« RE: How to prepare | Main | »

03/07/2012

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://www.typepad.com/services/trackback/6a00d8341c647c53ef0163028addf6970d

Listed below are links to weblogs that reference RE: Some questions:

Comments

Bobpowell.blogspot.com

Benjamin, I hope you get this. I need to have you on my show to talk about what we both know to be true. I have paid dearly for speaking out - the CIA "Breitbarted" my 24-year-old daughter after I exposed their operatives in Libya - so I absolutely get where you are coming from. Pay close attention to this video, then go to my YT channel and watch "Libya: The Real Story" to see why they took my baby girl.

http://www.youtube.com/watch?v=Z7rJiSDfwtA

I absolutely believe that they are capable of killing anyone who stands in their way. At this point, I don't give a damn. If they want to shut me up, they will have to kill ME.

You can get in touch with me at bobby_p_sc@yahoo.com, or at OldCorpBLT13 on Youtube. Help me - or rather let me help you - take these evil bastards down.

Watch your back brother,
Bobby

(Please don't publish this. I do not want them to see me coming.)

Nancy

Well done with this reply....Jesus never asked for us to love him more than we would love ourselves.....The facade is being very heavily cloaked with celebrity, royalty, OBAMA.....Just say NO to it all, love yourself so you can love others.......I can't wait for the rug to be pulled out.........I more than hope it will be in my lifetime because I have always wanted to see the other side and feel I will....Blessings to all those who love from the inside.....

Michael

Dear Benjamin,

One need not be "cynical" to have doubts about all truth claims made in this rapidly disintegrating world. I too would like to believe that some powerful organization can stop this steam roll towards WW III, but everywhere seeds of distrust are sown by all the contrary theories and the mutual condemnations ("ecomunications"?) one reads from the various sources dealing with what has come to be referred to as the NWO. Zionists, Jesuits, Knights of Malta, Neo-Nazis, aliens, and all the other "usual suspects," are arrayed as the "villains" in the cosmic drama of an almost Manichaean apocalyptic battle. Come on. Even you must see that to believe these claims takes faith, if not psychosis, particularly if one tries to find a "concordance" between Protestant and New Age versions of the "final showdown."

This being said, however, it is also plain to see, especially since 9/11, that some insane group of very powerful people is seemingly orchestrating events towards some evil end. Any other rational explanations fail without accepting some sort of "conspiracy theory." What I want to know is how we can discern whom to believe in this welter of contrary claims. Can you provide any evidence that is "hidden in plain sight" that would verify your claims? Obviously, it would be nigh unto impossible to find unequivocal evidence that points to all the particulars, but a cogent catena of sources would help.

Thank you very much for your time. My Japanese wife and I enjoy watching you and the "Samurai Sensei" on Mopal TV. I find him and his katana most entertaining, if nothing else. Oh, by the bye, have you exchanged any information with James Corbett, a fellow Canadian living in Japan and reporting on the New World Order?

Michael

Sabine, Spain

Just as always, BRILLIANT answers.
Thank you, Benjamin, for existing an for inspiring humanity with your example!
I LOVE YOU!
S.

a

RE: Some questions

親愛なるベンジャミンへ。

私はWDSなる組織の実在を信じたいです。しかしどれだけその存在を信じようとしてみても、やはり強く疑いの念が湧いてくるは否めません。ですので、どうすればあなたに対するこの疑念を消すことができるのか、それをお聞きしたいのです。WDSの実在についてあなたはどのような証拠をお持ちでしょうか。それにWDSがそこまで機密保持にこだわる組織であるのなら、なぜ彼らはあなたに情報を暴露させているのでしょうか。それに一体どうしてあなたは“911真実追究活動”へのリンクをブログに貼っているのですか。この活動は秘密情報部に属する多くの人々によって、911が発生した本当の理由を隠す目的でなされているものなのに…。

現時点であなたを信用するに足る要素があるとは、私にはまったく思えません。

新たなる金融システムの立ち上げを目的として、世界57ヶ国の代表により開催された秘密会議に関するあなたのコメントを読みました。しかし仮に会議出席者があなたに情報を伝えているというのが本当であったとしても、それは情報操作を目的として行われているのではないでしょうか。何故ならそんなにも秘密の会議であるにも関わらず、ネットで情報を拡散することの出来るあなたにその内容を伝えるというのは、矛盾していると思えるからです。

もしあなたがマルタ騎士団やエルサレム聖墳墓騎士団、もしくはその他騎士団のメンバーでないというのならば、これらの疑問に是非お答えいただけないでしょうか。そういえばあなたはイエズス会系列の大学に在籍していたのではないですか。

もしこれらの疑いが的を射るものであれば、あなたからの返答はないことでしょう。しかし私は聞かずにはおれません。イルミナティのための別なる偽装工作にあなたがまだ着手していないことを望みます。もし既に開始しているのであれば、キリストの再臨があったとき、あなたは必ずや地獄の業火にその身を焼かれてしまうことでしょう。


シニカルなメールをありがとうございます。まず初めにWDSは口先だけの言葉などではなく、実際の行動でもって己の存在を証明するでしょう。よってWDSの活動の成果を実際にあなたがその身で感じられるその時まで、敢えて信じる必要はありません。“911真実追究活動”についてですが、911にまつわる数々の疑惑について知ることは、政府の発表や大手メディアの報道に疑いを持たない人たちにとって、闇の支配者や秘密結社などが実在していることを認識するよいきっかけとなります。もちろん件の活動は、情報操作を行うエージェントたちによって攪乱に利用されている面もあります。
57ヶ国による会議は別に秘密ではありません。しかし西欧における報道機関は金融結社の影響を強く受ける5社によってコントロールされているため、この会議の報道がなされていないだけです。何故ならこの会議は彼らが維持してきた金融の独占的支配を終わらせる目的で開催されたものだからです。
私はマルタ騎士団のメンバーにも会いましたが、彼らのうち全員が全員悪人というわけではありません。中には真に善なる心を持った人もいます。また私はレッド、ブルー、そしてホワイト・ドラゴン・ソサエティー以外の、どのような騎士団にも属していません。
私は確かにカトリック系である上智大学に3年半の間在籍していました。そこで私が個人的に会ったイエズス会士たちは、とても人柄のよい人たちのように思われました。しかしながら、私はイエズス会に入会してなどいませんし、ずっと後年になるまで“イエズス会の誓い”など一度も耳にしたことがありませんでした。私は15世紀から続くイエズス会の誓いは、否定すべきものであると見なしています。
それからキリストもしくはエイリアンといった、とにかく“何か”の存在が我々を救いに来るという話に対する、私の意見はこうです。もしもキリストが再臨したなら、我々を見て真っ先に述べる言葉は、「自分たちのことは自分たちで責任を持ちなさい」だと思います。地球がより良き場所に変わっていくかどうか、それは完全に私たち次第です。決して大それたことをする必要はありません。ただ私たちの一人一人が、その目標の実現に向けて自分の出来る範囲で実際に行動を起こすかどうか、本当にそれ次第なのです。

ベンジャミン・フルフォード

Larissa

Dear Benjamin,

I have long known about all of these things which you speak before I stumbled upon your existence. I was like, "Oh, I don't need to be an investigative journalist who is saving the world" because here you are and you're already doing it. I wish with every fiber in my being that you are who you say you are, that you represent what you say you represent, that your intentions are good, that you yourself are not being used by these societies or duped in any way, and that SOON, dear God, soon, before there is a false flag attack like what was mentioned on halfpasthuman.com and Iran and Israel start the WWIII that would kill us all.

Please stop the chemtrails. My friends are getting sick all the time. Please stop the killing of innocent children. They deserve a chance to make the world a better place. Please stop the water fluoridation. I'm sure then Americans would take back their freedoms. Please stop the hatred. Please stop the destruction of the world's food supply. Please stop the destruction of the Earth's atmosphere. Surely even witches and satanists know that there exists divine understanding, divine revelation, divine truth. Well I have foreseen the total destruction of our protective atmosphere, and like all prophecy, it is meant not to be fulfilled but to be avoided. If only certain radical Christians could understand that prophecy is meant to be a warning, not to be the outcome. Isaiah speaks more truth than Revelations ever will. Too few people read Isaiah.

There has to be a better way. If there isn't one, make one. Do whatever you can. Do not make idle use of free will! Please, I pray everyday for world peace and prosperity. Please, I pray every day that you could be the truth and the hope.

You give me hope, Mr. Fulford. I only wish I knew how to help. I am taking a leap of faith here. I believe in humanity, Sir. I believe that while absolute power corrupts absolutely, certainly this can't apply to everyone. Certainly good people exist. I know I am pure of heart and that if I exist, others must too. Certainly the human race cannot be this self-destructive. Please let it not be so. Because if we are bred this way, if this is the way the world is headed, then it stands to reason that the Earth is better off without us. It seems to me these evil Satanists have all God-loving men, women, and children fighting against one another so as to distract us from the true evil, fighting and even murdering over petty differences. Where has the morality gone? Where has HONOR gone? That is why I have hope, that somehow this ancient society you speak of is true. That honor is not dead in this world. Please do the honorable thing, Sir.

There are children that are better than any rich or powerful man I know. We must do this for the children's sake. Not for our own. This is for their future. Their hope is in you. Please do not falter. Do not let us down. We are counting on you. Do not like the cynics get to you. Any information you can provide, any little bit of hope, goes a long way.

Whatever you and those you represent do, do it soon. Don't waste another minute. They will try to commit one last great blood sacrifice, one last energy consumption, before their time is up. Do not wait for them to attack again. Strike now, fast and hard. Do not wait, I say. Do not wait. Please. They will try to strike again. I feel it in my bones, in the air, in the trees, in my dreams. Do it before 3/22. That is their number and the equinox. Strike before that day. Please. Whatever your plans are, they cannot wait any longer. I assure you. Act now. Do not wait till the end of March. You are giving them too much time. Do not let your enemies fool you with their bartering doublespeak. Strike while you have the upper hand.

Sincerely your friend,
Larissa

Connie

I love the work you do Benjamin. You and reporters like Alex Jones,David Icke,and David Wilcock are true heroes for bringing us the information to inform ourselves.

Anyone can do plenty of research to find their own truth. Please keep doing the work you do. You are waking people up regardless of a few who can't take responsibility for their own insights or inquiries.

Ed

Hi Ben:
You might want to read this:
The WSA passport has been proven legitimate
Jim Stone, March 7 2012

Though I had used it for Western Union, bus tickets, train tickets, and the police and court accepted it as valid ID, I was still nervous about crossing into Mexico with it, a journey which no doubt kept certain people scrambling because I stopped and re-started in 7 different cities. I did not want a straight path to the border with a predictable arrival time.

At the border the Mexican authorities asked me what I was going into Mexico for, and when I said I was a journalist who was going to the Japanese Embassy in Mexico City over Fukushima, they honored the WSA passport with a six month visa, no questions asked and even waived the fees. They INSTANTLY ISSUED A VISA AT THE BORDER, NOT THE CONSULATE. I was a little scared about taking a risk like that, because if I did not make it across, the only place to go would be to the American authorities, and I am certain that would have been bad.

A very interesting thing happened en route to Mexico city while inside Mexico. I booked the cheapest budget Mexican bus to Mexico City. Half way through the trip, when the bus entered a medium size city they pulled me off the bus, kept others on the bus, put me in a cab, drove me to a bus station and transferred me to a first class bus, and I was on the road again, all within about three minutes. I was blown away. That was not expected. Perhaps they had intelligence? Maybe they knew who I was. Maybe it was nothing at all. At any rate, the WSA passport proved itself to be a valuable asset and did exactly the job it was intended to - get someone who cannot approach a hostile government for travel papers to safety.

Please pass this along to Benjamin Fulford:
I will soon be approaching the Japanese embassy in Mexico City. Please have people ready there, so they know who I am.

I have to limit the time I spend online so I don't get any stalkers, To Makow, Rense, Alex, and others, I know who is real and who is fake. You would be surprised what I know about each of you. And I advise the one REAL phony in the media (who actually is not Rense) that if you do not want to get flushed in this washing out period the truth movement has entered you had better come clean and aknowledge the Fukushima report. You know who you are, wordpress nuking ***, and you are on your way to Rushville if your listeners ever escape your antics, which is bound to happen because the Fukushima report is buried in infallible truth. You can't be on the record with intelligent people as your base and keep your credibility once they discover this. You will vanish into the realm of incapable idiot listenership. Rense has also pushed it, and even linked directly to a ludicrous earthquake disaster video in which the cars were not even bouncing as the quake happened, let alone being thrown and flipped as even an 8.5 would do. Someone sent me proof that Rense initially intended to be honest about this (he did post the full report for a very brief period) which means that somehow he got pressured.

To address the fools who are posting pictures of roads destroyed on 3/11:

For reference, a 5.0 will destroy roads in places, that's not a litmus test for a 9.0, so stop using such idiotic photos to "prove" a 9.0 happened. PLEASE GET EDUCATED, IGNROANCE IS NOT BLISS WHEN WHEN THE WORLD HAS A ROGUE NATION CAUSING MAJOR DISASTERS AND BLAMING THEM ON THE ENVIRONMENT.

To this rogue nation: The ultimate cowardice is to cause an enormous disaster that points the finger at NO ONE but REALLY gets the job done . . . . . . YOU ANIMALS. Blow em' up, wash em' away and then hold about 300 of the top people hostage to the truth and a continued threat. Good tactic, but it won't fly if I can stop it. Awareness is everything. I want EVERYONE to look into the details and record all details from DAY ONE the next time some big "natural" disaster happens. The sooner the investigation starts, the easier the truth is to find.

I urge all those in the truth movement to dig deep, study, and push the not so widely known issues so hard you end up running like I did, the world needs it. If it showed up on CNN, and all you did was add detail that is NOT what I am talking about.
more here: http://www.degaray.com/?p=2141

WilliamJeffersonQuigley

You should not dignify this bulls#!* with a response, let alone publish it. The 9 11 comment is so stupid, it defies analysis.
Please don't waste your valuable time on disinfo trolls.

Carlos

Hi Benjamin
I know you get a lot of emails doubting your work, it is obvious that they are desperate to keep the fear and the old ways going, please ignore them they only keep the lower vibrations going.
Please give more attention to people that believe in the new paradigm and want to implement the new system and just ignore the powers that were.
I can help with the spanish speaking community on the financial side, I'm with prestamos.com (spanish for loans) We never were able to help our people because the bankers never had the intention to give loans.
Please consider my offer when you are at the table discussing how to disburse the new plan to get the new system going

Thanks

Carlos Urbina

123

日航ジャンボ123便 今国会に「秘密保全法案」が提出されそうだ。「TPRプロジェクト」の口封じの一環。中国文革にも酷似。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/959.html
(回答先: 日航ジャンボ123便 「中華ナチズム」が台頭。「赤い貴族」→「官僚のTPRプロジェクト」→「自衛隊情報部隊」→「警察公安 )


今国会に、
「秘密保全法案」
が提出されそうです。
http://www.google.co.jp/search?q=%E3%80%8C%E7%A7%98%E5%AF%86%E4%BF%9D%E5%85%A8%E6%B3%95%E6%A1%88%E3%80%8D&rls=com.microsoft:ja:IE-SearchBox&ie=UTF-8&oe=UTF-8&sourceid=ie7&rlz=1I7RNWE_jaJP310&redir_esc=&ei=BfRXT6mPCO_EmQX_meiYDw
(↑検索キーワード「秘密保全法案」)

要は、JAL123便の1985年から始まった
「TPRプロジェクト」の日本国民口封じの一環と想定されます。


1985年8月12日の日航ジャンボ123便ですが、
夕方に江ノ島で海岸から揚がるように指示が出ていたりということで、
やはり、事前計画性が想定されてきます。
そこで、
1985年(昭和60年)より開始された、
「TPRプロジェクト」を加味すると、一段と、状況が明瞭になってきます。

JAL123便搭乗の方々というのは、日本を代表する方々でした。
状況は、
中国の文化大革命に酷似してきています。

<以下参考>
急浮上する「秘密保全法案」
http://www.asyura2.com/12/senkyo125/msg/435.html
投稿者 gataro 日時 2012 年 1 月 28 日 13:49:37: KbIx4LOvH6Ccw

政府が今通常国会での成立を図っていて、3月には上程される予定の「秘密保全法案」、内容はひどいもの。

(1) 秘密の範囲が広範で曖昧
  かって国民的な反対運動で廃案となった国家機密法案(スパイ防止法案)より秘密の範囲を拡大して、外交秘密や、公共の安全及び秩序の維持に関する情報も秘密の対象に加えられています。
  行政機関の委託事業で大学や民間機関が取得した情報も対象に加えています。

(2) 処罰範囲が曖昧でかつ拡大
   公務員に以外による秘密を取得する行為を「特定取得行為」として処罰対象に加え、単に共謀行為だけ、教唆行為だけで、実行行為が無くても処罰可能にする内容です。

(3) プライバシーの調査を制度化
  予め秘密を扱う可能性がある対象者について、適性評価を行う制度を新設。調査項目はプライバシーに関する情報も含まれ、対象者以外にその家族についても調査が可能です。

s-man

Fantastic reply Ben! Peace and Blessings

123

「中華ナチズム」が台頭、蔓延している。
要は
http://www.blue-wolves.org/video-kaisetsu.html
のような、中華暴行組織が1985年以来、日本を闊歩しているのである。

の方は、「赤い貴族」「中華版ナチス」といった主張で襲撃されているのだ。
「中華ナチズム」という定義は極めて興味深い。
肉食のナチス、といったところだ。

もちろん、「中華ナチズム」は、
1985年から官僚主導の「TPRプロジェクト」なる口封じ政策です。
1985年8月12日のJAL123便撃墜の際、警視庁の初期救助を自衛隊が撃沈することにより、警察公安を支配下に置き、
(御巣鷹の尾根にある警視庁初期救助部隊の墓)
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak43/msg/696.html

「赤い貴族」→「官僚のTPRプロジェクト」→「自衛隊情報部隊」→「警察公安」→「暴力団、宗教、探偵社、警備会社」
のシステムで、日本国民への口封じ弾圧を行なっているのだ。

<以下引用>

虚飾に満ちた北京五輪の開会式は、中国政府の偽装体質を全世界に知らしめた。「五十六族協和」を捏造し、「平和の祭典」の看板で覆い隠そうとした中国共産党の支配が、権力弾圧によって抵抗を圧殺し,手抜き工事や毒入り食品で子供や幼児すら惨殺する「赤い貴族」による封建支配であることはもはや明らかである。一方、バブルの破裂、国有企業の破綻などで「中国流」市場社会は崩壊寸前である。痛めつけられた民衆の不満は「義和団」の再来という排外主義の形で爆発しかねず、これに中共や「赤い資本家」が乗じれば、核を保有する「中華版ナチス」すら出現しかねない。
 一方、北朝鮮では、金正日の不在によって労働党支配が機能不全に陥り、指導者なき北朝鮮の「処分」が、米中の共同と競合によって進められつつある。
 だが、この間に日本の政治家が何をしてきたかと言えば、売民宰相福田康夫から口先国士石原慎太郎に至るまでが、嬉々として北京詣でである。福田に至っては五輪だサミットだ内閣改造だと美味しいところを散々食い散らかした末に政権を放り出した。まさに「貧乏神」の「食い逃げ遁走」だ。もはやダメ問題でしか無い日本の政治を立て直し、拉致された同胞やアジアの人々を救うためにも、我々は現実を正確に直視しなければならない。
 まずは五輪後の中国の政治経済動向と北朝鮮の先軍政治の行方について、中国問題の第一人者である青木直人氏を招いて、東アジア全体に関して情勢分析を行う。(佐藤悟志)

123

日航ジャンボ123便 同じ1985年から官僚主導の「TPRプロジェクト」なる口封じ政策が発動しており現在も継続中とのこと
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/957.html

1985年8月12日のJAL123便は、日本の官僚も多々関わっていますが、
同じ1985年から官僚主導の「TPRプロジェクト」なる口封じ政策が発動していたということである。
・日本の有識者への口封じ
という面では、JAL123便と同様の側面を持つ。
大変興味深い案件である。

要は、
・日本をむしばむ官僚組織
・警察マフィア(自衛隊安全部隊の下に警察公安を下げ、国民弾圧を行う)国家ナチズム
が台頭してきた四半世紀だったのです。


http://www.asyura2.com/12/senkyo127/msg/310.html
TPR、具体的には政官財各界における四千人のリストを作り、その全員に大蔵省幹部が説得に行くというスタイルであった。同時にこれは思想検閲・言論統制の意味合いもあったらしいのだ。恐ろしいというのは、この言論統制プロジェクトが一過性ではなく、現在まで継承されているという事実なのである。このTPRプロジェクトが1985年に始まった

日航ジャンボ123便 なにやら「住所も声も顔もバレてんだぞ」と、脅迫されているようだ。当方は免許等の情報をネットで公開さ
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/956.html
(回答先: 日航ジャンボ123便 総括 日本に必要なのはユダヤ国家アメリカ主導による国家再構築である。 )

なにやら「住所も声も顔もバレてんだぞ」
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7811.jpg
と、当方が脅迫されているようだ。

当方は免許等の情報をネットで公開させていただいている
http://www.asyura.com/10/lunchbreak41/msg/520.html
が、いやはやである。

Jeremy

Well said Ben. The saviour were looking for is in the mirror and when and if other life shows itself to us I believe they would ask the very same.

123

日航ジャンボ123便 蟻ヶ峠付近で発生した「紫外線と赤外線を中心に発する核」をさらに改修した新型無可視光核が想定される。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/955.html

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、
運輸省報告書にJA8119号機の残骸金属組織顕微鏡拡大写真が複数掲載されている。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/7779.jpg
顕微鏡拡大写真は
・0.23um(運輸省報告書で指摘)
・0.71~0.83um(運輸省報告書写真110を計測)
の2種類の均一な縞模様になっている。

金属組織に対し超強力な光線が面的に当てられ、瞬時加工された状態である。
0・23umは紫外線
0.71~0.83mは赤外線
を中心とする光線である。

超強力光線が機体金属組織を瞬時加工し、光線の波長に被加工されているのである。

この状況は、高天原近くの長野県蟻ヶ峠の南相木村を飛行中のJAL123便近傍で
「紫外線及び赤外線を中心に発する新型核」
によりもたらされている。
なお、1985年当時の新型核は、可視光もやや発するため、
長野県川上村ではパパっと光る可視光が蟻ヶ峠方面を中心に目撃されている。


さて、
2005年4月25日の福知山線では、1985年8月12日のJAL123便への攻撃タイプの核をさらに改修した、
「紫外線と赤外線のみを発する新型核」
が使われたと想定されます。


電車というのは火の気が無く、キノコ雲が出るのは難しい状況です。
・線路バラストの砂利で多量の粉塵は出ない状況。
・横は駐車場で塵は出ない状況。
・マンションも塵は立たない状況。

よって、
マンションに衝突する前に、起爆がされたと想定されます。

電車ですとフライトレコーダー等がございませんので、
そういった関係もあるかと思われます。

大阪・吹田の鉄道安全考動館に事故車両を展示予定と
2008年の報道記事に書いてあります。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK20080425020063

要は、
JAL123便の安全啓発センターと同様の意味合い。
(外部要因及び核による金属組織の変化証拠物の保全)
ということになります。


しかしながら
最近のスーパーおおぞらでは
・トンネル内でこっそり行う。
・すぐにブルーシートを被せる等、
隠蔽が巧妙化してきています。

<以下参考>
鉄道の、曲線通過速度というのは、
かなり古い時代の設備に合わせて大幅に余裕を持っています。
・40キロレール。
・丸い川原のバラスト(敷石)。
・バラストが少々動いてカント(カーブにおけるレールの傾き)がゆるくなった場合も想定。
・ふきっさらしで強風で煽られた場合も加味。
・震度4までの地震も想定。
・夏場でレールが伸びて、局所的にゆがみが生じた場合も想定。
等を想定。

JR西日本の2005年4月25日の福知山線の現場では、
・50キロレール。
・角が尖った山からのバラストで崩れにくい。
・充分なカントがつけられている。(特急や快速等、高速通過列車が多いことを想定。)
・気象条件は問題無し。
・路盤はマンションや駐車場のところが福知山線の旧線であり、強度に問題無し。対向列車も特急が接近してきていたが地盤の揺れ等は無し。
・温度条件は問題なし。

となっています。
重心が高めの207系で、乗車率が高かった条件でも、
110km前後でしたら問題なく通過できます。

そもそも、これがスピードの出し過ぎによる脱線ということであれば、振り子電車というものが存在できなくなってしまいます。(制御振り子及び自然振り子が作動しなかったとしても問題なくカーブを通過できる設計である。)
JAL123便の際、圧力隔壁が原因であのジャンボ旅客機が墜落したとする話術と同様である。

なお、
現在、JR東日本では、さらに規格を上げて、
路盤の強化、60キロレール(新幹線と同等)に交換、
等、余裕度をさらに高めています。

また、
JR東海では、かなり古い国鉄規格のままの線路もあり、
万が一高速で通過すれば脱線しかねない路線も確かにあります。
これは、
カント(カーブでのレールの傾き)をとりすぎると、
蒸気機関車が、カーブで停車した場合、発車時の粘着係数が得られなくなることに起因しています。
電車や気動車時代ではカントを多めにつけて問題ありません。

HoshiBoshi

I sincerely sorry for you, Benjamin, that you still receiving mails from those people who has no skill for research and keep asking THE BASIC questions. I wish they have a brain and start learning to investigate themselves so they do not bother you much.
I support you strongly and I really appreciate your trust in Japanese people and stay in Japan to help the world.

I have a one question though.
I am following Akune's Mr. Takehara and Mr.Semba try to expose the corruption in the system in Japan. Why they do not get much support form Drangon society and those groups? I felt they are the real Japanese who like to built NEW JAPAN and their motive is not their ego but future of Japan and children.

123

日航ジャンボ123便 天皇陛下の手術を「順天堂大学の医師」が執刀したのは、JAL123便事件からの陛下と東大の確執が原因
http://www.asyura.com/11/lunchbreak51/msg/902.html

今回の東大での天皇陛下の手術は、東大の医師はアシスタントで、
順天堂の医師が執刀した。

理由は、JAL123便である。
文部省宇宙科学研究所(実質、東京大学宇宙航空研究所)の、
国産巡航電磁パルス核ミサイルが、JAL123便を破壊し、
伊豆下田須崎御用邸も皇居も核汚染した。

日本の裏政府八咫烏(自衛隊)とソ連でJAL123便に攻め込んだ訳だが、
天皇陛下の誕生日は12月23日で「123」であり、
国家君が代告示日の8月12日に決行されている。
要は、JAL123便は、天皇陛下への脅しクーデターだったわけである。

1985年8月12日のJAL123便の件を、
天皇陛下は当然ながら、快くは思っていない。
東大は信用ならんというご意思である。
未だ確執があるのだ。

それで、
今回の手術は、わざわざ順天堂大学から天野教授を迎え、
順天堂大学天野教授が陛下の手術を執刀した訳である。

陛下へのクーデターの中心的役割の一端を担った東大は、お嫌いであるというご意思は、心から同感致すところであります。

<参考>
日航ジャンボ123便 文部省宇宙科学研究所のロケットをベースにした国産巡航ミサイル。写真「7枚目」下田「須崎御用邸」付近
http://www.asyura.com/11/lunchbreak51/msg/900.html
(回答先: 日航ジャンボ123便 車窓写真「7枚目」は、伊豆静岡県下田市「須崎御用邸」付近を南下。乗客小川様が右側を撮影。飛行物体も )
日航ジャンボ123便 下田港付近でM3.0Cuの対流性エコー発生か。自衛隊国産電磁パルス核きのこ雲。報告書掲載気象レーダ
http://www.asyura.com/11/lunchbreak51/msg/899.html

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been saved. Comments are moderated and will not appear until approved by the author. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear until the author has approved them.