« GoogleはCIAかNSAの手先か? | Main | 朝日新聞に失望 »

03/31/2007

Comments

夏羽

ベンジャミンさん、初めまして。

ベンジャミンさんが陰謀好きっていうよりも、私たちが陰謀、またはゲームに対して無頓着だと言えるかもしれない。また、陰謀という言葉を、政策、あるいは農法と書き換えてもいいのではないだろうか。
人間が鶏や鴨の羽を切ったり、折の中に閉じもめたり、牛や馬を策の中、または動けないような狭い場所に閉じ込めたり、とにかく動物が逃げないように、こちらの思い通り、従順にコントロールされるように、様々な方法をとるのとなんら変わりはないと思う。だから陰謀はあちらこちらにあって当然。
また家畜に対してひどい扱いをしている人間だけど、みんな無邪気と言うか、一人ひとりはそれほど悪い人たちじゃない。だから人間を家畜として扱っている方たちだって憎むには値しない、要はどちらが賢いか、どちらが騙されないか、相手のゲームの流れに飲まれないで、自らのゲームを演じることができるか、という問題ではないかと思っています。

騎兵隊さんのブログ拝見させていただきました。とても興味深い。
この場をおかりしてひとつお聞きしたいことがあるのですが。
「にんにくはとても毒性の強いsulfonhydoroxyl が含まれており、脳の多くの細胞を破壊する、特に左脳と右脳が同時性を失う。パオロットは反応時間が遅れるため、飛行の前ににんにくを食べることを許されていない。にんにくに触るな!にんにくは健康食品ではない。」
という記事を読んだのですが、実際のところはどうなのでしょう?
確かに日本ではにんにくを食べる習慣はなかったし、ヨガでは、にんにくだけでなく玉ねぎも食べることを禁じられている。その反面一般社会ではにんにくは健康食品、人によっては薬だといってもてはやされている。
騎兵隊さんのご意見を是非お聞かせ願えませんでしょうか。

pk

少なくない日本人が、このことを 知っています。日本政府は、隠してはいませんが、広報は控えめであることは確かだと思います。

azu

カナダの厚生省が、『週に1度以上食べることは望ましくない』と国民に忠告した事について、日本のマスコミは報道した?
マグロを大量に食す日本人に無関係なニュースとは思えないけど?
陰謀説云々ではなく、私たち国民の健康や知る権利より、「経済の悪影響」を恐れて(なのか、圧力なのか)報道しないマスメディアが問題なんじゃないの?
体に悪かろうと、食べたい人は食べればいい。でも、知らせるべきがマスメディアの役割なんじゃないの?


ぶる

ベンジャミンさんは、著作で、ロックフェラーが健康なのは不自然だ見たいな話をしてましたけど、その根拠となる話がこのサイトにチラッと出てましたよ。
まあ、本当か嘘かは解りませんがね。

http://blog.myspace.com/index.cfm?fuseaction=blog.view&friendID=1000457822&blogID=238632132&Mytoken=2199BB27-2015-41F4-B803AA5566BEE48A36266908
 おかしな話だが、老齢のジョン・D・ロックフェラーは、アメリカにおいては、自然に基づいた医療を積極的に破壊し続け、ヨーロッパでは、ヒトラーを擁立して、ヨーロッパ中に自らのIGファルベンカルテルの契約を強要してきた。しかし、ロックフェラー自身は、自然療法と同種療法の医者を抱えており、その医者の助けによって、ロックフェラーは90代の後半まで生命を保っている

奇兵隊

人体の重金属汚染はマグロなどの大型魚だけの問題ではなく、原因は広範囲に拡散しているようです。
大型魚の過食を避けるのも重要でしょうが、取り込んだ重金属類の排出を積極的に行うべきと考えます。

以下、参考までに貼り付けておきます。

臨床栄養士のひとり言
http://nutmed.exblog.jp/

体内に蓄積した重金属の影響-水銀
体内に蓄積した重金属の影響-水銀その2
体内に蓄積した重金属の影響-水銀その3
http://nutmed.exblog.jp/m2007-01-01/

環境の水銀がジワジワと・・・
http://nutmed.exblog.jp/m2007-03-01/#4987172

joe

厚生労働省は2003年と2005年に「妊婦と妊娠の可能性がある女性」を対象として、摂食注意を呼びかけました。メチル水銀は、胎児の脳に影響し神経を冒す可能性が疑われるからで、成長するとその影響はないとされています。
http://www.maff.go.jp/fisheat/fish-3rd13.htm
2005年はマスコミが大きく取り上げ、キンメダイ、カジキ、サメなどが販売店に販売自粛され価格暴落するという事態に発展しました。マスコミの報道の仕方が悪く、成人にまで毒性があるかのように消費者と販売店に受け止められたのです。2007年からは、このような混乱を避けるために妊婦教室などで直接指導する方法がとられています。たしかに2005年時点はメバチ・ホンマグロ・インドマグロは含有水銀量が多いのに「摂食規制対象にはいっていませんでした。業界圧力もあったんでしょうね。

S

日本でも数年前に同じ事を政府が公表しています。
妊婦の方などは注意するように正式な通達が出ています。


ベンジャミンフルフォード

日本の厚生労働省は妊婦の方に限定して、魚の摂食制限を呼びかけていますね。
実際には魚に含まれる水銀の人体への危険性と、栄養素としての人体への必要性を混乱してしまっている国民がたくさんいると思います。

カナダでは国民全体に対して厳重な注意をしているので、国民全体で魚の栄養素が人体に必要であるのと同時に、身体に危険を及ぼす魚(水銀がたまりやすい大きな魚)がどういうものであるかを知らされています。

日本の政府がかつて危険であることを国民に知らせなかった例はたくさんあります。
例えば、煙草の注意書については他の国に比べるとかなり甘くなっています。またBSE問題の初期段階や農薬問題、当初の薬剤エイズをみても、業界と官僚の癒着している圧力がかかっている可能性は非常に高いです。

TAMAKI

 いつも興味深く拝見してます。
 カナダの厚生省が発表した、魚についての内容をもう少し詳しく教えてもらえませんか?
 カナダ政府が警告しているのは、日本に流通している魚と同じなのでしょうか?
 確かにマグロなどは同様かもしれませんが、たとえばイワシやサバ、サンマなども水銀に汚染されているのでしょうか?
 そもそもカナダ政府の情報のソースはどんなものなのでしょうか?

H.I.

水銀以外にも、まぐろなどの大型の魚には、海洋中に薄く溶け込んでいるPCBなどの内分泌かく乱物質(環境ホルモン)が、食物連鎖のために濃縮されていると考えられる。すし屋では、大トロだ中トロだといってマグロをありがたがる傾向があるけど、胎児の発育(特に脳と生殖器)のためにも、妊婦さんに対しては、注意を喚起すべきだと思う。

山

魚介類に水銀やダイオキシンなどが含まれていることは日本でも報道されていますよ。厚生労働省や農林水産省のホームページにも掲載されていますし、Wikipediaにも載っています。

zipang

日本では数年前からいわれてますが?

スカイ

カナダ人があまり賢くない理由はその捏造された科学情報によります。
もし水銀が多いなら水銀を減らすべきですし、水銀が含まれていても日本人の寿命は長いのは魚を食べて他の要素で寿命が延びるからです。

中国がイランを支援しているようですがこれは火にアブラを注いでいます。ディス・インフォメーションはイギリス系(カナダや豪州など)から送られています。
http://www.teamrenzan.com/archives/writer/nagai/desertification.html
[AMERICAN ASSOCIATION OF PHYSICAL ANTHROPOLOGISTS MEETING: Humans' Head Start: New Views of Brain Evolution]

人間の脳の約60%は、ドコサヘキサエン酸(DHA)とアラキドン酸(AA)から成り立っているが、人間は、これらのもととなるオメガ-3とオメガ-6の不飽和脂肪酸を自分で合成することができない。オメガ-6は植物油などからも摂取することもできるが、オメガ-3を十分に摂取しようとするならば、魚介類や海草を食べないといけない

http://klingon.blog87.fc2.com/blog-entry-179.html
イランの後ろに中国あり
中国がイランに最新鋭対艦ミサイルを送ったという情報。

通りすがり

おいおい・・・別に禁止になってないだろw
随分前に水銀が含まれてるから妊婦さんとか刺身は控えたほうがいいって普通にテレビで見たし。
ほんと陰謀好きだなフルフォードは・・・・。

The comments to this entry are closed.