europe and North America.
フルフォードはヨーロッパと北アメリカの主な銀行家の家族にとって、申し立てられたひそかなグローバルな過疎化プログラムに責任がある強力エリートの生まれをたどります。
Due to their historical association with Freemasonry he refers to these elite banking families as comprising the modern day 'Illuminati' whose history can be traced all the way back to ancient Babylon (see: http://rense.com/general77/histor.htm ).
Freemasonryがあるそれらの歴史協会のため、彼はこれらのエリート銀行家の家族を歴史を古代のバビロンにたどることができる現代の'Illuminati'を包括するのに差し向けます(: http://rense.com/general77/histor.htm を見てください)。
Fulford argues that a faction of the Illuminati centered around the Rockefeller family is intent on a radical global depopulation plan through a contrived war on terror, artificially created pandemics, and environmental disasters produced through advanced eco-weapons.
フルフォードは、ロックフェラー家へ中心に置かれたIlluminatiの派閥が高度なeco-兵器を通して起こされたテロ、人工的に作成された世界的流行病、および環境災害に対する人為的な戦争で基本的なグローバルな過疎化プランに熱心であると主張します。
In contrast, another branch of the Illuminati centered around the European based Rothschild family has distanced itself from such a plan as evidenced in broad European opposition to the Iraq war (see: http://exopolitics.org/Study-Paper3.htm ).
対照的に、ヨーロッパ人のベースのロスチャイルド家へ中心に置かれたIlluminatiの別のブランチはイラク戦争への広いヨーロッパの反対で証明されるようなプランからそれ自体を遠ざけました(: http://exopolitics.org/Study-Paper3.htm を見てください)。
Most significantly from an exopolitical perspective, Fulford claims that there is an attempt to produce a global Armageddon with a contrived extraterrestrial enemy that will wipe out a significant proportion of humanity.
exopolitical見解から、最もかなり、フルフォードは、人類の重要なプロポーションに転倒する人為的な地球外の敵と共にグローバルなハルマゲドンを発生させる試みがあると主張します。
According to Fulford, this would leave survivors so traumatized that they would be easily manipulated by the Illuminati.
フルフォードによると、これは彼らがIlluminatiによって容易に操られるように生存者が傷つけられたままにするでしょう。
A number of whistleblowers including the late Werner Von Braun have argued that a covert plan exists to fabricate an extraterrestrial enemy to justify a new global war (see: http://www.illuminati-news.com/ufos-and-aliens/html/carol_rosin.htm ).
故ヴェルナーVonブラウンを含む多くの内部告発者が、ひそかなプランが新しい全世界戦争を正当化するために地球外の敵を作るために存在すると主張しました(: http://www.illuminati-news.com/ufos-and-aliens/html/carol_rosin.htm を見てください)。
Fulford claims that it was his investigation into artificially created pandemics that targeted Asians in a covert effort to reduce their overall population to 500 million that triggered the attention of Chinese secret societies.
フルフォードは、中国の秘密結社の注意の引き金となったのが、人工的に作成された世界的流行病への彼らの総人口を5億まで減少させるためのひそかな努力でアジア人を対象とした彼の調査であったと主張します。
He claims that the SARS virus and the avian flu virus (H5N1) are the first in a series of artificially created viruses that specifically target the Asian genome.
彼は、SARSウイルスと鳥インフルエンザウイルス(H5N1)が明確にアジアのゲノムを対象とする一連の人工的に作成されたウイルスで1番目であると主張します。
Disturbed by the possibility that a covert global depopulation policy that targeted Asians was underway, secret Chinese societies based in Taiwan contacted Fulford to offer him their protection and recruited him to be their spokesperson.
アジア人を対象としたひそかなグローバルな過疎化方針が進行中であった可能性によって擾乱されて、台湾に拠点を置く秘密の中国の社会は、彼らの保護を彼に提供するためにフルフォードに連絡して、彼らのスポークスマンになるように彼を募集しました。
Fulford contends that the effort to reduce the Asian population is a result of deeply entrenched racism and cultural chauvinism among Illuminati members who historically are centered in Europe and North America.
フルフォードは、アジアの人口を減少させるための努力がヨーロッパと北アメリカの歴史的に中心に置かれるIlluminatiメンバーの中の深く強固な人種差別と文化的優越主義の結果であると主張します。
Assuming that Fulford is correct that a depopulation program targeted at Asians is underway, it is worth exploring a number of exopolitical factors for why such a policy might have been implemented by Illuminati members, and the role of the Rockefeller family in such a policy.
フルフォードが正しいと過疎化プログラムがアジア人で対象とした仮定するのが進行中である、そのような方針でそのような政策がIlluminatiメンバーによって実施されたかもしれない理由の多くのexopolitical要素、およびロックフェラー家の役割を探る価値があります。
First, the covert policy allegedly aims to reduce the current population of Asia from approximately 3.7 billion (over 56% of the global population) to 500 million people.
まず最初に、ひそかな方針は、アジアの現在の人口をおよそ37億(世界人口の56%以上)~5億人の人まで減少させるのを目指すとされています。
One of the major reasons why new energy technologies and extraterrestrial disclosure have not occurred is that this would level the geo-political playing field very quickly.
新しいエネルギー技術と地球外の公開が起こっていない主要な理由の1つはこれが非常にすぐにgeo政治上の運動場を平らにするだろうということです。
Cheap inexpensive energy that could be produced in-house would rapidly transform major population centers like China (1.3 billion) and India (1.1 billion).
内部に発生することができた安い安価なエネルギーは急速に中国(13億)とインド(11億)のような主要な人口センターを変えるでしょう。
These and other Asian nations that currently struggle to feed and provide jobs for all citizens, would be transformed into flourishing financial powerhouses where their citizenry's full productive capacities could be utilized.
彼らの市民の完全な生産力を利用することができた財政的な強力な企業を振るこれらとそれがすべての市民に現在、食べさせるように戦って、仕事を提供して、変えられる他のアジア諸国。
Such a development would transform the way global financial structures are dominated from capital intensive industries in North America/Europe to information intensive industries in China/India, etc.
そのような開発はグローバルな金融組織が中国/インドなどで北アメリカ/ヨーロッパの資本集約産業から徹底的な情報産業まで支配される方法を変えるでしょう。
Second, not only would there be an erosion of Illuminati power and prestige due to its loss of control over global financial institutions, but there would also be widespread diffusion of technological capacities.
2番目に、また、技術的な能力の広範囲の拡散がIlluminatiパワーと威信の浸食がグローバルな金融機関の上の制御不能のためだけであるだろうというのではなくあるでしょう。
This would significantly erode U.S. hegemony in the research and development of advanced technologies.
これは先進技術の研究開発における米国ヘゲモニーをかなり浸食するでしょう。
This is especially important when it comes to the secret reverse engineering of extraterrestrial technologies which is dominated by the US military industrial complex.
米国産軍複合体によって支配される地球外の技術文明の秘密のリバースエンジニアリングのことになると、これは特に重要です。
The Illuminati provide significant financial resources and global networks to ensure that the US gets the lion's share of extraterrestrial technologies recovered world wide and secretly relocated to the US.
Illuminatiは、米国が地球外の技術文明の最も大きな部分が世界中で回復されて、秘かに米国に移動するのをさせるのを保証するために重要な財源と世界的なネットワークを提供します。
Much of this is achieved by maintaining present global dependence on fossil fuel consumption, and preventing alternative energy sources being developed.
化石燃費への現在のグローバルな依存を主張して、代替エネルギーソースが開発されるのを防ぐことによって、この多くが達成されます。
Third, there is the possibility that a staged extraterrestrial invasion can be conducted to deceive the global population into surrendering civil liberties and political rights.
3番目に、市民的自由と国政参与権を明け渡すのに世界人口をごまかすために上演された地球外の侵入を行うことができる可能性があります。
This would enable the passage of draconian national security laws which would monitor and control the behavior and thoughts of the global citizenry.
これはグローバルな市民の振舞いと考えをモニターして、制御する厳しい国家安全保障法の通路を可能にするでしょう。
The development of a global national security system would ensure the control of elites who might fear that the official disclosure of extraterrestrial life would lead to a loss of governmental and covert Illuminati control over the global population.
グローバルな国家安全保障システムの開発は地球外生物の公式の公開が世界人口の政府の、そして、ひそかなIlluminatiコントロールの損失を出すと恐れるかもしれないエリートのコントロールを確実にするでしょう。
The collapse of governmental authority was an important factor cited by the 1960 Brookings Institute Report into the consequences of the general public learning of the existence of extraterrestrial life (see: http://www.enterprisemission.com/brooking.html ).
政府の権威の崩壊は1960ブルッキングズInstitute Reportによって一般が地球外生物の存在を知る結果に引用された重要な要素(: http://www.enterprisemission.com/brooking.html を見る)でした。
Fourth, the role played by the Rockefeller family in the development of US policies concerning extraterrestrial technologies and life cannot be underestimated.
4番目に、地球外の技術文明と人生に関して米国方針の開発でロックフェラー家によって果たされた役割は過小評価することができません。
It was the intervention of both Nelson and David Rockefellers that was critical in persuading President Dwight Eisenhower to relinquish direct executive presidential control over extraterrestrial related projects.
それはネルソンとデヴィッド・ロックフェラーの両方の地球外の関連するプロジェクトのダイレクト幹部社員大統領のコントロールを放棄するようにドワイト・アイゼンハワー大統領を説得するのにおいて批判的であった介入でした。
A corporatized military structure that was run by an appointed committee, Majestic-12 Special Studies Group, that was outside the normal governmental oversight process was instead created.
指定している委員会、Majestic-12 Special研究Groupによって走られて、正常な政府の見落としの過程の外であったcorporatized軍用の構造は代わりに作成されました。
The Rockefellers were able to ensure that through their control of organizations such as the Council of Foreign Relations and key personnel such as Dr Henry Kissinger, that they would play a substantial role in directing covert policies on extraterrestrial affairs (see: http://exopolitics.org/Study-Paper-5.htm ).
ロックフェラー一家は彼らのForeign RelationsのCouncilなどの組織とヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士などの主要人員のコントロールでそれを確実にすることができて、彼らは地球外の事に関するひそかな方針を指示することに基づくかなりの役割を果たすでしょう(: http://exopolitics.org/Study-Paper-5.htm を見てください)。
Most importantly, the Rockefellers have been the leading proponents of a global secrecy program concerning extraterrestrial life with the exception of a few family members such as Laurence Rockefeller (see: http://www.presidentialufo.com/part1.htm ).
最も重要に、ロックフェラー一家はローレンス・ロックフェラーなどの数人の親族以外の地球外生物に関するグローバルな秘密主義プログラムの主な提案者(: http://www.presidentialufo.com/part1.htm を見てください)です。


How much credence should be given to Fulford's radical claims?
どのくらいの信頼をフルフォードの基本的なクレームに与えるべきですか?
Certainly his professional background and access to senior political, financial and cultural figures in Japan can be verified.
確かに、日本の年上の政治上の、そして、財政的で文化的な数字への彼の職歴とアクセスについて確かめることができます。
He has also published a recent book detailing at greater length his claims and providing evidence to substantiate the existence of a covert depopulation program that specifically targets Asians.
また、彼は、より大きい長さで彼のクレームを詳しく述べて、明確にアジア人を対象とするひそかな過疎化プログラムの存在を実体化するために証拠を提供する最近の本を発行しました。
As far as him being a spokesperson for Chinese secret societies vehemently opposed to such a depopulation program, that is harder to verify.
中国の秘密結社の彼と同じくらい遠いスポークスマンであることは熱烈に過疎化プログラムにそのようなものに反対して、それはより確かめにくいです。
Nevertheless, his work for Forbes Magazine gave him privileged access with key figures and forces in the Japanese economy which almost certainly included the Japanese underworld.
それにもかかわらず、フォーブズMagazineのための彼の仕事はほぼ確実に日本の下層社会を含んでいた日本経済で重要人物と力との特権的アクセスを彼に与えました。
This makes it very plausible that he is familiar with and could have been easily approached by Chinese secret societies as he claims. Significantly an Australian expert in reverse speech analysis tested Fulford's speech patterns during his July 5 radio interview and concluded that he was not lying and that the reverse speech patterns are congruent with his claims (see: http://www.reversespeech.com/fulford.htm ).
彼が要求するように中国の秘密結社によって容易にアプローチされたかもしれません。そして、これで彼が詳しいのが非常にもっともらしくなる、逆のスピーチ分析のオーストラリア人の専門家は、かなり、彼の7月5日のラジオインタビューの間、フルフォードのスピーチパターンをテストして、彼が横たわっていなくて、逆のスピーチパターンが彼のクレームについて一致していると結論を下しました(: http://www.reversespeech.com/fulford.htm を見てください)。
Perhaps most credence for Fulford's claims come from the revelations of filmmaker Aaron Russo who claims to have befriended a leading member of the Rockefeller family, Nick Rockefeller.
フルフォードのクレームのための恐らくほとんどの信頼がロックフェラー家(ニック・ロックフェラー)の主なメンバーを助けたと主張する映画制作者のアーロン・ルッソの示現から来ます。
According to Russo, Rockefeller admitted that 911 was in inside job, that the war on terror was contrived to convince the global population to submit to draconian national security laws such as microchipping, that leading banking families intended to maintain strict control, and that a depopulation program to cull the global population by at least 50% was underway (see: http://www.prisonplanet.com/articles/january2007/290107rockefellergoal.htm ).
ルッソによると、ロックフェラーは911が内面の仕事中であり、対テロ戦争がmicrochippingなどの厳しい国家安全保障法に提出するように世界人口に納得させるために案出されて、主な銀行家の家族が厳重な管理を維持するつもりであり、世界人口を少なくとも50%選別する過疎化プログラムが進行中であることを認めました(: http://www.prisonplanet.com/articles/january2007/290107rockefellergoal.htm を見てください)。
While investigations have just begun to determine the accuracy of Fulford's radical claims, the exopolitical implications of a struggle between Asian and North American/European secret societies can be expected to be very significant.
調査がちょうどフルフォードの基本的なクレームの精度を決定し始めた間、アジア人とノース・アメリカン/ヨーロッパ人秘密結社の間の戦いのexopolitical含意が非常に重要であると予想することができます。
If Fulford is accurate in his main claim concerning the determination and ability of Chinese secret societies to target banking elites involved in a global depopulation policy, then it becomes clear Asian secret societies can severely disrupt any contrived global depopulation program by the North American branch of the Illuminati.
フルフォードが中国の秘密結社がグローバルな過疎化方針にかかわる銀行業エリートを対象とする決断と能力に関して彼の主なクレームで正確であるなら、それはアジアの秘密結社が厳しくIlluminatiの北米のブランチによるどんな人為的なグローバルな過疎化プログラムも中断することができるのが明確になります。
This would ensure that in a post-disclosure world the full productive capacities of China and other Asian nations would not be significantly diminished.
これは、ポスト公開世界では、中国と他のアジア諸国の完全な生産力がかなり減少しないのを確実にするでしょう。
The frustration of plans to covertly depopulate strategic regions of the planet such as Asia, would inevitably lead to a major realignment of financial and political power on the planet.
アジアなどの惑星に戦略の領域からひそかに減らす計画のフラストレーション、必然的に、惑星における財政的で政治上のパワーの主要な再編成に通じるでしょう。
More significantly, the power and influence of the Rockefeller family in repressing information concerning extraterrestrial life and technology would be significantly diminished.
より有効に、地球外生物と技術に関して情報を鎮圧することにおける、ロックフェラー家のパワーと影響はかなり減少するでしょう。
This would significantly accelerate the timing of official disclosure concerning extraterrestrial life.
これは地球外生物に関して公式の公開のタイミングをかなり加速するでしょう。
Most importantly, it would influence the way in which disclosure was made and thereby lead to the failure of efforts to present extraterrestrials as a new security threat justifying advanced space weapons or to stage a fake extraterrestrial invasion (see: http://exopolitics.org/Study-Paper-10-.pdf ).
最も重要に、それは、公開がされた方法に影響を及ぼして、その結果、高度な宇宙兵器を正当化する新しい軍事的脅威として宇宙人を紹介するか、またはにせの地球外の侵入を上演するための努力の失敗に通じるでしょう(: http://exopolitics.org/Study-Paper-10-.pdf を見てください)。
This would consequently lead to the release of suppressed technologies and alternative energy sources that are used by extraterrestrial civilizations.
その結果、これは地球外の文明によって使用される抑圧された技術と代替エネルギーソースの解放に通じるでしょう。
Extraterrestrial disclosure would prove very beneficial to Asian economies which have the bulk of the world's population and stand to benefit most from distribution of alternative energy sources.
地球外の公開は世界の人口の大半を持って、代替エネルギーソースの分配から最も利益を得るのに耐えるアジアの経済に非常に有益であると判明するでしょう。
Just as the regular U.S. military is not happy with continued suppression of advanced extraterrestrial technologies (which is why so many military personnel have been safely able to come forward [see: http://www.disclosureproject.com ]), so too secret societies in China, and other Asian nations are not happy with the current non-disclosure program.
通常の米国軍が高度な地球外の技術文明の継続的な抑圧(とても多くの軍人が安全に進み出ることができた[: http://www.disclosureproject.com を見てください]理由である)に満足であるだけではないように、中国の、そして、他のアジア諸国の秘密結社であり過ぎるのは現在の非公開プログラムに満足ではありません。
Furthermore, there appears to be a genuine split between North American and European branches of the Illuminati (elite banking families) over global depopulation policies.
その上、本物の分裂はグローバルな過疎化方針の上にIlluminati(エリート銀行家の家族)の北米の、そして、ヨーロッパの支店の間にあるのを現れます。
That makes for a powerful alliance of pro-disclosure interests that must greatly worry members of the increasingly isolated North American based Illuminati and Majestic-12 Group that has historically played a leading role in repressing information concerning extraterrestrial life and technology.
それは強力な地球外生物と技術に関して情報を鎮圧する際にますます孤立している北米のベースのIlluminatiと主役を歴史的に演じたMajestic-12 Groupのメンバーを大いに心配させなければならない親公開関心の同盟になります。


Michael E. Salla, Ph.D
マイケルE.Salla、博士号

Kona, Hawaii
コナ(ハワイ)

07/16/07

www.Exopolitics.Org

***

Further Reading
一層の読書

"Benjamin Fulford on Jeff Rense" (Transcript of Radio Interview) http://rense.com/general77/fulf.htm
「ジェフRenseの上のベンジャミン・フルフォード」(ラジオインタビューの転写) http://rense.com/general77/fulf.htm

Benjamin Fulford, "The History of the Illuminati", http://rense.com/general77/histor.htm
ベンジャミン・フルフォード、「Illuminatiの歴史」、 http://rense.com/general77/histor.htm

Henry Makow, "Chinese Secret Society Challenges Illuminati," http://rense.com/general77/chinsec.htm
ヘンリーMakow、「中国の秘密結社はIlluminatiに挑戦する」 http://rense.com/general77/chinsec.htm
Forward as you wish.
前方に、願ってください。
Permission is granted to circulate among private individuals and groups, post on all Internet sites and publish in full in all not-for-profit publications.
一私人とグループを循環して、すべてのインターネットにサイトを掲示して、すべての非営利的刊行物ですべて発行するために許可を与えます。
Contact author for all other rights, which are reserved.
他のすべての権利のために作者に連絡してください。(権利は予約されています)。

takano

日本のUG地政学サイトが一斉にイラン攻撃を掲載しはじめた。
11月から来年の2月にかけて空爆が開始されるそうです。
これって、どういうことなんでしょうか。。。核戦争でしょうか。

相場が奇妙な動き。国際金融資本は何かを知っているのでは?

◆米単独覇権主義に翻弄される英軍イラク撤退 8月29日 田中宇
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/43b6eefd29c59b3e3a06a1df9ba5bf8b
イラン空爆話の再燃 2007年8月28日  田中 宇
http://tanakanews.com/070828iran.htm

世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略VOL141 江田島孔明
今回は、前回に引き続き、アメリカの中東戦略を検討したい。
六カ国協議が決着した事で、二正面作戦の恐れが無くなったアメリカは、
完全にイランとの戦争モードに入ったようだ。
http://teamrenzan.com/archives/writer/edajima/vol141.html

もしかしたらイラン戦争?9(最終回)
http://ytaka2011.blog105.fc2.com/blog-entry-33.html

あとはきっかけだけ?~再び浮上したイランー19
http://zaakai.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/19_1508.html

マスコミとは別な視点から見ると、報道の奥にある疑問や嘘が見えてくる。
報道しないことの理由も。
http://blog.goo.ne.jp/kitaakari1948_1948/e/57932bcb6d5edec9be881c7bffd9cd64

7つの文明圏と資本主義の消滅
http://www.teamrenzan.com/archives/writer/omnibus/destiny.html

kei

翻訳文が機械翻訳のままのようで読み難いです。
フルフォードさんの日本語で要約していただけませんでしょうか。

The comments to this entry are closed.