« 日本の政府は脳死状態である | Main | IMFの言いなりよりも、対外黒字国の言いなりになるべきである »

10/30/2008

Comments

通りすが

>戦争によらずに、市民を、支配、略奪、奴隷化することが、可能だからです

それはどうでしょうね。
先進国における政府は、直接に国民の生命活動に関わることには基本的に触れません。
それが例えば、他国の国民であってもおなじことです。

たとえ、先進国独特の「人間的な本能が弱くなっている」国民達でも、
生死に関わる議題を持ち込めば、さすがに思考力が復帰します。
歴史的な汚点を人々の記憶に残すだけになります。当然、それだけのことです。

因に、アメリカが経済的に倒れたのは事実ですが、まだまだ人足と地力はあるわけです。

後進国と違って立ち直れますから、ある意味ではあのニュースは大げさです。
日本の不況時には、民間人の生活に直に影響が出た為に
即刻、自殺者が連発しましたが、向こうの国民にとってはそれよりも
遥かにマシなのです。

逆に「自宅まで担保に入れる」様になっていた国民の目を覚まさせるには
ちょうど良かったかもしれませんよ。

実体経済の重要性が一発で民間まで浸透したでしょう。これは事実として
もの凄いことです。その意味では、この破綻は「人間自体の」直接の改革と
言っても良いものです。ある意味では奇跡かもしれませんね。

さて、お上はともかく、民間の衣食住への影響はほどなく落ち着いて来るでしょう。
問題はその一連の流れが、完全にセパレートされたお上と国民との間に
どういう意義を生み出しているかです。これには、あらゆる解釈が必要です。
それが世界の情報の取り扱い方です。

どれが重要な問題か、という限定的な考え方で物事を捉えない方が良いと思います。

ちなみに私なら、少なくとも「国の体力」である国民を痛めつけるよりは
思考力の弱体化を考えます。水資源問題などは平行しても、実質では後回しです。

近年では、日本以外の先進国でも、テレビなども含めた全般的なメディアが
エンターテイメントやニュースまで含めて文化的に徐々に優柔化し始めている
傾向に有ります。

私は9.11という出来事以降から、こういう出来事こそ偶然とは考えていません。

時間を必要とする「国民の洗脳」というものを、実際に時間をかけて
始めている可能性は高いと思われます。その気配が事実としてあります。

今後の「上の方」がどう動くかで、従来の経済界のイメージも少しは払拭できますし、
立ち回り一つで、国民の洗脳に大きく寄与して行けるはずです。

むしろ派手な事件は、終わってしまった後に落ち着いて解釈し直せます。
第三次大戦の件は、アメリカの一部分の「内輪の事情」と解しました。

勿論これは、ジャーナリストの方々が「騒がざるを得ない」内容であることを
分かった上で、敢えて押し通したモノだと思っています。
うさん臭かろうと何であろうと、内容が内容だけに表に持ち出さざるを得ません。
「さぁ大問題だから阻止しろ。たとえ嫌でも伝えなければならないはずだ」と
ジャーナリストの方々に言わんばかりに見えました。そして、そうせざるを得ません。
それは「義務」ですから、その切り口をその切り口のままで語る以外に
仕方が有りません。

しかし、終わってみれば、支配体制の為に第三次大戦を行いたいという考え方に、
内部で反対意見が大量に有ったという、組織として当たり前の事実が残っただけであって、
結果としては政府や組織内に、「外野に想像のできない」影響があっただけです。

それが何であったのかを是非知りたいですが、それは知り得ないでしょう。
だから民間とは無関係と言っただけです。

多分、この想像は超えないと思います。
せっかく作った圧倒的な先進国を大戦で自ら破壊する方が奇妙だと思いながら
この件について読んでいたはずです。これは世界中で同じ思いだと思いますよ。

通りすが

Posted by: 通りすが | 11/01/2008 at 04:18

の文が変でした。訂正します。

>可能性のある陰謀が      ×

>実行される可能性のある陰謀を ○

孝彦

>通りすがりさん
>アメリカをみていると、茶番にみえます
>それとは、違う計画を悟らせないための、工作の可能性

たしかに、今回の、金融騒ぎのなかにも、救済をうけたところの、幹部に法外なボーナスが支払われるという、ニュースが、平然として流れてくるのには、おかしなものを感じます
すべて、シナリオどうりのショウを見せられてる可能性が、あります、だとすれば、パウエルは、名演技者なのかもしれません
市民にとっては、ひそかに進められている、ケムトレイル、食糧戦略、水資源の支配化がはっきりと、しないほうが、とてもおそろしいことだとおもいます
戦争によらずに、市民を、支配、略奪、奴隷化することが、可能だからです
日本でも、水道事業民営化への、規制緩和とともに、水処理関連企業への外資支配がすすんでいて、その危険性を、誰も気づいていないようで、おかしいです
CO2問題も、一つの戦略の姿を現してきました
おとくいの、ダブルスタンダードには、だまされてはいけないようですね

通りすが

最近のアメリカを見ていると茶番に見えます。

来三次大戦と言う話を聞いた瞬間に、その可能性も充分あると
フルフォードさんも常に思っていたはずです。

第三次大戦というもの自体が、組織内外に、それとは違う計画の一端を
悟らせない為の架空の計画だったという可能性は否定出来ません。

組織の内輪の反対派や、その近くの人間には確かにまことしやかに
聞こえますが、それに一つの目的が有りそうだと感じます。善かれ悪しかれ
民間向けの工作ではないと感じます。

ジャーリストや、一部の業界人だけではなく、もっと色々な専門家の
言葉を共有できる、世界を繋いだ共通情報ソースになり得る何かのメディアが
今こそ必要だと思います。厳密に言うとメディアではなく、可能性のある
陰謀があらゆる世界から「解釈」して、状況を明快にし続けるもので、
言わば「オープンソースのメディア」です。

そういうものを作る事、それ自体を世界に対して牽制する狙いが
有ったのではないでしょうか。

今回の件で、第三次大戦も辞さない意思を表明したつもりなら、
民間人は「好きにしろ」としか思いません。これだけはプロの人に
覚えておいて欲しいところです。

私は軍部も信じていません。

クー

イラク、グルジアで私もニュースで戦争を見るのを疲れてもう戦争は見たくありません

123ja8119

東京津波ですが明日の可能性が高いです。(はやまれば今日)
日航ジャンボ123便と同様の爆弾が使われますので地面や地下にいると焦げます。
(言っていることが分からない方は日航ジャンボ123便が「光った」「原爆のような赤いきのこ雲」の地点をみてみてください。南相木ダムから大蛇倉山へ登ると辺り一面爆心地です)
充分に注意してください。

22222

ドクロの余生に、狂気のマネーゲームではなく
人生を楽しむ別の方法を、みつけさせる事が
大事だと思います。

乗っけられてしまった以上、あまりに攻め過ぎても
過去を振り返るばかりで前進出来ません。

世界中から狂気のマネーゲームを排除していく
事が先決だと思います。

孝彦

誇り高き、さむらい、パウエルのここのところの発言に、含まれていたことは、もう、死の商人たちの、手先はお断りだと、いうことでしょう
正気であれば、 自分の死を賭して、なおかつ、敵の死を現実にみる戦いは、崇高な理念がなければ、戦いつづけることはできないでしょう
洗脳によって、送り込まれた兵士が、現実のイラクの地で、目覚めたとき、正気にたえられず、狂気に病んでしまった、その責任を、パウエルは、逃げることなく、堂々と宣言したと、思います
体制側にあった彼が、変わることは、秘密の暴露を恐れるものから、暗殺の危険があることは、十分承知の上の、

まさに、自らの死を賭した戦いを宣言しました、彼は さむらい です

123ja8119

「タイムボカン」を思い起こしてください。「ドクロ」は追い詰められると、成敗されるまでも無く、なぜか自爆して終了してしまいます。彼らの行動パターンも同様ですので東京は危険と思われます。

123ja8119

ジャイヤンがやられたら腹いせにノビタをぼこぼこにします。
東京は果たして大丈夫でしょうか。

IH8Zionists

ブッシュは任期を引き伸ばそうと戒厳令を発動したく必死です(無理なのに)。
まずマケインの選挙スタッフに「オバマ支持の黒人に殴られた」と嘘をつかせ、
怒った白人達が暴動を起こすよう煽る事で、戒厳令発動に持ってこうとした。
しかし良識あるwhite brothersは、ブッシュのペテンに引っ掛からなかった。
だがブッシュは懲りなかった。
今度は、二人の白人男性がオバマ氏の暗殺を企てて逮捕されたと捏造し、
怒った黒人達が暴動を起こすよう煽る事で、戒厳令発動に持ってこうとした。
しかし良識あるblack brothersは、ブッシュのペテンに引っ掛からなかった。
こうしてブッシュは民族感情を煽る事に見事に失敗し続けている。
ブッシュはIQが低すぎて嘘笛を上手く吹けないようだ。
これを紙芝居風にして、子供に見せ聞かせると、良い教訓になると思うね。

反骨

すみません、第三次世界大戦の内容とは全く関係ないことなのですが、
植草一秀先生のブログ「知られざる真実」がアクセスできなくなった
ようです。
「アクセスが禁止されています」と表示されてしまうのです。
プロバイダはniftyですが、他のプロバイダと契約されている方で、
植草先生のブログを閲覧できますでしょうか?

昨日のブログで10/26に渋谷で「麻生総理宅見学ツアー」と称する
デモ行進を行った参加者が逮捕された件で、不当である旨、書かれて
いたので、もしかしたら、公安関係を通じて言論弾圧が行われたの
かもしれません。
だとしたら、許せぬ。

はろるど

日本からアメリカへの年次改革要望書2009年版
<偽装テロ対策>日本は国際的に強く促します。911事件真相究明の為の国際司法裁判所の設置を国際的に強く促します。そこで審判されるべきは、まずTWCの崩壊に至らしめたビル爆破解体技術、及びTWC突入時の旅客機の遠隔操作且つ機体下部爆弾の設置、第7ビル崩壊、及びペンタゴンへのミサイル発射、TWC地下爆発、TWC保管中の金塊数兆ドル相当分の略奪、ブレディ債犯罪などの詳細を国際的に明確にするように強く国際的に促します。犯罪者には審判を下すように国際的に強く促します。
<偽装テロ集団撲滅と予算の永久剥奪>NSA,CIAなど国際的偽装テロ集団、本部及び世界各国の支部の全ての閉鎖を国際的に促します。国際社会の偽善戦争と偽装テロの壊滅、NSA,CIAに対する全ての国家予算の永久の剥奪、NSA,CIAの全ての権利の失効を国際的に強く促します。
<イラク戦争と略奪の責任追及>イラク中央銀行保管の金塊100兆ドル相当分の略奪責任を米政府に追求し国際的に促します。

The comments to this entry are closed.