« ナチドイツと円盤技術について | Main | リーマン・ブラザーズの破綻は終わりの「始まり」に過ぎない »

09/16/2008

Comments

yossy

私が過去に4年制の私立大学で経済学を学んでいなければ、ここのベンジャミンさんのブログを読む事もなかったのですが、本当は芸術系の人間でありながら諸事情があって経済学を専門的に学んでしまったので、どうしても陰謀論を陰謀論として否定できずに真相論として読んでしまいます。

もちろん、私が理数系の科学技術教育を重んじる、日本の学校教育システムにすっかり洗脳されてしまい従順であった事によって、結果として不得手な経済学を私が自分で選んで「学んだ」ように思えて実は選ばされて「学ばされた」のは、結局はスピリチュアル(霊的)には私自身の前世の大きな負のカルマによるものだったと思います。

だから、私は自分自身に矯正すべき倫理的欠点(具体的には性欲)があるから、自分自身の精神的・経済的苦境について他人のせいにしたり社会のせいにしたりする立場にはまったくないと今では思っています(もっとも、私が受けた日本の学校の性教育が滅茶苦茶だったという事実はありますが・・・)。

とにかく、倫理的欠点のある私は、ただそれを悔い改め、低級霊に憑依されないようにして皆に迷惑を掛けないようにして、日本を改善しようと真面目に努力されている方々の邪魔をしないようにしたいと思います。

また、大学時代に受けた経済学の知識を、あべよしひろ氏の著書等で再び洗い直して、無知を既知に変えたいと思っています。

そうすれば、過度な消費をして労働者に知らず知らずのうちに迷惑を掛けなくて済むし、ゴミも大量に捨てなくて済みます。

あと、「利潤最大化」とか「競争」といった功利主義的な“固定観念”も無くして行きたいです。

Haruka

フランスDSGEは、世界で最も最低な下品なAgentだ。

DSGEは、CIAの人権を踏みにじる極悪な拷問を、ただ見ていた。
ただ見て、何もしなかった。
「Under the dark」だそうだ。
黙って、皆で一人の女性を拷問しつくし、私の大事な人間を危険にさせ、
その不安で人を苦しめ、女性として最大の性的侮辱を4年以上押し付けられ、
無理に人の腕にさらにキスをしてくる。
性的犯罪をされつくされた人間に、キスをしてくる。


CIAの毎日の脅迫と拷問を、馬鹿面をしながら眺めていた。
眺めているだけではなく、人の腕に無理やりキスをしてくる。
「Madam,You are dying. Da'cord.CIA kill you」

私の大事な人間が、危険になるのではないかという不安を、更に不安を煽り、
CIAに殺されるのではないかという不安を押し付け、
「Madam, Toi!」と言ってくる。
「Madam, You are misally.Heaven.」

DSGEこそは、世界中に半殺しにされなければならない。

CIAは、
「Nobody is there (around her?)」と言って、
「We have licence! Die!」と興奮しきった若いユダヤCIAが怒鳴ってくる。
周りに誰もいないことを確認して、殺すと言ってくる。


これを、DSGEは、馬鹿面して見ている。
どこに歴史の重みがあるのか。
こうやって、ダイアナ妃謀殺も、黙ってみていたのか。

Haruka

全ては、電磁波兵器の存在が明らかになるまでは、
まるで何を書いているのか、わからないと思います。

が、電磁波兵器は、存在しています。

CIAは創価200人に対して、同じ兵器のようなもので、「癌」にする「何か」を撃っていた。

初めは、苦しみから逃れるため、自分に「ヤク」薬を撃ちながら、CIAはのたうちまわっていた。
「This is the first mission .We are Career !」と言っていた。
この状況が6ヶ月すぎると、態度がかわってきた。

CIAのユダヤ人が突然、叫だしはじめた。
はじめは、
「Yes! I am JEW!!」という逆ギレから始まった。
自分たちがユダヤ人であるがゆえの苦しみを、嫌というほど、わからせるため、
「We Are JEW!!!!」という野獣のような叫びを聞かせるようになった。

その後、興奮はどんどん加速していき、身体を攻撃されるようになった。

笑いながら。


朝、目が覚めると、
「Good night! You die」と言われる。
シャワーを浴びると、目を閉じさせられるようになった。
「Close your eyes!!」
女性の下半身を手を動かされ、洗わされた。

仕事中、体を熱されて、いつも熱い。
口を動かされ、食事を下品に食べさせられるようになった。
集中したい仕事中は、ユダヤの絶叫に支配される。
下を向かされ、銃で撃たれるような真似をさせられた。
リハーサルだと、笑いながら若いユダヤCIAが言っていた。

今は、
「We have license」と言っている。

馬鹿な創価は
「CIAを見たいね。」だそうだ。

通りすがり

りささんへ。直接関係のないことは御自分のブログのページを紹介するにとどめて欲しいですね。貴方は瀬戸さんが学会がお金を出していると以前に書き込みされたと思いますが、瀬戸さんは反学会の運動をしている人だ。おかしいじゃないですか?

アンビリーバブル

経済のことは以前からなんとなくわかりにくい感じを持っていたのですが、世界経済を支配するドルのアメリカの中央銀行である米国連邦準備制度理事会(FRB)が本当は民間の銀行であることを知った時は驚きました。
しかもメインとなるニューヨーク連邦準備銀行は欧米の銀行が株の100%を保有していて、米国政府は1株も保有していないということ。
https://www.anti-rothschild.net/main/04.html

このFRBに手をつけようとしたことが過去の米国大統領暗殺の原因だったとも言われてもいるようです。

「沈黙の兵器」 より
〔1〕公共教育では、数学、論理学、システム設計ならびに経済学などは程度の低いプログラムを植えつけ、技術的創造を妨げることによって、彼らの精神を武装解除させ、精神的行動をサボタージュさせる。
https://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/searchdiary?word=%a5%cb%a5%af%a5%bd%a5%f3

文庫本は値段が手頃でありがたいです。

通りすがり

倒産は意図的で第三次世界大戦への入り口を開いたものです。
あらゆることを想定して動くべきでしょう。

りさ

今日午後9時創価学会はJUGEM「ni-na」の16回目の削除をしました。
私が、昨日「わかれ」の記事に書いたJODYのコメント欄を見ている時でした。
私がパソコンを立ち上げて直ぐの事です。
下の記事が今日の朝書いたものです。
この記事の後、削除されました。

今から元に戻して、又「ni-na」を始めます。
「わかれ」には直ぐにLINKを貼ります。
有料BLOGを平気で削除する創価学会の事を民主党の方に伝えてください。

バスから手を振らないで!
JUGEMテーマ:自民党(自由民主党)


「陥穽に嵌(はま)る夏」、この詩は、福田内閣組閣の前、松あきらスタッフBLOGに書いたコメントの下書きと、創価学会不正アクセスなど一年分の下書きなどと一緒にMy Documentから削除されました。
同時にCDの中身が削除されました。
その日、「午後のデル」「返信」は非表示になり、JUGEM「ni-na」は削除されました。
その後、松あきらの入閣が公明党創価学会から要請があったというNEWSが、何度か流されました。
松あきらスタッフBLOGでは「松も知りませんでした」などと言っていますが、そういうことはありません。

この組閣から麻生総裁戦立候補表明までのくだらない自公の茶番劇は、この私のBLOG非表示、「ni-na」削除と時間まで一緒に行われました。
自民党は犯罪者(殺人集団)創価学会票(殺人票、売春票)が欲しい、そのことの為に、私の詩を削除し、BLOGを削除する事に加担しています。
それは同時に行われた戸井田徹「丸坊主日記」の私の創価学会犯罪告発コメント削除で明らかです。
松あきらは憲法20条に触れています。
私の被害を知っていて、被害者がいくらいるかわからないというコメントを知っていて、入閣??などと書き、「女性の為に・・・」と書きます。
この性的虐待の被害者は女性です。
そのことも何度も書きました。
今は、創価学会が送信と同時にコメントを削除します。

しかし、これからは、コメントなど送らず、ここで松あきらのくだらない本当に余計な政治活動「カラーコンタクト」のお話などを書きます。
その記事によって「ni-na」が削除されれば、松あきらが「ni-na」削除に加わっているということになります。
スタッフブログには松あきらの写真があり松あきらと記事にも、その他サイドバーにも写真入で書いてあります。
運営は創価学会です。
私のクラッキングと直通しています。
スタッフの書いたことは松あきらの書いたことということです。

私は、JUGEMの見出しからこの詩を復元しました。
「哀哀夏さ」は見出しに全てが収まってなかったので、最後の方は作り直しました。
夏は終わりましたが、「返信」から詩が物凄い数削除されましたから、ここにある分は載せて行きます。
自公創価学会以外に削除するものはいません。
哀哀夏さは既に創価学会が盗用しています。
哀哀傘として使っています。
私が書いている最中に盗みました。

それでも自民党は創価学会票が欲しいために、皆で同じバスの載って全国を走り回ってバスの窓から身を乗り出して手を振ります。
創価学会池田大作犯罪者脚本による「猿のお芝居」を自民党が演じています。
窓からは猿しか見えません。
騒げば騒ぐほど国民は
帰せ仕事を
帰せ株を
帰せ失われた10年を
帰せ国会空白を
他の党は自民党に付き合わされて
創価学会の茶番に付き合わされて
犯罪をばら撒かれて
麻生はお金をばら撒くためにバスから手を振る

白けるばかりの国民
やせ細るばかりの日本
アメリカ発世界恐慌にも抗議せず
何が竹島??????
岩好きの地図好きの自民党
桜井よし子さん、アメリカ発不況には何も言わないの?
貴方にもコメントしましたよ
創価学会のクラッキングの事

2008年9月16日火曜日10時49分

こんな感じの詩もまた書きます。
これは詩ではありませんが・・・・
日々の創価学会による犯罪がなければ、私は毎日詩を書く事が出来ます。
JUGEMテーマ、「自民党」にも同じ記事を詩抜きで出します。


陥穽にはまる夏

はじめよう
せっせと失おう
ぎこちない言葉
酔っ払いの口ぶりで
まぬけな言いまわしで
口さがない者の件(くだん)のまやかしを
ジ・エンド

潮目の藻
糸雨の廊下
足の裏の申し入れ
躊躇って口ごもる
アナタの愛しいくちびる
陥穽にはまる夏

広げよう
思いの翼で圧倒しよう
無論腑に落ちない報い
ぶしつけな前足
媚びた鳴き声
口軽な蛮行の包囲に
ジ・エンド

焦眉の憂い
白雨の小径
濡れて立ち尽くす悲しみ
誇らしげに黙りこむ
アナタのけなげなくちびる
陥穽にはまる夏

Moon

すみません、一つ質問が・・・。

今度の選挙でもし民主党が与党になれば郵政米営化は
かなり防げるのかしら?

Haruka

「We are happy. We alraedy shotted you.
You die.Go home」
とCIAは言っています。
これから癌検診に行ってきます。

また、CIAにはアメリカ大使館宛に、内容証明を出します。
彼らの一年以上に及ぶ命を奪う、殺すという脅迫をし続けてきた
凶悪な犯罪を告発します。

123ja8119

ノストラダムスの「1999年」が11年遅れで進行中です。
ひふみ神示等も全く同じ事を述べています。

要は、アジェンダのひとつの派閥なのですがユダヤ(これも偽ユダヤではありますが)のサタニズム支配(悪と恐怖の貨幣支配)を終了させ、ミロクの世の中(善と喜びの徳による支配)へと逆転させるための3000年前からの計画です。

ひふみ神示で言う「岩戸」が開けてまいりました。

Dr. Goma

この本を購入しました。
大学の経済学の教科書には、まったく書かれていない、
そして教授が講義しない内容が書かれています。
というより、金融経済の本質を学生に意図的に教えないのでしょう。
この本を教科書にして、勉強したらどうでしょうか?

はろるど


反ロスチャイルド同盟のあべよしひろ講演会ビデオも見ました。
「ユダヤ国際金融資本=現在の投機優先資本主義」がねずみ講国際大組織の筆頭主である事がよく分かりました。
担保価値を過大評価し実質的担保価値を大きく上回った金融取引が結局は「ねずみ講」であり、「負債を担保とした負債連鎖商法」、つまり「単なるただの自転車操業」にしか過ぎないという事。
実際の金融市場ではリーマンブラザーズ破綻をきっかけにねずみ講国際大資本の連鎖倒産が始まりました。
ネズミ講国際大金融資本の隅々まで連鎖倒産しこれから10万年以上は芽を出すこと無く眠り続けることでしょう。


ハッピーボーイ

ニューポートビーチやアーバインのシャディーキャニオンはフェラーリ、ベンツ、ポルシェ、ジャガーなどの高級車がどんどん増えています。
米国金融株の空売りでたっぷり儲けている話も聞きます。
米国金融株はボラタリティに耐えられるように適度に空売りすれば誰でも大きく儲ける事が出来る状況が続いています。
金融危機、大恐慌、この状況を利用すれば少額のお金でも空売りで大きく儲ける事が出来ます。
ベンジャミンさん程の情報通ならばどの会社の株がどうなるかご存知だと思います。
実際に米国の情報通の方々は知っています。
現在の金融危機とベンジャミンさんの情報を上手く利用し日本人読者もお金持ちにしてあげてはどうでしょうか?

米国資産家が買い漁っている別荘地ロスカボス、カボサンルーカスに行って来ました。
7億円相当の家やコンドが飛ぶように売れて凄い状況です。
人口増加や建設の制限を設け高級にしているとの事です。
米国の大金持ちが米国を脱出して過ごすには気候も良く米国にも近くとても人気があるようです。
メキシコブームはまだまだ続きそうです。
米国の資産家は不況だろうがどんどんお金を増やしてます。
日本や米国の庶民も負けずにこのチャンスに大儲けしてもらいたいものです。

The comments to this entry are closed.