« ロックフェラー1世の恐ろしい計画 | Main | 植草先生に懲役6ヶ月求刑? »

07/18/2007

Comments

me knockout

身長差別を受けるから離婚を考えてます

私は生きていて苦労ばかりするけど、
いつか死ぬから、苦労も終わると思ったりするときもある・・・
どこか変な安心を寄せるときもある。

だけど生きてる限りは
死ぬのを楽しみにするものではない!と戒めるべきだと強く思う。
生きてる限りは向上心を捨てたらおしまい!!

ずっと永遠に生きてるなんて、苦しみが終わらないような感覚で
とてもじゃないけどずっと生きていたいなんて思わないのですが・・・

こうみえて21歳

コスミックトリガーですよ、アレアレ。
でもまぁ人間は相変わらずだから
世界滅ぶかもしれませんしね。
とりあえず私は漫画でも書くこと
にします。

前田 進

異星人らによる古代地球での一連の悪の遺伝子操作の結果が、今日の破滅への暴走だ。
しかし28億年前の鉱脈から自転する人工金属球さえ発見されて、展示されている。その謎が解明された。
必見:

http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/40.html

前田 進

南アフリカ共和国西トランスヴァール州の形成年代26~28億年前の葉蝋石鉱脈から、赤道部分に3本の等間隔な溝線を彫った直径4cmの扁平な球体が発見された。
博物館にあるそれは、反時計方向に年間1~2回転自転している。
米国ユタ州では5~2.5億年前にいた三葉虫を踏み潰したサンダル跡が発見された。別の三葉虫の化石の近くで2個の靴かサンダルの跡も発見された。その近くの泥板岩層では子供の裸足の足跡の化石も発見された。
このように地球では太古から文明があったが、無数に大掃除が行われて、跡形もなく消滅してきた。
現在の邪悪な文明も、間もなく大掃除で消滅する。
詳細は必見:
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/40.html

悪の華

フルフォードさん
「自分が聞いた」とか誰も検証できないようなものではなく、確固たるソースを出して情報発信してください、何事に対しても。あなたが本当のジャーナリストであり、本当に「真実」を伝えたいのであれば。


ベンジャミンフルフォード

ご意見ありがとうございます。私の情報源は間違いがないと確信をしたうえで発信をしていますが、プライバシーの問題でソースを出せないことが多々あります。どちらかというとネットからの情報よりも当事者やその関係者から直接聞くことが多いので。
例えば、「私が聞いた」というアメリカの友人の名前、会社名、クリニック名などがわかっていても公開できないことです。
ソースをお知りになりたい場合は具体的にどの内容に関してか質問してくださるとありがたいです。ソースを出せない場合でも、より詳しく情報をお伝えすることはできます。
いつも読んで下さって、そしてご忠告ありがとうございます。

k

私もつくづくそう感じます。 歴史は繰り返すといいますが、しかし現在においては人類の歴史において一度も経験しなかった色々なことが沢山起きつつある。 現在こそ人類の分岐点そのもの! ある意味で近い将来がとても楽しみで、同時に今まで人類が歴史上経験ない恐ろしい可能性があると。 このフルフォードさんのブログを読んでいても思うのですが、私たち地球人類のいわゆる「精神的レベル」が、科学・技術・情報の質と量においての、その止められない加速的な発達に追いつけないことが、指摘されている現在問題の唯一の原因に帰するのでは。 

これら権力者たちのやっていることは、言ってみれば当たり前のことをやってますよ。 もし例えば私らがですよ、創造できないほどの膨大な財産と国際的規模の組織を隠し持っていたとすると、いったん膨大な権力欲を味わうと、人間なんて取り付かれると弱いものですよ。 歴史にまだ載ってないほど凝った恐ろしくも見事な戦略を数十年先までたてていないほうがおかしいです。 本質は昔から変わらない権力者らが、影に隠れることによってほとんど独裁者以上になったのですから。 

例として、三国志時代と現在との在り方の違いといえば、現在においては人類世界が学んできた、歴史上試し蓄積してきた、ありとあらゆる世界権力のための戦略を、あのころと比べられないほどの財力と膨大なネットワーク上において、しかも現在の科学・技術を用いてより完璧にこなせられる時代ですから。 もしも「抑制と均衡」が欠けている世界大国の組織というものが存在すると仮定すれば、それら組織を握っている者たちが、先の先、裏読みのまた裏読みの、膨大緻密な戦略を、立てていないと思うほうが未熟でして、人類の歴史の本質を理解していないともいえると思う。 そういう意味でもこれら陰謀については、今の時代において来るべきことを、いわばあって当然のことを私たちは知ったのではないでしょうか? 結局は何もかも必然的であると。 

結局権力者というのは本質的に同じようなもので、解決法は結局、我ら一般市民が精神的に成長し賢明になければということに帰すると思います。 それはあいまいな言葉ですが、結局私らが歴史から学び、政治に興味・考慮・注意して少しは参加して、その小さなことが「一隅を照らす」で、それ以上なく、しかもそれだけで良く効果的だと思います。 

そしてそれが10年前よりもずっと可能であるということも事実だと思う。 今ちゃんとこう、インターネットという膨大で、ほとんど自由で無料な世界情報網のおかげでこう皆さんと海を渡って意見情報を交換できるのですから。 しかもインターネットがなかったら、これほど9・11事件の陰謀の事実(且つあらゆる陰謀も)について知りわたることはなかったと強く思います。

現在フルフォードさんが今までの安定した生活を捨ててまで、言葉道理命を張ってまで活動していられてますから、私らもただ単に言葉で応援しているだけではなく、何かできるはずです。自分自身の反省においても。 あまりテーマの外れた意見はただ異論・異議を起こし、最終的な一大問題である陰謀の存在と比べれば、たいした問題にならず、目的を失い、しかもいわゆる「敵の内部分裂」は彼らの戦略そのものですから、控えるべきかもしれません。

Tanaka

日本の某大手鉄鋼メーカーが極秘裏に研究しているといわれる、ゲノム操作によるスーパーIQ人間は有名ですね。
このサイトは非常にレベルが高く、フルフォードさんはじめみなさまの投稿は非常に大切な情報源です。
わたしごときが、クビをつっこむのも気がひけています。
前掲のtatsujin さんのご紹介されているブログ等の情報力、解析力にはおどろかされます。
話は変わりますが、わたしは現在、製造業で安全衛生管理の仕事に携わっておりますが、先日、政府の推進している「安全衛生マネージメント・システム」(OHS-MS、提唱イギリス)の某協会の講習会で、配布された資料に、ここをご覧になっているみなさまはよくご存知とおもいますが、巻末の参考の欄に英国タヴィストック人間関係研究所(?)の名があり、マネージメント・システムは、同研究所の「技術ー社会システム理論」に基づくとはっきり書いてあります。
そして、小泉政権時に誕生した「総合自然科学会議」の中にある「社会技術研究所(東京大学内)」のミッション1なるプロジェクトで、こうしたリスク・マネージメントが研究開発されている旨の内容が書かれています。
また、創価大学も同研究がなされているようで、昔日の人間中心性科学にもとづくものでなく、すべて人間の無意識的な不安全行動、企業の不祥事、化学物質被災等、統計学的手法を使って数値化し、優先順位をつけ、低リスクなものを残存リスクとして課題とする(実質的には、キリがないので切り捨てる?)やり方です。
どう考えても人間のミス、エラーはそんな単純なものではないように思えるのですが(他社、ベテラン担当者連中も同意見)・・・?
それから、北九州市の市政自体がこのマネージメント・システムで計画・実施・評価まで行われているらしく、とても観念的な日本人労働者に合うものとはおもえません。
実際、米国企業でもこうしたシステムを実質的に」採用しいている企業は少ないと聞いています。
USスチールのゲーリー社長の“Safety First”の理念がとても恋しく思います。
こうしたグロバル・スタンダードも何か一般的に言われているものとは異なる、別の裏事情があるのでしょうか?
フルフォードさん、みなさんご存知の情報があれば教えてください。

明治天皇の孫???

前々から思っていたことですが、中丸薫はどこまで信用できるのでしょうか?

私はUFOや地底人や爬虫類人間は信じていません。中丸薫がフルフォードさんに、
“9.11ボーイングを捜せ”を見せて、ロックフェラー達の悪事(欧米の裏社会)を
伝えたのは、おそらく、中丸薫の日本に対する愛国心からでしょう。当時のフルフォードさんは、
日本のヤクザ支配を厳しく批判する一方で、欧米の闇についてはいっさい取り上げず、
『欧米デハ、コンナコトハ絶対ニアリマセ~ン!』と言っていたので、中丸薫のapproachには
それに対しての反論という意味も有ったのでしょう。誰だって、どこの国の人だって、
相手が自分の国の暗部を棚上げにして、一方的に自分達の国の闇を追求されて批判されれば、
中丸薫のようにフルフォードさんにapproachしたいと思うものでしょうから・・・。
ただ、中丸薫が9.11事件の真実をフルフォードさんに伝えた後、9.11事件の信憑性を
悪くしかねないような内容の話(UFO・地底人・爬虫類人間)をしきりに持ち出してくる
理由がよくわかりません。そんないかがわしい内容の話と、明らかに真実である
内容の話(9.11事件のアメリカ政府のやらせ等)を一緒くたにすれば、世論の支持は
離れていくだけで、結局は、ロックフェラーやモーガン達の思う壺だからです。

①中丸薫はいったい何者なんですか?UFO、地底人、爬虫類人間といった、
  明らかにイカレタことを言っている人間が、『明治天皇の孫』であるはずがありません。
  中丸薫が『明治天皇の孫』であるという物的証拠と、ちゃんとした天皇家の証言はあるのでしょうか?
  あれだけいかがわしい内容の話をするところを見ると、中丸薫自体がロックフェラー等の
  回し者と思えるのは私だけでしょうか。いったい中丸薫は何者なのですか?

②中丸薫の目的と真意がよくわかりません。いったい中丸薫は何をしたいのですか?
  9.11事件等の真実を伝える一方で、明らかに嘘であるUFO、地底人、爬虫類人間といった話と、
  オカルト話の普及をしていることが、かなりいかがわしく怪しいです。中丸薫は真実を伝えたいのか、
  真実を嘘で歪めたいのかわかりません。フルフォードさんに“9.11ボーイングを捜せ”を
  見せたことを考えますと、中丸薫は真実を伝えたいようにも思えますが、ならば何故、9.11事件と
  UFO、地底人、爬虫類人間という信頼性のまったく無いトンデモ・オカルト話を一緒にするのでしょうか?
  いったい中丸薫は何をしたいのですか?中丸薫の真意が理解できません。

フルフォードさんに是非、答えて教えてもらいたく思います。
それと、最近、フルフォードさんのこのブログは、ロックフェラーやロスチャイルド等の
欧米の暗部暴露が多すぎるので、たまには、日本の暗部(右翼・ヤクザ・カルト教団)の暴露も
載せて欲しいです。“日本国内の闇”と、“欧米の闇”は表裏一体だと思うからです。
それに、このブログの今現在の読者にはそんな人はいないでしょうけれど、日本の暗部のことを棚上げして、
欧米の暗部を批判するような人が今後、このブログに入ってくる可能性も無くはないので、
日本の闇に対する批判も、バランス良くして欲しいです。

言霊教(狂)

確かにそうなのですが
知性と感情が技術についていかない。利潤追求を根本原理とする現在の資本主義社会は滅亡させねばならない。ベンジャミンさん一度
小松原のロゴス、言霊神道を読んでみてください。
「魂の微分方程式」がそこにあるようです。これなら「宇宙人」の助けなしでもいけそう?

The comments to this entry are closed.