« 沖縄の空という合成写真について | Main | 中国製の餃子について »

02/04/2008

Comments

素人

あれだけあちこちの御用メディアに露出している人間が、革命を起こせるとは思えません。懐疑的に見ざるを得ません。

BB

フルフォードさんお久しぶりです。お元気ですか?

東国原知事じゃないけど、ロンポールってすごい人だなと思いました。もう見ているかもしれませんが

http://www.youtube.com/watch?v=R2r29HcH5nA

こんなことをPBSのインタビューでいってのける人っているんですね。

お元気で、お体を大切に。

M

フルフォードさんに理解していただけて、本当に嬉しいです。

社会構造が地方からの搾取で成り立ってしまっているのです。

日本中のどの町行っても、フランチャイズとコンビニ、郊外出れば、イオン系列ばっかり・・・

みんな儲けは、中央の本社に吸い取られ、地方の従業員は、差別的な待遇で雇用されています。

ただ、地方もいい加減な商売やっているから出し抜かれたのも確かです。

市場原理主義から抜け出して、地方と中央が共生するために歩み寄る努力をするべきですね。

Moon

>過去

過去は過去、今は今です。

そもそもわが国の歴代総理大臣達の過去はクリーンなのでしょうか?(ここの人達はそう思っていないはず)・・・アメリカの大統領達だって罪のない人達を大量虐殺したり女性との不適切な性行為に及んでるじゃないですか・・。そのまんま東氏はそういう極悪人に比べたらほんの小さな罪だしそれでもちゃんと正面から制裁を受けて、そしてご自分の力だけで(悲しい事にわが国の総理大臣はここ最近親の7光で今の地位についた人ばかりです。もし親が著名な元国会議員じゃなければ総理どころか衆議院選挙にすら出馬していない凡人でしょうね)知事になられたので尊敬すべき人です。

憂国

フルフォ‐ド先生、お疲れ様です。私も東国原知事は民間出身でありながら、選挙で闘った前知事を副知事に置いたり奇抜で斬新な発想の持ち主だと橋下氏を応援に来るまでそう思い感心していましたが、大阪府の全体の利益を考えて熊谷さんを応援しにきてくれると信じていましたが、橋下氏は【総理大臣はぜひ北野武さんに】とよくテレビで口にされていましたが、橋下氏と仲の良い島田紳助さんといい、みんな山口組と仲良しです。先生の【泥棒国家の完成】や【ペテン師の国 ヤクザの帝国 国家破産へのスロープ編】【ペテン師の国 ヤクザの帝国 バブルの暗黒編】【ヤクザリセッション】【さらば小泉 グッバイゾンビ‐ズ】や【日本がアルゼンチン・タンゴを踊る日】などで問題視されてきた不良債権回収ヤクザや総会屋、政治家、官僚、財界と鉄の四角関係を結んできたヤクザが民主主義を蝕んでいるとおっしゃってましたが、むしろ今の先生の見解ではヤクザと近く仲のいいタレント出身の政治家の方が国益や国民の声を代弁出来るとゆうことでしょうか?その考え方でいくと革命や真の改革を望むなら、暴力団やイケダ先生の世界と仲良く生きてない人でないと出来ないとゆうことでしょうか?

ジョンケイcaesar

こんにちはベンさん
何の根拠も無いけど、彼のコメントやスタンスなどからして、私も、彼はむしろ普通の人で、勝手に世界を我が物として支配しようとしている闇のお化けに我慢出来ない人だと思っています。かつて馬鹿馬鹿しい事をやって来た人だからこそ、何が「悪」かに気が付いて新たな人生を賭けた、、、と感じてます。少し前に「タケシが、そのまんまは嘘つきだからーー」とコメントした時の、東国原知事の顔は実に複雑で、純粋なものを見た気がしました。

僕にはこう感じました。「何だこの人は? オレの事分かっていない! 何があったのだ?」とーー。以来私もタケシにはとても懐疑的です。ーー勝手にですが。

wan

でも、そのまんま東が岩国市長選で、米軍移転に反対する市民をなじる橋本大阪新知事を応援したり、
今度の道路目的税の問題でも、減税と一般財源化を主張する民主党に反対したり、
自民党のしもべになってますよ。
彼の出る次回の選挙では、たぶん自民公明はバックアップするでしょうね。

憂国

ベンジャミン先生、今までは民主党中心の政権を実現しようと呼び掛けてこられましたが、我々フルフォ‐ド先生によくぞ書いてくれたと指示してきた読者や先生の本やDVDで目が覚めた人間は民主党、せんたく、一体どちらを応援すればよいのでしょうか?

konnichiwa.

まあ確かにそうですよねえ。。
けど顔つきがなんであんな怪しい目つきになっちゃうんですかね?

確かに普通の肉体労働とかサービス業とかやった事がない人が、学校出てどっか企業に就職し、
そのうち政治家になっても、どこか浮世離れしているのもまた事実ちゃー事実ですからね。

The comments to this entry are closed.