« ネオコンの最終案 | Main | ネオコンの最終案 続編 »

08/24/2008

Comments

逆援助

good good nice

クレジットカード現金化比較

クレジットカード現金化比較と
ショッピング枠現金化比較よろしくおねがいします。

朱鷺

日本をまっとうにするには誰もが皆何かの役割を果たせますよ。ベンジャミンさんは時間が許せば誰もに心を開いて下さる方です。いろいろな催しに参加されると良いと思いますよ、
といって自分はなかなか行けてませんが。今日の天木さんのブログを読むと日本政府がちっとも日本人のための政府じゃないと分かりますね。

http://www.amakiblog.com/archives/2008/09/27

アフリカでも日本人も含めて誘拐がありますが、現地の反政府勢力の担当者は25日までの誘拐された日本人女性の安全は確かめてあるが、反政府勢力ではなくてお金で雇われた人たちが誘拐をやっていると声明をだしています。

アフガンのペシャワール会(中村哲代表)の伊藤さんは農業を専門にしている青年でアフガンでの活動は志願していかれていたようです。143万円のお金を出したのはパキスタン軍統括情報局であると共同通信は伝えていましたが、犯人の写真つきで、それは大手メディアで公開されることなくNHKはアフガンのテロ撲滅のキャンペーンに伊藤さんの映像を盛り込みました。

天木さんのブログではイラクの奥さんたち外交官の死もまた疑問だったと書いています。
これは当時親友の自民党議員さんがずいぶん国会で追及していましたね。

アフガンの政府関係者が敢えて言うところまでひどいお金による武装勢力もどき?の殺人などが横行しているとも言えるでしょう。テロとの戦いはどちらがテロリストか理解不能です。そう国民を騙せるものじゃないですよ。

zin

中卒で世間とか政治経済とか良く分かってないですが
蒼い目の侍…格好よいでわないですか。

政策集団でも集い、日本を真っ当にして頂きたいですよ。
一度で良いから、御逢いしてみたいです。

anton

The Earth today is a mess and so is the Humanity, which destroy itself and the planet, the destroyed temple Earth. Old System is dead and a New World System of Life must be created, where all humans will live in peace and take care of their beautiful planet Earth, their temporary home in their short lifetime. BenjaminFulford New Project; Rebuilding the Earth http://it.youtube.com/watch?v=suQ24MOL0L4 and http://it.youtube.com/watch?v=40jNGe7QMwY&feature=related

post box

船井幸雄の「船井メデイア オープンワールド2008年」
にフルフォードさんが出演する予定を確認しました。

ひとつ気になるのが、現状の日本ではどんな分野の既存の産業でも、こうした特殊な公演産業でも構造的にピラミッド型になる傾向があるように感じることがあります。しかし、特別な人の領域以外にはなかなか浸透しにくいと思われます。

そのひとつに、金銭に頼らなければ情報が入手できないこと。もうひとつが距離の問題があります。身近な地域で足を伸ばせば情報が手に入ること。また、情報を入手しても情報止まりで終わってしまうこと。つまり、映画鑑賞と同じように公演後は現実の生活に戻ってしまうことと、実際に行動や運動に結び付くにはリスクを考えて安全を優先してしまうことがあげられるでしょう。

これは、多くのメデイア、マスコミにかかわる人たちと同じです。誰が安全や危険を保証してくれるのかが現実問題となります。公演や著書は産業になり収入になりますが、安全や保証を与えることができません。これを無視して講演活動や出版活動をしても産業で終わってしまいます。

ここから先が運命を左右させる行動や活動に結びつけるものが公的にせよ、地域にせよ、産業でない形が必要になります。産業形態には必ず利益とリスクの天秤がありますから、制限を設けています。メデイア、マスコミなどの著作者たちが何かを助けてくれるわけではありません。あくまで、ビジネスなのですから、そうした期待こそ洗脳のひとつであると思われます。

現在、この安全と保証のシステムは皆無と言えるでしょう。

The comments to this entry are closed.