« 民主党分裂を企んでいる勢力がいます | Main | 宇宙ステーションにある大きなレーザー機について »

03/12/2008

Comments

ノー・モア・UFO話

興味深い記事があったので、載せておきます。たぶん、みなさんもご存じかと思います。

ブッシュ大統領の妻ローラが学生時代麻薬の売人をやっていたことは有名

【サクラメント(カリフォルニア州)6日=田中祥子】ブッシュ大統領は大学在籍中の1960年代の
半ばからコカインを使い始め、父親が大統領時代、キャンプ・デイビッドでコカインを吸ったことがある、
と近く発売される本の中で伝記作家が明らかにしている。ローラ夫人も若いころ、違法な麻薬を
使用した経験があることしている。6日付の英ミラー紙が報じた。
英国の『デイリー・ミラー』誌は小ブッシュと妻のローラがドラッグ好きの
 若者だったことを紹介しています。
His wife Laura also allegedly tried cannabis in her youth.
【妻のローラも若い頃にマリファナをやっていたという。】

もう一つ、広瀬隆さんの『世界金融戦争』という本にも興味深いことが書いてありました。
広瀬隆さんの『世界金融戦争』より抜粋。

2002年10月に大統領の弟、フロリダ州知事ジェブ・ブッシュの娘ノエルがまたしても
コカイン所持のために手錠をかけられて独房に投げ込まれた

なんか、親、子、妻、姪っ子と、ブッシュ・ファミリーは家族の殆どが麻薬絡みのようですね。

ノー・モア・UFO話

‘Retired Scientist’さんと同意見です。

‘おっとっと’さんの提供する情報はすごく貴重で勉強になるものが多いです。私は‘おっとっと’さんや
‘Retired Scientist’さんとは違い科学技術専門ではないので、‘おっとっと’さんの提供する科学技術に
対する見識はどこまでが正しいのか判断できませんが、私は『犯罪』や『国際テロ』の本や書物を多く
読んできたので、『犯罪』や『国際テロ』に関する情報に至っては、だいたい‘おっとっと’さんの提供する
情報は信頼し、参考にして、勉強させてもらっています。私は‘おっとっと’さんにたくさん感謝はしています。

しかし、私は、‘おっとっと’さんに対して、‘Retired Scientist’さんと同様の以下の感想を持っています。

1) >おっととさんが個人的な価値観を吐露されて特定国の人々や特定民族を称揚されるのは
    場違いではないかと思います。

2) >何処の国でも圧倒的大多数は自分の生活に追われる無知で善良な人達です。しかし、
    99%の人が善良だから1%の悪人の為に刑法を作る必要は無いとは誰も主張しません。
    それは極めて少数とは言え、極めて悪質な人達が居て、彼らの流す害悪が国民全体に
    影響するからです。貴方が弁護される在日韓・朝鮮人、同和の人達についても同様で、
    大多数は善良な人達である事は間違いありません。しかし問題は彼ら自身で身内の
    悪い人達を自分たちで制裁するだけの見識と努力が見られない事です。それどころか、
    少数民族を理由に保護を受ける特権があると考えている様に見受けられるから
    多数派民族の反感を受けるのです。

以前、‘おっとっと’さんは『外国人参政権問題』について熱弁されていましたが、その時の
‘おっとっと’さんの意見、主張には、正直、かなりの無理、矛盾、偏見が見受けられました。
まず第1に、‘おっとっと’さんは『外国人参政権問題』について熱弁されるよりも前に、
>*国籍は捨てるな
在日朝鮮韓国人の皆様出切る限り国籍は保持して欲しい。
>*大切にして欲しいルーツそして誇りを!
国籍は本籍のような物自分のルーツの証であり大事にして欲しい。
と仰られていましたが、そもそも、この考え方には、大きな『矛盾』が存在し、『論理破綻』して
います。この‘おっとっと’さんの論理を、アメリカや中国などの『多民族国家』に当てはめて
考えてみて下さい。『多民族国家』には、いろいろな民族が存在していますが、それらの異なる民族は、
おのおの民族が、みんな同じ、その1つの『多民族国家』の『国籍』を保有し、生活をしているでしょう。
国籍は本籍のように、自分のルーツの証として考えるのは、そもそもの間違い、『論理破綻』です。
国籍は本籍のようなルーツの証では決してないのです。‘おっとっと’さんのこの考え方は間違っています。

重要ポイント1.国籍は本籍のような民族のルーツの証ではない。

次に、‘おっとっと’さんは、.【『外国人参政権』を認めること】と【『二重国籍』を認めること】の
違いについて、本当に理解されているでしょうか?流石に、これは分かりますよね?

重要ポイント2.【『外国人参政権』を認めること】と【『二重国籍』を認めること】は、
          似ているようでいて、本質はまったく違うということ。

理由.“その国”の『国籍』というものは、“その国”に対して帰依し属する者が保有するものであるから、
    その個人が、“その国”に対して帰依し属しているという証こそが、“その国”の『国籍』というもので
    あります。よって、“その国”に対して帰依し属する者は、【“その国”と運命を共にする『決意』】を
    持っている者であるという意味であります。さて、ここを原点に考えましょう。

『外国人参政権』を認めること
“その国”に対して帰依せず属していない者、つまり、“その国”と運命を共にする『決意』が無い者が、
『参政権』、『選挙権』という『権利』だけを保有することになる。『義務』や『民族間の公平』は
どうなるのでしょうか?

『二重国籍』を認めること
『国籍』を2つ、二重に保有しているとしても、『形式上(形の上)』は、“その国”に対して帰依し
属する者、つまり、“その国”と運命を共にする『決意』が有る者が『権利』だけでなく、『義務』も
持つこととなり、その上で、『参政権』、『選挙権』を保有することになる。

重要ポイント3.『国籍』というものは、“その国”に対して帰依し属しているという証であり、
         “その国”と運命を共にする『決意』の証でもある。

『二重国籍』を認め、『日本国籍』を与えるということは、『日本の政治』に対する『権利』だけでなく、
日本という国に対する『義務』を請け負わせることになるので、『日本国籍』を保有しない外国人に
対して、『参政権』、『選挙権』を与える『外国人参政権』とは、本質的に違うのです。

ですから、‘おっとっと’さんの提案どおりに、在日韓国・朝鮮人の方々に対して、『参政権』、
『選挙権』を与えるには、最低限、日本人と在日韓国・朝鮮人の双方に不利益にならないように、
以下の3つの条件は必ず満たすべきなのです。これは『差別』ではありません。理論的に。
条件1)外国人参政権を認める国に至っては、2国間条約をおのおの結んで、双方の国の国民が
     お互いの国で『外国人参政権』を保有することにすること。例えば、在日韓国人に対して、
     日本の『参政権』、『選挙権』を与えるならば、同じように、在韓国日本人に対しても、
     韓国の『参政権』、『選挙権』を与えるべきだと思います。一方の国の国民にだけ『特権』を
     与える処置は、『不平等』と『不公平』を生む結果をもたらし、しいては、そのことが発端と
     なって、お互いの民族間、人種間にいらぬいざこざを生む可能性があります。在日韓国人に
     日本の『参政権』、『選挙権』を与えるなら、同じように、在韓国日本人にも、韓国の
     『参政権』、『選挙権』を与えるように、2国間でしっかりとした2国間条約を締結するべきです。
条件2)反日教育を行っている国の国民、民族には『外国人参政権』を与えないこと。
条件3)最低限、日本に20年以上在住している外国人に限定すること。
もし、この3つの条件が満たせないようであるならば、リチャード・コシミズさんが提案されている
以下の方法を採用するのがベストなのです。リチャード・コシミズさんのブログより抜粋。
>じゃ、父さんも参政権付与に賛成してるの?
 いや、そんなもの、いらない。前にも言ったように、民潭、総連以外の第三の在日の
 受け皿を育成して、親日的な「在日コリアン」組織を作り、そこに在日人口の大半、
 恐らく80%以上を吸収する。その上で、彼らだけに二重国籍を認める。二重国籍の
 次の段階では、単独日本国籍に切り替えるというゴールも設けておく。ただし、
 北鮮を国家として認めていない現状では、「北朝鮮籍在日」というのは、日本の
 法律では「無国籍者」だ。無国籍と日本国籍の二重というちょっとややこしい話には
 なる。ま、技術的問題だが。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/200712/article_17.html
私もこのリチャード・コシミズさんの提案する方法なら大賛成です。なぜなら、漠然と、
在日コリアンに対して、『参政権』、『選挙権』を与えるのではなく、リチャード・コシミズさんの
提案する方法ならば、在日コリアンに対して、『参政権』、『選挙権』を与える前の段階で、
反日的ないかがわしい団体・人間を省き除外することがある程度出来るからです。
『外国人参政権』というと、日本に帰依しない国の人間に対して、『権利』だけを与える
結果になってしまうので、『段階的』に『日本国籍』を与えて『二重国籍』を認めることで、
『権利』だけをではなく、在日コリアンに対して、『義務』も与えることが出来ます。
順番としては以下のとおりでしょう。

民潭、総連以外の、反日的ではない『第三の在日コリアン』の受け皿となる組織の設立
                        ↓
        親日的な『在日コリアン』組織(在日コリアン第三勢力)の育成
                        ↓
親日的『在日コリアン』組織(在日コリアン第三勢力)に在日人口の大半、80%以上を吸収させる
                        ↓
親日的『在日コリアン』組織(在日コリアン第三勢力)にだけ『日本国籍』を与えて『二重国籍』を認める
                        ↓
   親日的『在日コリアン』に日韓問題、日朝問題の融和的な解決に向けて活躍してもらう

これでも、‘おっとっと’さんは、以前、以下のような感情的で論理的ではないコメントで答えましたよね。
>*考え方
まずは基本的な考えですが、参政権を与えるとか、親日的な「在日コリアン」組織を作り、とか言うのは
言う事は間違いです。
*頂くと言う謙譲の心が大切
高所見所から物を見て与えるという考えや、組織をつくり策をもって利用したりする考えは
良くありません。あくまで在日朝鮮韓国民の自らの意志で行動して頂く事です。
*譲る心の大切さ
日本は韓国朝鮮と比べれば大国です。交渉により何かを決めようとするのは、場合によっては
圧力であり強制です。米国が日本にしてきたこと同じです。まずは大国がゆずると言うことが
重要なのです。

まず第1に、‘おっとっと’さんには、リンク先のリチャード・コシミズさんの考え方をしっかりと
見て読んでもらいたいです。リチャード・コシミズさんの言っておられる親日的な「在日コリアン」組織
というのは、在日朝鮮韓国民の自らの意志で行動して起こった運動です。それを、独立党や
リチャード・コシミズさんは暖かく支持しているだけです。
第2に、確かに、日本は韓国朝鮮と比べれば大国ですが、実質的に、日本を操っているのは
韓国カルト教団と在日カルト教団です。
第3、大国と小国との間の交渉において、確かに、‘おっとっと’さんの言うように、2国間での
交渉は小国側に不利になる可能性もありますけれども、アフリカ諸国や、ラテン・アメリカの
開発途上国なら分かりますが、韓国は技術的にも経済的にもそこまで小国ではないし、
まして、『参政権』、『選挙権』といった国政に関わるようなことは、いくら何でも、小国側の
国民に丸投げするというのはイカレているとしか言いようがありません。上にも書きましたが、
『国籍』というものは、本籍のような民族のルーツの証ではなく、“その国”に対して帰依し
属しているという証であり、“その国”と運命を共にする『決意』の証でもある大事なものです。
“日本”と運命を共にする『決意』が有る、『日本国籍保有者』だけが、本来は、日本の国政に
関与することの出来る『参政権』、『選挙権』を持つ『資格』が有るのであって、そうでない、
“日本”に対して帰依し属してもいない外国(韓国・朝鮮)の国民(韓国・朝鮮人)に対して、
『日本国籍』を与えて『二重国籍』を認めた上でもなく、『参政権』、『選挙権』を与えることは、
理にも筋にも反しているし、著しく【『日本国籍』の『価値』を下げてしまう行い】であって、
既存の『日本国籍保有者』に対して多大な不利益を及ぼし、日本人と韓国・朝鮮人との
間に不平等と不公平を生み出す結果になるような、危険で愚かな行い以外に何でもありません。

重要ポイント4.『外国人参政権』を認めることは著しく【『日本国籍』の『価値』を下げてしまう行い】である。

さて、次に、今現在において、在日コリアンがどれくらい日本で信用されているかについてですが、
これについては、他の投稿者のコメントを参考として載せておきます。

‘Retired Scientist’さんのコメント
>何処の国でも圧倒的大多数は自分の生活に追われる無知で善良な人達です。しかし、
    99%の人が善良だから1%の悪人の為に刑法を作る必要は無いとは誰も主張しません。
    それは極めて少数とは言え、極めて悪質な人達が居て、彼らの流す害悪が国民全体に
    影響するからです。貴方が弁護される在日韓・朝鮮人、同和の人達についても同様で、
    大多数は善良な人達である事は間違いありません。しかし問題は彼ら自身で身内の
    悪い人達を自分たちで制裁するだけの見識と努力が見られない事です。それどころか、
    少数民族を理由に保護を受ける特権があると考えている様に見受けられるから
    多数派民族の反感を受けるのです。

‘大’さんのコメント
>歯の浮くような理想論ばかりですが、実際にどのくらい朝鮮系の人たちを見てきましたか?
友達、知り合いにどれくらいいましたか?
僕は多くはなかったかもしれませんが、それなりの数を見てきましたよ。
学校で教えてる歴史が歪んでいるので、日本人に対して攻撃性を持つのも無理ないかもしれませんが・・
どうも他罰的と言うか、内罰傾向の日本人とかあきらかに違うと思ってます。あくまで全体論ですが。
一度、どうしても運転したいからと懇願したので当方の車を運転させた所、見事に事故を起こされました。
ハンドルを渡した自分も悪いですが、問題はその後、頑として誤りません。それどころか、自分は無理やり
運転させられた被害者だと嘘を付き噂を広め、携帯を着信拒否にして音信不通になりました。
この手の話、山ほどあります。最初から偏見があったわけではありません。

誤解をされたくはないので、はっきりと書いておきますが、私は在日コリアンを差別しているわけでは
ありません。問題は、現状として、在日コリアンは今、大多数の日本人から『信頼』されていない
というのが『現実』なのです。もちろんそれには、『権力維持』を図ろうとする朝鮮葬連や盗一教会の
策略が裏にあることは明白でしょう。リチャード・コシミズさんのブログより抜粋。
>特定の在日カルトや在日右翼などの組織的蛮行を追及していると、「在日は全て悪い」と
  印象付けようとする輩が必ず出てくる。「在日=全て悪」を日本人に浸透させて、在日を
  日本社会から乖離させ、結果、在日の総連への帰依を維持させようとする北朝鮮勢力の
  手口そのままである。richardkoshimizu2008/03/06 23:46
私もリチャード・コシミズさんと同じように見ています。しかし、‘おっとっと’さんの提案には賛成出来ません。
なぜなら、実際問題として、今、在日コリアンが日本人に『信頼』されていないということが1番の問題なの
です。ですから、順番で言えばリチャード・コシミズさんの提案された方法が、この問題については模範的な
解答なのです。何事も論理的に順を追って、1つ1つ丁寧に解決していくしかないのです。

重要ポイント5.在日コリアンの全てが悪いのではなく、悪いのは一部の在日カルト・ヤクザである。

重要ポイント6.現実問題として、現在、在日コリアンは、多くの日本人には『信頼』されてはいない。

最後、‘おっとっと’さんの文章には、少数派の民族(マイノリティ)に対する同情や思い入れ、それに、
敬意は見受けられますが、逆に、多数派の民族に対する敬意は感じられません。
以前、私は、日本の富裕層の方々に向けて、ここのレスで、『ホワイト・トラッシュ基金』の提案を
載せたことがあります。『ホワイト・トラッシュ』というのは、フルフォードさんの新刊に詳しく載っていますが、
簡単に言うと、アメリカ国内の白人貧困者のことです。アメリカの貧困者というと、殆どの人が、すぐに
思い浮かぶのが、黒人貧困者やヒスパニック貧困者ですが、実際に、アメリカで最も多い貧困民族は、
アメリカの貧困層3700万人(2004年時のデータ)のうち、1700万人も占める白人貧困層です。
フルフォードさんの最新本によると、アメリカは、黒人などのマイノリティーの貧困層に対しては、
『積極的差別解消施策』という教育支援、職業訓練を与える制度があり、富裕層からの寄付金が集まる
らしく、その富裕層からのマイノリティーの貧困層に対する寄付金の額は、マイノリティー貧困者一人の
寄付金が、およそ、白人貧困者(ホワイト・トラッシュ)の年収に匹敵する約2万ドル(約200万円)に
なるそうです。しかも、マイノリティー貧困層が、白人貧困者(ホワイト・トラッシュ)が担っていた仕事を行う
ようになり、白人貧困者(ホワイト・トラッシュ)がマイノリティー貧困層から仕事を奪われたと思い、
『人種差別』に傾倒し、アメリカでは、現在、貧困層同士で反目し合う方向になっているそうです。

マイノリティを差別してはいけないことは、子供でも理解できる常識ですが、それ以上に大事なことは、
既存の多数派民族に対しては、ある程度の優遇政策を行い、マイノリティ以上の生活、権利を
与えなければいけないということです。一見すると矛盾するかのように思えますが、マイノリティ側に対し、
既存の多数派民族以上の生活、権利を与えてしまうと、当然のことながら、マイノリティは、既存の
多数派民族の憎しみの対象になり、既存の多数派民族の貧困層が、KKKやネオナチなどの、
イカレた民族主義団体に流れてしまうようになってしまう可能性が高いからです。これは、日本でも
同じことが言えると思います。

重要ポイント7.既存の多数派民族より、マイノリティを優遇すれば、『人種・民族差別』が生まれる。

‘おっとっと’さんの主張の殆どは、マイノリティに対する過度の同情が多く、多数派で既存の
『日本国籍保有者』に対して、なんの敬意も見られません。これでは、賛成することはできません。

===まとめ===

1)『国籍』とは本籍のような民族のルーツの証ではなく、“その国”に対して帰依し属している
  という証であり、“その国”と運命を共にする『決意』の証でもある。

2)【『外国人参政権』を認めること】と【『二重国籍』を認めること】は本質はまったく違うものであり、
  『外国人参政権』を認めることは著しく【『日本国籍』の『価値』を下げてしまう行い】である。

3)在日コリアンの全てが悪いのではなく、悪いのは一部の在日カルト・ヤクザである。しかし、
  現実問題として、現在、在日コリアンは、多くの日本人には『信頼』されてはいない。

4)マイノリティを差別しては絶対にいけないが、既存の多数派民族より、マイノリティを優遇すれば、
  『人種・民族差別』が生まれる。

おっとと

*少数民族による多数派民族支配について*

*答えは出ないが
世の中の支配の構造は現在過去に於いても多くがそうだった。それが是か非か善か悪かは良く判らない。世界ではユダヤによる支配。中国では満族による支配。日本でも半島系勢力に支配が進んでいる。多数派民の人々はそれにどう立ち向かうのか、どう付き合うのか、仲良くか、対立か、追い出しか、殲滅か、何が良いか私は判らない。

*私の経験、思い出
私は過去に置いて多くの外国人と席を並べたり共同作業をした経験がある。その1つに韓国企業と行なった共同作業プロジェクトがある。派遣された技術者は386世代といわれる反日の教育がされた世代でもあった。

*満族の企画進行と協力してくれた華僑の成功者
常に日本人との間に大きな溝があった。中々打ち解けてもらえない。業務にも支障が出始めた。そこで中国人グループに相談した。彼らも由々しき問題だと思って何とかしたいと思っていた。日本で成功した華僑の人の誕生会に日本人と韓国人を呼んで貰うように頼んだ。

*飛び交った多数の言語
それは名目で華僑の人の成功までの話をしていただき、韓国人、日本人に外国人との正しい付き合い方を学んでもらう為だった。それを立案してくれたの満族の人たちだった。台湾人も呼んだ。中国北京語、福建語上海語、英語、日本語、韓国語が飛び交った。共通語は日本語だった。

*社交能力に長ける満族
満族の人達はとても人々を結びつけるのが上手い。386思想に関係ない中国の朝鮮民族の方も呼んでもらった。目的は日本人の言う事に耳を貸さない386世代に日本人の良さを知って貰うのが狙いだった。誕生会と言うか交流会でお昼前から二度の食事そして色々な討論が活発に行なわれた。

たった10時間足らずの交流で韓国人達、日本人達は大きく変ってくれた。さすが満族のリーダーシップは凄い、そう思ったものだった。

*有能な満民族
200の民族とも言われる中国を束ねる才能である。確かに漢民族とは対立も有るが、うまく懐柔する。古くモンゴル草原から世界に散って多くの民族の奥深くまたは多くにDNAを残した種族である。確かに少数民族といわれるが、かつては世界人口が非常に少ない時代ではかなりの多数民であった、

*騎馬民族のDNA
彼ら騎馬遊牧民も行動力が世界へ旅出せ、気が付けば少数民と言われる様に成ったのである。日本人もそのDNAを多くの人が持つ。つくずく人々の連帯には少数民族の活躍が必要である。そんな事を感じさせた思い出である。


*私の韓国朝鮮民へお思いの根底には
私は小さい時から朝鮮人、台湾人一家と同居した事も合ったのだが、一番は朝鮮人の彼女を持った事だった。小学校時であったが、将来の夢まで彼女を中心に描いていた。彼女の一家とは家族以上の存在と成っていた。その幸せが一瞬にして奪われた。随分北朝鮮と言う国をうらんだ。金日成の写真のある新聞を焼いてその灰を地面に踏みつけ擦り込んだ。完全な嫌朝鮮。そして韓国も嫌いな国だった。

*入信
そんな中、創価学会が北朝鮮の人を助け送還を防いだとの噂があった。(騙された)そして17歳の時に学会に入信した。それから長いこと学会に身を置いた。もっとも教学試験は2度しか受けてない、不真面目学会員で座談会も逃げ捲くっていた。そんな存在だった。

*創価成大作の組織とは
私が社会人となって知り合った学会の友は父が学会の幹部であった。成大作を取巻く200人衆の一人で黎明期からの会員であった。それ以前から成大作が朝鮮系である事は知っていた。そして知りえた情報では幹部は殆ど数人を除き生粋の日本人であること。幹部組織を取り囲む教学など司る2000人くらいの人々には在日3世くらいで日本に帰化した人が多いことも知った。

*悪事と戦う在日
その在日3世4世で日本国籍を持った人々が教学を通じ成大作の欺瞞にきずいて、離れていった。中には幹部でも離れた人もあった。そして学会批判する情報をどんどん流した。その結果、起こったのが大石寺騒動だった。活躍したのは在日に近い人達の活躍だった。もちろん在日の信者もそれに加わり、広め、その結果が阪神地区で元々強い公明勢力が地盤を失っていた。それには在日コミニティの働きも大きい。決して在日の人々も手をこまねいている訳では無い。私に情報をくれる学会員も両親祖父母は韓国籍である。決して悪事を見逃さず戦っている人も多いのを明記したい。

*自分は
しかしまた私も自分の心に問い掛けてい見ると。もし彼女との出会いや幼い時の朝鮮人家族との触れ合いが無かったら。恐らくコチコチの嫌韓嫌朝鮮に成っていただろう。チョンは出て行けとかウセーくせーだよおキムチやろーがとか悪言を付き捲って、韓国企業とのプロジェクトもぶち壊していたかも知れない。タブン自分の性格から間違いないと思う。

*弁明、
私がなぜ皆様方の反発の無視して、あえて逆らい投稿したか、それは益々強くなり家族にも心境を伝えられない昔の彼女への思いで有ります。毎日彼女の思い出がよぎり、月に一度は昔彼女の家があった所で、涙を流し身体を震わせ拳を握る自分が有るからなのです。もうタブン殺されこの世にいない彼女そして御一家、もうこの世に別れ、天国で彼女と再会したいと思う事もしばしば、そんな彼女を思う心が朝鮮半島統一の願いを書かせ投稿させたのです。

*何故在日が
その投稿の中、何故在日の方々が重要かと言うのは、中国の満族のような少数民の活躍が日本韓国北朝鮮を結びつける力となると強く考えるからです。公明創価は現在在日外国人参政権の成立に力を入れています。それは在日韓国人朝鮮人が反発を強めているからで、参政権で公明勢力に取り込み懐柔しようと言う目論見です。でもそんな事で騙される在日の人々では有りません。うまくすれば公明勢力に加わり中からぶち壊してもくれるでしょう。ちょうど学会に籍を置き数々の情報を提供してくれる友人の様に。

Retired Scientist

おっととさんへ

当方も科学技術専門なので貴方の提供されている情報は多大の興味を持って読んでいます。私たちに最も価値があるのは情報であり、その真偽を調べあげる為に頭脳を働かせるのがこのブログの最大の魅力なのです。提供された情報をどう判断するかは読者各人の自己責任です。しかし、このブログは貴重な情報交換の場としてフルフォード氏が提供されているのですから、おっととさんが個人的な価値観を吐露されて特定国の人々や特定民族を称揚されるのは場違いではないかと思います。

何処の国でも圧倒的大多数は自分の生活に追われる無知で善良な人達です。しかし、99%の人が善良だから1%の悪人の為に刑法を作る必要は無いとは誰も主張しません。それは極めて少数とは言え、極めて悪質な人達が居て、彼らの流す害悪が国民全体に影響するからです。貴方が弁護される在日韓・朝鮮人、同和の人達についても同様で、大多数は善良な人達である事は間違いありません。しかし問題は彼ら自身で身内の悪い人達を自分たちで制裁するだけの見識と努力が見られない事です。それどころか、少数民族を理由に保護を受ける特権があると考えている様に見受けられるから多数派民族の反感を受けるのです。

これは何も日本だけの問題ではありません。欧米でも特定少数民族が差別待遇を受ける理由はそれぞれちゃんとあるのです。少数民族が他民族の中で同化せずにうまくやっていくには、身内の悪い人を庇うのでなく、進んで自分たちできちんと制裁を加える事が多数派民族の尊敬と信頼を受ける条件です。ユダヤ人が欧米社会で広く受け入れられているのは悪いユダヤ人が居るとそれを暴露するのもユダヤ人だからなのです。

おっとと

**”好きなものは男のわがまま ”さま*
とても大事な内容で是非この路線でいきましょう。大変良いご提案有り難う御座います。確かにおっしゃられる様な構造に成っており、それが電通などの圧倒的番組支配の構造です。スポンサーと放送局は直接結ばれていません全て電通や博報堂と言った広告会社が取り仕切っている訳で、放送局は総務省の電波権で縛られています。

今悩んでいるのは如何やって911疑惑で無く911の真実のルースチェンジを放送してもらえるかに掛かっています。冠スポンサーでも契約時に放送内容は広告代理店と契約されスポンサーも意思には成らないのですね。コマスポンサーの場合は殆どと言うか全く決定権をもたない訳で、時間を掛けてジックリ内容を懐柔すると言うために「質問」と言う手法は重要な手口ですね、

そこで911ルースチェンジを放送して貰えるようないいアイディアやヒントや情報が御座いましたら宜しく何処のスレッドで、また何時でもご提案もしくは御教授願えるとても嬉しいのですが、何卒宜しくお願い致したく存じます。ご投稿の程何卒宜しくお願い致したく存じます。敬具

朱鷺

おっととさんのように誰もが考えない日本の現実をどうするのか。北朝鮮に帰れと煽る右の人々はどこからお金を得ているのでしょうか?

おっとと

**日本人、日本国の成すべき事**

かつて沖縄でも日本に裏切られ見捨てられた人々が独立と反日を掲げ闘争しました。結果600人以上の人々が米軍によって惨殺されました。韓国朝鮮の人々に根ずく反日感情は植民政策より見捨てた日本に対する反感が根底にある、そして日本は反映を続けていった。それに対する怒りだった。

韓国では苦労して多くを犠牲にして漸くここまで来た。しかも日本が撒いた種により、日々北の脅威、そして日本ですら大きな脅威に思える。米国も日本と同罪この脅威を作り出している。そんな思いが根底にある。殖民支配より戦後の裏切りの方が罪が大きい。

戦後日本は自分だけを考え朝鮮半島を日本と同時に復興出来る様に努力しなかったかのである。そうすれば南北分断も起こらなかったかもしれない、それを思うと日本に対する怒りはやむ終えないことなのである。少なくとも日本はそう考えるべきだろう。

**日本が成すべき事**
*朝鮮半島分断は日本の問題
朝鮮半島の南北分断には日本は大きな責任が有ります。日本が殖民地化しましたが一度併合によって日本国と決めた以上日本の問題でもあるのです。日本は敗戦により朝鮮半島が切り離され更に南北に分断されましたがそれはかつて日本国家を構成した人々を見捨てた事です。

*日本は朝鮮半島民を見捨てた
沖縄は返還と言う解決方法を取りましたが、朝鮮半島は統一と言う決着を得るまで日本の戦後は終わらないのです。朝鮮半島の民は日本に見捨てられた民と言えるのです。

*南北統一ための方策
日本、北朝鮮、韓国が南北統一の為の同盟を結びます。各国間の問題は直ぐに解決できない物は一端棚上げにします。そしてお互いが軍縮の為の交渉を行い、必要なら軍事同盟も結び国防力低下を補いあいます。そして浮いた国防予算で北朝鮮の経済発展に協力します。

*南北統一は我が国の国是
そして常に統一にむけた方策を協議して妥協点を見出します。必要な施策への計画を立案しそのプログラムを進行します。そして、統一へ向けた努力を我が国の国是として国民一体の交流を促進します。

*在日の方々への期待
特に重要なのはこの国の宝ともいえる在日の方々です。在日の方々には特に統一事業に深く関わって頂きたいのです。日本が南北の問題は日本の問題であると言う強い認識を持つ事です。

*真の友好は南北統一から
この見捨てたり南北の分断を是とした過去の誤りを正し、深い反省の元このプログラムを推進する事です。そして南北統一の暁に初めて真の友好関係が生まれるのです。

*培った友好豊かな国で世界に貢献
それから新しい朝鮮韓国と友好条約を結びお互いが兄弟の国として豊かな国ずくりに、そして平和国家として世界に貢献する誇り高き集団として貢献するのです。

*太平洋戦争で散った朝鮮半島民の英霊に
独立を夢見日本にそれを託し、若き命を散らした人々は国の南北分断など想像もしなかっただろう。しかも日本は裏切った、とても成仏できないでさ迷い続け無ければ成らない。余りにも哀れである。この人達の英霊に報いる為日本が成すべき事は決まっている。

*靖国
日本はそれを無視して靖国に英霊を弔っている。だから靖国を恨み反対するのである。その靖国反対の気持ちを日本人は朝鮮半島民の視点から見つめて欲しい。そうすれば日本にとって南北統一が如何に大切な事かがわかる。少なくとも戦後を終わらせる努力を全身全霊で進めるべきだ。

おっとと


どこぞの国の難民 さまblogホームページを拝見させて頂きました。ご活躍ご期待いたしております。

**経済 ドル崩壊 レーガン時代の思い出 植草先生**
*知識は無いが古い事は良く覚えているそんな私の直言
*植草氏輝き衰えず
未だに植草先生の金融経済への見識は輝きを失っていない。とても嬉しい。熱く述べられる植草レポートは迫力がある。私は経済とか金融とか言うのは良く解らないが。エンジニヤとして培ったドラスティックな見かたは出来ると思う。エンジニヤ的な見かたからすると、植草先生のご発言は誠に当を得ており信頼出来る。

*植草流思考方法
つまり大きく捕らえ構造や仕組みを説明しそれを絞り込んでいく手法である。そして一つの現象を徹底的に捉えそのボトルネックを洗い出しまた全体を類推予測すると言う手法正しくこれはエンジニヤの発想と通ずる物がある。あんなに非道な公的権力を使った陰謀に巻き込まれてもひるむ事無くスタンスを変えない植草先生は本当に立派である。プライドの高い氏の精神をそして全ての名誉をずたずたにした悪辣な集団に対しては改めて憤りを覚える。

*ドル崩壊とレーガン大統領
ドル崩壊と言うのは此れまでも思い出すと確かレーガン時代も画策された。当時でも膨大な財政赤字の帳消しにインフレを起こし借金を帳消しにしようと言う構想であった。日本なども巻き込み実行しようと言う事だった。大きな問題は産油国の問題だった産油国が国有化される中米国の支配力が低下し、インフレ政策の中産業を維持するべき必要な石油が供給されるかの不安だった。

そして起こったのがイランコントラであった。現在米国はイラクに膨大な軍事力を展開させ産油国を服従させるに十分脅しをかけることが出来る。ロシアを含め完全に世界の石油を握ってしまった。つまり自由にインフレ政策を実行できる体制が出来たのである。ドル崩壊をちらつかせ世界中に資金を米国に還流させ最後はそれすらも踏み倒すと言う事だ。

*歴史は教えてくれる
此れまでも歴史に於いて常に国家が戦争による巨額な債務を帳消しにしてきた手法である。米国のベトナム戦争の戦後処理を渇望していた時期だった。今はイラク戦争である。思い出せばレーガノミックスによるソ連封じ込めそしてレーガンドクトリンは強いドルを指向しそんな中計画されていた。当時もキッシンジャーがその裏でうごめいていた。

*D-dayはいつ?
あれから30年30年サイクルが起動し始めたのだろう,EUはユーロの信用高め資金を集めた此れも一定のプログラムだったそしてトリガーがプランジダウンされる時へカウントダウンが続いている。ビルダーバーグではそんな事が討議され実行計画の最終的調整が行なわれているのだろう。さてD-dayはいつ?なのか間も無く見えてくるかもしれない。これ迄歴史はサインが出て実行されるのはいつもおよそ5年後であった。そのサインがサブプライムだったのかは未だハッキリしないが。そう考えてもおかしくない状況にある。

どこぞの国の難民

>おっととさん
アメリカ政府機関の人々と敵対して、某国に政治亡命しました私の場合は、漫画ではなくて事実なんですが。
FBIの取調べでは、ジェーン・バウアーという24の主人公を真似たコードネームを貰いました。
24の主人公はアメリカからテロリストを追放しようとしてますが、私の場合は皮肉にもテロリスト国家から追放されました。
ヨーロッパのど真ん中からネオ・コインテルプロの行く先を見守っております。

大

装うことに対して悪だとは思いません。
庶民のファッションスタイルと言うのはしっかりと江戸時代からあります(50茶100鼠等)
ですが今の時代は、あまりにプロパガンダ(ファッションビジネス)有りきの装いになりすぎてしまっているのです。
メディア漬けと言うのは的を射た表現かもしれませんね。
人間がハードで服装がソフトでは無く、服装がハードになっている人は確かに多いです。
身だしなみ=義務
ファッション=趣味

この差がとてもあいまいで、しかもTPOがありません。

うちの母親(団塊世代)はそれほど服装に凝ったりしませんが、
息子の運動会と親戚の結婚式、普段着で服装がまったく違いました。
今はそういった気遣いや機能性を考えるようになるまで凄く時間がかかります。とても精神年齢が低いのです。

朱鷺

konnnitiwa さん。
全く意味不明な文章を載せていると思いませんか?貴方の自我もまだ全く自分が分かっていないのではないでしょうか?

今の時代の日本人は惨憺たる状況だと読んでいて思います。

メイクと服とヒールを取ればもぬけの殻の肉体しか残らないのはしっかりといろいろなことを考える習慣がないからです。何もないわけではなく脳の使い方があまりに
メディア漬けになっているのです。

装うことばかり考えていて中身を磨いてそこから光ってくるのを人に見せる機会がないのです。


好きなものは男のわがまま

一番効果があるのは、スポンサーへの「抗議」ではなく「問い合わせ」です。

現在マスコミ、とりわけテレビ局のスポンサーは、テレビ局の営業と
直に契約してスポット広告や番組の枠を買っているわけではなく、
間に広告代理店が入ってます。
何かの番組がおかしいとして、 その番組のスポンサーに抗議しても、間の広告代理店が調整してしまいます。
翌週にはまったく別のスポンサーとなってしまい、効果がありません。
企業は、一社提供の番組をのぞき、放送の枠の一部を買っているだけで、
その番組に直接タッチしているわけではないのです(これは電通の悪知恵です)

ではどうするか。
問い合わせればいいんです。
「この番組はこれこれこうなっているが、 どのような意図でスポンサードしているか、教えていただけますか?」と
問い合わせしましょう。
「抗議」のように、言いっぱなしにしないこと。
これが重要です。

問い合わせをすると、その問い合わせは企業から広告代理店にゆき、
最終的には番組の制作スタッフへ行きます。
視聴者からではなく、 スポンサーからの問い合わせですから、無視できません。電話で釈明することもできず、
アルバイトや外注に投げることもできず、社員が書類を作って広告代理店や
スポンサーに説明をしに行かないと行けないわけです。
人間ですから一日は24時間です。
その24時間のうち、数時間をスポンサーへの釈明に費やさないといけません。
場合によっては一日がかりになるでしょう。
彼らはこれを、非常に嫌がります。

質問責めにして、彼らの時間を奪いましょう。
捏造する気をなくさせましょう。
これは左側の人たちが好んでやり、また効果が抜群の「叩き方」です。

konnichiwa.

経済的に、スカルアンドボーンズが自分たちを通す理由はなんなんですか?何か意味合いがあると思うのですが、単純な金儲けではないとは思うんですが。。

それともマフィア的なその意味での秩序と金儲けにすぎなんでしょうか>?

それとこの間の、米兵が子犬を
イラクで投げ捨てる事件が起きましたが、これは、実際に生きている子犬を捨てたんでしょうか?

自分は、アメリカ国内のセレブ風に過ごしている人間たちに対する
当て付けの意味だと信じたいんですが、普通の日本人は、ぬいぐるみだろ。かこれはひどい!と信じるのかのどちらかです。


それと今の日本の女の性格が悪すぎて嫌です。彼女らは、当然。という感情だけで生きていて、気に入らないものを、偉い人がやるような感情で、何の物怖じなく、例えば自分が、かっこうをつけていると、
『かっこよくねえよ』とストレートに言います。これは親が、子供を偉いと思いながら育てたからでしょうが、真横に自分がいて、聞こえるように、そういいますので、傷つくというか、立ちはだかって、
お前何か言ったかよ?という怒りと何か
棒で殴ってしまいそうな感情をやっと抑えています。

しかし、自分には一見すると受身の女性と、こうゆうどうしようもない性格の女の区別がつきません。ので、女性全体を攻撃するような意識が芽生えます。

これは、何にでもいえると思いますが、一つの固有種を攻撃する方が易いですが、実際は、その中に
さまざまな人間がいますが、
これって何か解決さくないんでしょうか?


また意地のより狡猾で悪い人間の方が、ソーシャル能力があるという事もあり、これは、まさしくかつての日本と米国政府の関係で、
日本は、ただ純粋に、武士道を
守って、対話と短期決戦で幕降りを図っていたんですが、裏の意図の働きにうまく足を取られて、馬鹿にされる結果になってしまいました。これは、非常に悲しいことです。

正義は一度負けるしかないんでしょうか?欧米人と日本人は、
作り上げられた誤解の中で戦いましたが、それでも、アメリカ人が悪い!白人が悪い。そう決定する方がはるかに心地いいし、簡単です。

どうすればいいんでしょうか?
またこの固有固定観念を変えるのは自分にとって難しいと思います。

日本の女の人も、より単純で自分たちにとって都合よく受け入れられる物以外受け入れようとしない
、そうゆう風にさらに傾倒し、そこで非常に力を持っています。

メイクとヒールと服を取ってしまうと、まるで病人のようなもぬけの空のような肉体になってしまうんですが、これでは、良い肉体関係が、一部の気のいい男以外と結べるはずがありません。

そうでない女性もたくさんいますが、注目を集める女性を見ると、
そうでない方向の人を破滅するようなエネルギーが流れてしまうので、恐ろしいです。かわいそうです。単純な善悪感は、アニメと映画で得つけられている物ですが、
武士道や古来の感覚から考えると、それが植えつけられているものであるとつくづく分かります。

しかしながら、私にはほんとうに
どうすることも出来ません。

しょうがないので書きますが、
自分は、源氏の末裔で、さすがは
その家系という事もあり、他者を
破滅させるも成功し栄華を収める事も、できるようなすさまじいエネルギーを身に着けるにいたりましたが、なんの高等教育、これは、日本の現代のではなく、まあ両方ですね。。当時の古来からの
教育と現代の偏りのない教育両方なければ、コントロールも出来ない状態で開花する結果に陥り、
困っています。特別である喜びもありますが、非常な恐怖です。

そうゆう内容に近い映画や、何かしらリーディングしてからやっている物もあるようで、怖いし、
自分は、ノーマルであるという感覚と、宙に浮いた何も出来ない。
そうゆう、なんのストーリー性もない、普通の感覚。

何が本当かまったく分かりません。

おっとと

そうそう、おっとと忘れていたフェデックスと言うと何か昔のパンナムみたいな人がいます。いわゆる別働隊です。フェデックスの貨物は特別扱いだとか、頑丈な梱包なせいも有るのでしょうか。そんな噂もあったりするフェデックスですね。幹部達も天下りを多く抱えています。やぱりスカルボーンズ系の人脈ですね。とにかく覚せい剤、ドラッグの急増、困った物です。やっぱりバクテリア集団ですね。少しでも人間とまで行かなくとも、哺乳動物クラスの理性や、感情を持って欲しいです。やっぱりニット帽の中国製強力特攻殺虫剤での消毒しかないのでしょうか。

おっとと

*麻薬、偽造通貨でのお話です。
*スカル・ボーンズ
スカル・アンド・ボーンズ卸元売りで特にアジアで強権を持つメジャーで、覚せい剤、ドラッグに力を入れています。CIAにも深く浸透しCIAやペンタゴンをビジネス集団化させたのも彼らです。また北朝鮮系と結ぶ事で日本での卸事業をスネイクとも共同で行なっています。つまりスカル・アンド・ボーンズCIAと中国はライバルですがビジネスパートナーでも有ります。(争そいながらもお金儲けでは手を組むと言うのはヤクザ社会と同じですね)

*イラク虐殺でも
スカル・ボーンズ_系企業はCIAやペンタゴンの下請け企業でも名を連ね、土建ゼネコンも支配し闇のビジネス集団をなし今や闇の帝王とも言えます。ボスはパパブッシュ会長と作戦担当はキッシンジャー専務です副社長には息子ブッシュ、ひらにはチェーニーとか。またCIAを中心とする人脈に拠り支配し米国の税金を食いつぶし、テロと言う捏造ビジネスを行なっている人達でも有ります。またネオコンもこれらの人たちの集まりの一セクトです。冷戦後の世界一極支配構造における新しい大権力世界支配ギャングと言える訳で、それでマフィア潰しをやっているのもそのせいですね。

*スーパーk
スーパーKは名前の通りKoreaだと言う事に成っていますが、スーパーKにも色々あって高精度な偽ドルの俗称みたいな物で、初期の手触りが異なったレベルの低い物からとても発見が困難な物、紫外線チェックやチェックペンでも検出できない高度なものまで有ります。更にホログラムを使ったネクストkも存在しています。初期のものは確かに北朝鮮が独自で進めた可能性が高いとは思いますがそれ以降はスカル・アンド・ボーンズの厳重な管理下で製造されています。さて印刷所は何処にあるのでしょうか、ピョンヤン地下?、ひょっとしてグァンタナモだったりして?少なくとの紙の製造は材料の綿の調達の関係から米国に近いところでしょう。運搬は原潜?エアロフロートチャーター便?フェデックスだとの噂もあったり。

*北朝鮮は
北朝鮮かアジア諸国でマネロンダリングのため使おうとしたのは全て初期タイプの物で存在が知られる様になると、簡単に発見されました。しかも発行額は最大でも数百億円相等といわれ数十億円程度だった可能性も大きいです、そんなに大きな額ではないようです。日本の千円札や5千円一万円札までトライした様でそれらが発見された事があったり、不審船事件関連や工作員水死体事件でも発見されました。

*紙幣印刷とは
スーパーKは初期タイプ以降のNEWタイプの物は数兆円以上とも、もっと遥かに多いとも言われ実態が隠されています。紙幣印刷機は特殊な印刷機で一般の印刷所には無い物です。またメーカーは限られ特にドルや日本円をつくる印刷機はスイスの一社の独占で一機50億円とも言われ非常に高価です。印刷機の持つ印刷癖によりある程度印刷機メーカ機種や機番までも特定できたり、更に印刷インクも特殊でマーカー物質を含む顔料インクが用いられ高度な特殊技術で製造されています。

*日本の紙幣
日本の紙幣は入手困難な和紙が使われ、かつては職人技の独特な破線が用いられたり磁性インクの部分には特殊な模様印刷が使われ偽造紙幣のATM使用を困難にしたりいています。また現在ではマイクロ文字やホログラムが用いられ日本では財務省印刷局が担当し機密保持が行なわれています。

*硬貨偽造
日本の500円硬貨なども大量偽造に遭い、更に韓国コインや、ロシアコインによる自動販売機荒らしが行なわれ一般的な市場調達可能なコインメタルから特殊材料に変更された新500円硬貨が発行されたのは有名な話で、その500円偽造に北朝鮮が関与していたと言われました。発見できない硬貨偽造の方が安全で継続的に行なえうと考えたのでしょう。

*面白い硬貨も
また500円だけで無く10円玉から50円100円なども偽造され明らかな不良品がマニアの間で人気を生んでいます。発行枚数の少ない54年100円玉で重さがたらない100円円玉が多く発見されたり、真鍮で銅メッキがかけられた10円玉とか面白いものがあるようです。

*高精度な1円玉
ちなみに一番精度の高いコインは1円玉です偽造する馬鹿も居ないせいかも知れません。とても高精度で正確に1グラムで作られ秤のチェックにも使える精度です。むかし一円玉を使った郵便封書の重さ確認天秤をこさえた事が有ります。昔作った物ですが、約30年後電子天秤で確認したらとても高精度でした。

*硬貨のマネロン
また大量に偽造硬貨のマネーロンダリングにATMが使われたため、一回の取り扱い枚数の制限も設けられました。よくそれと思しき人達の集団が沢山のコインを持ってきてATMを塞いでいた姿を見た事が御座います。もう昔の話ですが。
********************************************************************
911真実の戦いよろしくお願い致します。マスコミ、スポンサー企業のメール出しましょう。人々に口ずたえしましょう。お願い致します。

Moon

ベンジャミン様は浦沢直樹氏という人気漫画家をご存知でしょうか?「20世紀少年」という正にイルミナティをモデルにしたような(と私自身が思う)人気漫画が有名ですが、一度対談して欲しいです。この浦沢氏のすごい所は9・11事件以前からこの漫画を書いている所です。それか浦沢先生と組んで「スカル&ボーンズVS主人公」みたいな20世紀少年レベルの漫画本を出版して日本や世界に対して何か重要なメッセージを送るとか出来たら理想です。

20世紀少年の本:http://www.amazon.co.jp/20%E4%B8%96%E7%B4%80%E5%B0%91%E5%B9%B4%E2%80%95%E6%9C%AC%E6%A0%BC%E7%A7%91%E5%AD%A6%E5%86%92%E9%99%BA%E6%BC%AB%E7%94%BB-20-%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E6%B5%A6%E6%B2%A2-%E7%9B%B4%E6%A8%B9/dp/4091866409/ref=sr_1_5?ie=UTF8&s=books&qid=1205310405&sr=1-5

Verify your Comment

Previewing your Comment

This is only a preview. Your comment has not yet been posted.

Working...
Your comment could not be posted. Error type:
Your comment has been saved. Comments are moderated and will not appear until approved by the author. Post another comment

The letters and numbers you entered did not match the image. Please try again.

As a final step before posting your comment, enter the letters and numbers you see in the image below. This prevents automated programs from posting comments.

Having trouble reading this image? View an alternate.

Working...

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear until the author has approved them.

Your Information

(Name and email address are required. Email address will not be displayed with the comment.)