« 言論弾圧恐喝機関であるWiesenthal Center | Main | イラク戦争後のアメリカの動き »

05/31/2007

Comments

funny kitten

いわゆる3Kを代表とする労働力不足の観点、及び貴公の言われる年金支給額補填の観点からも外国労働者の受け入れは重要な要素であると思います。ただ今ある危機を回避するには、公共事業における官公庁マネーロンダンリングに着手しなければ、未来永劫、この国の再生の道は閉ざされると思います。つまりrent seekerのために歪曲した所得再分配システムがすでに限界の時期ににきているとどれだけの日本人が自覚できるかが問題なのです。

Japanese EH?

貴殿は移民の国から来た方だから考え方が違うのかも知れないが、日本は移民を受けるべきでは無い。これは断じて言える。スウェーデンも移民を今は積極的に取る事は止めています。カナダを見れば良くわかる、数年前に比べても、アジア人の交通マナーの悪化や一般社会でのマナーも悪化しているように感じる。今が苦しいからと言って直ぐに解決できる移民を取ると言う選択肢は浅はか以外の何者でもないと私は思う、こういう事は百年先をみて行わなければいけない。

tako

個人的に移民は反対だったんですが、今の日本を見ると移民受け入れも仕方ないって思ってしまいます。
ただ、労働者不足だから、年金制度を守るためという理由で受け入れると将来に禍根を残しそうで怖いとこです。そんな理屈だと「移民は金蔓」と言ってるのと同じに感じてしまいます。
移民の方が努力すれば成り上がれる社会なら問題ないですが、小泉改革で格差が広がった今を考えると無理でしょう。
労働力・税金源として彼らを見てる今の状態で移民を受け入れると新たな奴隷問題として日本が国際社会から叩かれるようになるかもしれません。

トム・ヤン・クン

 たしかに、奇兵隊さんの仰るように、移民の大規模受け入れには、問題が多く出ると思います。
特に、韓国・朝鮮系には、絶対に来ては貰いたくないです。それは『ヤクザ問題』や『天皇制議論』、
『歴史認識』等、日本国内に存在する、あらゆる諸問題を、今よりも複雑にする可能性が高いからです。
それに、奇兵隊さんが仰るように、移民の大規模な受け入れは、『労働者の労働条件の悪化』や
『日本人(大和・琉球・アイヌ民族)の失業率の上昇』を招く恐れが有ります。私は移民の大規模受け入れ
には反対です。しかし、エネルギー戦略として、ロシア語の堪能な、旧ソヴィエトに含まれていた国々からの
“小規模”な移民の受け入れは必要だと考えます。フルフォードさんは移民の受け入れは、日本人と同じ
黄色人種の移民の方が好ましいと考えているようですが、必ずしもそれが良い方法とは限りません。
白人にも、アングロ・サクソン、ラテン、スラヴ、と種類がありますが、ロシア語と流暢な日本語の出来る
スラヴ系移民(ウクライナ人、ベラルーシ人)の受け入れを、『ロシアとの外交関係』や『エネルギー戦略』等を
考慮に入れて、“小規模”に受け入れてみるのも、おもしろいかもしれません。あくまでも、“小規模”な移民の
受け入れですが・・・。アジア系でも、日本の皇室と仲の良い王室が存在するタイ王国からの移民ならば、
韓国・朝鮮系や中華系、インド系(ゾロアスター教徒)と違って、『ヤクザ問題』や『天皇制議論』、
『歴史認識』等、諸問題を複雑にしないでしょうから、タイ人移民も良いですね。タイ王国は日本同様に、
第2次世界大戦で白人の欧米諸国の植民地にならなかった国ですし、日本の皇室とタイ王室は仲良いので、
移民の受け入れをしても『天皇制議論』、『歴史認識』の問題は複雑にはならないでしょう。移民を推進する
なら、タイ人移民の受け入れが良いと思います。しかし、奇兵隊が言うように、移民の受け入れは社会を
不安定にする要素でもあるので、しっかりと議論をするべきだと考えます。

奇兵隊

>そうした場合結局は移民を受け入れることが一番の解決策であろう。

あまりアホなこと言わないでもらいたい。
移民政策を採ったフランスなどでは、結局大失敗に終わって社会の不安定化の要因になっている。

まもなく終わるであろう資本主義的思考で、大量に移民を受け入れれば、日本は日本でなくなる。

いま、移民云々言っているのは、労働者の賃金をさらにカットしたい産業界だけだろう。

大量の移民受け入れには、絶対反対する。

The comments to this entry are closed.