« ベンジャミンフルフォード日本国籍とれました続編 | Main | 日本銀行の株は誰が持っているのか »

04/30/2007

Comments

前田 進

タイター情報も、ジュリアーニ預言も実現しない:

必見:
http://gold.ap.teacup.com/tatsmaki/41.html


団塊君

911のおかげで米軍の統率が乱れ士気が極端に低下しているように感じますが一体
誰と誰の内戦なのでしょう?
案1 Jey & David Rockfeller
案2 ネオコンとロスチャイルド
案3 米国愛国派と金融資本
案4 イスラエルとアメリカ人
案5 単なるボケと突っ込みの擬態(オイルマネー、中国や華僑を表に誘い出すため?)
謀略を読むのは難しい。案5かも。

スカイ

ジョン・タイターが似た事を述べています。

実現した予言
イラクが核兵器を隠しているという理由で第2次湾岸戦争が起きる。
アメリカ国内にも狂牛病が発生する。
中国人が宇宙に進出する。
新しいローマ法王が誕生する。
まだ実現していない主な予言
世界オリンピックは2004年度の大会が最後になり、2040年度にようやく復活する。(注:冬季オリンピックは含まないというのが大筋の見方)
アメリカの内戦は2008年に全面化する。
その直後、アメリカ初の女性大統領が誕生する。
中東の国同士で大量破壊兵器が使用される。
アメリカやヨーロッパ諸国の不安定化に乗じて、中国は覇権主義を強め、 台湾、日本、韓国を強引に併合する。
2011年、新世界政府が誕生する。
2015年、全面核戦争が勃発し、30億人近くが死に、世界の人口は半減する。
2020年、アメリカに新憲法が制定される。
〜事の経緯〜
ジョン・タイターとは、2036年から「軍事作戦」の目的で2001年アメリカに訪れたとする、未来から来た「タイム・トラベラー」。本人は某BBSにて01年に数々の「予言」を投稿。その内容が衝撃的だったため、後に注目を集めることとなる。

ネットで計画暴露

The comments to this entry are closed.