« ベンジャミン・フルフォード有料メルマガ(Vol.186) | Main | ベンジャミン・フルフォード有料メルマガ(Vol.187) »

08/15/2012

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c647c53ef01676947f9c1970b

Listed below are links to weblogs that reference ベンジャミン・フルフォード新刊発売のお知らせ:

Comments

Jason Thunderbeing

Ahh....Now i see where you have been you have been with one of my tribes learning some of our ancient teachings huh?good to know you are well Ben

ムシ


ショー、 ビジネス無くして、


ウォー、 ビジネス無し。


いつ、幻覚から目覚めるのやら・・。

123

日航ジャンボ123便 米軍ブラックバードSR71それはとてもお人好しなツバメの物語 夏が過ぎたの知らずにいて凍えたツバメ
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/1029.html

(回答先: 日航ジャンボ123便 米軍ブラックバードSR-71頭部は北緯36度0分22.2秒東経138度39分27.7秒に存在する。 )

http://www.google.co.jp/search?q=%E4%BB%8A%E3%81%AF%E8%AA%B0%E3%82%82%E8%A6%9A%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%81%84%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E7%89%A9%E8%AA%9E&rlz=1C1RNPN_enJP389JP389&sugexp=chrome,mod=16&sourceid=chrome&ie=UTF-8


それはとてもお人好しなツバメの物語
夏が過ぎたの知らずにいて凍えたツバメがいた
遠い南の国 忘れたのかそれとも
空の道を一人外れ遊んでいたからか

それが聞いておくれ
笑わないでその訳を
さみしがりの男の子を慰めてたからさ

今は誰も 覚えてない小さな物語
冬のはじめ 朝の道に落ちてたツバメがいた

それが聞いておくれ
笑わないでその訳を
さみしがりの男の子と約束したからさ


何故か 悲しいのさ 今も
なぜだろう
何故か 悲しい色 そらは
なぜだろう 
uh-

123

日航ジャンボ123便 米軍ブラックバードSR-71頭部は北緯36度0分22.2秒東経138度39分27.7秒に存在する。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/1028.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 8 月 20 日 02:17:31: aijn0aOFbw4jc
(回答先: Re: 日航ジャンボ123便 統一教会とアメリカとの確執はJAL123便の際ソ連台湾自衛隊がSR-71等を撃墜したことに起因する 投稿者 愉快通快 日時 2012 年 8 月 08 日 11:01:10)

1985年8月12日の日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事(背景に中国共産党中国軍中国公安部)では、日米韓の自由勢力が大打撃を被った。

米軍ブラックバードSR-71頭部は、北緯36度0分22.2秒東経138度39分27.7秒に存在する。

...---...

Latest Fukushima Update by Yoichi Shimatsu – former editor of The Japan Times. 8 - 13 – 12 (Audio)

http://rense.gsradio.net:8080/rense/special/rense_Shimatsu_081312.mp3

ムシ


いじめの心理、メカニズムを義務教育化すればいい。


陰謀の代償・・。を払う必要はないと教えてあげればいい。


しかし、子供達は産まれた瞬間に悟っていますな・・。

123

中曽根大勲位は1985年8月12日の日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事(背景に中国軍中国共産党中国公安部)の後の訪米で、帰国時に「ボーイング767」で米国から帰国させられているが、この意味をお忘れか。 

123

なぜ、米軍SR-71までをもが自衛隊に落とされたのでしょうか。
当時、中曽根総理の背後で自衛隊官僚だった千葉俊一氏をはじめとする自衛隊連中が中国ソ連界隈と徒党を組み、
日米勢力に襲いかかったのがJAL123便ソ連自衛隊核攻撃惨事の顛末です。 

123

1985年8月12日の日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事(背景に中国共産党中国軍中国公安部)では、米軍が誇るSR71までをもが自衛隊に撃墜される惨事となりました。

現場の長野県南相木村には、SR-71の頭部を象徴するモニュメントが建立されています。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/1025.html

123

中国共産党は「マルキスト」
どちらかと言えば、イスラム勢力です。

例えば、日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃惨事では中国共産党ソ連自衛隊界隈が積極的に米国勢力を攻撃しました。

御座山南側斜面には、日本軍の玉砕攻撃で米国が被害を受けたアッツ島をイメージしたモニュメントや、大規模な西洋墓地風の造成地がございます。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/1024.html 

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been saved. Comments are moderated and will not appear until approved by the author. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear until the author has approved them.