« UFOはアメリカのやらせか? | Main | ロックフェラー1世の恐ろしい計画 »

07/13/2007

Comments

tatsujin

A man of the 20th Centuryさんへ
まずアダムからイエスまでの血統ズを見てください。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA3F_hb/a3fhb112.html
ヤハウイストの原初史の第一章「エデンの園の物語」には神と地と人との分離,神と人との親子の別れ,という形で幕を閉じる。エデンの東の反対側の西の園に関しては拙ブログ「アトランティス伝説」に書いてあります。
ノアの方舟に関して,聖書の血統図は架空の話です。元々ギルガメシュ叙事詩の大洪水がもとになっています。その後ミトラと発展したわけです。そしてコンスタンチヌス帝によって世界統一的宗教として完成した。
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/617.html バベルの謎その6を参照ください。
ギルガメシュ叙事詩のさらなる原典はギリシャ神話の大洪水の話をまとめてあるヘシオドスの「神統記」です。
瞬間移動の話はテレビの見すぎです。
それではUFOに関して申し上げましょう。バクトロンという電子の10のマイナス20乗も小さい超微粒子を貫通させない壁はありません。何億光年も先の宇宙へあっというまにUFOで到達できるとするならば,時間というものを,つまりエーテルを物質化する必要があります。しかしこれはゴールデントライアングルで実証されています。
イルミナティを論じる際,UFOは持ち出さないほうが賢明でしょうか。よく勉強されているようですが,神統記まで遡り,あるいはヘラクレイトスの弁証法を併せて研究されるとよいかと思います。

A man of 20th dimension

BENさんのお陰様でココには深い所まで理解されてらっしゃる方がおられるようで嬉しく思います。ちょっと傲慢な言い方に思われるかもしれませんが私もかなり裏事情を勉強(?)しておりロックフェラーとかユダヤについては表面的なもの(風評・騙し・誘導による誤った理解)の先にあるものを見ている者の一人です。昨年くらいまで私はユダヤを陰謀の本体だと思っており、それとイルミナティとを同一視しておりました。しかし今それが大きな誤り(騙しです)だと分かり多くの疑問が氷解しました。ただイルミナティの中にユダヤいる事は事実です。
よく陰謀論で触れられるのはアシケナジーという偽ユダヤ人だという事を(もし御存知ない方がいらっしゃったら)まず御理解下さい。これらは大昔のハザール汗国の人で白人種です。周囲の強国に挟まれ弱小国家だったハザールの王はそ宗教的な敵対状態を温存したままでは危ないと考え周囲の他宗教のいづれとも敵対しなかったユダヤ教に国ごと改宗しました。彼らはユダヤ人ではないのですがユダヤ教の信者だったため後世の事情を知らない人々によりユダヤ人と呼ばれるようになったのです。今日のイスラエルはアシケナジーが作った国であり、その立役者ロックフェラーも誰あろうアシケナジーです。一方、本当のユダヤ人はスファラディー・ユダヤと言い、アジア人種で今日ユダヤと言われる白人達とは全く違います。これも騙しです。アシケナジーは自分の信じる宗教すら改宗してしまうほど目的のためには手段を選ばない狡猾な者達で、19世紀にユダヤの秘密の経典として作られたタルムードには「ユダヤ以外は人ではないから死のうが殺そうがかまわないし罪にも問われない」といった事が延々と綴られています。非ユダヤ人を殺した人がイスラエル国内では決して重罪にならないのはその身勝手な思想ゆえです。今日、世界の金融・医療を中心に莫大な富を蓄積し裏世界を牛耳っているのはアシケナジーです。だから金融は全て彼らの仕組んだ罠によって動いています。
一方、本当のユダヤ人であるスファラディーはアジア人の末裔で、彼らは厳格に旧約聖書、特こモーゼの十戒を守り、決して人を殺めたりしません。但しスファラディーも長い歴史の中で過ちを犯した事はあり、それがイエスを十字架に掛けたあの事件での裏切りがあり、その断罪に子々孫々まで苦しみ続けています。そうは言ってもアシケナジーのような極悪人種とは大きく異なっています。そしてイスラエル国内でも米国内でも、世界中でスファラディーは大変貧しい生活を送っています。純粋なユダヤで貧しくないのは日本に帰化した人々(現人口の約4割と分かっています)のうち皇室とその周辺家系、古代の秦氏・藤原氏の末裔です。
余談ですが現在、イスラエルの入植地であるパレスチナの人口比率はユダヤ系:アラブ系が50:50に接近しており、且つ出生率はアラブ人の方がかなり高いためアラブが優勢になり選挙でユダヤ不利になる事をアシケナジー中心のユダヤ上層部は真剣に恐れ、世界に散ったユダヤを探し回り、住む家と仕事を保障するという甘言を弄してイスラエルへの帰化を勧誘しています。しかし帰化した人々に将来はなくスファラディーと同じ悲惨な運命が待っています。家はタダ同然で提供してくれますが場所はパレスチナとの紛争地帯です。自分達の安全を守る楯として利用するわけです。彼らは日本が隠れたユダヤ末裔の国である事を突き止めており、2月に特務機関が来日しDNA鑑定でユダヤの血が入ってる人を手当たり次第探し出しています。仕事がなく日本の生活に窮している人は要注意です。
さて、そんな自分勝手なアシケナジー・ユダヤの宿願はエルサレムに黄金の第三神殿を築く事で、NY連銀の地下倉庫にある金塊もそのために使われるわけです。このアシケナジーの望みを叶えてやるニンジンを前にブラ下げて上手に自分達の目的を達成しようと裏で糸を引いているのがイルミナティです。彼らのルーツは遠くノアの3人の息子の時代にさかのぼります。セムはアジア人となり、ハムは黒人、ヤペテは白人種になるのですが、ハムというのが信心深くなく度々父に叱られるドラ息子でしたがそのハムの息子のカナンはさらに悪く、ある事でノアの逆鱗に触れ勘当されてしまいます。逆鱗の理由の部分だけ聖書の記述が削除され謎なのですがとにかく村から追放され極貧生活の中で憎しみを募らせ、ノアの息がかかった他の2人の息子の子孫に復讐を誓います。極貧の中、カナンと子供達は人が嫌う汚い仕事を通して風俗関係と金貸で裏社会を支配、自分の子孫以外の民族を滅ぼす事を命じ、且つ「絶対にバレないようにしろ」、「ウソと陰謀で騙しぬけ」と遺言を残し血の掟として従わせます。
その末裔は欧州でローマ帝国を裏で乗っ取り白人と結婚して上流社会に食い込み、ベネチアの黒い貴族と呼ばれて政治を操ります。ローマが崩壊しても裏社会なので関係なくウイルスのように次の時代の覇者の国に移って風俗と金貸しで浸透して行ったのです。一方、人の良い正直者のセムとヤペテの末裔は聖人君主になる者が多く、中世に封建国家を作って騎士などが生まれる良き風土を生み出したものの、後にカナン一族の謀略で金を借りて首が回らず政治中枢への侵入を許してしまいます。重商主義という金にものを言わせる政治が蔓延した時には既に内部は事実上乗っ取られ、それも後に市民革命という名前ばかりの民主主義革命(陰謀)で蜂起した民衆により倒されて封建王政は完全に崩壊させられてしまいます。実は議会制民主主義と言うウソをダシにし、邪魔だった封建領主つまりヤペテの末裔を一掃するのが目的だったのです。勿論議会は手の者で占められているので好きな様に政治を操れ、且つ市民は民主主義をやってると思うので不満も起きないわけです。
さらにオーストリアやドイツ、オランダと次々に覇者が替わる間、着々と裏支配を進めるがカナンの掟を守り、表には絶対顔を出す事はありませんでした。そしてオランダ・スペイン・英国と、政略結婚を介し身内を送り込み欧州全体の裏の支配を完了、さらに英国のシティー(ロンドンの一角。金融の拠点。ここだけ治外法権。誰も手出しできない)を中心にアメリカ攻略に乗り出す。欧州で裏の覇者となったロスチャイルドから米国攻略の使用人として指名されたロックフェラー他の手下により
1948年イスラエルを建国させてユダヤを手なずけ、イスラエルに暴れさせて戦争を起こさせ、その混乱に乗じて米国社会だけでなく世界を牛耳る基礎固めを終えて今日に至ります。これがイルミナティです。彼らはユダヤの宿願実現を保障する代わりに彼らを隠れ蓑にして謀略を実行して来ましたが、
いづれユダヤも裏切り世界の覇者となる算段です。
いま、イルミナティは米国軍産複合体を中心に恐るべき軍事技術を手に入れ世界のどの国も手が出せない所まで登りつめてしまいました。その実態こそ、多くの方々が断片的に述べられているプラズマ技術なのです。プラズマは固体、液体、気体という物質の三態以外の態様で、気体がさらに細かくなった状態と言えます。しかも電荷を帯びており、宇宙の全物質の99%以上を占めています。空気は1%にも満たない極少物質だそうです。
このプラズマの研究により、とんでもない技術が2つ生まれました。一つは軍事技術、今一つはUFOの製造技術です。1940年代にフィラデルフィア実験という電磁波の研究が行われたのですが、この時の総指揮者が有名なニコラテスラです。3台の発電機を軍事用の船に乗せて沖である実験をしたのですが、電源オンと同時に発電機が暴れだし、予想外の事故が起きて乗船していた将兵が多数死にました。この時、プラズマの発生が認知され、とてつもないパワーが生み出せる可能性があると気づいた上層部は軍事的利用の道を追求する決定をします。テスラは責任を感じて継続を拒絶したため結局暗殺されてしまうのですが上層部がそうまでしてこの一件に固執した理由は、発電機を2台に減らして行った次の実験の時、実験船が突然消えてしまうという驚愕の事実を目撃したからです。船は何マイルも離れた別の軍港に現れ、何と1時間後に元の場所に現れたのです。
軍は情報管制を敷いて完全な秘密にし研究を続行しますが、プラズマの持つ恐るべき力を次々に解明してゆきました。プラズマ(ガス状のもの)が全ての物質を透過して裏側に抜ける事、プラズマに包まれた物体Aを、他の物体たとえば鋼鉄の板にマイクロ波等を当ててプラズマ化したものに衝突させるとAが板を透過し、互いに無傷で裏側に出る事、またプラズマはマイクロ波・電磁波等の強度を高めレーザー光線のように線形に発し、それを2つ乃至3つ作って交差させるとその部分に発生させる事ができること、さらに交点に何か物体があると、その物体をプラズマ化させる事ができる事の3点を発見します。
それから多くの年月が過ぎ、既に実用化が完了し、第一次イラク戦争で2万人の兵隊がプラズマを当てられ一瞬で消えてゆきました。ここで、消えたといっても何処か別の場所に行ったのではなく、プラズマが4千度以上の超高熱になるという特徴を利用して焼き尽くした結果です。人体は水ですから一瞬にしてジュッと消えて跡形も残らないそうです。
また、インドネシアの地震ではフィラデルフィア実験で軍艦が他の場所へワープした時の特徴を利用し、地下の一定範囲の岩盤をそっくりワープさせたそうです。今回のはまだ分かっていませんが、新潟中越地震もそれでやられたそうです。ソ連の崩壊を軟着陸させるためにイルミナティによって送込まれたゴルバチョフが軍部の反抗で困っていた時、東南アジアのある国にサイクロンが訪れた時を狙って米国からロシアに前情報を流し、この兵器を使って大量の民間人を一瞬で消滅させる瞬間を目撃させました。その直後にサイクロンに襲われ村は津波で壊滅したことになっていますが何百人もが行方不明のままです。これを目の当たりにした軍部はソ連再興を断念してイルミナティに屈したのです。
プラズマ技術は隠密裏に人間を殺傷できるので原水爆のように持っていても使えない兵器より遥かに脅威だからです。金生日が厚さ100mの鋼鉄の部屋に潜んでいてもプラズマ兵器で部屋の内部に爆薬を透過させ送込む事ができるのです。宇宙衛星やステーションの建設に躍起になるのはそれで地上の要人を暗殺したり、一定範囲の場所に正確に地震を起こさせたりできるようにするためです。そのような遠隔操作によるプラズマ攻撃の技術を高めるために、英国イルミナティの協力のもと、衛星の連携でプラズマ光線を中継して麦畑に微細なミステリー・サークルを作っているのです。これは言わば遠隔操作の精度を高めるための実験です。
最後に、この技術で今一つトンデモナイ発明を彼らはしています。そう、UFOが作れるんです。プラズマに包んだ物体は2つのプラズマ光線の交点の一を動かすと一緒に移動することがわかったのです。しかも移動は交点を右から左にスッと動かせば、どんなに重いものでも一瞬で移動します。地球から月への移動も一瞬です。後は飛行船の中にいる人間が無事でいられればいいのですが、当初4千度以上の温度では人間を飛ばすのはムリと思われてましたが、彼らは解法を発見してしまったのです。しかも汚い手で。
ハチソンという民間プラズマ研究家が偶然実験中に低温での移動ができる事を発見し世界で実験が公開されたのです。ハチソンは米軍関係者の訪問を受けて資料を巧みに提供させられ返してもらえませんでした。偶然ゆえ彼自身も原因が分からず未だに分からない状態です。しかし、実験データを全て手にした米軍は温度を高めずにプラズマの威力を利用できる方法、いわゆる黄金比率を発見してしまいます。これで人間を搭乗させた飛行船つまりUFOが完成しました。エリア51では本当にその実験が行われていたのですが、マニアに嗅ぎ付けられたため、宇宙人がUFOに乗って飛来したというデマを流し、米国自身がUFOを飛ばしている事実が分からないように情報撹乱しました。それを専門で行う組織としてNSAが作られたわけです。宇宙人が飛来したように凝った演出をして民間人の注意を引き、一方では宇宙人に似せてバイオ実験で作った失敗作の生物の死骸を晒して宇宙へ人々の目をそらしたのです。宇宙人といういかがわしい響きを持つと、人はとたんに話を信じなくなるからです。ひいてはUFO自体の話にも目を向けなくなるわけです。全ては騙しです。
現在、イルミナティは有人のUFOを既に飛ばしており、UFOの推進力を確保するためのパワーを得るためレアメタルが豊富に埋蔵されている月に関心をもっていますが、ある事情があって月での展開ができずにいます。ここにはさらに驚愕の事実があり、多くの皆さんにもその事実を知っていただきたいのですが、ここで話すのはリスクが高いため今日はやめておきます。


論・茶阿名卯

じゃりん子テツさん、返答ありがとうございます。私ももう1回、自分なりに調べ直してみます。

じゃりん子テツ

自分の情報というのは点を寄せ集めて立体化するのが基本となってるのです。何故ロックフェラーがユダヤ正確にはマラノ(隠れユダヤ)という風に思うようになったのは、まずリチャードコシミズさんの説、それから、友達の外国人から教えてもらった説、そして、外資系金融機関に勤めていた、叔父がユダヤ人と仕事してた時、仲間のユダヤ人が「ロックフェラーはユダヤ(マラノ)」と言ってたこと、そして、自分なりに調べてみて、ユダヤ人はビジネスするにおいてはユダヤ人しか信用しない、とかこういうのもロックフェラーユダヤという根拠になってるのです。でも今となってはユダヤとかそんなのはどうでもいいように思えてます。何故なら、ロックフェラーがやろうとしてる事は、どう考えてみてもキチガイとしか思えない事なので。こんな説明しか出来ずで茶阿名卵さんごめんなさい!また色々情報は知らせていきます。

tatsujin

16日の記事はURLが抜けていました。

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/655.html

論・茶阿名卯

じゃりん子テツさん、もう少し詳しくロックフェラーがユダヤであるということについて教えてくれませんか?
私も勉強不足だったと思うので、何かホームページか本などがありましたら教えてくれると助かります。
ただ、フルフォードさんの仰るようにロックフェラー家がユダヤ系の財閥と閨閥を作っていることは存じ上げて
おります、例えば、ロックフェラーとロスチャイルド家が、嘆きの壁を修復したモンテフィオーレ家、
ジョセフ家、モーゼス家、グラッツ家を挟んで遠縁であることとか。しかし、私にはまだロックフェラー家自身が
ユダヤ人であるという証拠を見ていないので、出来たら見てみたく思います。あと、私が今だに
ロックフェラー家自身がユダヤ人だと信じられない理由は、ロックフェラー家がユダヤ人だと言っている
人間が、ヒトラーはロスチャイルドの隠し子で、ウサマ・ビン・ラディンはユダヤ人だとか言っている
リチャード・コシミズ氏や、どうにも胡散臭い副島隆彦先生だからです。正直、彼等の言動は鵜呑みにせず、
自分でも調べて、納得して理解したいからです。是非、詳細のほどをお教え下さい。

じゃりん子テツ

新潟での地震、東南アジアで、デング熱の流行。すべて、ロックフェラーとかが、仕組んでることでしょ?今だにロックフェラーがユダヤ?と疑問を持ってる方が多いのにはびっくりです。叔父が外資系金融機関で仕事をしてた時、仕事仲間のユダヤ人達がはっきり「ロックフェラーはユダヤ人」と言ってると言ってました。

ベンジャミンフルフォード

ユダヤ人についての質問がたくさんありました。ロックフェラーの上層部の人達はヨーロッパ貴族とユダヤ人が結婚しあっています。一部のユダヤ人が利用されているだけなので、実際にこの事実を知らないユダヤ人はたくさんいます。

tatsujin

前のレッドスパン逮捕の記事で,6月20日ごろ話しているとの記述がありましたが,第13回CMSA年次総会(6月11~13日)で話したので,二社は15日,と22日とカモフラージュしていることが判明しました。本人は電話もアクセスできない状況らしいです。

ジョンケイcaesar

私が番組を見ている時、新潟柏崎地震緊急ニュースが入り、地震が起る寸前に「ドーン」と言う大きな音が聞こえたと、現地で歩行中に地震を体験したNHKのアナウンサーが言っており、またあるコンビニの店主も「大きな音がして揺れ始めた」と証言してました。柏崎の原子力発電所の変圧器の辺りたりから火が出ているのが映り、とても変な気がしてます。もしかして人工的な地震ではーー? とも感じました。これはあなたがした先日のラジオでのオファーに対する彼らの答えなのではーー?などと真剣に考えたりしてます。

911、地球温暖化やらUFOとか地震武器とか、すでに我々の想像を遥かに超えた次元が存在している様です。

結論として、あれだけの事を企んでいて、なを自分達は正しいと信じている獣達を黙らせるには、消してしまうしか無いと思いますーー。

tatsujin

下記記事はフルフォードさんが6月25日に書いたものをより詳しく書いたものです。その目的は生易しいものではないようです。

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/655.html

いけ

なんで宇宙人の話ばかりなんだ?
論点がずれるからこの話題は止めて欲しい。旅行の話してるのに仕事の話をされても困るだろ?知識不足とか言ってる何もしない評論家のいうこなんか気にする必要は全くなし。BENさんの使命感から来る行動力に脱帽です。

(・ω ・)

hello ben, this is the first and the last e-mail that i send to you.
あなたにいくつか質問がある。あなたはsarsが生物兵器というが、なぜ世界の生物学者や科学者に取材しないのか?
あなたは日本の多くの政治家が1週間したら殺せる毒で暗殺されているというが、なぜ医者や専門家にinterviewしないのか?
ジャーナリストは客観的な事実を取材して書くことが仕事である。

それと、アメリカのユダヤ人と在日朝鮮人には共通点が多い。
例えば、名前を変える、メディアを支配する、ハゲタカファンドやサラ金のような汚い金融、アメリカのカルトの福音派はisraelを支持し日本のカルトは朝鮮人が操っているなど。
ユダヤと在日は秘密の契約をしているのか?

あなたは日本の天皇が6世紀に朝鮮から来た侵略者だというがその根拠はなにか?
ヤクザは天皇の雇った兵隊の子孫だというがどういう意味なのか?

frankly speaking,今のあなたは本当にジャーナリストなのか疑問である。
青い目の落合信彦にならないでほしい。
          yours

ベンジャミンフルフォード

質問ありがとうございます。まずsarsについてはネットで公開していますし、色々な有名な学者からもsarsについて述べていますが、こういうタブーについてはあくまでも裏で企まれています。

毒については直接脅しを受けたという大臣経験者から聞いたのですが、こういう裏組織のつかう毒は一般の医者様方も知らないものであると聞きました。

もうひとつユダヤ人ではなくユダヤ人をカモフラージュとして使っている極秘カルト集団です。在日朝鮮人の宗教集団や右翼団体の一部は日本を支配するため、アメリカを支配している連中と連携しているともいいます。

最後は侵略者ではなく開拓者です。このことは日本の天皇家が言っていました。


論・茶阿名卯

リチャード・コシミズさんや、副島隆彦さんはロックフェラー家はユダヤ人であると
仰っていますが、ロスチャイルド家とは違い、ロックフェラー家がユダヤ人であるという
根拠が不確かですが、ロックフェラー家は本当にユダヤ人なのでしょうか?
私は何でもかんでもユダヤ人の仕業にすることは、差別や迫害を生むので、
絶対に良くない傾向だと思うのですが、いかが思われますか?

ユダヤ人だと、はっきりと分かっていて、尚かつ、現在でも絶大な権力と影響力を
持っていて、秘密結社と関わっていそうな(?)、ユダヤ財閥は以下の通りです。

ロスチャイルド家(全ユダヤ財閥の総元締である世界皇帝、地球最高権力者)
ウォーバーグ家(アメリカの有力エスタブリッシュメントの一画、金融王)
ダッソー家(フランスの兵器王、世界で最も悪名高い死の商人)
オッペンハイマー家(南アフリカ経済の覇者、ダイヤモンド王)
ブロンフマン家(カナダの造酒王、メディアを支配する大資本家)
エルカーン家(イタリアで唯一の財閥であるアニェリ一族の利権後継者)

本当はもっと多く、ユダヤ系の有力財閥は存在しますけれど、他のユダヤ財閥は
上に挙げたユダヤ系の財閥ほど影響力が無い財閥や、シフ家、グッゲンハイム家、
ストラウス家のように、ロスチャイルド家等の親戚である財閥や、阿片王サッスーン財閥
のように、今現在は国際政治経済の表舞台に出ていないユダヤ財閥は省いておきます。

オーストラリア出身のメディア王で、“キリスト教徒”のルパート・マードックを、
母親がユダヤ人で、ルパート自身が熱狂的イスラエル支持のネオコンである
ということを理由に、マードック家を無理矢理に上のユダヤ財閥一覧に加えれば、
数も綺麗に7つになって、“ユダヤ7大財閥”と言えるかもしれませんが、
母親がユダヤ人であるルパートのマードック家はともかくとしても、世界最大の石油王で、
アメリカ最高権力者であるロックフェラー家には、ユダヤ人であるという証拠が無く、
すごく曖昧です。私は何でもかんでもユダヤ人のせいにするのは、差別と迫害を
作り出す危険な行為だと思います。ロックフェラー家は本当にユダヤ人なのですか?

喜八

前出のtanaka様と同じ福岡県北九州市在住の者です。私も公僕のため、tanaka様の述べられている役人の現状にとても恥ずかしく情けなく思います。
以前フルフォードさんにメールをお送りして報告したことがあるのですが、北九州市とその周辺地域は今年の春から毎日のように大量にケムトレイルを散布されています。
 ケムトレイルに関して、自身のHPで紹介されている方からも九州北部はケムトレイル散布が、今とても増えているとの情報をいただきました。また気象操作もなされているようで、北九州市上空は自然界では決して発生しえないような形状の雲が空を覆っています。これをスカラー雲というそうですが。
 台風前の風の強い日でも、スカラー雲はまったく風に流れないのですよ。人工的な力で雲を固定しているとしか考えられません。もう長い間北九州市には快晴の日がありません。
 また本市の八幡西区北部では、毎晩住宅地の上空を超低空でエンジン音のしない航空機が何機もグルグル周回しています。目的やどの組織のものかは不明ですが。
 tanaka様が情報を入手された米国指定の「モデル区」とは、何のモデルなのかはわかりませんが大体の察しはつきます。 やはり我々の街は洗脳や殲滅のターゲットになっていたのですね。以前から何か集中的に狙われている感じがしていたのです。
 ロックフェラーをはじめ欧米の結社が一日もはやく盛会征服を諦めることを毎日毎日願っています。
 これを見た同じ地域にお住まいの皆さんも情報提供をお願いします。
 tanaka様、勇気あるコメント有難うございます。

喜八

前出のtanaka様と同じ福岡県北九州市在住の者です。私も公僕のため、tanaka様の述べられている役人の現状にとても恥ずかしく情けなく思います。
以前フルフォードさんにメールをお送りして報告したことがあるのですが、北九州市とその周辺地域は今年の春から毎日のように大量にケムトレイルを散布されています。
 ケムトレイルに関して、自身のHPで紹介されている方からも九州北部はケムトレイル散布が、今とても増えているとの情報をいただきました。また気象操作もなされているようで、北九州市上空は自然界では決して発生しえないような形状の雲が空を覆っています。これをスカラー雲というそうですが。
 台風前の風の強い日でも、スカラー雲はまったく風に流れないのですよ。人工的な力で雲を固定しているとしか考えられません。もう長い間北九州市には快晴の日がありません。
 また本市の八幡西区北部では、毎晩住宅地の上空を超低空でエンジン音のしない航空機が何機もグルグル周回しています。目的やどの組織のものかは不明ですが。
 tanaka様が情報を入手された米国指定の「モデル区」とは、何のモデルなのかはわかりませんが大体の察しはつきます。 やはり我々の街は洗脳や殲滅のターゲットになっていたのですね。以前から何か集中的に狙われている感じがしていたのです。
 ロックフェラーをはじめ欧米の結社が一日もはやく盛会征服を諦めることを毎日毎日願っています。
 これを見た同じ地域にお住まいの皆さんも情報提供をお願いします。
 tanakaさん勇気あるコメント有難うございます。

タク

アメリカの政策はどう考えてもむるが生じていると思います。恐らくロックフェラー覇権も長く続かないでしょう。ちょっとやり方が古く、そろそろ世界中の人が矛盾を感じ出すでしょう。プロパガンダですがロスチャイルドの「地球温暖化」の方がまだ騙しやすいでしょう。UFOネタは私も見たことがないので本質から逃げているとしか思えません。ロックフェラーの最後の秘密兵器かもしれませんが・・・・。

鬼道六法

ベイジャミンさん。いつもすごいと思っています。よくぞここまで....本当に勇気ある行動に感動しています。

検察がアメリカの別働隊と書かれてましたが、去年のライブドア捜査&逮捕もアメリカの差し金ってことなんですかね。 さらに最近、いろいろな企業の不祥事が次々にでてきますが、これも関係あるのでしょうか。

これらのことをご存知でしたらば、教えてもらえるとありがたいです。
どうかお願いします。

それから身辺にはくれぐれもお気をつけて下さい。食べ物、飲み物にも。

まっするマン

一行目です。
>英米の秘密結社の世界征服計画には無理がでてきている。

最後の行です。
>いずれにしても、米国の秘密結社の連中は世界征服案を諦めた方が得策である。

2つあわせて考えると英国の秘密結社とやらは世界征服可能ってことですか?

tatsujin

ボルシェビキ革命の究極の目的は?米国は第三次世界大戦を自国を滅ぼすために計画している。

http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/654.html

Tanaka

私は、福岡県の北九州市で育ち、就職いたしました。小泉改革以後、市の職員上層部は中央から派遣されているらしく、国から「特別区」として指定を受け、独自の条例がまかりとおっており、TVでもとりあげられましたが、生活保護が受けられない世帯がおそらく日本1・2で、国民健康保険も非常に高額、自殺者数も全国で群を抜いています。
高層ビルは立ち並んでいるものの昔賑やかだった商店街は存在しているものの8割はシャッター。
ビルの多くも、空洞状態がほとんどです。警察官も昔日の憲兵なみで、よい例ではありませんが、喫煙場所より外れたところで煙草を吸っている人に警官が膝元(不思議とみな同じ)に回し蹴りして恫喝する場面を何度も見ました。役所の職員の対応も10年前にはかんがえられないほど、横柄なものであり、ホームレスは強制連行のようにして、どこかへつれていかれます。どうしてこんな街になってしまったのか?
どうも、米国指定による「モデル区」であるらしく、細菌テロが計画(進行中?)との話もあります(知り合いの県職員からの情報)。活字より実態が不気味な空気をかんじさせます。
まだまだ今後何が起こるのか、トリックの種は無数にあるようにも思えます。
(有志の実態見聞を望む。)
※ コメントを寄せられている皆様のような立派なことはかけませんが、ユダヤの「議定書」にもありますように、こうしたものに拳を振り上げては、同じ土俵で物言っているにすぎないと思います(向こうの策略にはまるのでは・・・?)。
わたしたちが、信じてきた「自由」(ルソー、ニーチェの再認識)と「平等」が本当に実態のあるものなのか、もう一度歴史を再検証する必要があると思っています。わたしたちの心の中に巣を作っているユダヤを追い出し、足ることを知った、秩序ある思考と行動に答えがあるような気がしております。黒幕に関しては、彼等の信仰に裁きではなく、赦しをどこまで受け入れられるかが、彼等が彼等自身を救う道だと思います(悪事が裁かれなかったから我らは神より選ばれた者たちであるのか、彼等が赦された続けてきた者たちでいつ清算をさせられるかは保証のかぎりではないのか)。

未確認飛行ブリーフ(黄色いシミ付き)

UFO話は非常にバカバカしいので、UFO話を論ずるイカレタ人達は
さっさと退場して、ピンクレディの物マネでもしてろや!UFO!!
UFO話はどう考えても、兵器開発か何かのカモフラージュでしょ。
UFO話をしつこく持ち出し論じる

U うさんくさい人
F 不必要な人
O おバカさんな人

さようなら~!!

もっと中身のある話を論じましょう。

ヨシュア

ベンジャミンさん、こんにちわ、いつも勇気をあなたからもらっています。円盤の件ですが、あるなしにかかわらず、自分の仲間以外その話はしないほうがいいと思います。それと霊的な話も注意深く話された方がいいです。みんな価値観が違いますし、経験しないと解らない事もたくさんありますから、かえって混乱を起こしかねませんから。

a man of 20th dimension

Benさん、あなたの高潔な志に感謝します。ただ、あなたには極度に勉強が不足しています。UFOは宇宙から来るのでもなく、イルミナティのダマシでもなく本当に実在するのだという事実を早く認識して下さい。昔、米国映画で「インベーダー」というTVドラマがあったのを御存知でしょうか?ロイ・シネス扮するビンセントが偶然円盤の着陸を目撃してから警察や人々に伝えようとするが皆信じてくれず一人で戦うという話です。私はいまビンセントと同じ心境で、その話をなかなか信じようとしない街の人があなたです。どうしてあなたの頭はそんなに堅いのかとイライラしながら見守っている次第です。現代科学のPOORな実証方法で検証できないものは何でも否定する・自分の目で見たもの以外は信じない、ではいけませんね。人の善意を信じる事は重要ですが、我々を罠にかけようとする者達にとっては何とありがたいお人よしであることか。

The comments to this entry are closed.