« CIAとアジアの宗教について | Main | 9月11日(木)911真相究明会  緊急テーマ追加 »

08/27/2008

Comments

ベンジャミン彰晃改めDdog

私は、阿修羅BBSにおいてDdogと名乗るものです。以前削除されてしまいましたが、ベンジャミン彰晃の名で、ベンジャミン殿へ何本も投稿いたしました。覚えていらっしゃいますか?私はベンジャミン殿の元読者であります。元とは、現在貴殿の本は新品では買わないからであります。以前は、ベンジャミン殿の行動を高く評価し、応援しておりました。(著作を新刊で買っておりました)ベンジャミン殿は純粋な人柄、日本を愛する気持ち、今でも十分にわかります。しかし、貴殿は純粋すぎる。そして貴殿の周辺の情報提供者は、貴殿を利用して貴殿の意思とは反対に、米情報当局に利用されていると思い出しました。

正直貴殿には愛想をつかし、貴殿のホームページなど、屑情報の塊で、何等価値を見出せない為、ギャグネタ探しに、ごくたまにの訪問するだけでございました。

私は今年の2月にブログを立ち上げましたが、元々は阿修羅BBSの保守派の意見の持ち主の投稿者です。最近阿修羅において貴殿を賛美する投稿に対し、貴殿の情報がいかにいい加減か、注釈することが度々あります。ベンジャミン殿はどうも中丸薫や太田龍あたりと付き合いだし、ノストラダムスの大予言で世間に迷惑をかけた五島勉と同類のトンでも作家の仲間入りしてしまったと思います。
日本ではこの五島勉のようなトンでも作家=三文文士の烙印が押されたら、まともなインテリは、貴殿の本は読みません。読むのは、無知で純粋な10代20代の貴殿のような、純粋な青年達と、全共闘くずれの元左翼、現陰謀史観の持ち主の老人達だけだろうと思います。

たとえば、「世界人類の金融戦争」これは貴殿が国際経済の無学をさらけ出した、酷い記事ですね。ベンジャミン殿はドルは暴落し原油は高騰するはずと思っていたのでしょう、私は自信のブログでこの動きを予想した記事を書いています。経済的に理解できない現象は、中国と米国の陰謀だと考えるのは、無知な証。折角植草先生を支援されているのだから、植草先生に、国際経済のABCを教えていただければいいのに。もし、植草先生に国際経済のイロハの手ほどきをうければ、もう少しまともな意見が書けるでしょう。是非、植草先生にお願いすることです。

私は、金融機関に勤める、一社員で、山口組とか、CIAとか公安など情報機関と一切関係がございません。純粋に元ファンとして、最近貴殿は米情報当局に利用されているのではないかと思うようになりました。

私は陰謀論否定派ですが、インテリジェンスには強い関心を持っています。9.11については、陰謀とインテリジェンスの境目で、ブッシュ政権は黒幕ではないが、何らかの加担はあったと推察しています。そして、貴殿の著作の中で、何かしら触れては欲しくない部分は有ったのかもしれません。

もし、そうであるならば、インテリジェンスの側からすると、様々な工作をすると考えます。私がそのインテリジェンス工作側の人間であれば、こうします。
ベンジャミン殿に近付き、どうでもいいような秘密資料を渡し、ベンジャミン殿を信用させます。そして、次々と、いい加減な情報を次々渡していきます。もちろん9.11がらみとか、HAARP(これは地震兵器ではありませんが、電波を使った対人工衛星などの情報兵器と思っています)が地震兵器だとか、いついつ米国による地震攻撃があるとかガセネタをつかませます。純真なフルフォード殿はそれを真に受け、ホームページ上で発表したり、本にします。そうすると、私のような読書家層は、貴殿に「とんでも作家」の烙印を押し、貴殿の情報は信用できない、と判断させ、言論界から蹴落とされ、三文文士の扱いとなってしまいます。日本社会の中核で働く人間は貴殿の情報を信じることは無くなり、インテリジェンス工作側の勝利、ベンジャミン殿は一生を棒にふるハメとなってしまいます。

イヤー恐い、恐ろしきかなインテリジェンス工作。ベンジャミン殿、もう手遅れとは思うが、今からでも方向転換を図れば、私のような貴殿を心配する元読者層は、応援するかもしれません。もし、貴殿が言論界で生き残りたければ、佐藤優氏にでも教えを請い、インテリジェンス関係の本でも出すのが唯一の脱出法と考えます。

ベンジャミン彰晃改め、Ddog

なおメールアドレスはインチキです。投稿するのにアドレスがないので適当なアドレスです。ご反論があればブログへどうぞ。


G O H !

個人的な意見になるのかもしれませんが一言。
現代に繋がる宗教とは善悪・表裏を包括し、国の支配者と宗教指導者の関係などが
歴史的事象にも見られるように、目的達成の為の多数派工作や世論形成に利用されたのが真実でしょう。
宗教によって多数の人心を無知思考停止状態に置き翻弄する事が主眼としか考えられない・・・
善の為の悪なのか?悪の為の善なのか?
今昔、自作自演の歴史も大して変わらないように思います。
支配者が宗教指導者に多数派工作や世論形成等を要請し目的を達成する。
報酬として宗教コミュニティは経済的に恩恵を受ける構図も今昔同様だと思います。
悲しいかなこれらが宗教に限らず裏社会の経済活動であり既得権益なのです。
神と言う盲目的な存在が故、利用され易いと言うか利用し易い側面があるのは否めません。
盲目的な情報が創造流布されまた利用されているのは宗教だけではありません。
信じ込まされて当り前だと認識している情報が実は何の意味も無いとしたらこれほど怖いものは無いと思います。
創造されたものがエンターテイメント的な側面から枠を超え、仮想現実が現実に取り込まれてしまった時の事を考えると・・・
現在の世界情勢はやはり少なからず影響を受けている証拠なのではないでしょうか?

「神のご加護」より「お金のご加護」を望む信派が多い世の中に明るい未来が来るのか疑問です。
現在の創造と破壊による経済流動システムと仮想貨幣価値を止める事が出来なけば同じ事の繰り返しだと思います。
地域通貨など健全なシステムが色々試みられている様ですが、生活経済の実態に沿った流動システムが実現化して欲しいです。

※宗教に関しての発言ですが、宗教を利用した悪態行為を否定するものです。

BB

k-raelianさん、

<キリスト教原理主義者とは、新訳聖書をひたすら絶対的なものと信じ....>

キリスト教原理主義者と呼ばれる米国のクリスチャンたちを批判する気持は、ぼくもほぼ同じだとおもいます。しかし、新約聖書を絶対的なものと信じているとすれば、ブッシュ大統領が統一協会のような組織と仲良くできるはずがないのです。イエスは弟子たちに、やがて自分こそはキリストだと名乗る者が現れるから気をつけなさい、と言い残しています。統一協会の教祖は自分のことを再臨のキリストだと言ってます。

聖書を絶対視するクリスチャンが人を殺す戦争などを支持するはずがないのです。「剣をとる者は剣で滅びます」とか、「あなたの敵を愛しなさい」とか、そのようにハッキリと聖書に書いてあるからです。確かにぼくの経験でも、米国には、福音派プロテスタント教会に属すクリスチャンの中にも、戦争や死刑制度を支持する人がけっこう目立つようです。やはり文化というのは恐ろしい。ニッポンでも、平然と靖国参拝するような右翼ふうのクリスチャンが多いですからね。多くはカトリック教徒のようですが。

太平洋戦争中、日本基督教団のリーダーたちは天皇教に妥協して伊勢神宮を参拝し、信徒たちに見本を示しました。そればかりか朝鮮のクリスチャンたちにも天皇教を強制し、それに従わなかったために多くのクリスチャンが日本人の官憲によって虐殺されたのです。

ニッポンでも天皇教に妥協せずに抵抗したクリスチャンは、矢内原忠雄のように聖書を絶対的に信ずるクリスチャンでした。帝大教授として彼は、社会的弱者の権利を強い者の侵害と圧迫から守ることこそが国家の理想であるとして侵略戦争を批判したために、大学を追い出されました。彼のように聖書に従うクリスチャンのことを「ファンダメンタリスト」と読んで非難したのが、天皇教に妥協した自称クリスチャンたちでした。

通りすがり

りささんという方に限った話ではありませんが、電磁波に絡んだ話題においては、
こういった会話筋の微妙な方が必ずフォーラムや掲示板に現れるのが、
海外に関してさえ定石となっています。

人間の脳に電極を差し込んで怒らせたり笑わせたりするのは、何十年か前には
可能であったわけで、それらが今では遠隔的に可能な技術と体制を社会に
築いているとしたら、本当に何らかの技術の被害者である可能性もあります。

そういった問題を扱うフォーラムでの統合失調じみたコピーペーストの様な文章と
大差もないので、この場合は恐らく意図的に書き込まれた偽被害者か病人でしょう。
自分が被害者であった場合に、こういうコメント欄に自分で書き込んで、自分の
立場に有害になり得る文章とそうでない文章を区別するのは似て非なる脳の活動を
要します。

こういう場所に書き込まれている文章を判断する場合において、
精神的な問題を併発しているという人が書き込んでいるケースがあると
捉えるのは自由ですが、実際は精神病の患者というものの大半が
まっとうな理性の範疇で物事を判断できるケースの方が遥かに多いか、
正常な部分の方が多い人間が大半であるという事実を覚えておいて下さい。
「眠い時に」私も打ったことがありますけど、恐らく自分で文面の異常性くらいは
判るものです。もし技術的な加害行為に遭っているなら相当なレベルで脳活動を
阻害されていないとこういった文面は打てません。

精神病患者のイメージの悪用で有る可能性も否定出来ないのが現状であって、
それでいて過去の電磁波に関した世界の研究からして
「こういう文章を書く事を強要されている」可能性も否定出来ないのが
電磁波技術に関した現状としてあります。

それでいいとは思いませんが、気にしても仕方がありませんので、さしあたり
読み流しておきます。それがベストならずもベターでしょう。
それは、一番の問題が全く民間で研究の状況が好転せずに、被害者が足踏み
していることにこそあるからです。

例えば、HAARPの技術に関して、人間に向けて使えるなんらかの兵器にはなり得るか、
と言う質問にノーコメントを返しています。ノーコメントという返答で返されても、
黙っているしか無いのが、研究者との歴然とした力の差異をはっきりさせています。

もし本当にこういう人が被害者であって、その訴えを退けるのが危険な行為であったなら、
いずれ管理体制の完成とともに訴える被害者は消えて行き、まともな世界から
「自由」は消え、脳管理社会が展開されて行くでしょう。
本当に恐ろしいのは、そう言う時期が今こそ来ていると言う事実なのです。

もっとも本件では、私が工作員ならこの程度の文は自分でさっさと打ってしまいますね。

KT

気持ちは分かりますが、自分のエゴの為に長文を書き込むのは控えた方が良いかと・・・。テーマに沿っていればまた話は別ですが・・・。

k-raelian

キリスト教原理主義者とは、新訳聖書をひたすら絶対的なものと信じ、そのため彼らは、聖書は人類の行く末を預言した書であると信じ切り疑うことすら知らない人々だといいます。
キリスト生誕から2000年が経過し間もなく、聖者キリストが再びこの地上に降臨して、至福千年期(神と人が一体となった理想世界)を迎えると信じられているのです。
キリスト教原理主義者の多くが、至福千年期の前にはハルマゲドンの戦いがあり、この世が滅亡寸前の時期を迎えると信じている事です。そのため彼らの多くが、ハルマゲドンの戦いが1日でも早く現実となることを望んでいるのだと言います。ハルマゲドンが起きなかったら、至福千年期も起きないという事です。それをキリスト教信者の人達は、現実にそう願っていなくても、無意識にでも願っているのです。

つまり、キリスト教原理主義者は、作為的に第三次世界大戦を起こし、キリストを降臨させ至福千年期を実現しようとしているということです。そこが問題です。

キリスト教が行った過去の過ちなどはどうでもいいんです。

各時代の為政者が国民を支配するために、都合の良いように編集してきた聖書は、今の時代では単なる戯言になっています。神という概念も人間が作ったものであり、聖書の原典には神という言葉は出てきませんし、仏陀も神や霊魂が存在するとは一言も言っていません。神とは、人間が人間を支配するための兵器です。

こうした間違った概念に捕われ、国家の政策にまでその影響が及んでしまうと、まともな国まで迷惑をこうむってしまいます。経済政策でも、統制しなかったのは神がなんとかしてくれるという思想があるからだといわれます。サブプライム問題や中東政策、すべて根底にあるのが神です。

この原始人が生み出した汚物のような概念から一日も早く抜け出さなかればなりません。


出典:http://www.geocities.jp/ennohana/ennohana199.htm

BB

ここのコメント欄にキリスト教嫌いの人が目立つのはなぜだろうと、いろいろ調べてみたら、ネット上でその種の嫌悪感を煽るような情報を流している連中がいて、彼らがベンジャミンとか太田龍とかをよく引用しているらしいことがわかった。たとえば、「株式日記と経済展望」というブログがあって、たまたま昨日、『まもなく日本が世界を救います』から引用していた。2006年1月27日にはこんなことを書いている。

http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/5a197e856586baf726f6a0e68942b400  

このブログはけっこう有名らしい。初めて読むときはちょっと戸惑う。というのは、いきなり引用文で始まるのだけれど、普通の感覚ではそれが引用文だとはおもえず、ブロガーの意見のようにおもって読んでしまうからだ。どうやら青い文字は引用のつもりらしい。上で紹介したページには、「わたしは先に第4回....」で始まる青い文字の文章がある。そのあとを読んでみると、次の文に出会う。

<今はプロテスタントの牧師ですが、わたしの中にはキリシタンの血が流れていると思います>

この<わたし>という人が何者なのかは知らないが、この青い文字の引用文の中にさらに別の引用文が登場する(つまり、ブロガーとは別人のこの<わたし>という人が引用している)。それが『天皇のロザリオ』からの引用だというのはすぐにわかる。多くの人は、「お、あの本か」とおもうだろう。その著者が、キリシタンが日本人を50万人も奴隷として海外に売ったという話を書いた徳富蘇峰の文章を引用しているから、また話が複雑になる。『天皇のロザリオ』の著者はそれをそのまま信じ、このように言う。

<数千万人の黒人奴隷がアメリカ大陸に運ばれ、数百万人の原住民が殺され、数十万人の日本娘が世界中に売られた事実を、今こそ、日本のキリスト教徒たちは考え、語り継がれよ。その勇気があればの話だが>

これを引用した<わたし>という人は、その直後にこう書いている。

<わたしはこれまで各種の日本キリシタン史を学んで来ましたが、この『天皇のロザリオ」を読むまでは、「奴隷」の内容について知りませんでした。しかし、こういう事実を知ったからには、同じキリスト教徒として真摯な態度で語り継いで行きたいと思います>

自称キリスト教徒が歴史上、どれほど酷いことをして来たか。それはぼくも知っていたけれど、この話は初めて聞いた。しかし、ぼくはまだそれを<事実>だとは確信していない。なぜなら、ソースが徳富蘇峰だからだ。彼の弟(徳富蘆花)は立派な人であったが、この兄は全くぼくが信用しない歴史上の人物の典型である。彼は「鬼畜米英」感情につながるような宣伝をして、大日本帝国を太平洋戦争へと向かわせるに貢献した御用ジャーナリストであった。今なら毛の生えたネットウヨクってところだろうか。せいぜい産経新聞の御用学者程度の人間だろう。

それはともかく、『天皇のロザリオ』の著者が引用した蘇峰の話を素直に信じて、「こういう事実を知ったからには、同じキリスト教徒として真摯な態度で語り継いで行きたいと思います」と言ったその<わたし>という人は無神論者であっただろうか。自分は「プロテスタントの牧師」だと言っている。ぼくは同じようなクリスチャンに世界中で何人も出逢った経験がある。

宗教を否定するマルクス主義者は、無神論者であろうか。マルクス主義なるものを信仰しているのではないか。進化論を唱える者は無神論者であろうか。進化論を信仰しているのではないか。ぼくは大学で細胞生物学を専攻したが、進化論というのは単に仮説であって、それは創造主を拒否する人にとっては都合のよい理論ではあっても、実証された科学だとはおもっていない。たとえばDawkinsという学者は、ぼくには科学者というよりは、新興宗教の教祖に近いイメージがある。同じオックスフォード出身の生物学者でも、彼を批判するAlister McGrathのほうがずっと冷静な科学者に見える。

無神論者が世界を救えるのだとすれば、とっくに世界は天国に変わっていたことだろう。歴史上、人類の大半は、自称クリスチャンを含め、無神論者であった。日本人も大半が無神論者であったから、天皇を<神>と信じることも可能であった。天皇教にひれ伏した自称クリスチャンたちも、神を畏れぬ者たちだったからこそ、イエス・キリストの教えに背くこともできたのだとおもう。

長い話になって恐縮ですが、自称クリスチャンたちの悪業を非難するのは、大いにやってほしいとおもうけれど、キリスト教そのものを中傷するとすれば、それは近代民主主義の歴史が獲得した信教の自由に反する行為になるし、ベンジャミンさんの活動目的にも反することのようにおもったのです。きょうの話はk-raelianさんへというよりは、1202さんのような人に向かって話したつもりです。

http://shorterlink.com/?5DGYEC

朱鷺

どうでも良い気分にはならないでください。ベンジャミンさんは諦めない現実主義的なところがあり好きです。どうでも良い気分は感情です。しばらくして流しましょう。
有効な方法で米国の皆さんにマスコミに左右されること無く、大義のないイラク戦争からの撤退をまずすることができるように働きかけて行きましょう。

米国の憲法を違反している戦争を続けても誰もそれを止めることもできない米国が世界を守れるわけがない。

k-raelian

日米欧、ドル防衛で秘密合意 3月の金融危機時
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080828AT3S2702D27082008.html

やはり密かにドルを支えていたようです。

日米欧それに中国、これだけの国が協力し合えば、なんとかソフトランディングできないでしょうか。
米国が景気を刺激するために戦争をしたがっているうちは、何しても裏目に出るのでしょうけど。
帝国主義とキリスト教原理主義、どうにかして欲しい。
共存共栄と無神論こそが世界を救う指針です。

G O H !

ということは・・・
嘗て日本に起きた事が中国でも再現されるという事でしょうか?
危機と延命どちらに展開しても体制側にとっては路線通りの様な気がします。
恐れから、自ら敷いたレール上で右往左往している様にしか見えないのは
私の気のせいでしょうか?

とおりすがり

アフガンで邦人の方の尊い命が奪われました。ニュースによると、アフガンでの対日感情の悪化があったというのですが、本当ですか?インド洋沖給油のことをうらみに思ってるんですか?何で悪化するんですか?私のうがった見方によると、ネオコン勢力がテロとの戦いをドサクサ紛れに復活させようとしていて、おそらく外務省もそれに加担して邦人救出の努力を怠ったのでは?もしこれが真相であれば、ひどい話です。善意でアフガンで医療活動に従事していたのに。遺族の方が本当に気の毒です。

tora

先のグルジア紛争に伴う米露対立で国民感情がマケインに賛成票を投じているとあります。本当にそうでしょうか?
ただ単に追い詰められているだけのような気がします。
やはりロン・ポールを大統領にすべきだったんじゃないでしょうか。
マケインに直接ロン・ポールに大統領の座を渡すよう国民感情を動かしたほうがよっぽどいいのではないでしょうか。
オバマもヒラリーもマケインも同じ穴のムジナですのでもうどうでもいい気分です。

T.Y.

この記事によると、中国のドル買いが着実に行われているようですが私には沈みかかっている泥船がお互いに支え合っているようにしか思えません。
http://www.telegraph.co.uk/money/main.jhtml?xml=/money/2008/08/26/ccchina126.xml

ただ恐ろしいのは、アメリカはいざとなったら奥の手の『戦争』という手段に出ることがあるので少しも油断して見ていられないという感想です。

りさ

トラック協会のVIDEOを見ました。
漁業関係者以上の打撃を受けているトラック業界に対しては、政府は何の援助もしていません。
自分達の票に結びつかない事はしないのが公明党自民党です。

下は昨日、一昨日夜の自民党議員と公明党議員の笑える醜態です。


①山本 かなえ(Yahoo編)・・・参議院議員
http://blogs.yahoo.co.jp/kanaeyamamoto2001

山本先生。この「りさ」という人は、以前に自分のブログ(現在は消滅)に「警察によって身柄を拘束され、精神分裂病(統合失調証)で米子市の精神病院へ措置入院させられた」という風な事を書いていました。

山本先生、りささんのためにも、山本先生が、このコメント欄を証拠として、創価学会・公明党への名誉毀損として警察へ訴えて、りささんに適切な医療を(強制的にでも)受けさせてあげるべきではないでしょうか。
2008/8/26(火) 午後 4:20[ 権兵衛 ]

山本先生、権兵衛さん。
鳥居氏のブログ見てきました。鳥居氏は、すでに6月17日に、りさ氏を名誉毀損で警察に告発しています。おそらく今は、大阪府警と鳥取県警と連携を取りながら、証拠収集、証拠精査などの内偵捜査をして、起訴状作成の準備をしているのだと思います。告発を受けてから事件解決=犯人逮捕までには、半年から場合によっては1年ちかくかかるようです。警察官は1人でいくつもの事件を抱えているので、1つの事件、それも名誉毀損などという、怪我人や死亡者の出ていない事件は、次から次へと後回しにされるようです(友達の愛知県警の刑事いわくですが)。
ここのりさ氏のコメント書き込みは、あまりにもひどく、常軌を逸しています。
この際、権兵衛さんのいう通り、山本先生も名誉毀損で警察か民事かで告発されてはいかがですか?
2008/8/26(火) 午後 11:01[ 通りすがり ]

②丸坊主日記
衆議院議員戸井田とおるの日常における出来事や気になる風景をブログで綴ります。
http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji

誹謗中傷は削除して下さい (JODY)
2008-08-25 06:23:49
勘違いの内容に言いますが、私たちは創価学会が嫌いだからブログで学会批判をしています。
上記のコメントにある「りさ」と言う方は被害妄想、頭と心の病のお気の毒な方です。
同情はいたしますが、他人を誹謗中傷する行為はよくありません。
コメントは削除して下さい。
現実として多くのブログなどへ、ありもしない創価学会のブログだと嘘の書き込みばかりをしては、管理者の皆さんは削除するのに苦労をしています。
GOOも不適切だと判断をして削除をしました。
それを創価学会によるものだと被害者のコメントをいろいろなブログへ書き込んでいます。
また管理者は困り削除をすると、創価学会だと書き込みを繰り返します。
頭と心の病ですが、やはり他人の誹謗中傷のコメントは削除するべきです。
名誉毀損です。
ここでも削除されると、ここは創価学会だとまた書き込みを繰り返すのです。
でも、削除するべきです。

JODYさん誹謗中傷記事は削除させていただきます (丸坊主)
2008-08-25 10:45:41
ここのところ、ゆっくりブログを見ておりませんでしたので、今朝開いて見てびっくりしました。<りさ>さんの書き込みには内容が全く意味不明のところがあって、正直なところどう対処すべきか迷っておりました。今回の連続誹謗中傷投稿を見て削除させて頂きます。ご迷惑をお掛けいたしました。


誹謗中傷記事と②で書いてあるのは、ここのコメントにも書いた毎日新聞記事のことです。
私は戸井田徹さんに謝罪を要求し、抗議のコメントをいくつか書いておきました。
新着二つのコメントのりさを見てください。

山本香苗さんは、今日突然半年振りくらいでしょうか?記事を更新しました。
二つの記事を更新し、コメント欄を開けました。
私が物やお金や書類を盗まれたり、プロバイダーの接続を切られるたびにコメントするので、更新を選んだのでしょう。
創価学会直轄のBLOGであることは間違いないことですが、yamamotoのところに*のmarkが付いている事を創価学会の印だと記事にしたからでしょう。
ここからも見に行く読者が多いため*を取りました。
更新は、一つ記事にコメントが集まって読みやすくなっている事に困ったからでしょう。

山本香苗さんの所のコメントと戸井田徹さんの所のコメント同じでしょう。
これが創価学会のコメントです。
これから、山本香苗さんのコメントがどうなっていくか見ていてください。
早速創価学会員のコメントが入っています。
あれが創価学会のサイトです。
お気に入りやコメント投稿者を辿ると、YAHOOでの創価学会の傍若無人ぶりが分かります。
一般投稿者を追い出して、何をしているかがすぐに分ります。

昨日今日の二つのサイトのコメントは、創価学会によるもので、BLOG削除に繋がっています。
私のJUGEM、ni-naを過去の私の読者から切り離そうとしています。
犯罪の全てを見ている方達ですから、都合が悪いのです。
ni-na削除と山本香苗参議院議員の更新、戸井田徹コメント削除が一緒では、あまりにも分りやすい創価学会らしい馬鹿げた犯罪行為です。

さっき書いたコメントのURLは、やはりERROR表示が出ますね。
ユウザーテーマでエッセイか詩を探してください。
おそらく全角になっている数字があるのでしょう。
数字自体は間違っていません。
又URLから文字に向かって線をどうやって引くのか分りません。
創価学会は線でつながなければ潰れそうなくらい私の追撃を畏(おそ)れています。

最近はばればれの妨害をします。
一昨日はJUGEMのアクセス解析が、訪問者数を表すのではない事を知って驚いたようです。
今日も投稿時記事を削除文字や画面の色を変えるなど、見ている人がいるのに
平気で嫌がらせをします。

新しいni-naを作りました。
又読んで下さい。


The comments to this entry are closed.