« ベンジャミンフルフォード新刊発売 | Main | ベンジャミンフルフォードが逮捕されるかもしれません続編 »

02/18/2007

Comments

いしい むつろう

ぼくは エキサイト携帯ホームページで 未知との遭遇を書き込んだ 石井睦郎というものですが
マインドコントロールは必ず使われると思いますから 090-9853-3063 土曜か水曜の午後でしたら 相談にのります

平日でも 緊急の場合OKです

ひととうり読んでから 電話ください いつでも! なにかあったら 動きますが 打ち合わせが必要です!

ブル

大変ですね。
じゃあ、冤罪で捕まらないように、仮に捕まっても、大騒ぎになって、反抗運動が起き易い様にする為に、このサイトのリンクを他のサイトとかに張っておきますよ。

silent generation

ベンジャミンさんのファンで、本を読んだり、毎日ホームページに寄せてもらっている者です。このような投稿をさせて頂くのは初めてでして、皆さんが書き込んでいらっしゃるような難しい議論など到底できませんが、今回、思い切って投稿してみようと思いました。それは、ベンジャミンさんが、逮捕されるかもしれないという今日のブログを読んだからです。
ベンジャミンさんのホームページで、植草一秀さんの事件の真相を知りました。「植草事件の真実」という本があるということで、私は早速、楽天ブックスで購入し(amazonでは、購入できないのか、検索してもひっかかってきません)、読み終えたばかり。その直後にこのブログを見て、逮捕の可能性を知り、背筋が寒くなりました。
植草一秀さんを支援されている方が書かれた本、私は、植草一秀さんの人柄に触れ、感動し、目頭が熱くなりました。私を含む無知な人達のために、罪を着せられても信念を曲げずに巨悪と戦っていく、こんな人はそうそういません。ベンジャミンさんだってそうです。自分の命、人生をかけて、真実を暴こうとする人が、いったい日本にどれだけいるでしょうか。
いったい誰が洗脳されているのでしょうか? ベンジャミンさんの本や「植草事件の真実」を読んだ私? それとも、新聞を読み、テレビを見ている人?
しかし、私が読んだこれらの本は、十分に取材をされ、証拠を上げておられると思います。
それに反してメディアの情報は、個人に対しての中傷や非難、一方的な(しかも矛盾している)情報のみです。
私は知っています。
自分を必要以上に高く見せたり、自分に勝ち目がなくても自分の主張をしたいときは、相手の頭を強引に押さえつけることで、自分を高く見せるということを。本当は、自分は高くないのに。だから、あざ笑うかのように、見下した物言いで、平然と悪口を言うことによって、自分を正当化しているのです。
むしろ私は思います。相手のことを必要以上に悪く言う人は、非常に不合理なことを押し通そうとしているのだなと。
そもそも真実を述べている正しい人達は、そんなことする必要はないのですから。
また、私の主人が言うには、「そういうことをネタに適当に書いて、儲けようとしている輩がいる」と言います。ベンジャミンさんがそうだとまでは、言いませんでしたけれど。
それって、本当なんでしょうか?
私は不思議に思ったので、主人に「そんなことで楽して儲けられるなら、私もやってみようか?」と言うと、黙っていました。
そういうことを、デマカセに書いて、楽して儲けられるなら、みんながやっていると思います。しかし、みんながそれをしないのは、それをとても危険な仕事だからだと思います。
みんな、危険な仕事だと思っている、それは、裏を返せば、みんな、真実がどこにあるか薄々気づいているということではないでしょうか?
主人が口を閉ざした理由も、ここにあると思います。
ベンジャミンさんや、植草さんには、本当に頑張ってもらいたいと思っています。
なんだか、他力本願でごめんなさい。
私は非力ながら、本を買って勉強したり、ブログにコメントしたり、選挙に行ったり、自分にできることをしたいと思っています。
そして手始めに、まずは主人を私のフィールドに引き込むことができるかどうか、やってみたいと思います。まずは、一番身近な人からベンジャミンさんたちの活動を浸透させていきたいと思いますし、また、薄々気づいてはいるものの現実を見ようとしない人の心を、どのようにして解きほぐすか、自分なりに研究(?)してみたいとも思います。
※夫婦喧嘩にならないよう、ほどほどにやりますから、心配しないでください!
くれぐれも、お体をお大事にしてください。
逮捕されないことを、心からお祈りしています。

mari

はじめまして、(と言いつつ、去年の911真相究明会ではベンジャミンさんの著書にサインを頂いてまいりました)。

私は以前から、米国を拠点とした二つの市民活動に興味を持っています。
ベンジャミンさんも既にご存知のものかと思いますが、National Economic Security And Reformation Act (NESARA) と、エネルギー技術のディスクロージャープロジェクトの2件です。

特にディスクロージャープロジェクトについては、過去、私の身辺で起きた不可思議な体験から大きな期待を寄せています。
しかしながら、私自身それほど容易に英語が読みこないのが悩みの種です。
もし可能でしたらこれら二つの活動に対するベンジャミンさんのご意見を伺えないでしょうか?

今現在の大きな組織に属する日本人の多くは、将来への不安感から、家族の生活のために私心を殺して職務をこなしている様に思います。
これらの情報公開により、将来の安全で豊かな生活が保証されるのだと確信を持てた時、帝国主義的な組織を支えている人々の行動に変化が起こるのではないかと考えています。

ピラミッドの頂点に座りたいがためだけにこれらの情報公開を迷惑に感じる変わり者は、すでに極々少数であると考えます。
ベンジャミンさんが述べられている様に、個々の組織的スキャンダルを追求する事は今の時点では彼らの攻撃心を煽る事になるだけかもしれません。

NESARAに関するカナダのHP
http://nesara.insights2.org/
NESARAの本家・米国のHP
http://www.nesara.us/pages/home.html
ディスクロージャープロジェクト
http://www.disclosureproject.org/

The comments to this entry are closed.