« Benjamin Fulford Speech's Video | Main | 地球温暖化と環境破壊について »

06/15/2007

Comments

記者魂

お世辞を言う訳ではないですが、カナダには、フルフォードさんのような優秀なジャーナリストが多いですね。
例えば、自らの生命の危険を顧みずに、ナイキのサッカーボール・スキャンダルを暴き、大企業の途上国
での不正搾取を追求した、有名な女性ジャーナリストのナオミ・クライン(Naomi Klein)もカナダ人です。
ヤクザに怯えて、真実をいっさい伝えない日本のジャーナリストや、CIAを恐れて、事実をねじ曲げて
報道するアメリカのジャーナリストは、カナダのジャーナリズム(記者魂)を見習うべきですね。
個人的には“貧困問題”を題材にして、フルフォードさんにクラインと対談してほしいです。

see21

地球温暖化に関して、CO2原因説はウソとするサイトがあります。もしかしたら、ご存じかもしれませんが、この主張に対して、どう思われますか?
http://blogs.dion.ne.jp/spiraldragon/archives/5701611.html#comments

バラード

 地球温暖化を食い止める方法として、カナダ(フルフォードさんの生まれ育った祖国)と
日本(フルフォードさんの現在の祖国)との連携が重要となるでしょう。なぜなら、地球温暖化を
食い止める技術(特に水素エナジー技術)が最も進んでいる国は、日本とカナダの2ヵ国だからです。
カナダのバラード・パワー・システムズ(Ballard Power Systems〈http://www.ballard.com/〉)

がトップ・ランナーとして、水素エナジー技術で世界を牽引し、日本の大企業が必死で
バラード・パワー・システムズの後を追い、日本とカナダの間で熾烈な技術競争が起こっています。
フルフォードさんは、せっかく、元カナダ人の日本人なのだから、このサイトのブログに
バラード・パワー・システムズの高い水素エナジー技術を紹介(お国自慢)したら
良いのではないでしょうか。このサイトのブログには、秘密結社、CIA、MI6、ヤクザ、右翼、カルト、マフィア、
生物兵器、陰謀、戦争、麻薬、環境破壊、貧困、インサイダー事件、暗殺事件、等の怖い内容の話が
多すぎるので、明るい話題として、是非とも、フルフォードさんの生まれ育った祖国カナダの
お国自慢(バラード社の高い水素エナジー技術の紹介)をして下さい。
地球温暖化対策として、カナダ企業の技術の存在はすごく大きいと思います。多くの日本人に、カナダの
水素エナジー技術のパイオニア企業である、バラード・パワー・システムズの存在を知ってもらうことは
重要なことでしょう。

The comments to this entry are closed.