Main | サイト修正 »

11/05/2006

Comments

叔父ブッシュ

拝啓 ベンジャミン・フルフォード様

 私は『911真相究明国際会議』で、バッグにサイン
を書いて貰い、質問をメモに書いて渡した男です。
フルフォードさんのホームページのToday’s NEWS
に、小泉純一郎とヤクザについて書かれていたので、
もしかしたら、何か関連しているかもしれないので、
私が前に、質問としてフルフォードさんに送ったmailを
ブログに書かせてもらいます。何度も送るのはしつこい
と思うし、文もすごく長いので、載せないで削除しても
かまいません。それと、元アルバイト先で会った右翼に
顔と住所が知られているので、匿名で書きますが、
どうかご意見下さい。
私の思い込みと妄想かもしれませんが、もし、
私が今から載せる仮説が事実だったとしたら、
アメリカの愚かな戦争を支えている元凶である、
日米安全保障条約は100%壊せますし、
もし、この仮説を立証出来れば、日本を変える
ことが出来るし、アヘン栽培が目的で行った
アフガン戦争のような、アメリカのくだらない戦争に
費やしている日本のお金を食い止めることも
100%出来ます。
私はプロの記者ではないので、自分で
この仮説を立証する技術も勇気もありません。
出来たら、フルフォードさんに立証してもらい、
日米安全保障条約を見直すキッカケを
作ってくれたら、たいへんうれしく思います。
タイトルは『米軍基地は本当に必要なのか』です。

ご存じの通り、現ブッシュ大統領の父で、元アメリカ
大統領の父ブッシュは昔、悪名高き殺人集団のCIA
を率いた、CIA長官だった男です。そして、父ブッシュ
は過去、アメリカの悪しき伝説的ギャングスターである、
ラ・コーザ・ノストラ首領:チャールズ・ルチアーノや、
大物ユダヤ人ギャングスター:マイヤー・ランスキーや、
マイアミ・マフィアの大ボス:サントス・トラフィカンテと、
その息子のギャングスターで、CIAの下請けとなって、
キューバのカストロ暗殺計画や、東南アジアの麻薬
密輸に参加したマフィア:サントス・トラフィカンテJr.
といった、アメリカの暗黒街の帝王達と共に、東南
アジアのミャンマー、ラオス、タイ王国を結ぶ、悪名高き
麻薬のゴールデン・トライアングルに君臨した、邪悪
なる阿片王:クン・サーと手を組み、ベトナム戦争後の
阿片と、阿片から精製される麻薬、ヘロインを、CIAを
通して支配してきた男です。その他にも、父ブッシュ
は昔、南米コロンビアの巨大麻薬犯罪組織である、
メデジン・カルテル支配家族:オチョア家や、同じく
メデジン・カルテル首領:パブロ・エスコバル、そして、
そのライバルの巨大麻薬犯罪組織カリ・カルテルを
支配したオレフエラ兄弟や、中米パナマで、“麻薬王”
とまで言われた危険な独裁者:マニュエル・ノリエガや、
アメリカの大物麻薬業者:バリー・シール、アラブ出身
の悪名高き世界一の兵器商:アドナン・カショーギ、
イスラエルの国際兵器商:アドルフ・シュウィンマー、
殺人集団、諜報機関モサド幹部:マイク・ハラリ、
イランの大手武器商人:アルバート・ハキム、
韓国のカルト教団、統一協会教祖:文鮮明、
ホンジャラス大統領暗殺計画で有罪となった
ホセ・ブエソ・ロサ将軍等と共に、麻薬と武器の
ブーメラン貿易で、ニカラグアのゲリラ組織:コントラを
支援して、マイアミ等のアメリカの大都市に、中南米産
のコカインをばらまいてきた事実や、CIAの為に麻薬の
LSDを生産していた製薬会社イーライリリーの有力
な株主であったこと等、父ブッシュが全世界の麻薬
の販売ルートを完全に支配する“麻薬の総元締”で
あることはご存じの通りかと思われますが、確か、その
父ブッシュの兄弟で、現ブッシュ大統領の叔父に
当たるプレスコット・ブッシュJr.が、日本の指定
暴力団で、日本三大暴力団の一角でもある、巨大な
犯罪組織、稲川会の、アメリカ不動産業進出を裏で
支援(ウエスト通商事件)してきた男だったと思うの
ですが、もしかしたら、日本国内で流通している阿片、
ヘロイン、コカイン、LSD等の麻薬や、拳銃等の危険
な小火器類は、アメリカのCIAを通して、日本国内の
巨大犯罪組織の手の中に渡り、東京や、横浜等の
大都市に流通しているのではないでしょうか。これは
あくまでも私の仮説ですが、麻薬の流通はCIA等の
アメリカの邪悪な諜報機関を通して、日本国内に
有る“米軍基地”からヤクザの手に渡り、流れている
のではないでしょうか。フルフォードさんの方が詳しい
と思うのですが、過去、沖縄等の米軍基地内に駐留
しているアメリカ兵が、女子学生にレイプしても、米軍
基地内に、レイプをしたアメリカ兵が逃げ込んでしまった
ら、日本の警察は手も足も出ず、指をくわえて、ただ
見ているだけで、レイプ被害にあった女子学生は泣き
寝入りをするだけという事件は、表沙汰になっている
事件だけでも後を絶たず、相当に多い数になって
います。アメリカ兵は、その他、日本国内の民家を
遊びで放火しても、米軍基地に逃げ込めば、それで、
その事件は永久に追求されないし、まさに、その悪行
は目に余る物が有るかと思います。何をやっても、
米軍基地へ逃げてしまえば、日本の警察には
逮捕されない。麻薬や拳銃を密輸入するには、
これほど都合の良いルートは無いのではないで
しょうか。そしてもしも、拳銃や麻薬が、アメリカ政府
そのものと、自民党による連携プレーによって、密輸
されているのなら、私達は日米安全保障条約を
本気で考え直さなければならないと思います。
プレスコット・ブッシュJr.と稲川会の関係を考えると、
私は『横須賀米軍基地』が1番怪しいと考えています。
稲川会2代目会長の石井進が横須賀一家の総長で
あったことはご存じでしょう。石井進は同期の元ヤクザの
代議士の竹中清と共に、息子ブッシュ馬鹿大統領
の忠犬:小泉純一郎元首相を支援してきたのは
有名です。そして、その息子ブッシュ馬鹿大統領の
叔父プレスコット・ブッシュJr.が稲川会の不動産業
のアメリカ進出を支援した男で、父ブッシュがパナマの
麻薬王:ノリエガや、ミャンマーの阿片王:クン・サーを
支援した世界最大の麻薬ディーラーであるCIA長官。
まぁ、父ブッシュ自体が、CIAのために麻薬のLSDを
生産していた製薬会社イーライリリーの有力な株主
だったのだから、ブッシュ家は完全な麻薬王でしょう。
そして、日本の警察は米軍基地には何もできない。
ここで、私が考えた仮説、麻薬および拳銃の密輸の
5大条件を挙げておきます。たぶん、フルフォードさん
も納得する条件だと思います。

①世界最大の麻薬ディーラーであるCIAが、日本へ
  自由自在に出入り出来る玄関口であり、内部
  のアメリカ兵が日本国内で凶悪犯罪を犯しても、
  一度、逃げ込んでしまえば、日本の警察はまったく
  手も足も出せない伏魔殿、“米軍基地”が有る。
②警察でも簡単には手を出せない、凶悪で巨大な
  大型犯罪組織が有る。(おそらく彼等が、CIAから
  受け取った麻薬と拳銃を日本国内にばらまく。)
③その大型犯罪組織とCIAの両方に癒着が有り、
  なおかつ、警察や司法に圧力をかけることが
  出来るくらいの、超大物政治家が存在している。
④その地区を管轄している警察が、組織ぐるみで、
  その大型犯罪組織との癒着が有る。
⑤麻薬や拳銃を消費する、あるいは、したいと思って
  いる不当な人間が多く集まるような、俗悪でいて、
  大きい都市が近くに存在する。

さて、この5つの条件をすべて満たしている所は何所
でしょうか?『横須賀』、としか言えないでしょう。
まず、①の条件はすでに説明した通り。息子ブッシュ
の叔父プレスコット・ブッシュJr.が巨大犯罪組織、
稲川会の不動産業のアメリカ進出を支援した男で、
父ブッシュはルチアーノ、ランスキー、トラフィカンテ
達、アメリカの歴代最強マフィアと共に、東南アジアの
麻薬ゴールデン・トライアングルに君臨したミャンマー
の阿片王:クン・サーと、阿片・ヘロイン貿易に熱中
したり、中南米の麻薬王達、ノリエガ、エスコバル、
オチョア家、オレフエラ兄弟と共に、中南米のコカイン
をマイアミ等のアメリカの大都市にばらまき、その汚れた
金で、カショーギ、シュウィンマー、ハキム達、中東
の死の商人を儲けさせて、ニカラグアのゲリラ組織、
コントラを支援し、自らは麻薬製薬会社イーライリリー
の有力株主として君臨してきたような男です。まぁ、
ブッシュ家はナチスを支援して莫大な富を築き、
父ブッシュはその他にも、100万人の民衆を虐殺した
ポル・ポトや、鄧小平、全斗煥、ソモサ、モブツ、
デュバリエ、ピノチェト、マルコス、スハルト等の悪魔
のような独裁者を支援したり、アルカイダでお馴染みの
ビン・ラディン一族とはビジネス・パートナーだったわけ
だから、世界中の極悪人と通じていた“魔王”なわけ
です。そして、もう一つ。しつこいようですが、日本の
警察は米軍基地にはまったく手が出せません。
②に至っては、日本3大ヤクザの一角として、日本
の歴代内閣総理大臣(竹下、小泉)を操ってきた
裏社会の首領、稲川会2代目会長の石井進が
横須賀一家の総長として支配してきた、ゴロツキ共
の集まる港町。③については、そのゴッドファーザー、
石井進の親友で、同期で兄弟分だった、元ヤクザで
の横須賀出身の大物代議士:竹中清が、学生時代
にレイプ疑惑と留学詐称疑惑の有る前総理大臣、
小泉純一郎を育てた黒幕。ちなみに、親子祖父
3代に渡って政治家を務めた小泉家の初代代議士
の小泉又次郎は大臣まで務めた男だったが、背中に
刺青を入れていた男で“彫り物大臣”と呼ばれて、
この時代から小泉家とヤクザは関係があると言われて
おります。まぁ、小泉家に限らず、日本の政治家、
とりわけ自民党と民主党の大物議員はヤクザと
密着しているというのは、日本国内だけでなく、海外
でも有名とか。少し紹介すると以下の通りです。
竹下登首相(東京佐川急便事件・皇民党事件)、
金丸信(ノリエガスキャンダル・100億円不正貯蓄)、
小沢一郎(ノリエガスキャンダルの現民主党党首)、
野中広務(山口組の資金源の食肉会社ハンナン
の保護者)、亀井静香(山口組系の闇金帝王の
梶山進から献金を受け取っていた元警察官僚)、
鳩山一郎(鳩山由紀夫の爺さんで、大物右翼の
児玉誉士夫が支援した内閣総理大臣)、…
悲しいことに、例を挙げればきりが無いです。
元々、自民党自体が結党当初からヤクザや右翼を
利用してきた経緯があります。A級戦犯から、CIAに
協力することを条件に、処刑されるのを免れたと
言われている、第2次世界大戦後の日本の政財界
を影で操った黒幕にして、稲川会総裁:稲川聖城を
育てた大物右翼の児玉誉士夫が莫大なダイヤモンド
を寄贈し、結党資本として樹立したのが自由民主党
の前身ですし、現内閣総理大臣の安部晋三の祖父で
A級戦犯だった元総理大臣の岸信介は、アメリカとの
日米安全保障条約の締結のときに、反対する30万人
の一般市民を、同じA級戦犯だった大物右翼の児玉に
依頼して、およそ3万人の右翼・ヤクザを使って、暴力
によって弾圧した歴史が有ります。以上のように、
アメリカ・CIAが児玉のような右翼やヤクザを利用して、
自民党を操って日本国内の志ある一般市民を
弾圧して成立したのが、日米安全保障条約ですが、
この条約に至っては、ご存じのように、最初からおかしな
点が多かったと言われています。そのおかしな点の最も
たる疑惑が、この条約が締結された1951年から、その
20年後の1971年に、“沖縄返還”と“非核三原則”
との間に見え隠れする、日米の裏取引で露骨になって
現れます。1972年にアメリカから日本へ沖縄が返還
されたわけですが、その1年前の1971年に、当時の
内閣総理大臣:佐藤栄作(現内閣総理大臣の
安部晋三の大叔父)が沖縄において、返還後は
アメリカの核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず
という原則を示したわけですが、何故か、現在も
アメリカの核戦闘部隊ナイキ・ハーキュリー核部隊
が頻繁に出入りしている上、アメリカが日本への
「核の持込権」と「核の(日本)通過権」を行使する
ための条件である「緊急事態」の判断はアメリカに
委ねられています。ここで考えられる真実は、元々
“非核三原則”などは存在せず、日本におそらく有る
であろう、アメリカの核兵器を、日本国民と日本の
近隣諸国に示す為の、単なるカモフラージュでは
ないかというストーリーです。この説は国際政治経済
スペシャリストの増田俊男さんの主張です。
一応、増田俊男さんのホームページを添付します。
http://www.chokugen.com/
話しを元に戻します。自民党とヤクザの繋がりについて
ですが、自民党の内部に2003年まで存在していた、
“自由民主党同志会”が何よりの証拠でしょう。
元衆議院議員の木村篤太郎の呼び掛けで、
岸信介、佐藤栄作、池田隼人といった、
日本の保守本流(エスタブリッシュメント)達、貴族の
莫大な資本からなり、松葉会のような暴力団が複数、
幹部クラスの大物ヤクザを加盟させていた、悪名高い
政治団体の存在。自民党は、はっきり言って、
アメリカのテロ殺人組織の諜報機関CIAと、日本
国内のギャングスター達、ヤクザによって作られ、
育てられたようなものです。
④横須賀の警察と稲川会の癒着関係ですが、
これは素人の私は何とも言えませんが、日本の
警察全体について2つだけ言えること。それは、
1つ目は、今現在、日本の警察は腐敗堕落
しているということ。北海道県警、新潟県警、
神奈川県警、大阪府警、広島県警と、警察官
の起こす犯罪は後を絶ちません。その内容も、
強盗、殺人、暴行、レイプ、痴漢、のぞき、恐喝、
拳銃の密輸、麻薬の密輸、二重帳簿による横領
というように、道徳も正義も何もありません。
2つ目、日本の警察は昔から、児玉誉士夫等の
ヤクザと一体となった右翼団体(CIAの下請け)
と共に、“赤狩り”をしてきたという、歴史的な
背景が有ります。それに北海道警察は、実際に
チンピラを小遣いとして使って、極寒の地ロシアの
ウラジオストックから、マカレフ等の拳銃を組織ぐるみ
で密輸し、拳銃の検挙率を組織ぐるみで捏造して
いた事実が有ります。関係者2人を、おそらく自殺に
見せかけて殺した稲葉圭昭事件はあまりにも有名。
こういった拳銃等の密輸入の捏造は北海道警察
だけではないのではないでしょうか。
⑤に至っては横須賀は東京、横浜、町田、八王子
といった、大きな繁華街を持つ巨大都市が近くに
有るので、見ての通りです。
以上が、私が『横須賀米軍基地』から、アメリカ政府
の政策によって、アメリカから武器と麻薬が日本に密輸
されているのではないかという仮説です。
ノリエガ逮捕劇や、コロンビアで起こった、
麻薬王:パブロ・エスコバル狩り、あるいは、
アヘン栽培とヘロイン精製を禁止にした
タリバン潰しを見れば、世界の麻薬は、
アメリカ政府とCIAの許可が無ければ、
生産することも、流通させることも出来ない
ということが分かります。
麻薬の流通パターンは必ず次の2つに分かれます。
①CIAが麻薬で儲けるために、麻薬を生産する独裁者
 と麻薬を流通させるマフィアの間に入っているパターン。
②アメリカが軍事的脅威を演出するために、麻薬を
 生産する独裁者と麻薬を流通させるマフィアが直接
 取引しているのを、知っていながら知らないふりをして、
 独裁者の国に外貨が入るようにしているパターン。
この2つのパターンしか有りません。
私は日本へ入ってくる武器密輸について、いつも
不思議に思っていました。考えてみて下さい。
何故、アメリカの植民地である日本で、流通して
いると言われる拳銃が、アメリカの仮想敵国の
ロシア産の拳銃(マカレフ等)であったり、流通して
いると言われる麻薬が、アメリカが敵視している国、
北朝鮮産なのですか。宗主国アメリカの小火器
を扱う、コルトやレミントン、ウィンチェスターやCIA
と関係が深い全米ライフル協会等の武器産業が、
武器・拳銃の日本市場を、何もせずにただ、指を
くわえて見ているだけなのでしょうか。私には、全く
持って、警察やマスコミの報道は不思議に思えます。
私の持論(仮説)はここまでです。フルフォードさんは
とても忙しい方なので、無理は言いませんが、
ご意見を下さるとたいへんうれしく思います。

私は日本に米軍基地は絶対いらないと思います。


以下、ブッシュ大統領家と直接的、もしくは間接的
    に関わっていた、世界の極悪人達~

国際テロ組織アルカイダ首領:ウサマ・ビン・ラディン
とビン・ラディン一族、サウジ出身の世界最大の
兵器商:アドナン・カショーギ、麻薬銀行BCCIの
大株主:ハリド・ビン=マフーズ、コントラ事件に
おいて、イランへ大量の武器密輸を行った、死を運ぶ
悪魔:マヌケル・ゴルバニファー、パナマの麻薬王で
独裁者のマニュエル・ノリエガ、世界のコカイン市場の
8割を支配した、コロンビアのコカイン・マフィア、
メデジン・カルテル首領:パブロ・エスコバルと、
メデジン・カルテル支配家族:オチョア家、
アメリカの特殊部隊デルタ・フォースと組んで、
ライバルの麻薬カルテル、メデジン・カルテル首領の
パブロ・エスコバル追いやった、カリ・カルテル支配者の
オレフエラ兄弟、イラクを支配した、謎に満ちた悪魔の
人形、独裁者:サダム・フセイン、シオニズムで動く
極悪非道のイスラエルの虐殺者:アリエル・シャロン、
イスラエル最大の兵器商:アドルフ・シュウィンマー、
イスラエルの大手武器商人:ヤコブ・ニムロディ、
コントラ事件に関与したイスラエルのテロ殺人集団、
世界最凶の諜報機関モサド幹部:マイク・ハラリ、
ユダヤ人600万人、非ユダヤ人500万人の、
計1100万人にも登る、何の罪も無い一般市民を、
人種差別で虐殺したナチス党首:アドルフ・ヒトラー、
ナチス最大のパトロン:フリッツ・ティッセン男爵、
ナチス戦犯で“リヨンの虐殺者”の異名を取る
クラウス・バルビー、秘密警察SAVAKを使って、
民衆を弾圧したイランの独裁者:パフラヴィー国王、
イランの武器商人:アルバート・ハキム、世界中の
独裁者と犯罪者から、血に染まった金をかき集めて
栄葉を誇る、スイス金融界支配者:エッシャー家、
地球を地獄に変えるアメリカ兵器財閥:デュポン家、
世界の麻薬密輸流通ルートを支配した、アメリカの
ラ・コーザ・ノストラ支配者:チャールズ・ルチアーノ、
アメリカ・シカゴの暗黒街帝王:アルフォンス・カポネ、
モンロー暗殺のシカゴ・マフィア:サム・ジアンカーナ、
ケネディ暗殺実行犯:リー・ハーヴェイ・オズワルド、
アメリカ伝説のギャングスター:メイヤー・ランスキー、
マイアミ・マフィアの大物:サントス・トラフィカンテと
その息子のギャングスターで、CIAの下請けとなって、
キューバのカストロ暗殺計画や、東南アジアの麻薬
密輸に参加したマフィア:サントス・トラフィカンテJr.、
マイアミの麻薬商人:ジョージ・モラレス、アメリカの
大物麻薬業者:バリー・シール、マリファナ密売人、
マイケル・パーマー、イラン・コントラ事件の主役、
オリバー・ローレンス・ノース米国海兵隊中佐、
CIAの補佐官で、全米ライフル協会設立者の
孫のホレーショ・ロイド、アメリカの傀儡的政権
を作り出してインドネシアを長年、軍事支配した
独裁者:スハルト大統領、スハルト政権と癒着し、
アメリカ軍需産業の代理人として私腹を肥やしてきた
悪徳華僑財閥:スドノ・サリム、拷問を『お家芸』
として、民衆を苦しめ続けたフィリピンの独裁者、
フェルディナンド・マルコスと、貧困に苦しむ国民
を無視して、贅沢三昧な生活をした世紀の悪女、
大統領夫人:イメルダ・マルコス、日本3大ヤクザ
の一角として、日本の歴代内閣総理大臣を操って
きた裏社会の首領、稲川会総裁:稲川聖城と、
稲川会会長:石井進、第二次世界大戦後の日本
政財界最大の黒幕、超大物右翼:児玉誉士夫、
日本の政財界を腐敗させた悪の元凶:田中角栄、
100億円もの不正貯蓄した腐敗政治屋:金丸信、
イタリア国民を震撼させた悪と恐怖の秘密結社、
フリーメーソン・プロパガンダ・2頭目:リチオ・ジェッリ、
シシリー島のマフィア、ラ・コーザ・ノストラと癒着し、
政敵のアルド・モロ首相を暗殺した、イタリア政財界
最大の黒幕政治家:ジュリオ・アンドレオッティ首相、
イタリアを暴力で支配する恐怖のシシリーマフィア、
ラ・コーザ・ノストラ首領:サルバトーレ・リイナ、
チリに絶望的と言える程の貧富の差を作り出した
独裁者:アウグスト・ピノチェト、100万人の民衆を
虐殺したカンボジアのクメール・ルージュ:ポル・ポト、
ブッシュ父に「アフリカにおける、我々の最良の友」
とまで言われたコンゴの独裁者:モブツ・セセ・セコ、
2000人を虐殺した韓国の軍事独裁者:全斗煥、
ニカラグアのゲリラ組織“コントラ”に資金援助をした、
韓国のカルト教団、統一協会の教祖:文鮮明、
麻薬ゴールデントライアングルのビルマに君臨した
邪悪な阿片王:クン・サと阿片王:ロー・シンハン、
イラクに大量の武器・兵器を送り込み、ブッシュ家と
共に、中東を混乱と恐怖に導いたフランス死の商人、
兵器商:ダッソー一族と兵器商:ブレゲ一族、
ホンジャラスの麻薬ゴッドファーザー:アラン・ハイド、
コントラ事件にも関与し、ホンジャラス大統領暗殺
計画で有罪となった男:ホセ・ブエソ・ロサ将軍、
CIAと繋がっていたオーストラリアの麻薬取引銀行
設立者:フランシス・ナガンとマイケル・ハンド、
ペルーのアルベルト・フジモリ大統領の側近として
院政を行い、武器取引とスイスへの不正貯蓄に
現を抜かしてきた男:ブラディミロ・モンテシノス、
天安門事件において、人民解放軍を使って、人民
を無差別大量虐殺した中国の独裁者:鄧小平、
ニカラグアにアメリカの傀儡政権を樹立し、3代に渡って
独裁的な支配を続けたソモサ一族、ニカラグアの
麻薬業者:ノルウィン・メネセス・カンタレロ、略奪
や強姦、そして殺人に明け暮れたアフガニスタン・ゲリラ
のムジャヒディーン:アハマド・シャー・マスード将軍、
ハイチを支配した悪の独裁家族:デュバリエ一族、
ハイチの麻薬王:ジョセフ・ミッシェル・フランソワ、
スカル&ボーンズ、ナチス、CIA、モサド、MI6、
フリーメーソン、ネオコン、シオニスト、諜報機関、
独裁者、兵器商、テロリスト、ゲリラ組織、傭兵、
マフィア、ギャング、ヤクザ、右翼、殺し屋、戦犯、
秘密結社、カルト教団、殺人鬼、麻薬商人…
ブッシュ家って一体…。正しく大魔王。

巣鴨の囚人

フルフォードさんは、日本は政治家と
官僚と大企業とヤクザのスクウェア
によって支配されていると仰って
いますが、実際はスクウェアの上に、
アメリカのCIAが君臨してるから、
スクウェアという言い方よりも、
ピラミッドという言い方の方がより
正確なのでは。それと、今の日本の
イビル・アイアン・スクウェアは、
第2次世界大戦の日本のA級戦犯
が、アメリカのCIAによって、
ナチスのクラウス・バルビーのように
生かされて、命令されて作ったという
経緯が有ります。第2次世界大戦後
の日本の政財界を牛耳ってきた彼等、
巣鴨刑務所から出てきた戦犯の顔ぶれ
には、本当に驚くばかりです。
昭和の妖怪と言われた内閣総理大臣
の岸信介、日立グループ創設者である
大企業家の久原房之助、日産自動車
を作り上げた鮎川義介、指定暴力団
の稲川会総裁の稲川聖城を育て上げ、
日本の政界、財界、裏社会、すべて
を支配した超大物右翼の児玉誉士夫、
日本の財界と裏社会に君臨した政商
の笹川良一、読売新聞グループを
支配し、薬害エイズ犯の安部英を生み
出した、メディア王の正力松太郎…。
まるで、スカル&ボーンズの名簿を
見ているみたいに、すごい顔ぶれ。
戦後の日本は、岸信介、久原房之助、
鮎川義介、児玉誉士夫、笹川良一、
正力松太郎の巣鴨フレンズの6人組
が作りあげたようなもの。この6人
の巣鴨フレンズが、なぜ、巣鴨刑務所
から出ることが出来、彼等6人がどの
ようにしてアメリカのCIAによって
動かされ、日本が支配されてきたか
という歴史こそ、今、日本人が知ら
なければいけない『歴史認識』だと
思います。いつかアメリカのCIAと
巣鴨フレンズの黒い関係を“中心”
に、今まで、フルフォードさんが
語ってこられた、日本の腐敗した
イビル・アイアン・スクウェア
のことを再度、書いてもらえると、
私達、日本人はすごく助かると
思います。なぜなら、フルフォード
さんの方が詳しいでしょうけれども、
世界中のすべての犯罪組織の裏には
必ずCIAがいました。ざっと挙げ
ますと、ナチス、アルカイーダ、
ポルポト派、ラ・コーザ・ノストラ、
コントラ、聖戦士ムジャヒディーン、
フリーメーソン・プロパガンダ2、
カリ・カルテル、メデジン・カルテル
等々…。日本のヤクザの裏にもCIA
がいることは、何となく想像出来ます
けれども、具体的にこの関係を詳しく
書いた書物は有りません。私はここ
がものすごく重要で、ここがはっきり
と分かれば、日本も変わるのではない
かと思います。そこでも、やっぱり、
カギは、A級戦犯の生き残りに有ると
思います。いつか是非、詳しく書いて
下さい。

ジェイ

副島隆彦氏やリチャード・コシミズ氏
はロックフェラーがユダヤ人だと
主張していますが、それを証明出来る
資料は存在するのでしょうか?
私は何でもかんでもユダヤ人のせいに
する風潮は差別に繋がるし、良くない
と思います。日本人だって昔はアジア
の人々をたくさん殺して迷惑をかけた
のですから。ただ、ユダヤ人の商人が
南アフリカのアパルトヘイトの黒幕
だったことは明白な事実ですけれど。

ソフィー・リス=ジョーンズのファン

拝啓、フルフォードさんへ

私はソフィー・リス=ジョーンズ
のファンのニートの男です。
最近、ウィリアム王子の婚約が
騒がれていますけれど、女性に人気
のイケメンであるウィリアム王子の
母親、ダイアナ妃の死亡が、事故死
ということで片付けられていますが、
ダイアナ妃の死亡は本当に事故死
なのでしょうか?ダイアナ妃と共に
事故死した、ダイアナ妃の恋人である
ドディ・アルファイドが、エジプトの
富豪で、彼の叔父が世界1の死の商人
とまで言われる世界的闇世界の首領、
兵器商アドナン・カショーギでした。
カショーギは、イラン・コントラ事件
では、世界最大の麻薬王ブッシュ父と
共に主役を務め、フィリピンの独裁者
フェルディナント・マルコスの隠し
財産関与の問題では有罪を受け、
日本においては、暴力団の稲川会総裁
である稲川聖城に『心の親父』とまで
言われていた、日本の闇社会の創設者
である大物右翼の児玉誉士夫が軽々
しくも失脚したロッキード事件は、
黒幕として暗躍していた程の極悪人
です。カショーギの妻のもう一人の
結婚相手がウィンストン・チャーチル
の孫でモルバラ公爵の一族であり、
母親がアメリカ闇社会首領のブッシュ
一族を育てたアヴェレル・ハリマン
とも結婚したパメラ・ディグビー
です。一方、ダイアナ妃の父方の一族
のスペンサー伯爵家はモルバラ公爵家
の分家で、母方の一族にはインド総督
経験者(アヘン利権者)もいます。
ダイアナ妃の死亡は不審な点が多い
ことは、フルフォードさんの方が
詳しいと思いますが、この事件、
本当は、アドナン・カショーギ
がらみの、汚い事件か何かが大衆
に割れるのが嫌で起こった殺人事件
なのではないでしょうか?
イギリス王室やイギリス貴族にとって
も、アメリカの政治家にとっても、
パナマの麻薬王だったノリエガ以上
に、カショーギの名前は一般の人
には知られたくない名前のはずです。
カショーギはブッシュ一族の汚い秘密
を全部知ってるでしょうし、イギリス
の貴族社会の暗部も、イスラム諸国の
闇も、当然、日本の政治家や官僚達の
隠したい秘密も、全部知っているで
しょうから、もしも、カショーギが
全部吐いたら大変なことになります。
それにこれは、雅子皇太子妃が皇太子
と離婚して、3大ヤクザの御曹司と
交際するようなものですから、
イギリス王室がカショーギの甥の
ドディとダイアナ妃の交際を憎む程
嫌っていたことが想像出来ます。
イギリス政府は、イギリス国民と世界
に対して、いったい何を隠してるの
でしょうか?もし、この事件が事故死
でなく暗殺だとしたら、殺したのは、
やっぱりMI5かMI6でしょうか?
ダイアナ妃の怪死は本当に事故なの
でしょうか?ご意見下さい。

根村恵介

本日は「埼玉政治スクール」の忘年会お疲れ様でした。
もっとベンジャミンさんの本をアッピールしたかったのですが、新宿の紀伊国屋では軒並み売切れでした。
年始にガラスキの都内をドライブでもしましょう。靖国参拝もいいですかね?(笑)
私も何か貢献できることがあれば参画したいと考えています。
では、よいお年をお迎え下さい。

山田 幸江

今日公演は素晴らしかったですね。フルフォードさんのように志の高い方に日本国民も影響を受けるべきですね。応援しています。

OGAWA HIROFUMI

はじめまして。私は現在神奈川の大学に通う4年の学生です。
フルフォードさんの本を初めて読んだときに衝撃を受けました。
なぜなら日本で生活していながら、いかに自分の国のことに関して無知だったかということを知ったからです。
我々日本人として生まれてきた人間が、日本人らしさを失っているということもフルフォードさんに気づかされました。
たとえ危険な目に遭っても、日本の将来のために執筆を続ける姿に私は感動しました。
私は日本が好きです。しかし日本は史上最大の危機に陥っています。それを打開するにはフルフォードさんの力が必要です。
日本に生まれ育った自分が何も日本のためにできていないことに悲観することもあります。
フルフォードさんが執筆した本はほとんど読みました。
私はフルフォードさんの健康と明るい未来を切実に願っています。
これからも頑張ってください!私も何かしらの形で頑張ってみようと思います。

ロカシーノ

サイト直っていますね。自分も日本に良い影響力を持ちたいので、頑張りたいと思います。

The comments to this entry are closed.