« ベンジャミン・フルフォード「封印された技術」講演会DVD販売のお知らせ | Main | ネオコンの最終案 »

08/21/2008

Comments

転輪院

地球温暖化?バカバカしい。
最近むしろ寒くなってないか?
いずれにしても「温暖化」なんかで騒いでいる奴らには何か利権があるのだろう。
エコなどクソ食らえだ!

いいかげんにせい、教授

武田教授は大嘘をいうのでダメポ。

いや、冗談ではなくて。ダイオキシンを自分で有害だと認めながら、
また大量の無害説の本を売り出しています。どうなってるの、あのクリスチャン教授は。
しかも環境学者じゃなくて、原子力関係の教授なんですよ、あの人は。

通りすがり

政府は何年かかっても何かやってくれるという幻想を抱くのはやめた方がいいです。
誰も何もやってくれません。自分でできないことは人はましてやってくれません。

konnichiwa.

どうもです。

先日、警視庁は、体調の悪そうな表情で、長官の人が報道で頼れる警察を目指すという示唆
をし、また、社会の情勢の変化で、人間関係の希薄化、物流の大量消費化で、
捜査が難しくなり、科学技術を導入する案を公表していましたが、

このように社会情勢の変化の風当たりは、一般市民にも当然同じように強くなっており、
受身体質、口頭による嘲笑体質の人間の性質の差も大きくなり、
受身体質の病症悪化が進んでいる。

よって、警視庁、警察側も同じように、日本に人権擁護法の制定を後ろ盾
するよう努力してほしい。

ネット上から、学校、職場、街中にいたるまで、嘲笑が増え、部活道を行う
子どもは、スポーツマンシップに薄く、自分の力を楽しむだけで、
その意味を知らない。

嘲笑体質の人間は、リーダーとして振舞うが、受身側は、
ただ黙って苦痛をやり過ごすだけである。

社会情勢の変化に伴い、病気、低収入<月給1桁~12~4万円程度の人。>
老化、大流行のいじめ、差別、また日本人個人をもうちょっとましに楽しめるよう
に新しい観念の人権擁護法を定めてほしい。

日本は、高速道路にしても、年金にしても、嘘をつき続け、騙しいれ、
詐欺師として活動してきたが、これに関わった政府関係者は、とっとと、
この種の法案を研究し、模索し、庶民に償いを与えなさい。

これについては、まるで、言論の自由がなくなると嘯いていますが、
なんの関係もない話のすり替えをしているだけで、まさに嘲笑体質たる行動だと感じますし、

言論の自由と、人権擁護は切り離された別の物であり、行き過ぎたスピードを
抑える速度の取り締まりと同じであると思います。

要するにいじめが過度になれば、それを抑える歯止めが必要である。

受身体質の場合、家族関係、持って生まれた性質、自分の性格はそう簡単には変われませんから、しかし、そこに十二分に守護を感じるエネルギーの循環があれば、優しすぎる、
<母親が自分を護る為に女性的な立場の優しさを必要以上に与えた結果>弱い者がそこに現れず、それを利用するいじめる人間もいなくなるという視点ですが。

警察の捜査の科学技術の必要性と同じで、社会は、これまで十二分な家族関係、近所関係が存在する中で、自己責任の必要性を推し進めてきましたが、例えばこれはこの時点で、警察が捜査力に科学技術の必要性を訴え、自己責任でしょう。今のまま活動しなければ自己責任ではない。と言われたのと同じ事で、取り巻く環境が自己責任のみで易く変われるでしょうか?それどころか憤慨するでしょうよ。無理言うなよと。

これと同じ事で、人間の住む環境もたった30年以前と比べて大きく
変わり、人間の性質もテレビ番組も大きく変わり、すべてが変化しているので、ここで
人間の足腰にもう少し力を入れる法案が必要じゃないでしょうか?

こう見ると、自己責任を主張する人間とは、弱者からむさぼり取る為、また
世の中とは弱者を中心に自己責任を主張する人間が弱者の周りを回っているのだと感じますが。

己のない自己責任側の人間とは、例えば行き過ぎて女性に人気のある芸能者は、魂のない
ような顔つきをしているのかもしれませんが。

毎月働いていれば、政治関係者ならどんなに安くても月40~50万円以上
100万円台以上の収入が毎月ちゃんと行ってさえいれば振り込まれお金に
困ることもありませんが、人間はなかなか性質は変われない為、月一桁~12~3万
円の人は、食費と生活と切り詰め、月が終わる頃には手元にいくらも残らない。

またそうゆう人は、発想を行うバイタリティーも、収入を増やす為新しいことを
やるか。勉強とか資格を取ることを案じたり、中には欲もない人もいたり、しかし、何かの法が定められ搾取してきたバイタリティーを還元できれば、どんなに駄目な人でも、
よしいっちょやるか。と考えられるかもしれない。

シャッター商店街とか閉まる店がここ最近は、本格的に増えてきましたが、
中には少し工夫さえできれば、コストを抑え、何かしら向上できる方法を
模索できるところも多数あるかもしれない。

海外に行くと、貧しい国でも先進国でもどんなぼろい個人店に入っても、意外に味があり何度も通いたくなる店が
山ほどあるし、海外の例えば、中華にせよ、イタリーにせよ、トルキーにせよ、
カフェにせよ、大抵そこそこ安くてうまく、何度も通いたくなる。

日本には、個人でいい店もありますが、それでも力不足の面も多々あったり、
チェーン店でもまずいもんを出して平気で広告だけで、平気で経営を続ける場所もある。
個人だとよっぽど心血注いで努力しないと経営を維持できない。
それでもアイディアをえる方法が分からなければ、経営し続けられないかもしれない。

また誰でも何かの宗教に入ったり、特殊な性格で力を得る事はできないかもしれない。

政府、政治、関係者は、何年かかってもこの種の法の可能性を研究し、制定してほしい。

透すがる

>以前、掲載していたモントークモンスターの件はどうなったのでしょうか。
>逃げ出した生物兵器と書いてしまってあってもいいじゃないですか。

逃げ出したとはここにもリンク先にも書いてありませんよ。

物体は持ち去られたか海に流されたそうですが、海に流されて
いくような場所に有ったのか、それとももう少し岸だったのか
それすら続報と言う形で写真が追加されて来ないのです。

私だったら、得体の知れない生き物に遭遇したら、
たったあれだけしか、写真を撮らないなんて有り得ないですよ。
犬もどきにも見えましたし、発見者は謎の生物だと言うし
如何ともしがたい感じでした。

しかし、死体を裏返せとは言いませんが、色んなアングルから
写真を撮ったと考える方が、普通は自然です。

そもそもそれだけであの物体の正体がハッキリした筈なんですよ。
わざと中途半端なものを投稿した様にすら見えます。
実際、続報が少なすぎてCNNのおもしろニュースで終わっています。

あるだけ無意味か、なんぼか有害な情報なんですよ。
生物兵器は「作っていない訳が無い」ですから。

>本当は腐敗して毛の抜けた犬の死骸でもいいじゃないですか。

それはリンク先の記事に、最初から書いてあった事です。
確かに参加型メディアが日本には少ないのですが、
コメントを受け付けている意義をもう少しお考えください。

通りすがり

確かに「地球温暖化 嘘」等で検索すると
山の様に資料が出て来ますね。

ネットを過信してもらう為のキャンペーンでしょう。
誇張して言い出した国はアメリカだった事から推察すると、
温暖化の情報を誇張して報道していた事実を最初から
「ネット経由で」民間に理解させる為に有ったのかもしれません。

9.11の目的のひとつはそれに有ったのでしょうが、ネットと
関係のない人材は興味を示していなかったですから、
これなら、ネットの重要性を世界中が理解してくれるでしょう。

もしかして、アメリカの諜報機構が強くなっている事を伺わせます。
NSAや諜報機関が、民間の盗聴等を良く追求されていますが、ネットじゃ
括りきれない形態のプロジェクトが完成している可能性は確かにあります。
どちらにせよ、件の温暖化に関した機関が自ら修正済みであるにも
拘らず、誤った報道をさせていたのですから露骨な事ですね。

日本でも、青少年インターネット規制法案と言う形でフィルタリングを
義務づけしていますが、実際の所は、その程度で青少年への配慮が
充分であるとは考えてはいないようです。一応は働くのでしょうが
実質は、単なる「天下り先」として機能するという一説が有力だそうです。

つまり、国民に認められている主義主張に関したページなどを
それとなく少しづつ、「不平が噴出しない程度」に規制していく以外に、
さしたる意義は無いことになります。若年層がオンライン上の情報の収束を
する上で、いちいちタイミングをずらす為の法案かもしれません。
若年層が政治に興味が無いのではなく、なくす様なテレビ報道しか
していないのは、ご存知の通りですから、主に今の内だけ機能させる
目的を持った法なのでしょう。

そもそも酷い人間より、まともであろうとする人間の方が
先進国では多いのです。ネットもその様に機能するでしょう。
世界のネットにおける、日本の違法性、インモラル性のランクは、
実際「下から数えた方が速い」のです。
ネットの重要性は、政府なり諜報機関なりも知っていたはずですが、
実質、こういう老齢の政治家ばかりがピックアップされています。

ttp://www.usfl.com/Daily/News/08/07/0715_041.asp?id=62250

知らないで規制を掛けると言う、政治的判断をする国では有りません。
似た様なニュースは日本でもありましたし、似た様なニュースを
探せば先進国中に有るでしょう。
メディアを「乗せて、叩かせる為」に発言をさせているだけにしか思えません。

ネットを知らない人物をスポークスマンに立てること自体があり得ません。

十部 桂一郎

親愛なるフルフォード様へ
貴殿の勇気と愛に敬意と共感を感じ、応援しています。
以前、掲載していたモントークモンスターの件はどうなったのでしょうか。
逃げ出した生物兵器と書いてしまってあってもいいじゃないですか。
本当は腐敗して毛の抜けた犬の死骸でもいいじゃないですか。
何の説明も無く削除されていると貴殿のブログの情報の信頼性にかかわります。
もし、間違いがあっても、それでブログの信頼が落ちるわけでは無いと思います。
それよりも、間違いを何の説明もなく削除しているほうが貴殿のブログの信頼にかかわります。
表には出ないだけで確実に人造生命兵器は存在していると確信しています。
ミノタウロルスのような呪われた怪物は単なる伝説では無いというのが私の考えです。
どうか、モントークモンスターについてのその後のお考えをお聞かせください。

Joelle Aasal

Benjamin,

I enjoy reading your articles and find that you are a very informative journalist. Is there a way that I can participate in your blog by reading it in English?

Thank you for your continued insight into real world events.

Regards,

Joelle

Moon

氷河期に突入したら日本はどうなるのですか?
(関係ないけど今日は物凄く涼しかった)

最近欧米の資本が日本の土地を買いあさっていると
聞いたことがありますが(リチャードコシミズ氏に
よると日本の寂れた温泉地も人気だとか)
ひょっとして氷河期突入してもヨーロッパなど他の国に比べて
少し気候事情がマシらしい日本の土地を確保するためも
あるのですか?(勝手な推測です)

H N

二酸化炭素は植物の栄養源となり酸素を放出するので、生態系のバランスは一定に保たれる。つまり、二酸化炭素量が増えれば植物がよく育つので緑が増えていい。本当は、二酸化炭素排出量には、あまり神経質になる必要はないのかもしれません。地球が氷河期に向かっているらしいという情報くらいは、いくら間抜けな日本のマスコミ・政府でも知っているはずです。しかし、その事実を知りながら地球温暖化対策が急務なのだとか嘘の情報ばかり煽る政府とマスコミがいるのかと想像するだけで本当にイヤになります。                                                   そこまで嘘をつく背景には、氷河期が深刻な問題となる近未来に、高まる原油需要で儲け、人類支配をもくろんでいる世界政府の作戦が進行中ということでしょうか・・・。

post box

何故、戦争による武器の使用によるCo2は話題にあがらないんだろうか。
それだけでなく、放射能や爆発による自然破壊、人的災害をも引き起こしているではないだろうか。

確かに、政府が容認しない科学者の研究では太陽の膨張が最もピークを迎えるのが2012年のようである。これが古代アメリカの先住民の伝承の記録と一致するようである。そこで、この偶然に一致していることを利用しようとする政府が存在するのも事実です。太陽の影響により局地的な雨、熱波、寒冷など異常気象や天変地異が起こるとされます。しかし、この事実を利用して人工による天候操作や地震発生を目論む政府がいます。これは、フルフォードさんが公開している通りです。しかし、政府はこの重大な太陽の影響の詳細を未だに公表していません。まったく無知なのか、止めているのか、自民、公明、民主、社民、共産いずれも国民に何の情報も公表していません。

Rockさんの情報にあるように民主党内で陰謀に満ちた計画があるのであれば、自民公明党だけでなく、やはり選挙を控えたいるわけですから、真実の情報を公開すべき責任がります。民主に派閥があると言われるのはこのことなのかも知れません。日本の政党にもロック派とロス派の支配権争いがあるのかも知れません。

興味深いことに、伊勢神宮式遷宮は2013年に重要な大神嘗祭が今上天皇により取り行われる予定になっています。それは太陽神で在らせられる天照大神に捧げられる儀式とされるものです。

天皇までも利用しようとする政府関係者は何を目論んでいるのでしょうか。民主を指示する国民は増えていますが、裏で何が計画され実行されようとしているのかは知らされていないのです。これは明らかにジャーナリストたちの責任になります。市民活動家はほとんどが無報酬で行動していますが、ジャーナリストたちは職業として報酬と情報を交換条件にしています。ここも問題があります。利益にならないと情報が公開されないことです。また、公開を止める勢力の脅しや妨害による命の危険があるためです。いずれにしても、欧米支配、中国、韓国、朝鮮支配から自由になることが先決です。

The comments to this entry are closed.