« ベンジャミン・フルフォード新刊「闇の終焉と地球元年」発売のお知らせ | Main | 3月31日(土)ベンジャミン・フルフォード講演会〜金融戦争の最終局面・世界経済の行方〜 DVD販売のお知らせ »

04/24/2012

Comments

123

>7月30日刊 第7章 一・一ラインと創価学会つぶしののろしが上がった―自・社対公明戦争の勃発―小沢一郎への創価学会からの献金?
>http://foomii.com/00018/201204232257469569

昨今では公明党派の創価学会が少なくなり、小沢一郎(中国)派が多くなっているが、これが原子力ムラを形成し、地域暴力団体と化している。

当方の三村県知事に近い親戚だが、先日、介護施設で大腿骨骨折され、全治二ヶ月で入院している。小沢一郎派創価学会からの公明党派及び反原子力村派(武田教授)等への小沢一郎指令の下による暴行である。

小沢一郎~中国~原子力ムラ の創価学会は極めて危険と言える。 

The comments to this entry are closed.